阪急交通社スタッフブログ

|阪急交通社

阪急お客さま新聞

阪急お客さま新聞の記事一覧





みなさーん!こんにちはsmiley


阪急お客さま新聞・編集部の吉田です。

暑かったり、寒かったり、変わりやすい天気の毎日が続きますが、
みなさんいかがお過ごしですか?

新年度が始まりましたね。
ここ東京・新橋でも、フレッシュなスーツ姿の新入社員をたくさん見かけますshineshine

私が入社したのはかれこれ、うん十年前(笑)ですが、
先月、そんな私もフレッシュな気持ちを思い出せるような会がありましたnote


OGと現役女子社員が集まる「HEI女子会」です。
(HEIは昔の英文名・Hankyu Express Internationalの略です。)

1970~1990年代入社までのOG・現役社員が35人集まり、大いに盛り上がりましたsign03

年齢も所属していた部署もバラバラなので、
「お久しぶりです」はもちろん、「はじめまして」の挨拶もたくさん聞かれました。

今年はちょうど創業70周年。
懐かしい先輩や後輩、同期にも再会して、
喋って、笑って、食べて、飲んで、とても幸せなひとときを過ごしましたheart01

ぜひまた集まりたいと思っています。


cake.jpg

(開催を記念して、お店にケーキを作っていただきました!)


それでは、今月もお客さま新聞をゆったりとお楽しみください
clover
 


◆◇◆ 4月号の目次 ◆◇◆

1.お客さま投稿コーナー : 今でもキュンとする春の思い出
2.今月のお話(田中): ランチのこだわり
3."阪急たびコト塾" : 北海道ならではの講座をレポート(札幌)
4.お客さまからの声
.編集後記

続きを読む






みなさーん!お元気でしたか?smiley


阪急お客さま新聞・編集部の田中です。

「自分はまだ成長しているなあ」と感じることってありますか?

私の高校の同級生K君が「劇団民藝」にいます。
その縁でここ1~2年、舞台の芝居を観るようになりました。

何かのきっかけでもない限り、自分からはまず見に行かないだろうな
というような、どちらかというと正統派のお堅い系の演劇で、
長年TVドラマに慣れた私としては、正直とっつきにくくピンとこない感じでした。

それでも年に数回見続けている内に、
最近芝居を観る目がだんだん養われてきたように感じます。

なぜそう思うのかというと、観ていて面白く感じるようになってきたからです。
また観た感想をメールやLINEでK君や他の同級生に送るようにしているのですが、
ただ見るだけでなく、感想を書くという行為が自分の頭を刺激して

演劇を観る目を磨いてくれているようにも思います。

(小学生の頃、読書感想文を書くのは苦痛でしたが、あれもちゃんと教育になっていたんですね~)

最初はとっつきにくくても、民藝のような「本物の演劇」に触れるというのは自分を高めてくれる。
最初は「う~んよくわからん」と思っていても、それでも続けている内にだんだん楽しめるようになってくるというのは、自分の人生が豊かになっていくようで嬉しいものですね。
 
そういう世界を教えてくれたK君にも感謝しています。
みなさんにもそんな経験ありませんか?


さて、だんだん日も長くなってきて、
17時過ぎてもまだ明るいなんて嬉しいですよねnote

今宵は何処へ呑みに行こうかな~beer えへへhappy01


今号も阪急お客さま新聞を、どうぞよろしくお願いします。
 

〓〓 3月号の目次 〓〓

1.お客さま投稿コーナー (お題): 没頭してしまうほど好きなこと
2.今月のお話(ゆかっぷ) : 沖縄弾丸旅行♪
3."阪急たびコト塾"のすすめ :高知でも好評開催中!
4.お客さまからの声
5.耳より情報:投稿フォームが新しくなりましたshine
.編集後記

続きを読む






みなさーん!お元気でしたか?smiley


「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。

冬のピョンチャンオリンピック、熱戦が繰り広げられていますね。
今回は開催地が韓国で、日本から近く、TV放送が早朝深夜にならずに助かってます。

私が冬のオリンピックを想う時、今でも忘れられないのは、
やっぱり1998年長野オリンピックのジャンプ団体戦です。

あれは感動的でした。今ビデオを見ても背筋がぞくぞくします。
長野の4年前のリレハンメルでまさかの大失速をした原田選手のリベンジ、
船木選手の美しい飛型も印象的でした。

あの時、葛西選手は既に日本のエースでしたが残念ながら団体戦メンバーに選ばれず、
あの感動と称賛の影で涙を飲みました。ヤケ酒も飲んだそうです。

その後、多くの選手が引退していく中、葛西選手はオリンピックに出続けました。
でもワールドカップでは好成績を残すのになぜかオリンピックのメダルには縁がなく、
ようやくソチで個人・団体ともメダルを獲得しました。

私はあの時、葛西選手はもう引退するだろうと思っていました。
しかし彼はその後も現役を続け、今回8度目のオリンピック出場という偉業を成し遂げました。

どうしたらあのようにモチベーションとコンディションを維持し続けることが
出来るのだろうかと不思議でした。

でもちょっとわかるような気がしてきました。
ジャンプを続けられる理由は「好きで好きでたまらないから」ではないでしょうか。

葛西選手にとってジャンプとは、
食事することも寝ることも忘れて没頭できるほど好きなことなのではないでしょうか?
もちろん楽ちんなことばかりではないでしょうが、厳しい生活と節制があっても
長く続けられるのは、ジャンプがただ好きだからではないでしょうか?


野球のイチローもサッカーのキングカズ(三浦知良)もそうではないかと思います。
野球少年、サッカー少年そのままです。

それだけ好きなことを見つけ、没頭できる人生というのはしあわせですね。

葛西選手のように凄いことじゃなくっても、ちっちゃなことでも、他人からみたらつまらないことでも、
それをやっていると気がついたら時間が経っていたというような、
自分の好きなことを見つけることは豊かな人生を送るコツなのかもしれません。

自分にはそれだけ好きなことがあるだろうか?考えてみました。

私にとってそれは「山登り」であり、「歌(合唱)」であり、
そしてこの「阪急お客さま新聞」の原稿を書く(考える)ことでしょうか。

それらをやっている時、自分の心が悦んでいる、大げさに言えば「生」を感じているような気がします。


ちょっと話がそれましたが、メダル取っても取れなくても各選手にはそれぞれドラマがあることでしょう。
結果だけを取り上げてどうこう言うのではなく、心からの声援を送りたいです。

それでは、オリンピック・パラリンピックで手に汗握り続けていると、それはそれで疲れますよね。

そんな時、ゆる~くてほんわかした阪急お客さま新聞をあなたの傍らにどうぞheart04

意外と肩こりに効くかもしれませんよ(笑)



■□■ 2月号の目次 ■□■

1.お客さま投稿コーナー : 最近のGood&New
2.今月のお話(うわじい): 札幌美味いものめぐり
3."阪急たびコト塾" : 健康セミナーレポートとまつり開催のお知らせ(福岡)
4.お客さまからの声
5.耳より情報: テレビCM、観ましたか?
.編集後記

続きを読む






みなさーん!お元気でしたか?smiley


「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


私は東京在住ですが、昨年の秋から年明けにかけて大阪、広島と4度出かけ、そのほとんどを新幹線で移動しました。

東海道新幹線といえば・・・なんといっても富士山ですよね~
今年の関東の冬は晴れの日が多くて新幹線の窓から、それはそれは富士山がきれいに見えましたnotes


fujisan.jpg


富士山が見えると私たちはなんであんなにうれしくなるんでしょうか。

「あ~富士山が見えた!今日はいい日だぞ~」みたいな(笑)

やっぱり日本人は富士山が大好きですよね。
いえいえ日本人だけではなく、日本に訪れる外国人観光客の方々も富士山が好きみたいです。
私たちとしてはちょっぴり誇らしくてうれしいことですね。

富士山はなんにも言わないけれど、ただどっしりと鎮座して私たちを見守ってくれている。
心のふるさとですね。合掌!

さあ、今年はどんな年になることやら。
楽しく、思い出に残る1年になったら良いですね。
そして皆さまの傍らには、いつも、富士山、、、じゃなくて「阪急お客さま新聞」があればうれしいです。

それでは今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



▼△▼1月号の目次▼△▼

1.お客さま投稿コーナー : ”私”の2017年流行語大賞
2.今月のお話(しおりん): 地元愛・福岡で初詣
3."阪急たびコト塾"のすすめ:王朝ロマン溢れる明和町
4.お客さまからの声
5.耳より情報: 講演を聞きにきませんか?
.編集後記

続きを読む