阪急交通社スタッフブログ

|阪急交通社

阪急お客さま新聞

阪急お客さま新聞の記事一覧






みなさーん!お元気でしたか?smiley


「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。


先日、土の道を歩いていたら前方に40㎝くらいの水たまりがあり、
それを越えようと「えいっ!」と左足で跨いだんです。

水たまりの先には落ち葉が積もっており、
その下がぬかるみになっていたらしく、激しくズルッっと滑りました。

ちょうどその時スーツだったので「こけたら泥だらけになる」と思い、
必死に右足で体を支えようとしたら、無理な力が入り、膝を内側にグギッと捻ってしまいました。

夜になってひどく腫れて痛みが出てきたため、
翌日整形外科でMRIを撮ってもらったらなんと半月板断裂

膝の腫れはおそらく水が溜まっているのだろうと注射器針を挿したら、
中から注射器3本分にも上る大量の血が出てきましたsweat02

おかげさまで、今は痛みも取れ、日常生活に戻りましたが、
最初は階段の昇り降り(特に下りがキツイsweat01)もつらく、移動にも時間がかかって苦労しました。

こういうことになって改めて普段の健康のありがたみを痛感します。

皆さんもどうぞ気をつけてくださいね。
油断大敵ですよ。


さあ、私は大好きな山登りも泣く泣くしばらくはお休みですが、阪急お客さま新聞は発行します。

深まる秋の日をどうぞごゆるりとお楽しみくださいmaple




▼△▼11月号の目次▼△▼

1.お客さま投稿コーナー    : 私の好きな色
2.今月のお話(ほっちゃん): 白川郷と飛騨高山へ
3."阪急たびコト塾"のすすめ:イタリアフェア
4.お客さまからの声
5.耳より情報 :TBS「陸王」出演中です
6.編集後記

続きを読む





みなさーん!お元気でしたか?smiley

「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。

すっかり秋らしくなりましたねmaple

秋といえば・・・

紅葉?ハイキング?運動会?お祭り?

日本酒好きの私からすれば秋は「ひやおろし」の季節です。
春に出来た酒が、ひと夏越してこなれて、まろやかにコクが出て、
1年で一番日本酒が美味しい季節になります。(あ~また呑みすぎてしまう・・・)

やはり秋といえば「食欲の秋」でしょうか?
食べもので秋の風物詩といえばやはり「焼き芋」ですよねheart01
私の住む東京板橋でも数年前までは、リヤカーを引いて石焼き芋を売り歩く名物おじいさんがいましたが
最近ではすっかり見なくなりました。

そういえば最近スーパーでも焼き芋が売られています。
もうほとんど1年中売っていたりして。

しかも安くてとっても甘い。個人的には牛乳飲みながら食べるとすごく美味しいsign03


yakiimo.jpg


リヤカーで売り歩く焼き芋は結構いい値段をしていて、
そして芋自体もパサパサしてて飲み物がないと喉に詰まるくらい(笑)の芋もあったりしましたよね。

しかし最近スーパーで売ってるのは安納芋とか紅乙女、紅天使とか新種なんだか知らないですけど、
ねっとりと熟した感じでとっても甘い。それが1本100円~200円くらいのお手頃価格で売られています。

甘い焼き芋が1年中安く食べられるようになるなんてありがたいことだ・・・

でも・・・あのおじいさん、首にタオル撒いてひとりで一生懸命リヤカー引いてたあのおじいさん、
今ごろどうしてるかな?

さあ、それでは秋の夜長のお友に、今月も阪急お客さま新聞でごゆるりとお過ごしくださいnight


▼△▼10月号の目次▼△▼

1.お客さま投稿コーナー:  わたし、△型です
2.お客さまからお客さまへの声
3.今月のお話: はじめまして!はっぴーですshineshine
4."阪急たびコト塾"のすすめ: 日本茶まつりjapanesetea
5.お客さまからの声
6.編集後記

続きを読む






みなさーん!お元気でしたか?smiley


「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。

お盆に久しぶりに大阪に1泊しました。
ホテルがミナミ地区だったので、夜や朝は繁華街や商店街をぶらぶら散歩したのですが、
そこで面白い光景が見られました。

ミナミの中心ストリートといえば、難波駅から道頓堀~心斎橋へ続く戎橋筋(えびすばしすじ)です。

お店がひしめき合い、ショッピングや食事をする人たちで1年中ごったがえしています。
しかしその近辺の千日前通り、堺筋などを歩いている人たちは、戎橋筋と比べると
かなり少なく、どちらかというと閑散としています。

そんなエリアに黒門市場という通りがあるのですが、市場好きの私はホテルから近かったので
行ってみたのです。

黒門市場はとても賑わっていたのですが、行き交う人の95%くらい、
つまりほとんどの人が外国人だったのです。驚きでした!
「あれっ、ここは東南アジアかどこかの市場か?」と錯覚するようでした。

黒門市場では、商品を売るだけではなく、寿司や串焼き、スイーツなど店先のちょっとしたスペースを
イートインで気軽につまみ食いや食べ歩きができるのですが、どこも外国人で大盛況でした。
外国人観光客の“爆買い”は最近収まってきたようですが、彼らの購買欲は旺盛でしたよ。

大阪には安くて美味しい食べ物屋さんがたくさんありますからね。
彼らは食べ歩きをすっごく楽しんでいる様子で、なんかうれしかったですね。

さあ、それでは今月も阪急お客さま新聞でごゆるりとお過ごしください。

 


▼△▼9月号の目次▼△▼

1.お客さま投稿コーナー : 海派?山派?
2.お客さまからお客さまへの声
3.今月のお話(よっすぃ~):夏休みクルーズの旅!
4.「阪急たびコト塾」のすすめ shine新コーナーshine
5.お客さまからの声
6.耳寄り情報 :ツーリズムEXPO
7.編集後記
 
 

続きを読む






みなさーん!お元気でしたか?smiley


「阪急お客さま新聞」編集部の田中です。



今年の夏は台風5号がどっかりと居座っていた影響か、変な天候が続きますねtyphoon

先日、ひさしぶりに東京駅八重洲口の地下街を歩きました。
8月中旬ということもあり、すごい人出でしたが、スーツケースをゴロゴロ
押しながら歩いている若い人たちがずいぶん多いように見受けました。
楽しい夏休みを東京で過ごそうとやってきた人たちなのかもしれません。

夏のイベントは思い出に残りやすいように思います。
1年の中でも夏は休みをまとめて取りやすいからかもしれませんね。

さて八重洲の地下街もすっかりリニューアルして新しくなっていましたshine

私が上京した二十数年前の八重洲口は東京のターミナル駅という割には
垢抜けなくて(失礼!)猥雑でごちゃごちゃした印象でした。

今の八重洲地下街は、おしゃれでスマートな店が並び洗練されています。
そんな八重洲地下街ですが、私自身は「う~ん?」という感想でした。

明るく広く健全で清潔な地下街。
ただ見方を変えればソツなく無難で最近のどこの地下街も似たような雰囲気で特徴が見えにくい。

街が新しく便利におしゃれになることはもちろん良いことなのに、それを残念に思ってしまうことは
私の思い出が消えてしまったことへのノスタルジーかもしれないし、
私が時代の流れについていけてないことなのかもしれません(笑)


さあともあれ、夏はまだ終わっていません。しっかり夏を楽しみましょう!

今月も阪急お客さま新聞にどうぞおつきあいくださいsign01

 


▼△▼8月号の目次▼△▼

1・お客さま投稿コーナー : わたしの夏の思い出
2.お客さまからお客さまへの声
3・今月のお話(エミール) : 夏らしいものと三浦半島ドライブ
4・耳寄り情報 : たびこふれ
5.編集後記
 
 

続きを読む