阪急お客さま新聞

阪急お客さま新聞の記事一覧

bn698.jpg

 

 

みなさーん!こんにちは。

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

NH朝ドラの「ちむどんどん」観てますか?

私はすっかりハマってます。

沖縄本島北部の山原(やんばる)に住む比嘉(ひが)家の人々。
貧しくとも明るく誠実に生きている彼ら彼女らに、昭和の匂いが大好きな私は心惹かれています。

先日、比嘉(ひが)家に初めて黒電話が設置された回がまた良かった。

「文明の利器が我が家にもとうとうやって来た!」と宝物をなでさするようにのぞき込む比嘉家の人たち。

私にはあの気持ちがすごくよくわかります。

私の家も貧しかったので、私が小学3年の頃まで我が家に電話はありませんでした。

友だちの中には電話と有線電話(町内だけ通話できる電話。電話機にスピーカーが付いていて町内のローカル情報が流れていました。あれなんだったんだろう?)の両方を持っている家もあって羨ましかったです。

その憧れの電話がわが家にも来た時、嬉しくて嬉しくて用もないのに何度もダイヤルを回しました。
ジジーーッとダイヤルが元に戻る音が楽しくて何度も何度も回しました。

ああいう、欲しくてたまらなかったものが家に来た時の幸福感、ワクワク感を最近ではすっかり感じなくなってしまいました。

あの時のような気持ちを感じることができていた時代、貧しくともしあわせだったのかもしれません。

ちむどんどんで電話が我が家に入ってきた回を見て、胸がきゅんとしました。

さあ、今月も阪急お客さま新聞です。

梅雨に入りましたね。山登り好きな私には我慢の季節です。

来るべき夏、秋に備えて、体力アップ、ストレス解消に努めたいと思います。



6月号の目次

1. お客さま投稿コーナー:私の好きな●●館
2. 今月のお話(よっすぃ~):来月200号を迎えます♪
3. 阪急たびコト塾のすすめ:駅員体験イベント(福岡)

4. お客さまからの声
5. 耳より情報:添乗員トークセッションのご案内

6. 編集後記

続きを読む

bn698.jpg

 

 

みなさーん、こんにちは!

阪急お客さま新聞 編集部の よしだです。

なんだか気候が安定しない毎日が続いていますが、みなさん、いかがお過ごしですか?

さて、先日東京・お台場にある「チームラボボーダレス」というアミューズメント施設に行ってきました。

どんな施設なのか?説明するのは難しいのですが、簡単にいうと「カラフルで未来的な“動くデジタルアート”の展示を見たり、体験したり、撮影したりして楽しむ体験型博物館」です。

ボーダレスという名前の通り、それぞれのアート展示には境界がありません。「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」ことがテーマになっています。


Lab0.jpg


ここは地図のないミュージアムで、順路も決まっていません。

しかも全体的に薄暗いので、自分がどこにいるのかわからなくなります。同じところをぐるぐる回ってしまい、見たい作品に辿りつけないこともしばしば。。。

実はここを訪れたのは2回目。
数年前に一度訪れましたが、今年8月末で営業が終了すると聞き、もう一度体験したいと思って、再訪したのです。

Lab2.jpg


2回目のはずなのに、なぜか初めて見る作品がいくつかありました。(やはり見逃していたんですね...笑)。そして、一度目とは違う印象を持った作品もあり、その時々で感じ方が変って面白いな~と思いました。

撮影OKなので、映える写真や動画を撮って楽しむのも良し、一つの作品に没頭して、ずっと見ているも良し、全てをサクサクっと見て回るのもよし、色々な楽しみ方がありますよ♪

→→チームラボボーダレスの公式サイトはこちら


では、そろそろ本題にまいりましょう!

お客さま新聞5月号、スタートです。どうぞ最後までお楽しみください♪

 

▼△▼ 5月号の目次 ▼△▼

1. お客さま投稿コーナー:最近ちょっと嬉しかったこと
2. 今月のお話(にしうー):本格スパイスカレーに挑戦
3. お客さまからの声
4. 耳より情報:たびこふれ動画コンテスト

5. 編集後記

 

続きを読む

bn698.jpg

 

 

みなさーん!こんにちは

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

とうとう、新型コロナに感染してしまいました・・・。

幸い症状はごく軽症だったため、さほど苦しい思いはしなくて済みました。
家庭内感染を防ぐために「宿泊施設療養」を行い「抗体カクテル療法」も受けました。

今ではすっかり元気です。

私が罹ったコロナはどんな症状が出たのか、療養施設や抗体カクテル療法とはどんな治療だったのか?をみなさんの参考になれば、と記事にしましたのでどうぞお読みください。

→→新型コロナウイルスに感染してしまいました。「宿泊療養」「抗体カクテル療法」 体験記

実際コロナに罹ってみて、想像以上だったのは「精神的な痛み」でした。

「コロナに罹ってしまった」という罪悪感、同僚、家族へ感染させていないかという恐怖感。
これら自分を責める気持ちは雨雲のように膨れ上がり、どんどんネガティブ思考になっていきました。
隔離され、会話もままならないという環境が、さらに追い打ちをかけました。

万一罹った人はこうならないよう気持ちをコントロールすることが大切です。
快復にも影響します。コロナの治療薬は未だ無いので、自身の免疫力で治癒させるしかありません。

さて、コロナ療養を終え社会復帰する目安は「発症後10日以上経っていること且つ症状が改善して72時間以上経っていること」です。

その理由は、ウイルスは発症の直前直後が一番量が多く、感染しやすいのだそうです。
そして発症後7日~10日経つとウイルスは急激に弱体化し、他の人に感染させるほどの感染力はなくなるのだそうです。

このことをわかっていないと、復帰した人が咳こんでいたりすると周りの人は怖いですよね。
「まだ治ってないじゃないか」とか「感染するんじゃないか」って。
でもそんなことはないそうですから安心してください。

厚労省の情報によると、感染した人すべてが他の人に感染させるわけではなく、他者に感染させるのは感染者の2割程度なのだそうです。
マスク、手洗い、消毒など基本的な感染予防を行っていれば必要以上に恐れることはありません。

ともあれ、今回罹患して多くの周りの人たちにご心配とご迷惑をかけてしまいましたが、私にとってよい経験をしました。

療養の裏には数多くの人たちのバックアップとご支援があることもわかりました。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

さあ、今月も阪急お客さま新聞です。

暑かったり、寒かったりとこの時期の気候は不安定ですよね。

よく食べ、良く寝て、できるだけストレスをためないようにして免疫力をコントロールしたいものです。

 

★☆★ 4月号の目次 ★☆★

1. お客さま投稿コーナー:
2. 今月のお話(ミオ):はじめまして!
3. お客さまからの声
4. 編集後記

 

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん、こんにちは!

阪急お客さま新聞編集部のよしだです。

桜開花の便りがあちこちから聞こえ始めましたね。
みなさんがお住いの地域でも咲き始めたでしょうか?

さて、在宅勤務がスタートして約2年。
私は仕事前の朝のお散歩がすっかり日課になりました。

行き先はほぼ毎回近所の公園。

毎回同じコースだと飽きてしまうので、右回りにしたり、左回りにしたり、違う入口から入ったり、ルートを変えながら散歩を続けています。

そして、春になると毎年楽しみにしているのが「桜の木の定点観測」。

そろそろ咲くかな・・という時期になると、「今年はこの木にしよう」と決めて、同じ木をパシャっと撮り続けていきます。

まだツボミにもなっていない頃から見始めて、ツボミがうっすら黄色くなり、膨らんで、先がピンク色になり、また膨らんで、いよいよ開花・・そんな様子を眺めるのが好きなんです。

iOS の画像 (1).jpg

こんな風に並べてみると、変化がよくわかりますよね。

今週はお散歩していないので、まだツボミしか撮れていませんが、きっと咲き始めているはず!明日にでも見に行けるのを楽しみにしています♪

それでは、今月もまいりましょう!

お客さま新聞3月号、どうぞ最後までお楽しみください。


■□■ 3月号の目次 ■□■

1. お客さま投稿コーナー:北京2022冬季オリンピック&パラリンピック
2. 今月のお話(池村):情熱の出展ブース
3. 阪急たびコト塾のすすめ:帝国ホテル東京、一流ホテルで学ぶ優雅な振る舞い(東京エリア)
4. お客さまからの声
5. 編集後記

 

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは!

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

北京オリンピック、熱戦の連続ですね。

最近では、スノーボード系の競技が増えて、オリンピックも昔とはずいぶん色あいが変わったように思います。

彼らを見ると、とても楽しそうで、国を背負ってとか、プレッシャーとは無縁な風に感じます。


「最近の若者たちは感覚が違うな」なんて、私はすっかりおじさん目線になっていました。

ところが、そんな単純なことではなかったんですね。

男子ハーフパイプで見事金メダルを獲得した平野歩夢選手。

彼のパフォーマンスを見ると、難技を軽々とやってのける天才だな、と思っていました。

ところが「平野歩夢選手はなぜあんなに上手なのか?」という質問に、彼の弟さんはこう言ったそうです。

それは“反復練習”にあると。

「兄ちゃんは完璧にできるようになるまで徹底的にやる」と。

そんな姿を微塵も見せない平野選手。

かっこいいですね。

おじさんも負けていられません。

さあ、今月も阪急お客さま新聞です。

体がキュッと引き締まる(気がする笑)冬の寒さもあともう少し。過ぎ往く季節を楽しみましょう!

 

★☆★ 2月号の目次 ★☆★

1. お客さま投稿コーナー:お気に入りの入浴剤はコレ!
2. 今月のお話(エミール):ずっと行ってみたかった場所
3. お客さまからの声
4. 編集後記

 

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん、こんにちは!

阪急お客さま新聞 編集部よしだです。

2022年も、阪急お客さま新聞をどうぞよろしくお願いします。

毎日寒いですね〜。。
今朝はマイナス2℃まで下がりました。

気温がわかると、余計寒く感じるのは私だけでしょうか・・。

こんな寒い日は温泉に入りたくなりますよね。
でも、コロナ禍は続いているし、なかなか温泉に出掛けるのは大変。。。

そうなると、お家のお風呂で何とかしたいですよね!
そのままのお湯でももちろん温まりますが、バブとか、旅の宿とか、バスソルトとか、入浴剤を入れて、お風呂タイムを楽しみたくなります♪

そんな時、みなさんはどんな入浴剤を入れていますか?

私は断然「ホップス温浴」です!!!

「何それ?」「ホップスって歌?(それはポップス!)」「温浴って??」

と、ハテナ(?)がいっぱいになった方もいらっしゃるかもしれません。

ホップスは、阪急交通社グループの物販会社で、旅行用品や海外・国内の産直お取り寄せ商品、お水などを取り扱っています。

→→ホップスのサイトはこちら

そのホップスで購入できる入浴剤が「ホップス温浴」なんです。
重炭酸イオンの入浴剤で、身体の芯からじんわり&じっくり温まりますよ~~。

ホップス温浴(白い錠剤)をお風呂(37〜40℃)に、ポンポンと3〜4錠入れるだけでOK!!
主成分が「重曹」と「クエン酸」と「ビタミンC」なので、肌トラブルのある人や、赤ちゃんでも安心して使うことができるんです。リピート間違いなしですよ~♪

効果やおすすめしたい点などの詳細は、たびこふれの記事をご覧くださいね。

→→たびこふれ「重炭酸イオンの入浴剤が、冷え性、肩こり、腰痛、肌荒れをやわらげる」はこちら


さあ、今月も阪急お客さま新聞です。

どうぞ最後までお楽しみくださいね。
 

♪♪♪ 1月号の目次 ♪♪♪

1. お客さま投稿コーナー:2022年はこんな年にしたい!
2. 今月のお話(田中):勇気をもらった話
3. 阪急たびコト塾のすすめ:出張たびコト塾 IN セントレア 第二弾(名古屋エリア)
4. お客さまからの声
5. 編集後記

 

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

私には学生時代から、かれこれ30年以上つきあっている友人がいます。
その彼とひさしぶりに杯を酌み交わしました。

その酒場で彼が言ったのです。

「俺たちもそろそろ定年が見えてきたよな。俺は定年後やろうとしていることがあるんだ。
それは自分が今まで生きてきて関わったすべての土地をもう一度改めて巡りたいんだ。
子供の頃、学生時代、会社に入って出張、転勤、旅行などを通じて自分が関わった場所。その土地にもう一度行って、自分の足を置いて踏みしめたい、確かめたいんだ。」

そして彼はこうも言いました。

「昔の映画を観ると、懐かしい風景や街並みが見えるだろ。でも日本は目まぐるしいスピードで変わっていってるから、少し前、例えば10年前の映画では見られた風景が今はもう変わってしまって見られなくなっている場所も多い。
そういう面から言うと、今さら過去自分が関わった土地に行っても、そのあまりの変わりようにがっかりするだけかもしれない。
でも、それでも俺は、自分が関わった土地に改めて自分の足で跡を残したいんだ。」

親父ふたりの夜はしみじみと更けていきました。

さあ、今月も阪急お客さま新聞です。

師走のあわただしい夜、あなたのお手もとに、そっとどうぞ。

 

★☆★12月号の目次★☆★

1. お客さま投稿コーナー:最近見た映画
2. 今月のお話(うわじい):YouTubeはじめました。
3. お客さまからの声
4. 編集後記

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは

阪急お客さま新聞 編集部のよしだです。

みなさん、「タオルアート」ってご存知ですか?ホテルの部屋(ベッドの上など)で、時々みかけるアレです。

 

タオルアート2.jpg

<第一ホテル東京のタオルアート例>



そのタオルアート作りを体験する講座に参加してきました。その名も、阪急たびコト塾『第一ホテル東京のホテリエが教える、タオルアートとホテル利用術』 です。

作ったのはクマとウサギ、材料はタオル、輪ゴム(白色)、小さなシール(目・鼻用)だけです。

写真にあるタオルアートの例を見て「難しそう~」と思いましたが、丁寧に教えていただいたので、バッチリ作れましたよ!

その様子をたびこふれの記事にしましたので、ぜひご覧ください!(詳しい作り方も載せてあります。)

>>たびこふれ:【体験レポ】第一ホテル東京のホテリエが教える"タオルアート"と"ホテル利用術" in 阪急たびコト塾

とっても可愛く作れて、ちょっとしたプレゼントにもできちゃう!おすすめですよ~~。


それでは、今月もお客さま新聞をお楽しみください\(^O^)

 

♪♪♪ 11月号の目次 ♪♪♪

1. お客さま投稿コーナー:楽しみにしているテレビ番組
2. 今月のお話(しおりん):ひさしぶりの近場旅行
3. 阪急たびコト塾のすすめ:VR体験レポート(関西エリア)
4. お客さまからの声
5. 編集後記

続きを読む

bn698.jpg

 

 

みなさーん!こんにちは

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」見てますか?

すごく面白いです。
私は中国駐在の頃から時差の関係で朝ドラを出勤前に見られるようになったのをきっかけに、それ以来見ています。ちょうど「あまちゃん」くらいからでしょうか。

主人公の百音(もね)は、故郷の気仙沼で、地元の役に立ちたいと孤軍奮闘しますがなかなかうまく行きません。

落ち込む百音に藤竜也演じるおじいちゃんが言います。「しぶどぐいげ(しぶとくいけ)」と。

考えてみたら最近の世の中は「しぶとく」いくことが少なくなったのではないかと思います。

ちょっとうまくいかなかったりするととすぐ諦めてしまう。
「これはうまくいかなかったから切り替えて次行こう」という感じで。
スピードと効率化を重視するために、「石にかじりついででも初心を全うする」という気持ちが薄れていっているように思います。

「しぶどくいげ」
何十年も漁師として海と戦ってきたおじいちゃんだからこそ言える重みのある言葉です。

この「阪急お客さま新聞」を始めてからかれこれ16年になります。

会社にことさら評価されることもなく(笑)、有志でしぶとく続けてきました。

諦めて、やる気がなくなって、いつ止めてもおかしくなかったと思います。

それを続けてこれたのは、「こういうものをやりたい、やるべきだ」という思いがあったからだと思います。

しぶとくやる価値を今改めて感じています。(お客さま新聞以外で、途中で止めてしまったことはたくさんあるんですけどね(笑))

これからも阪急お客さま新聞はしぶとく行きますので、どうぞおつきあいください。

さあ、今月も参りましょう!

秋の夜長のお手もとに、お客さま新聞をそっとどうぞ。



★☆★ 10月号の目次 ★☆★

1. お客さま投稿コーナー:愛用しているもの
2. 今月のお話(にしうー):テイクアウト特集
3. お客さまからの声
4. 編集後記

続きを読む

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは。

阪急お客さま新聞 編集部のよしだです。

この間まで暑かったのに、何だか一気に秋がやってきましたね。急に涼しくなったので、体調など崩されていませんか?

先日、久しぶりにお気に入りのバッグを持って出掛けました。

バッグ.jpg

お店で「キレイな色!」と一目惚れして購入したものです。正確には忘れてしまいましたが、かれこれ15年くらいは使っています。

色が気に入っただけでなく、肩も掛けられるし、手に持ってもちょうど良い長さだし、マチがあるので、意外とたくさん入るし、通勤にもちょっとしたお出掛けにも、大活躍なんです。

他にもバッグはいくつか持っていますが、ここぞ!の時には、なぜかいつもこのバッグを選んでしまいます。


持ち手が擦れたり、色が褪せたりして、傷んできても、やっぱりこのバッグがいいんですよね!笑笑。これからもお手入れしながら使い続けていこうと思っています。

みなさんにも、そんなお気に入り&手放せない愛用品があるでしょうか。。。

ではそろそろ、今月のお客さま新聞を始めてまいりましょう!どうぞ最後までお楽しみください。



■□■ 9月号の目次 ■□■

1. お客さま投稿コーナー:新しい生活様式
2. 今月のお話(はっぴー):東京・狛江の魅力
3. お客さまからの声
4. 編集後記

続きを読む

プロフィール

阪急お客さま新聞では阪急交通社のスタッフが経験したことなどを毎月ご紹介しています。

最近のピクチャ

  • bn698(お客さま新聞タイトル).jpg
  • Lab3.jpg
  • 02.jpg
  • image13.jpeg
  • 写真4.jpg
  • 集合写真マスク無し.JPG
  • サムネイル④.jpg
  • CIMG4695.jpg

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [1]
  2. 2022年5月 [1]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [1]
  7. 2021年12月 [1]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [1]
  10. 2021年9月 [1]
  11. 2021年8月 [1]
  12. 2021年7月 [1]
  13. 2021年6月 [1]
  14. 2021年5月 [1]
  15. 2021年4月 [1]
  16. 2021年3月 [1]
  17. 2021年2月 [1]
  18. 2021年1月 [1]
  19. 2020年12月 [1]
  20. 2020年11月 [1]
  21. 2020年10月 [1]
  22. 2020年9月 [1]
  23. 2020年8月 [1]
  24. 2020年7月 [1]
  25. 2020年6月 [1]
  26. 2020年5月 [1]
  27. 2020年4月 [1]
  28. 2020年3月 [1]
  29. 2020年2月 [1]
  30. 2020年1月 [1]
  31. 2019年12月 [1]
  32. 2019年11月 [1]
  33. 2019年10月 [1]
  34. 2019年9月 [1]
  35. 2019年8月 [1]
  36. 2019年7月 [1]
  37. 2019年6月 [1]
  38. 2019年5月 [1]
  39. 2019年4月 [1]
  40. 2019年3月 [1]
  41. 2019年2月 [1]
  42. 2019年1月 [1]
  43. 2018年12月 [1]
  44. 2018年11月 [1]
  45. 2018年10月 [1]
  46. 2018年9月 [1]
  47. 2018年8月 [1]
  48. 2018年7月 [1]
  49. 2018年6月 [1]
  50. 2018年5月 [1]
  51. 2018年4月 [1]
  52. 2018年3月 [1]
  53. 2018年2月 [1]
  54. 2018年1月 [1]
  55. 2017年12月 [1]
  56. 2017年11月 [1]
  57. 2017年10月 [1]
  58. 2017年9月 [1]
  59. 2017年8月 [1]
  60. 2017年7月 [1]
  61. 2017年6月 [1]
  62. 2017年5月 [1]
  63. 2017年4月 [1]
  64. 2017年3月 [1]
  65. 2017年2月 [1]
  66. 2017年1月 [1]
  67. 2016年12月 [1]
  68. 2016年11月 [1]
  69. 2016年10月 [1]
  70. 2016年9月 [1]
  71. 2016年8月 [1]
  72. 2016年7月 [1]
  73. 2016年6月 [1]
  74. 2016年5月 [1]
  75. 2016年4月 [1]
  76. 2016年3月 [1]
  77. 2016年2月 [1]
  78. 2016年1月 [1]
  79. 2015年12月 [1]
  80. 2015年11月 [1]
  81. 2015年10月 [1]
  82. 2015年9月 [1]
  83. 2015年8月 [1]
  84. 2015年7月 [1]
  85. 2015年6月 [1]
  86. 2015年5月 [1]
  87. 2015年4月 [1]
  88. 2015年3月 [1]
  89. 2015年2月 [1]
  90. 2015年1月 [1]
  91. 2014年12月 [1]
  92. 2014年11月 [1]
  93. 2014年10月 [1]
  94. 2014年9月 [1]
  95. 2014年8月 [1]
  96. 2014年7月 [1]
  97. 2014年6月 [1]
  98. 2014年5月 [1]
  99. 2014年4月 [1]
  100. 2014年3月 [1]
  101. 2014年2月 [1]
  102. 2014年1月 [1]
  103. 2013年12月 [1]
  104. 2013年11月 [1]
  105. 2013年10月 [1]
  106. 2013年9月 [1]
  107. 2013年8月 [2]
  108. 2013年7月 [1]
  109. 2013年6月 [1]
  110. 2013年5月 [1]
  111. 2013年4月 [1]
  112. 2013年3月 [1]
  113. 2013年2月 [1]
  114. 2013年1月 [1]
  115. 2012年12月 [1]
  116. 2012年11月 [1]
  117. 2012年10月 [1]
  118. 2012年9月 [1]
  119. 2012年8月 [1]
  120. 2012年7月 [1]
  121. 2012年6月 [1]
  122. 2012年5月 [1]
  123. 2012年4月 [1]
  124. 2012年3月 [1]
  125. 2012年2月 [1]
  126. 2012年1月 [1]
  127. 2011年12月 [1]
  128. 2011年11月 [1]
  129. 2011年10月 [1]
  130. 2011年9月 [1]
  131. 2011年8月 [1]
  132. 2011年7月 [1]
  133. 2011年6月 [1]
  134. 2011年5月 [1]
  135. 2011年4月 [1]
  136. 2011年3月 [1]
  137. 2011年2月 [1]
  138. 2011年1月 [1]
  139. 2010年12月 [1]
  140. 2010年11月 [1]
  141. 2010年10月 [1]
  142. 2010年9月 [1]
  143. 2010年8月 [1]
  144. 2010年6月 [2]
  145. 2010年5月 [1]
  146. 2010年4月 [1]
  147. 2010年3月 [1]
  148. 2010年2月 [1]
  149. 2010年1月 [1]
  150. 2009年12月 [1]
  151. 2009年11月 [1]
  152. 2009年10月 [1]
  153. 2009年9月 [1]
  154. 2009年8月 [1]
  155. 2009年7月 [1]
  156. 2009年6月 [1]
  157. 2009年5月 [1]
  158. 2009年4月 [1]
  159. 2009年3月 [1]
  160. 2009年2月 [1]
  161. 2009年1月 [1]
  162. 2008年12月 [1]
  163. 2008年3月 [1]
  164. 2008年2月 [1]
  165. 2008年1月 [1]
  166. 2007年12月 [1]
  167. 2007年11月 [1]
  168. 2007年10月 [1]
  169. 2007年9月 [1]
  170. 2007年8月 [2]
  171. 2007年7月 [1]
  172. 2007年6月 [1]
  173. 2007年3月 [1]
  174. 2007年2月 [1]
  175. 2007年1月 [1]
  176. 2006年12月 [1]
  177. 2006年11月 [1]
  178. 2006年10月 [1]
  179. 2006年9月 [1]
  180. 2006年8月 [1]
  181. 2006年7月 [1]
  182. 2006年6月 [1]
  183. 2006年5月 [1]
  184. 2006年4月 [2]
  185. 2006年3月 [3]
  186. 2006年2月 [1]
  187. 2006年1月 [1]
  188. 2005年12月 [3]
  189. 2005年11月 [3]
  190. 2005年10月 [5]
  191. 2005年9月 [2]
  192. 2005年8月 [1]
  193. 2005年7月 [1]
  194. 2005年6月 [1]
  195. 2005年5月 [1]
  196. 2005年4月 [1]
  197. 2005年3月 [3]

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください