阪急交通社 スタッフブログ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは。

阪急お客さま新聞 編集部のよしだです。

この間まで暑かったのに、何だか一気に秋がやってきましたね。急に涼しくなったので、体調など崩されていませんか?

先日、久しぶりにお気に入りのバッグを持って出掛けました。

バッグ.jpg

お店で「キレイな色!」と一目惚れして購入したものです。正確には忘れてしまいましたが、かれこれ15年くらいは使っています。

色が気に入っただけでなく、肩も掛けられるし、手に持ってもちょうど良い長さだし、マチがあるので、意外とたくさん入るし、通勤にもちょっとしたお出掛けにも、大活躍なんです。

他にもバッグはいくつか持っていますが、ここぞ!の時には、なぜかいつもこのバッグを選んでしまいます。


持ち手が擦れたり、色が褪せたりして、傷んできても、やっぱりこのバッグがいいんですよね!笑笑。これからもお手入れしながら使い続けていこうと思っています。

みなさんにも、そんなお気に入り&手放せない愛用品があるでしょうか。。。

ではそろそろ、今月のお客さま新聞を始めてまいりましょう!どうぞ最後までお楽しみください。



■□■ 9月号の目次 ■□■

1. お客さま投稿コーナー:新しい生活様式
2. 今月のお話(はっぴー):東京・狛江の魅力
3. お客さまからの声
4. 編集後記

続きを読む

皆様 こんにちは
今回は トラピックス・クリスタルハートでご案内している紅葉スポットをご紹介させていただきます。

奥入瀬渓流
青森・秋田の両県にまたがる十和田湖。そして、十和田湖・子ノ口から焼山までの約14kmの流れ「奥入瀬渓流」。
十和田八幡平国立公園に属し、特別名勝、国指定の天然記念物に指定されています。渓流沿いには車道と遊歩道が整備されているので、
四季折々の自然を満喫しながら散策などをお楽しみいただけます。
雄々しく、力強く流れる様子を眺めているだけで、不思議と心を洗われるような気持ちになり、神聖なる自然の力を感じることでしょう。
★紅葉の見ごろ:例年10月下旬

奥入瀬1加工.jpg

十和田湖
青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる場所に位置している十和田湖は、約20万年前の火山活動により形成されたカルデラ湖で、
最大水深が326.8mで日本第3位となります。
湖北には八甲田山が位置しており、東岸には十和田湖が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmに渡って延びる奥入瀬渓流があります。
十和田湖は「十和田湖および奥入瀬渓流」として特別名勝及び天然記念物に指定されており、「十和田八幡平国立公園」にも指定されています。
★紅葉の見ごろ:例年10月中旬~下旬

十和田湖3加工.jpg

白神山地
白神山地は、青森県と秋田県にまたがる広大な山岳地帯です。総面積約13万ヘクタール(東京都23区の約2倍の広さ)にも及び、約1万7000
ヘクタールものブナ原生林が広がっています。世界でも最大級のブナ原生林です。人の手がほとんど加わっていないブナ林が、これほどの広範囲に
わたって現存するのは世界的にも例がなく、また貴重な動植物の宝庫としても重要視されています。1993年には日本初の世界自然遺産にも登録されました。
★紅葉の見ごろ:例年10月中旬~下旬

白神山地1加工.jpg

弘前公園
弘前公園に植えられた1000本以上もの楓が紅葉し始めるのが秋の半ばころ。
急激な温度の低下によって園内は色鮮やかに染め上げられ、城門や城、老松との対比が見る者の目を奪います。また、燃えるような楓や金色に輝く
イチョウだけではなく、濠にはスイレンが浮かび、園内は次第に秋の装いに変わっていきます。
鮮やかなお城の紅葉の中で行われる弘前城菊と紅葉まつりは、紅葉を楽しみ、お互いに育てた菊を持ち寄って品評会などをおこなっていた観楓会が発展し、
昭和37年(1962)に「菊ともみじまつり」の名称で始まりました。現在は人形や動物などをかたどった菊のトピアリー、丹精込めて造られた
大輪、中輪、懸崖などの香り高い菊花が見事に咲き競い、古城の秋を演出します。
★紅葉の見ごろ:例年10月下旬~11月上旬

弘前公園1加工.jpg

猊鼻渓
岩手県にある猊鼻渓(げいびけい)は高さ50mを超える石灰岩の岸壁が約2kmにわたり続く渓谷です。
日本百景のひとつにも数えられる渓谷を彩る紅葉を舟下りでお楽しみいただきます。
流れのほとんどない砂鉄川を船頭の人力で音もなく進む舟下りは、自然の音に耳を傾けながら、幻想的な紅葉狩りを楽しむことができるでしょう。
★紅葉の見ごろ:例年10月中旬~下旬

猊鼻渓2.jpg

八甲田ロープウェー
十和田・八幡平国立公園の北部に位置する「八甲田ロープウェー」。
年間を通じて運行されており、片道約10分で田茂萢岳の山頂公園駅に到着します。
2003年にスイス製の新ゴンドラになり、従来のものに比べ窓の面積が1.4倍も広く、さらに雄大な眺望が楽しめるようになりました。
山頂公園駅からは、八甲田の山並みはもちろんのこと、青森市街や陸奥湾、津軽半島、下北半島、そして岩木山と見渡すことができます。            ★紅葉の見ごろ:例年9月下旬~10月下旬

八甲田ロープウェイ加工.jpg

あだたら山ロープウェイ
福島県の那須火山帯に属する安達太良(あだたら)連峰は、磐梯朝日国立公園内の南端に位置しています。
南から北へ和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山・箕輪山、鬼面山と連なっている長さは、約9kmあります。
主峰の安達太良山は、標高約1,700mあり、全長約1,505mのロープウェイが、山頂と麓をつないでいます。
ロープウェイの所要時間は約5~10分ほど。眼下に見える街並みや安達太良連峰、吾妻小富士、蔵王連峰等の大パノラマを、約10分間の空中散歩でお楽しみください♪
★紅葉の見ごろ:例年10月上旬~11月上旬

安達太良山2.jpg

鶴ヶ城
福島県会津若松市の名所のひとつが鶴ヶ城です。鶴ヶ城は、1384年に葦名直盛が、鶴ヶ城の原型となる「東黒川館」を築いたのがはじまりといわれています。
鶴ヶ城は、戊辰戦争時に、約1カ月のあいだ続いた攻防戦に耐えたことから「難攻不落の名城」とうたわれています。
また、日本100名城の12番目に選定されており、近年では2013年の大河ドラマに登場したことでさらに注目を浴びました。
現在の天守閣の状態は、明治政府に取り壊された後、1965年に再建されたものです。2011年に多くの人々の寄付により、黒瓦だった天守閣の屋根を明治に解体される以前の
赤瓦に復元するなどの大改修が行われました。日本で唯一の赤瓦をまとった天守閣です。今なお、会津の象徴として、この鶴ヶ城は地元の人達から深く愛されています。
★紅葉の見ごろ:例年10月下旬~11月上旬

鶴ヶ城2加工.jpg

人気のスポットをご案内しましたが たくさんの紅葉スポットがあります。
当社ホームページの紅葉特集2021年では コース紹介や紅葉の見ごろも
掲載しておりますので ぜひご覧ください。

黒岳

秋になると黒岳では麓から山頂まで美しい紅葉に覆われます。この鮮やかに色づいた高山植物の上を黒岳ロープウェイにて上空からお楽しみ頂きます。 黒岳の斜面を飾る赤、黄色など色とりどりの紅葉は、一度見れば忘れられない素晴らしさです。「日本一早い紅葉」の名所をお愉しみください。
★紅葉の時期:9月中旬~10月中旬

黒岳ロープウェイ.jpg

大雪山・旭岳
北海道のほぼ中央に位置する大雪山連峰の主峰・旭岳。標高約2,291メートルもあり、北海道で最も高い山として知られています。旭岳のロープウェイは、 旭岳の雄大な自然を堪能することができます。秋の紅葉は、広大な自然に赤、オレンジ、黄色が染まり、緑との彩りがまるでパッチワークのような自然美が広がります。
★紅葉の時期:9月中旬~9月下旬

旭岳ロープウェイ加工.jpg

大沼国定公園
1958年(昭和33年)、南北海道で唯一国定公園として指定された「大沼国定公園」。活火山「駒ケ岳」とその噴火でできた大沼、小沼、じゅんさい沼をはじめとした大小の沼など自然豊かな、総面積約9,083ヘクタールの広大な自然公園です。
大沼、小沼には大小126もの小島が浮かび、いくつかの島は橋で結ばれて網の目のように続く道は、遊歩道になっています。大沼公園の景観と四季折々の自然を満喫しながら散策ができます。大沼公園の豊かな自然が色鮮やかに染まる紅葉の季節は、空と湖と紅葉のコントラストが映える景色は必見です。
★紅葉の見頃:10月中旬~11月上旬

大沼公園.jpg

銀泉台
銀泉台は、層雲峡より大雪湖、大雪山観光道路の終点まで車で50分程の標高1500mの場所にあります。日本一早い紅葉をうたい、紅葉の名所でもある銀泉台。銀泉台の名前は、赤岳の山麓から流れる滝(銀河の滝)の源流と考えられたためにこの名がついたと言われています。
紅葉は、9月中旬から9月下旬に見頃を迎え、針葉樹の緑とナナカマド、カエデなどの落葉、広葉樹の朱色や黄色の絶妙な色合いの違いが、幾重にも重なって山全体を彩り、特に、赤岳登山口の銀泉台は、紅葉の名所として知られています。 一瞬の夏が過ぎると、緑に覆われていた山々は徐々に色を変え、登山口から30分程度歩いて開けた登山道から見る第一花園の下の斜面が、赤・黄・緑色の艶やかな色彩に染まる景色は特に人気です。この銀泉台の見渡す限りの美しい紅葉はまるで別世界!
★紅葉の時期:9月中旬~9月下旬

銀仙台2加工.jpg

 オンネトー
北海道三大秘湖のひとつ足寄町にある神秘の湖、オンネトー。オンネトーの横には雌阿寒岳(1499m)と阿寒冨士(1476m)がそびえたち鏡のような湖面に映る山は素晴らしく美しいです。 オンネトーとはアイヌ語で「年老いた湖」という意味で、トーとは沼や湖を表します。約2万年前に雌阿寒岳の噴火で、螺湾川が堰き止められてできた湖。火山性ガスによる強い酸性のため魚は生息していなく、エゾサンショウウオがわずかに棲んでいるのみです。周囲を山や原生林に囲まれているので、紅葉の時期にはたくさんの方がここを訪れます。見学スポットには大きな駐車場も無いので、かなり混雑しますが一度は見て頂きたい景色です。太陽の光や時間帯によって湖面の色が変化するところから五色沼とも呼ばれていますので、何度行っても違う表情見せてくれる場所です。冬期間は湖への道路が閉鎖になってしまうので春から秋までの限定のスポットです。
★紅葉の時期:9月下旬~10月上旬

オンネトー加工.jpg

三国峠
標高1139m、北海道の国道の最高所の三国峠。東大雪の山並みと眼下に広がる紅葉した大樹海のパノラマを車窓から満喫できます。
★紅葉の見頃:9月下旬~10月中旬

三国峠2加工.jpg

一部の紅葉スポットを紹介しましたが その他たくさんの紅葉スポットがあります。

当社ホームページの紅葉特集 旅行・ツアー2021年では コース紹介や紅葉の見ごろも掲載しておりますので ぜひご覧ください。

 

皆様こんにちは。
北海道・東北方面以外のおすすめ商品を紹介させていただきます。

 ★★★関東★★★
【神戸空港発着】二大名湯 草津・鬼怒川・日光ゴールデンルート 3日間 コース番号:57305A
 おすすめのポイント
◆日本三名瀑のひとつ 華厳の滝へご案内!
◆日本屈指の2つの世界遺産にご案内♪
◆2泊とも当社基準Aランクデラックスホテル!にっぽんを代表する名湯草津・鬼怒川にご宿泊!
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=57305A&p_hei=30

 ★★★北陸・甲信越★★★
【往復新幹線利用】紅葉絶景・魅せる信州・染まる八ヶ岳 感動5つの遊覧で紡ぐ10の紅葉絵巻 3日間 コース番号:51440
おすすめのポイント
◆5つの遊覧で巡る、10の紅葉スポットへご案内♪
◆星降る当社基準Aランクホテルに2連泊!憧れの高原リゾートホテルにご宿泊♪
◆山梨のパワースポットにもご案内
  https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=51440&p_hei=30 

★★★中国地方★★★
<極>大山の紅葉と出雲大社 山陰名旅館「佳翠苑皆美」・「依山楼岩崎」で寛ぐ休日3日間  コース番号:1K001A
おすすめのポイント
◆バスはわずか10席または13席のみのプレミアムバスをご用意!
◆山陰が誇る名湯「三朝温泉」と「玉造温泉」にご宿泊!
◆山陰の紅葉名所 大山や横山大観コレクションの足立美術館などへご案内します!
 https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=1K001A&p_hei=30

鍵掛峠.jpg 鍵掛峠

★★★九州★★★
往復グリーン車】秋の九年庵一般公開と九州紅葉名所めぐり 3日間 コース番号:4V368X2
おすすめのポイント
◆安心の同世代で行く!65歳以上のお客様限定♪
◆9日間の期間限定公開幻の紅葉庭園やまるで絵葉書のような九州イチオシの紅葉名所にご案内!
◆2泊とも温泉にこだわったお宿でお寛ぎください。
 https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=4V368X2&p_hei=30

九年庵.jpg 九年庵


その他コースも取り揃えております。
お気軽にお問い合わせください♪
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

【阪神航空トラベルサロン:臨時休業のお知らせ】 

 

お客様各位 

 

いつも当店をご利用頂き誠に有難うございます。 

 

この度の政府による緊急事態宣言が

 

発出されたことを受けまして

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止及び

 

お客様、授業員の安全を第一に考え

 

弊社カウンターを急遽臨時休業と

 

させていただくこととなりました。 

 

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが

 

何卒ご理解とご協力をお願いいたします 

 

【臨時休業期間】

 

2021年8月26日(木)~ 当面の間

営業再開が決まり次第、当社ホームページにて

お知らせいたします

 

 

【臨時休業中のご連絡先】

ご予約済のお客様の変更や取消、ご旅行相談は

阪急交通社 梅田支店にて電話受付を承ります

TEL: 06-6361-3200  (阪急交通社 梅田支店)


受付時間 11:00~18:00

 

 

株式会社 阪急交通社 

阪神航空トラベルサロン

皆様こんにちは。
秋に向けて紅葉のツアーの申込が始まっています。
おすすめ商品を紹介させていただきます。

 

★★★東北★★★
伊丹空港発着/基本ホテルプラン】秋彩みちのく11景癒しの休日3日間 コース番号:21603XX
 おすすめのポイント
◆紅葉時期迫る!東北で人気の観光地を厳選しました!!
◆2泊とも露天風呂自慢の当社基準Aランクホテルを指定でご用意
◆東北を代表する味覚をご用意
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=21603XX&p_hei=30

【往復JR利用】東北10景ハイライト4日間 コース番号:2J789YY
おすすめのポイント
◆銀山温泉、松島、大内宿、中尊寺(※)、角館、鶴ヶ城公園(※)など心惹かれる東北5県の名所・絶景を巡る。

 ※・・・中尊寺金色堂拝観料各自負担:820円、鶴ヶ城天守閣入場料各自負担:410円
◆東北屈指の名湯・蔵王温泉(1泊目)と当社基準Aランクのデラックスホテル(2・3泊目)にご宿泊!
◆往復ともに人気の北陸新幹線にご乗車。(JR金沢駅⇔JR上越妙高駅間)
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=2J789YY&p_hei=30

【伊丹発着/1泊目繋温泉プラン】奥入瀬渓流ゆっくりお散歩と名湯・名旅館に泊まる大人の癒しの休日3日間  コース番号:2V870XX
おすすめのポイント
◆北東北を代表する紅葉名所へたっぷりご案内!
◆奥入瀬渓流のハイライトを約120分ゆっくりお散歩♪さらに十和田湖遊覧船にもご乗船!
◆「美人の湯」として知られる名湯(2泊目)と当社基準Sランクホテル5つ星の宿の名旅館(1泊目)へご案内
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=2V870XX&p_hei=30

 

 無題3.png

 

その他コースも取り揃えております。
お気軽にお問い合わせください♪
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

【臨時休業のご案内】

いつも阪急交通社 宝塚トラベルセンターをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

政府による緊急事態宣言が発令されたことにより

お客様ならびに従業員の健康と安全のため、下記日程から店舗を臨時休業とさせて頂きます。

大変急な決定でご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

【臨時休業期間】2021年 8月 26日 木曜日 ~当面の間

※営業再開につきましてはこちらの店舗案内にてご案内致します。

なお休業中の緊急連絡につきましては下記へご連絡お願い致します。

 電話番号 06-6361-3200

 阪急交通社 梅田支店

 受付時間 11:00 ~ 18:00

【臨時休業のご案内】

いつも阪急交通社 池田トラベルセンターをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

政府による緊急事態宣言が発令されたことにより

お客様ならびに従業員の健康と安全のため、下記日程から店舗を臨時休業とさせて頂きます。

大変急な決定でご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

【臨時休業期間】2021年 8月 26日 木曜日 ~当面の間

※営業再開につきましてはこちらの店舗案内にてご案内致します。

なお休業中の緊急連絡につきましては下記へご連絡お願い致します。

 電話番号 06-6361-3200

 阪急交通社 梅田支店

 受付時間 11:00 ~ 18:00

【臨時休業のご案内】

いつも阪急交通社 西宮トラベルセンターをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

政府による緊急事態宣言が発令されたことにより

お客様ならびに従業員の健康と安全のため、下記日程から店舗を臨時休業とさせて頂きます。

大変急な決定でご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

【臨時休業期間】2021年 8月 26日 木曜日 ~当面の間

※営業再開につきましてはこちらの店舗案内にてご案内致します。

なお休業中の緊急連絡につきましては下記へご連絡お願い致します。

 電話番号 06-6361-3200

 阪急交通社 梅田支店

 受付時間 11:00 ~ 18:00

bn698.jpg

 

みなさーん!こんにちは

阪急お客さま新聞 編集部の田中です。

いろいろ言われた東京オリンピックも終わりましたね。
私としては開催してもらって良かったと思っています。アスリートたちから「スポーツをする歓び」「スポーツの力」を教えてもらえたからです。

フィリピンのスケートボード選手ディダルさん。失敗してもニッコリ笑顔、他の選手を褒めたたえる姿。
水泳の萩野公介選手の「この場所に居られて幸せでした」という充実感に溢れた顔。
果敢に難易度の高い技に挑戦し、失敗した岡本選手の元に他の選手がかけより、その勇気を称えあう爽やかな光景。

失敗を恐れず、悔いのないように精一杯力を出し切る。結果よりもそのこと自体が価値のあることなんだと改めて教えてもらいました。

さて、24日からパラリンピックが始まります。

阪急交通社は走り幅跳びの中西麻耶選手を応援しています。

彼女は8月28日の走り幅跳びに出場します。
中西さん、小さな体ですが、その半生は壮絶なものでした。


それがわかるこの記事↓を読んでください。

★「あきらめない心」本物のアスリート中西麻耶

さあ、今月も阪急お客さま新聞!です。

ワクチンの威力、早く効いてきて欲しいです。



★☆★ 8月号の目次 ★☆★

1. お客さま投稿コーナー:東京2020オリンピック
2. 今月のお話(よっすぃ~):新しい働き方
3. お客さまからの声
4. 耳より情報:たびこふれサロンへのお誘い

5. 編集後記

続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール

各拠点で働く阪急交通社のスタッフから旬のお知らせやお得な情報、旅に関する小ネタなどをご紹介します。

最近のピクチャ

  • 柿の上に子がえる1.jpg
  • 十和田湖3加工.jpg
  • オンネトー加工.jpg
  • 無題3.png
  • 6.ブルーベリー2.jpg
  • BP18-034343A.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [4]
  2. 2021年8月 [10]
  3. 2021年7月 [12]
  4. 2021年6月 [11]
  5. 2021年5月 [2]
  6. 2021年4月 [4]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [5]
  9. 2021年1月 [8]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [3]
  12. 2020年10月 [7]
  13. 2020年9月 [2]
  14. 2020年8月 [5]
  15. 2020年7月 [5]
  16. 2020年6月 [3]
  17. 2020年5月 [1]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [10]
  20. 2020年2月 [3]
  21. 2020年1月 [2]
  22. 2019年12月 [5]
  23. 2019年11月 [3]
  24. 2019年10月 [1]
  25. 2019年9月 [1]
  26. 2019年8月 [2]
  27. 2019年7月 [3]
  28. 2019年6月 [1]
  29. 2019年5月 [1]
  30. 2019年4月 [8]
  31. 2019年3月 [2]
  32. 2019年2月 [2]
  33. 2019年1月 [5]
  34. 2018年12月 [9]
  35. 2018年11月 [6]
  36. 2018年10月 [6]
  37. 2018年9月 [1]
  38. 2018年8月 [1]
  39. 2018年7月 [6]
  40. 2018年6月 [3]
  41. 2018年5月 [5]
  42. 2018年4月 [3]
  43. 2018年3月 [3]
  44. 2018年2月 [1]
  45. 2018年1月 [7]
  46. 2017年12月 [6]
  47. 2017年11月 [6]
  48. 2017年10月 [8]
  49. 2017年9月 [5]
  50. 2017年8月 [5]
  51. 2017年7月 [5]
  52. 2017年6月 [5]
  53. 2017年5月 [2]
  54. 2017年4月 [5]
  55. 2017年3月 [5]
  56. 2017年2月 [4]
  57. 2017年1月 [5]
  58. 2016年12月 [9]
  59. 2016年11月 [8]
  60. 2016年10月 [10]
  61. 2016年9月 [6]
  62. 2016年8月 [8]
  63. 2016年7月 [9]
  64. 2016年6月 [11]
  65. 2016年5月 [8]
  66. 2016年4月 [18]
  67. 2016年3月 [11]
  68. 2016年2月 [15]
  69. 2016年1月 [15]
  70. 2015年12月 [19]
  71. 2015年11月 [8]
  72. 2015年10月 [11]
  73. 2015年9月 [6]
  74. 2015年8月 [11]
  75. 2015年7月 [10]
  76. 2015年6月 [16]
  77. 2015年5月 [15]
  78. 2015年4月 [13]
  79. 2015年3月 [24]
  80. 2015年2月 [5]
  81. 2015年1月 [1]
  82. 2014年12月 [1]
  83. 2014年11月 [1]
  84. 2014年10月 [1]
  85. 2014年9月 [1]
  86. 2014年8月 [1]
  87. 2014年7月 [1]
  88. 2014年6月 [1]
  89. 2014年5月 [1]
  90. 2014年4月 [1]
  91. 2014年3月 [1]
  92. 2014年2月 [1]
  93. 2014年1月 [1]
  94. 2013年12月 [1]
  95. 2013年11月 [1]
  96. 2013年10月 [1]
  97. 2013年9月 [1]
  98. 2013年8月 [2]
  99. 2013年7月 [1]
  100. 2013年6月 [1]
  101. 2013年5月 [1]
  102. 2013年4月 [1]
  103. 2013年3月 [1]
  104. 2013年2月 [1]
  105. 2013年1月 [1]
  106. 2012年12月 [1]
  107. 2012年11月 [1]
  108. 2012年10月 [1]
  109. 2012年9月 [1]
  110. 2012年8月 [1]
  111. 2012年7月 [1]
  112. 2012年6月 [1]
  113. 2012年5月 [1]
  114. 2012年4月 [1]
  115. 2012年3月 [1]
  116. 2012年2月 [1]
  117. 2012年1月 [1]
  118. 2011年12月 [1]
  119. 2011年11月 [1]
  120. 2011年10月 [1]
  121. 2011年9月 [1]
  122. 2011年8月 [1]
  123. 2011年7月 [1]
  124. 2011年6月 [1]
  125. 2011年5月 [1]
  126. 2011年4月 [1]
  127. 2011年3月 [1]
  128. 2011年2月 [1]
  129. 2011年1月 [1]
  130. 2010年12月 [1]
  131. 2010年11月 [1]
  132. 2010年10月 [1]
  133. 2010年9月 [1]
  134. 2010年8月 [1]
  135. 2010年6月 [2]
  136. 2010年5月 [1]
  137. 2010年4月 [1]
  138. 2010年3月 [1]
  139. 2010年2月 [1]
  140. 2010年1月 [1]
  141. 2009年12月 [1]
  142. 2009年11月 [1]
  143. 2009年10月 [1]
  144. 2009年9月 [1]
  145. 2009年8月 [1]
  146. 2009年7月 [1]
  147. 2009年6月 [1]
  148. 2009年5月 [1]
  149. 2009年4月 [1]
  150. 2009年3月 [1]
  151. 2009年2月 [1]
  152. 2009年1月 [1]
  153. 2008年12月 [1]
  154. 2008年3月 [1]
  155. 2008年2月 [1]
  156. 2008年1月 [1]
  157. 2007年12月 [1]
  158. 2007年11月 [1]
  159. 2007年10月 [1]
  160. 2007年9月 [1]
  161. 2007年8月 [2]
  162. 2007年7月 [1]
  163. 2007年6月 [1]
  164. 2007年3月 [1]
  165. 2007年2月 [1]
  166. 2007年1月 [1]
  167. 2006年12月 [1]
  168. 2006年11月 [1]
  169. 2006年10月 [1]
  170. 2006年9月 [1]
  171. 2006年8月 [1]
  172. 2006年7月 [1]
  173. 2006年6月 [1]
  174. 2006年5月 [1]
  175. 2006年4月 [2]
  176. 2006年3月 [3]
  177. 2006年2月 [1]
  178. 2006年1月 [1]
  179. 2005年12月 [3]
  180. 2005年11月 [3]
  181. 2005年10月 [5]
  182. 2005年9月 [2]
  183. 2005年8月 [1]
  184. 2005年7月 [1]
  185. 2005年6月 [1]
  186. 2005年5月 [1]
  187. 2005年4月 [1]
  188. 2005年3月 [3]

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください