池田トラベルセンター: 2022年5月の記事一覧

 

こんにちわ
皆様、いきなりですがVISON(ヴィソン)ってご存じですか?

VISON
?なんやそれ?
あのお高いフランスのブランドバッグ?(それは、VUITTONや!)

一人つっこみはさておき、VISON(ヴィソン)とは、三重県多気町に昨年出来た
大型商業リゾート施設で、なんと東京ドーム24個分の広大な敷地内にホテルや産直市場、飲食店、温泉等が楽しめる場所なんです。

G
W最終日、暇をもてあましていた一人のスタッフが、そうだVISONへ行こう!ということで遊びにいってきました^^

VISON
(ヴィソン)は、マイカーもしくは電車+バスで行きます。
私は運転に自信がなく(というのは口実でアルコールが飲みたいから(笑))、電車とバスで行ってきました。
近鉄電車 特急に乗って松坂駅下車。JR松坂駅と構内でつながっていますので、JR側改札を出て左へ

ようこそ.jpg


進むとバス乗り場があります。バス切符売り場があるので、そこでVISONまで大人750円支払い券購入。

バス乗り場①.jpg

バスキップ売り場.jpg


いざ、VISONへ!
松坂駅からVISONまでは路線バス利用となりますが、約4050分かかります。
のんびり揺られてお昼過ぎに到着。

 
まず最初の感想・・・・
ひろっっっ!!!とにかく広い。広すぎる。
建物もふんだんに木を使っていて、シンプルかつモダンで非常に癒される空間。

広すぎて写真に納まらないので地図でご案内!

地図.jpg

 


さて、なにわともあれ、ランチ!!

今回は、自分へのご褒美(褒められるようなこと何したん?)&おいしいお肉食べたいーということで、
すきやき 【スギモト】へ。

スギモト外観.jpg

スギモトメニュー①.jpg

 

松阪牛すき焼きをコースで頂きました。

肉①.jpg

肉鍋②.jpg

見てください!この美しい霜降り松坂牛を。一口ほおばるだけで、一瞬でとろけて顔がにやけるくらい美味でした。
お野菜もお豆腐も新鮮で、本当においしく頂きました。
2
名で利用したのですが、座席も向かい合わせにせず対角線上に座るようにしており、コロナ対策もきちんとされており、安心してお食事していただけると思いました。


大満足のランチ後は、いよいよ散策開始。

VISON
内は、いくつかのエリアに分かれています。
まず、和ヴィソンエリアへ。

和VISON.jpg

昆布やお味噌、海苔、だし、豆腐等伝統食材の専門店が出店されておりました。
すでに目移りしてしまう・・・

お次は、サンセバスチャン通り。
こちらは、名前を聞いて思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんが、スペイン バスク地方にある
市で、美食の町として有名。サンセバスチャンで有名なバルのお店や、カフェが出店されていました。
ランチでお腹はいっぱいでしたが、ここまで来たらやはりバルで飲みたい!

軽く一杯だけたしなみました(笑)写真撮り忘れ・・

はい、次ー。(さくさく行きますよ)
ホテルヴィソン。バスでVISON敷地内に入ってすぐ目に飛び込んできた、この印象的な建物。

ホテルVISON外観.jpg

ホテルVISON名前.jpg

これホテルです。どなたかもブログで書いてましたが、マチュピチュのような感じもします。
ホテル内は入っていませんが、雰囲気もよさそうですし、夕食はVISON内のお店で食べてもよさそうですね。
近くにも温泉施設 本草湯がありますので、温泉も楽しめると思います。


ホテルヴィソン以外にも、旅籠VISONやペットホテルもあるようです。
ペットホテル・ドッグランもあるためか、敷地内を散策している中に、たくさんのワンコ同伴の方々が^^
トイプー・ミニチュアダックス・シ-ズー・柴ちゃん・きわめつけは、なんとシベリアンハスキー3匹連れの
方もいらっしゃいました。何度も何度も、もふもふさせてほしい・・・と心の中で思いながら、でもコロナ禍だし、
勇気が出ず、遠くから眺めるだけしか出来ませんでした・・・

そして女子大好き・スイーツヴィレッジへ
ここは、かの有名なパティシエ辻口シェフがプロデュースしたエリアらしく、おいしそうなケーキやマカロンや焼き菓子が販売、また店内でも食べられるカフェや、ベーカリーショップがありました。


 
最後、マルシェヴィソン。

マルシェ.jpg

新鮮なお野菜や、三重県の海の幸山の幸を扱うお店が出店されており、BBQも楽しめるようです。

 トマト.jpg

 

BBQ敷地.jpg

私は購入しませんでしたが、丸いたい焼きのお店も有名みたいですよ。

 

そうこうしてるうちに、帰りのバスの時間が迫ってしまいました・・・

バス乗降場所の前には、猿田彦珈琲もありました。

猿田彦.jpg

 バスの便数はそんなに頻繁には走っていないので、行かれる際はお時間確認のうえご利用くださいね。

 

VISON、まる一日ご家族連れでもカップルでもお友達同士でも、楽しめる素敵な場所だと思いますので、

ご興味ある方は是非足を運んでみて下さい。





 

 

久しぶりに制限のないゴールデンウィーク

皆様はいかがお過ごしでしたか

今回は初めてペットを連れて1泊旅行(淡路島)へ行ってきました。

ペット連れの方の参考にしていただければと思います。

まずはうずの丘へ

GW期間中のため、駐車場に入るまでに渋滞で3040分程かかりました。

天気がよくて大鳴門橋が綺麗に見えました。ドックランもあります。

景色.jpg

『絶景レストランうずの丘』

うにしゃぶが有名みたいですが、私はうず潮世界遺産カレー

なんでここに来てカレーやねん!って言われましたが、

うす潮イメージした玉ねぎが甘~くておいし~い☆

それぞれ美味しそうなメニューをチョイス!!

淡路島サクラマスと桜鯛の島レモン鍋コース

淡路牛ローストビーフ丼

昼食.jpg

レストランの中はペット不可だったので時間差で交代しながら食べました。

ちなみに、淡路島バーガーは長蛇の列のため速攻諦めました。残念。。。

腹ごしらえした後は、おっ玉葱!

インスタでみんなが撮っている映え写真をオブジェの前で撮りたかったのですが

ココも長打の列だったので、諦めて「たまねぎカツラ」だけ拝借してパシャッ

玉ねぎ.jpg

わんこ以外はTOTEMOお見せできない写真です 笑

わんちゃん用のカツラもあるのでぜひぜひお試し下さい 

以外と時間がなくなってしまい、早めに洲本温泉のホテルへ向かいました

 

宿泊先は

『海のホテル島花 ドックフレンドリー温泉露天風呂付ヴィラ』

ヴィラ.jpg 

唯一ペットも一緒に宿泊できるお部屋です。

部屋は和洋室で広くて清潔感があってとても気持ちよかったです。

洋室.jpg

チェックイン時ペット用のおやつももらえましたよ。ケージやアメニティもそろっています。

そしてなんといっても部屋に露天風呂!!部屋からの眺めも海が正面に見えて素敵でした。

露天風呂.jpg

ドックランがヴィラの目の前にあって、貸し切り状態で大はしゃぎです。

ドックラン①.jpg

そして、夕食前にホテル専用のグラスボートに乗って、グループホテルの湯めぐりができました。

グラスボート.jpg

天空の雫・棚田の湯・くにうみの湯が利用できます。

ホテル以外のお風呂に入れるのもいいですね。

 

夕食は特選季節の味覚コース

夕食①.jpg

夕食②.jpg

結構ボリュームがあってお腹いっぱいになりました。

特選炭火焼コースも選べます!

 

翌朝、5時にわんこに起こされて。。。

そのおかげで、すごく綺麗な朝日を部屋から見る事ができました。

朝日.jpg

 

2日目花さじき

景色サイコーで、ペットのお散歩にも最適でした☆やっぱりペット連れが多かったですね。

花さじき.jpg

花さじき①.jpg

昼食場所はどこも混み合ってそうで。。。

ペット連れで入れそうな場所を探していると

『淡路島海賊料理海神人(アマン)の食卓』というレストランを発見!!

3月にオープンしたばかりのレストランで、1階の外のテーブルならペットもOK


昼食①.jpg

天気もよくて、外で食べるには心地よかったです。

1階は海賊料理でカジュアルな感じでしたが、2階は本格鉄板グリルで豪華な感じでした。

ペットOKですぐに入れてよかったです。

今回、淡路島にペット連れて行きましたが、ペットOKのお店も結構あって

ペットに優しい場所だなと思いました。

淡路島旅行ぜひご検討してみて下さい。

定休日を利用して池田のメンバー陣でGWにどこか行きたいね!って話になり

「そうだ日帰りバスツアーに参加しよう♪」と下記コースをこっそり予約しました。

  ↓ ↓ ↓

【幻想的な藤棚と100万株ネモフィラ!春の花めぐりと3つの味覚!GWミステリーツアー日帰り】

今回はミステリーツアーのため場所は伏せておきます。

ただ、ある意味すごいミステリーな一日となりました

登場人物 3人(私・A・B)

どうぞご覧下さい。

 

ミステリー①

集合場所で

私:飲み物などは大丈夫ですか?と確認。

A:今回は準備万端やで!大丈夫!と張り切って答える

しかし、バスの出発直前に

A:お茶が入ってない!!なんでや!あっ!電車の中に忘れてきたっ!

  不審物として処理されてしまうわ。かわいそうや

と意味不明な発言と共にバスがしゅっぱ~つ! 

まずはネモフィラ観光へ

曇っていたのは残念でしたけど、とても綺麗でした☆

ネモフィラ.jpg

のんびり歩いていますが、この直後に突然の豪雨!ビニール傘を購入する羽目になります。

ネモフィラ後ろ姿.jpg

ミステリー②

雨宿りしながら

ソフトクリーム.jpg

私:可愛くソフトクリーム

B:早速ハイボール 笑

A:行方不明。。。

ミステリー③

昼食場所へ向かうバス車内の中Bがもぞもぞ不審な行動をし始める

どうやらトイレが我慢できなくなったらしい。

横でスヤスヤ寝ているAを羨ましそうに見ている

そんな中、1時間ほど経過。。(彼女曰く何度もバスを停めようと思った程、果てしなく長い時間だったようです。)

Bバスが到着した瞬間に猛ダッシュでトイレへと消えて行きました。。。

ようやく3人そろって落ち着いて昼食

楽しみにしていた3つのブランド肉尽くし!(●●牛と●●豚のすき焼き・●●鶏のから揚げ)

とても美味しくいただきました☆

昼食.jpg

懲りずにここでもまたB焼酎と酎ハイ飲んでやがる笑っ

おいおいまたトイレ大丈夫か笑笑っ   と秘かに思う私。。。

お酒.jpg

この直後本日最大のミステリー④

ハプニング発生!!

私:昼食場所の階段をご機嫌に降りていたら、足を踏み外してまさかの転倒

歩けなくなりました。AB二人に支えられながらなんとかバスまで移動

みるみる足が腫れてきました。 翌日病院で骨折れる手前のヒドイ捻挫と診断され、お見せできない足に…

氷足.jpg

日帰りバスと言えど保険に加入して行く事は大事だと痛感しました。

皆様、旅行の際はぜひ保険に加入する事をオススメします!

この次に行く場所を楽しみにしていたのに私はバスの中で待機となりました(T_T)

1000坪以上の広大な敷地前兆200メートルの圧巻の藤棚とうたっている場所へ到着

二人をバスの中から見送りました。

ミステリー⑤

しばらくして

ゼェゼェ、ハァハァ言いながらAが帰ってきて

A:「ワ・タ・シ・富士登山してきたわ」……  とまた意味不明な発言

その後ろから

Bもびっしょびっしょに濡れてビニール傘がバキバキに折れて帰ってきた。

二人共どこに行って来ましてん。。。?

どうやら藤棚までの道が険しかったのと、雨風が強くて歩きにくかったみたいです。

藤棚道.jpg

カッパ道.jpg

藤棚は少し見頃が終わっていましたが、まだまだ綺麗で雨の中癒されたようです。

藤棚.jpg

最後にツアーに含まれていたお土産をもらい

しっかり握りしめて帰路につきました。

3種のブランドいちご(各100g)

まぼろしといわれるブランドみかん500

いちご.jpg

 

みかん.jpg

 

いろんなミステリーがありましたが、結果楽しい日帰りツアーになりました。

まさにミステリと言う勿れ。。。

トラピックスにて色々なミステリーツアーコースがございます。

ぜひ、皆様もそれぞれのミステリーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 



プロフィール

当店は国内・海外パッケージ旅行の専門店です。小さな店舗ですが「一期一会」の気持ちを大切に頑張っております。

最近のピクチャ

  • ホテルVISON外観.jpg
  • 昼食①.jpg
  • みかん.jpg

月別アーカイブ

  1. 池田トラベルセンター2022年9月 [1]
  2. 池田トラベルセンター2022年7月 [5]
  3. 池田トラベルセンター2022年5月 [3]
  4. 池田トラベルセンター2022年4月 [1]
  5. 池田トラベルセンター2021年11月 [2]
  6. 池田トラベルセンター2021年10月 [1]
  7. 池田トラベルセンター2021年8月 [1]
  8. 池田トラベルセンター2021年6月 [1]
  9. 池田トラベルセンター2021年2月 [1]
  10. 池田トラベルセンター2021年1月 [1]
  11. 池田トラベルセンター2020年7月 [1]
  12. 池田トラベルセンター2020年3月 [2]
  13. 池田トラベルセンター2020年2月 [1]
  14. 池田トラベルセンター2020年1月 [1]
  15. 池田トラベルセンター2019年7月 [1]
  16. 池田トラベルセンター2019年4月 [1]
  17. 池田トラベルセンター2019年1月 [1]
  18. 池田トラベルセンター2018年12月 [2]
  19. 池田トラベルセンター2018年11月 [2]
  20. 池田トラベルセンター2018年10月 [1]
  21. 池田トラベルセンター2018年7月 [2]
  22. 池田トラベルセンター2018年4月 [1]
  23. 池田トラベルセンター2018年1月 [1]
  24. 池田トラベルセンター2017年12月 [2]
  25. 池田トラベルセンター2017年10月 [1]
  26. 池田トラベルセンター2017年8月 [2]
  27. 池田トラベルセンター2017年7月 [1]
  28. 池田トラベルセンター2017年5月 [1]
  29. 池田トラベルセンター2017年4月 [1]
  30. 池田トラベルセンター2017年2月 [1]
  31. 池田トラベルセンター2016年12月 [2]
  32. 池田トラベルセンター2016年11月 [2]
  33. 池田トラベルセンター2016年10月 [1]
  34. 池田トラベルセンター2016年9月 [1]
  35. 池田トラベルセンター2016年7月 [1]
  36. 池田トラベルセンター2016年6月 [1]
  37. 池田トラベルセンター2016年4月 [1]
  38. 池田トラベルセンター2016年3月 [1]
  39. 池田トラベルセンター2015年11月 [1]
  40. 池田トラベルセンター2015年6月 [1]
  41. 池田トラベルセンター2015年5月 [1]
  42. 池田トラベルセンター2015年4月 [1]
  43. 池田トラベルセンター2015年3月 [2]

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください