宝塚トラベルセンター: 2022年10月の記事一覧

その③でございます~

その②をアップできたので、よっしゃ~終わった~!と思っていたら

その③もいますぐやるように!とまたまた店長の圧力が・・・(^^;むむむ・・・。

 

次のご紹介は「幸楽窯」さんの<トレジャーハンティング>

幸楽窯さんは有田焼の窯元さんです。

トレジャーハンティングとは、お宝さがしというわたしみたいな主婦が喜ぶワードですが、どういうこと???

と思って行ってみました!

 

お買い物カゴを購入したら・・・トレジャー.JPG陶器.jpg

「ここから先の陶磁器カゴに入るだけ詰め放題で~す!」と係のおねいさん。

えええええ。めっちゃトクやん!?

なるほど、有田焼のアウトレットを詰め放題できるという、たしかにお宝さがし(トレジャーハンティング☆彡)でした!

私がなにを買ったのか?は秘密です(笑/たいした秘密ではない)

 

最後のご紹介は

武雄温泉にある「御船山楽園」で行われている

<チームラボ/かみさまがすまう森>というイルミネーションイベントです

御船山楽園は武雄温泉駅より2キロほど南に位置する「武雄領主鍋島茂義」が作った広~~い池泉式回遊庭園です。

路線バスで15分ほどで行けます。

この御船山楽園ですが、以前までちょっと観光客の少なめの観光地でした・・・

そして「チームラボ」というアートの会社?が、その広大な敷地使ってイルミネーションイベントを開催するようになってから、その美しさに人気が出て今年で開催8年目だそうです。

https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen/

感想は・・・・

広すぎる(笑)。舗装されてない道も多く、段差もあり、足腰ガクガク・・・

暗くて、ちょっと肝試し?って感覚のホラー感もありましたが、イルミネーションに辿り着くと

☆めっちゃきれい~~~♪♪♪☆彡

でした。

夕飯後だったので(つまりは酒が入っていたので~笑)メインとなる展示に辿り着くには体力が必要で、近藤がたどり着いたかどうかはみなさん興味がないと思うので聞かないでください。辿り着く前の展示でもとても綺麗な光のアート

ご覧になれます。

写真も撮ってないのではなく、暗いからうまく撮れなかっただけです!ちゃんと行ってますよ!笑

今年の開催期間は7/1511/6なので、まもなく終了しますが

恐らく来年以後もきっと開催されるではないでしょうか・・・

入園料は1600円 開場時間は日没からになるので月によって違うようなので都度HPを確認することになります。

 

近藤は実は体力のある若いころ(笑)、添乗員さんやってまして。

中学生の修学旅行にたくさん帯同していたころは、長崎県に月20日以上滞在したことがあります。

地図いらずでうろうろできるほどでした。

けど今回20年ぶりに訪れた長崎県は、新しい道もできてる、駅の位置が変わってる、観光地も増えてるなどなど

ぜんぜん違っておりました(驚)

当店のお客様は「もう行くとこないねん」とおっしゃられるトラピックスファンのお客様がありがたいことに多いのですが、間隔をあけて訪問いただくと、見違えるほど変わっている素敵な場所も日本中にあるので、

しばらく行ってないところでも、ぜひ候補に入れてあげてくださればと思います。

 

そんなこんなで九州ブログはこの辺にしておきま~す。

こんどどこ行こうかなぁ~(><)

あ、城崎以外で()

近藤でした!

その②でございます~

「その①のUPから10日も経ってるよ~」と、店長より見えない圧力がかかりまして、お待ちになっている方(多分おらん)には申し訳ありません。

そうそう、長崎のグアム「伊王島」のご紹介からでございましたね。

 

リゾート名は「i+Land nagasaki」(アイランドナガサキ)https://www. islandnagasaki.jp

まずは場所!伊王島.jpeg

長崎市の南西部に位置します。(地図の赤い手書きの〇の位置が伊王島です)橋がかかっていますので、船などに乗る必要はございません 長崎駅から無料送迎バスで約50分。車乗れない人!(酒飲めないから乗りたくない人!→わたし^^;)も安心して訪れることができます。

リゾートの中は大変広く、敷地内施設を周遊するシャトルバスが随時運行されています。

以前は、「伊王島やすらぎの里」という名称の公営施設で、ちょーーっと寂しい感じ?でした。そこを民間のカトーグループさんが買収され、見後に再生!進化!しまして、九州在住の方に非常に人気のシーサイドリゾートへモデルチェンジされました。

 

3つのホテル棟と3種類のロッジ群

温泉が2つ!(海が見える素敵な露天もあり)6つのレストラン!

ビーチあり!プールあり!レンタサイクルあり!フィットネスあり!アクティビティあり!広場あり!フリードリンク(アルコール以外ね・・・泣)の島カフェ5ケ所あり!

レストランの食事と以外はほとんど無料で楽しめます!!!!!(レストランもそんなに割高ではなかったですよ!)

ね、すごいでしょ?

ゆったり温泉ステイもよし。小さいお子様連れでアクティビティもよし!世代問わずご利用頂けるので、特に三世代のご家族旅行に人気があるようです~IMG_2212.jpgIMG_2218.jpg

 

長崎観光といえば、長崎市街の宿泊を選択しがちですが

I+Land nagasakiへ連泊して、2日目に長崎市内を観光するテも素敵やな~と思います。

 

行ってみたい!と思ってくださった方~

トラピックスではコース番号「4JNK333」などでツアーを販売しております。よろしければご検討くださいね

 

伊王島のあとは、

今年9/23より運行開始したJR九州さんの「ふたつ星4047」に乗車してきましたのでご紹介しますよ~

ふたつ星4047 https://www.jrkyusyu.co.jp/ train/futatsuboshi/

 4047顔.JPG

ふたつ星4047はJR九州さんご慢のD&S列車(デザイン&ストーリー)

手っ取り早く言うと、観光列車ですね(^^/

いままでも「あそBOY」「ゆふいんの森」「指宿たまて箱」など、観光のお客様に人気の列車が走っていましたが、こ

の「ふたつ星4047」がデビュー!

ふたつ星4047のネーミング由来は西九州の観光スター県「長崎県」「佐賀県」を星に例えて、この2県を結ぶ車両形式キハ40、47形という意味だそうです。

区間<武雄温泉長崎>を約3時間弱かけて運行します。

え?その区間は・・・

そうなんです。前回ご紹介した西九州新幹線とまったく同じ区間なんです~

西九州新幹線(スピードを実感)とふたつ星4047(車窓と眺めながらのんびり旅を実感)を片道づつ乗ってほしい・・・と言うのがJR九州さんのたっての願いのようです(笑)。

白とゴールドのボディはとても気品高く、3両編成中2号車は、旅する皆様のためにラウンジ車両として開放。立席カウンターやソファあり。車内販売カウンターでは軽食やお菓子などを買って、ラウンジ車両で食べることができます。

えー、昔でいう新幹線のビュッフェ車両のオシャレ版ですね!(わかります?ビュッフェ車!?)

途中の停車駅では地元駅の方の歓迎があったり、おやつ売りにきてたり!

わたし自身は、青春18きっぷでの旅行はできないスピード派の性格(笑)なのですが、のんびり鉄道旅行の良さがなんだかわかった気がしました。

 

トラピックスではコース番号「4087W」などでふたつ星4047に乗れるツアーがございましたが、満席のようです(スミマセン・・・)でも今後必ず乗ることのできる企画は発表されると思いますので、よろしければまたお問い合わせくださいませ~

↓千綿駅に売りに来てた「くじら焼き」たい焼きのくじら版ですね~アツアツで美味でした!

 

ではその③へ続きます・・・くじら焼.JPG

 

お久しぶりです~

店舗スタッフ近藤でございます。

最近のブログは可愛い20代の若い衆に任せておりましたので、久々の登場でございます(><)。

今回なんとなんとこのキノプロのわたしが城崎以外に遠出いたしました!

なのでブログ書いちゃいます(城崎ブログを楽しみにしておられた方にはご期待に添えず申し訳ありません。もう二度と城崎は書きません笑)。

 

今回は、西九州へ参りましたよ!

そう!先月開通した、今話題の日本一短い新幹線「かもめ」に乗ろうと長崎佐賀へ~

 新大阪から朝早い出発するという大嫌いな行程でしたので

大阪いらっしゃい」利用させていただき、新大阪で前泊しました~

2020年に開業した「名鉄イン新大阪東口」さんにお世話になりまして、宿泊代金7000円のところ・・・・

大阪いらっしゃい▲3500円と大阪PAY▲2000円をいただきまして実質1500円でのご宿泊でございましたっ!

大阪PAYは新大阪駅で551豚まんとシュウマイに使わせて頂きまして、夕食・翌朝食となりました

いやいやほんま有難いですねー。

 

そして翌朝新大阪駅を出まして、のぞみさんで博多へ。

ちゃんとホテルでチンしてきたからモーニング551の匂いで近隣の方にご迷惑をおかけしていたかもしれません(笑)。

みなさんマスクされてるし大丈夫大丈夫!でしょ?(^^;

そのあとリレーかもめさんで武雄温泉駅/対面ホームで乗り換え/西九州新幹線かもめさん乗車~っ!

対面乗り継ぎ.JPG

乗り換えまじラクチン(><)

画像右の白い車両が西九州新幹線かもめさん、画像左の黒い車両がリレーかもめさんですね。

ただし、かもめへ乗り継ぐ列車はかならずリレーと列車名がついているものをチョイスくださいね。そうじゃないと対面乗り換えにならないみたいですよ~

長崎駅までたったの20分でした!海側はD席ですね。選べるようなら大村湾ビューのD席がおすすめですよ~

綺麗な列車は気持ちいいですねー。まだ新車のええ匂いがしておりました。ヘッドレスト?頭のソファー部分はふわふわフカフカ♪

かもめさんの指定席にグリーン車はございません。なんでかって、普通車指定席で2名掛けのグリーン車レベルの広さなんですよ。そして長崎駅に着いたら

「え?ここ長崎駅?」

とまぁ、20年前の長崎駅とは違う長崎駅に到着!!

長崎新駅.JPG

新しい駅舎になったのはもちろんですが、なんと場所も前の駅とは違うんですよ!!以前の駅から300メートルくらいですかねー、西方向へズレました。以前はJR貨物エリアだったそうです。駅が動くことってあるんですねー。以前はJR九州ホテル長崎さんが最も駅に近い駅でしたが、いまはヒルトン長崎さんになってしまいました・・・。JR九州ホテルさんからしてみたら最も自慢だったことが~笑。まぁ、仕方ないですね!

お土産屋さんもたくさん!観光案内所もピッカピカで、新しい建物はやっぱりいいですねー。

 

そして伊王島へ!ご存じです?伊王島・・・

実はめっちゃすごくなってるんですよ。九州在住の方にとってのグアム!!みたいな(笑)

伊王島についてのお話はそのにつづきます~

プロフィール

店は阪急宝塚駅1階のブックファースト横にあります。豊富な品揃えの中から、お客様にぴったりの旅行をお探しします。

最近のピクチャ

  • 陶器.jpg
  • IMG_2218.jpg
  • 長崎新駅.JPG

月別アーカイブ

  1. 宝塚トラベルセンター2022年11月 [3]
  2. 宝塚トラベルセンター2022年10月 [3]
  3. 宝塚トラベルセンター2022年9月 [3]
  4. 宝塚トラベルセンター2022年8月 [1]
  5. 宝塚トラベルセンター2022年7月 [3]
  6. 宝塚トラベルセンター2022年6月 [2]
  7. 宝塚トラベルセンター2022年5月 [3]
  8. 宝塚トラベルセンター2022年4月 [4]
  9. 宝塚トラベルセンター2022年3月 [1]
  10. 宝塚トラベルセンター2022年1月 [1]
  11. 宝塚トラベルセンター2021年12月 [2]
  12. 宝塚トラベルセンター2021年11月 [3]
  13. 宝塚トラベルセンター2021年10月 [2]
  14. 宝塚トラベルセンター2021年8月 [1]
  15. 宝塚トラベルセンター2021年7月 [1]
  16. 宝塚トラベルセンター2021年6月 [1]
  17. 宝塚トラベルセンター2021年2月 [1]
  18. 宝塚トラベルセンター2021年1月 [1]
  19. 宝塚トラベルセンター2020年7月 [1]
  20. 宝塚トラベルセンター2020年3月 [1]
  21. 宝塚トラベルセンター2019年4月 [1]
  22. 宝塚トラベルセンター2019年1月 [1]
  23. 宝塚トラベルセンター2018年12月 [1]
  24. 宝塚トラベルセンター2018年11月 [2]
  25. 宝塚トラベルセンター2018年10月 [1]
  26. 宝塚トラベルセンター2018年7月 [1]
  27. 宝塚トラベルセンター2018年1月 [1]
  28. 宝塚トラベルセンター2017年12月 [1]
  29. 宝塚トラベルセンター2017年10月 [1]
  30. 宝塚トラベルセンター2017年8月 [2]
  31. 宝塚トラベルセンター2017年7月 [1]
  32. 宝塚トラベルセンター2017年5月 [1]
  33. 宝塚トラベルセンター2017年4月 [1]
  34. 宝塚トラベルセンター2017年2月 [1]
  35. 宝塚トラベルセンター2016年12月 [1]
  36. 宝塚トラベルセンター2016年11月 [2]
  37. 宝塚トラベルセンター2016年10月 [1]
  38. 宝塚トラベルセンター2016年9月 [1]
  39. 宝塚トラベルセンター2016年8月 [1]
  40. 宝塚トラベルセンター2016年6月 [1]
  41. 宝塚トラベルセンター2016年4月 [1]
  42. 宝塚トラベルセンター2016年2月 [1]
  43. 宝塚トラベルセンター2016年1月 [1]
  44. 宝塚トラベルセンター2015年10月 [1]
  45. 宝塚トラベルセンター2015年8月 [1]
  46. 宝塚トラベルセンター2015年5月 [1]
  47. 宝塚トラベルセンター2015年4月 [1]
  48. 宝塚トラベルセンター2015年3月 [2]

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください