ツアーお食事だより 北米 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関東発 2017年10月3日出発 往復全日空ビジネスクラス利用 秋のカナダ メイプル街道8日間(コース番号:J013)

2017年10月27日

旅ごはんをご覧くださいまして、ありがとうございます。
フレンドツアーの添乗員ですnote


往復ANAビジネスクラス利用
crownmaple秋のカナダ メイプル街道8日間
maplecrown

紅葉の秋を楽しめるカナダmaple

壮大な自然を誇るカナダの紅葉は、スケールも大きく、
日本の紅葉とはまた違った美しさを、お楽しみいただけます。

 実際のツアーでお召しあがりいただいたお食事
感動的で撮影せずにはいられなかった景色を
ご紹介させていただきます。

携帯電話での撮影です。特別な機能も技術もない
撮影ですが、正直なお写真とご容赦いただければ・・・


maplemaplemaple2日目 busモントリオール→ケベックbus maplemaplemaple 

モントリオールでのご宿泊は、シェラトンラバールhotel
こちらがホテルです。

J013_20171003TYO_1.jpg  J013_20171003TYO_2.jpg


restaurantご朝食 シェラトンラバール内レストランrestaurant


ご朝食は、ホテル内レストランにて。
ビュッフェのご朝食です。

北米のビュッフェは、野菜や果物もあって、
種類豊富ですねdelicious

J013_20171003TYO_3.jpg  J013_20171003TYO_4.jpg
 

J013_20171003TYO_5.jpg  J013_20171003TYO_6.jpg
 

J013_20171003TYO_7.jpg  J013_20171003TYO_8.jpg
 

restaurantご昼食 VIEUX PORT STEAKHAUSErestaurant restaurantご朝食 シェラトンラバール内レストランrestaurant  

ご昼食は、市内のステーキハウスにてwink
こちらがレストランです。
J013_20171003TYO_9.jpg  J013_20171003TYO_10.jpg
 

J013_20171003TYO_11.jpg

メニューは
サラダ、ポークチョップ、チョコレートムース
 

ポークチョップは少々固めで大きかったです。

半分でもいいかなぁ・・・という
胃袋日本人サイズのワタクシですcoldsweats01

J013_20171003TYO_12.jpg  J013_20171003TYO_13.jpg

 
restaurantご夕食 SPAG & TINIrestaurant 

ケベックに移動してご夕食をお召し上がりいただきます。

メニューは
ベジタブルスープ、タラ、メープルケーキ

前菜とメインは薄味で、ケーキはちょっと甘すぎたかなぁ。。。
なかなか思うようにはいかないですねbearing

J013_20171003TYO_14.jpg


maplemaplemaple3日目 busケベック→ローレンシャンbus maplemaplemaple  

ケベックのご宿泊は、フェアモント・シャトーフロンテナックcrown

ケベックの街のランドマークとして愛される
あこがれの古城風ホテルですwink

外観も内部も、とっても素敵です。

J013_20171003TYO_15.jpg  J013_20171003TYO_16.jpg
 

J013_20171003TYO_17.jpg  J013_20171003TYO_18.jpg
 

J013_20171003TYO_19.jpg  J013_20171003TYO_20.jpg


restaurantご朝食 フェアモント・シャトーフロンテナックrestaurant 

ご宿泊のホテルでご朝食です。
さすが一流ホテル、お味も種類も文句なしです。

J013_20171003TYO_21.jpg  J013_20171003TYO_22.jpg
 

J013_20171003TYO_23.jpg  J013_20171003TYO_24.jpg
 

J013_20171003TYO_25.jpg  J013_20171003TYO_26.jpg
 

ケベックのご観光中にご覧いただける景色です。
ご宿泊ホテルが、堂々とそびえます。

街も秋の気配に包まれています。

秋晴れの澄んだ青空をバックに、素晴らしい
街並みをお楽しみいただけました。

ハロウィーンの飾りなどもあり、
秋を体感することができました。
J013_20171003TYO_27.jpg  J013_20171003TYO_28.jpg
 

J013_20171003TYO_29.jpg  J013_20171003TYO_30.jpg

 

J013_20171003TYO_31.jpg  J013_20171003TYO_32.jpg
 

J013_20171003TYO_33.jpg  J013_20171003TYO_34.jpg


J013_20171003TYO_35.jpg  J013_20171003TYO_36.jpg



restaurantご昼食 LA VIELLE MAISONrestaurant 

ケベックでご昼食をお召し上がりいただきます。
こちらがレストランですcafe
 

J013_20171003TYO_37.jpg  J013_20171003TYO_38.jpg

内装も色合いが素敵でした。

J013_20171003TYO_39.jpg

メニューは
サラダ、ミートパイ、ケーキ

ミートパイは郷土料理です。

地元料理をお楽しみいただくことも
食文化体験で大切な旅のポイントですね。

J013_20171003TYO_40.jpg  J013_20171003TYO_41.jpg
 


restaurantご夕食 ル・シャンテクレアrestaurant  

紅葉のメッカとして、日本の皆様にはその名を
知られるローレンシャン高原maple

素晴らしい光景がお楽しみいただけるこの高原は、
現地では、冬はスキー、夏はカヌーやフィッシングなど
様々なスポーツが楽しめる、山の遊び場として
知られているところです。

この地域のホテルでご宿泊し、ご夕食をお召し上がりいただきました。

メニューは
スープ、サラダ、ロブスター、シャーベット

J013_20171003TYO_42.jpg  J013_20171003TYO_43.jpg
 

J013_20171003TYO_44.jpg  J013_20171003TYO_45.jpg


こちらがホテルからの景色ですmaple
今年は9月中の気温が高く、色づきが遅れたようですね。

真っ赤とは言えませんが、夕陽に照らされた木々が
秋の郷愁を感じさせてくれました。

J013_20171003TYO_46.jpg


maplemaplemaple4日目 終日ローレンシャン maplemaplemaple  

ローレンシャン高原のホテルに連泊して、
終日ローレンシャン地域ご滞在。

restaurantご朝食 ル・シャンテクレアrestaurant 

ご朝食のビュッフェですhappy02

J013_20171003TYO_47.jpg  J013_20171003TYO_48.jpg
 

J013_20171003TYO_49.jpg

 

J013_20171003TYO_50.jpg  J013_20171003TYO_51.jpg


ご宿泊ホテルcamera

J013_20171003TYO_52.jpg  J013_20171003TYO_53.jpg
 

J013_20171003TYO_54.jpg


ご朝食後、ホテル周辺を少々歩いてみました。

朝のひんやりと澄み渡る空気に包まれ、
美しい景色が楽しめました。

J013_20171003TYO_55.jpg  J013_20171003TYO_56.jpg
 

J013_20171003TYO_57.jpg

この日、ローレンシャン高原のトレンブラン村へbus
トレンブラン村がこちらeye

J013_20171003TYO_58.jpg  J013_20171003TYO_59.jpg
 

J013_20171003TYO_60.jpg


トレンブラン村のロープウェーで高台へ。
壮大な景色が広がります。

今年の色づきは。。。

やはり冷え込みが遅かったためか、
紅葉をせずに茶になってしまっているところも。

J013_20171003TYO_61.jpg  J013_20171003TYO_62.jpg
 

J013_20171003TYO_63.jpg  J013_20171003TYO_64.jpg
 

J013_20171003TYO_65.jpg  J013_20171003TYO_66.jpg


お乗りいただいたロープウェーと、村の様子です。

J013_20171003TYO_67.jpg
 


restaurantご昼食 COCO DAZZOrestaurant 

トレンブラン村でご昼食となります。
こちらがレストランですeye
J013_20171003TYO_68.jpg  J013_20171003TYO_69.jpg
 

J013_20171003TYO_70.jpg

メニューはカナダの名物をメインに。

スープ、サーモン、デザート

すいません、お写真お撮りできませんでした。
美味しく、素敵なお食事でした。



 maplemaplemaple5日目 busローレンシャン→オタワtrainトロントbus maplemaplemaple   

この日はナイアガラの滝がご覧いただける
ヒルトンナイアガラフォールズにご宿泊hotel
 
J013_20171003TYO_76.jpg  J013_20171003TYO_77.jpg

J013_20171003TYO_78.jpg

  

restaurantご食 ヒルトン ナイアガラフォールズ33階restaurant 


ホテル内33階のレストランで
お食事をお召し上がりいただきました。

メニューは
サラダ、ニューヨークステーキ、ラズベリーシャーベット

サービスもお味も一流で、素晴らしい夕食となりました。

J013_20171003TYO_73.jpg  J013_20171003TYO_74.jpg
 

J013_20171003TYO_75.jpg


maplemaplemaple6日目 busナイアガラ→トロントbus maplemaplemaple  

restaurantご夕食 ヒルトン ナイアガラフォールズrestaurant 

ご宿泊ホテルでご朝食のビュッフェですwink
多種で美味しいお食事でした。

J013_20171003TYO_79.jpg  J013_20171003TYO_80.jpg
 

J013_20171003TYO_81.jpg  J013_20171003TYO_82.jpg
 

J013_20171003TYO_83.jpg  J013_20171003TYO_84.jpg


ヒルトンナイアガラフォールズのレストランは、その名にふさわしい
景色をお楽しみいただくことができます。

水煙を吹き上げながら流れ落ちる滝の壮大さに、
北米大陸を感じる島国出身者ですcoldsweats01

J013_20171003TYO_85.jpg  J013_20171003TYO_86.jpg
 

J013_20171003TYO_87.jpg

ナイアガラのご観光では、ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ
大迫力の滝に迫りますship

J013_20171003TYO_88.jpg  J013_20171003TYO_89.jpg
 

J013_20171003TYO_90.jpg  

今度は滝を上から・・・
J013_20171003TYO_91.jpg  J013_20171003TYO_92.jpg
 

J013_20171003TYO_93.jpg  J013_20171003TYO_94.jpg


restaurantご昼食 エレメンツrestaurant 

滝が見える人気のレストランでお食事ですtyphoon
こちらがレストランと、その眺望です。

J013_20171003TYO_95.jpg  J013_20171003TYO_96.jpg
 

J013_20171003TYO_97.jpg

メニューは
トマトスープ、チキン、ケーキ

サービスは素晴らしく、お味は合格点というところ。
何より、景色がご馳走ですねheart02

J013_20171003TYO_98.jpg  J013_20171003TYO_99.jpg
 

J013_20171003TYO_100.jpg


美しい秋の青空・・・
心に染み入ります。

J013_20171003TYO_101.jpg


restaurantご夕食 QUINN'S STEAKHOUSErestaurant 

ご夕食は、国際都市トロントにて。

メニューは
ブルスケッタ、サーモンとエビ、アイスクリーム

J013_20171003TYO_102.jpg  J013_20171003TYO_103.jpg
 

J013_20171003TYO_104.jpg  J013_20171003TYO_105.jpg


カナダの雄大な大自然。

心を解放してくれるかのような澄んだ青空の爽快感と、
胸に迫る秋の切ない夕焼けに、心満たされる旅でした。

お食事も美味しく、お口に合うものが多かったです。

皆様も是非、この雄大な景色に包まれてみてください。

お申込みお待ちしております。

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。