ツアーお食事だより 北米 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2017年6月25日出発 L508 日本航空利用グランドキャニオンとモニュメントバレー8日間

2017年7月21日

フレンドツアー 関西発 2017年6月25日出発 

L508 日本航空ビジネスクラス利用
グランドキャニオンとモニュメントバレー8日間

のコースで実際にお召し上がりいただいたお食事を中心にご案内します。
お食事の評価は満点の場合は、星5つをつけていますdevil

★1日目 ラスベガス

夕食:レストラン【Hard Rock Cafe】にてステーキディナーを堪能scissors
★★★★


メニューリストとシザーサラダ

L508_170625_OSA_image0001.jpg L508_170625_OSA_image0002.jpg

好評だった100Zビーフとデザートのチーズケーキheart

L508_170625_OSA_image0003.jpg L508_170625_OSA_image0004.jpg


 


★2日目 ラスベガスを出発し、モニュメントバレーへ

昼食:アンテロープキャニオンのレストラン「Glen Canyon Steakhouse」にて
★★★★


ベーコン、トマト、チーズ、レタスが挟まれていたクラブサンドイッチとアイスクリームeye

L508_170625_OSA_image0005.jpg L508_170625_OSA_image0006.jpg


 

夕食:モニュメントバレーのホテル「ラマダウィルアムス」内のレストラン「Pine Country」にて
★★★★


一回だけ取れるサラダビュッフェと豆入りスープ。シチューのようでした。

L508_170625_OSA_image0007.jpg L508_170625_OSA_image0008.jpg
 

ナバホ族の郷土料理「ナバホタコ」。通常はこの倍のサイズですが、手のひらサイズで食べやすいですhappy01
チキンは...メキシカンな味付けですが、味は今一つでした。。。

L508_170625_OSA_image0009.jpg L508_170625_OSA_image0010.jpg
 

デザートの焼きりんごup

L508_170625_OSA_image0011.jpg



 

★3日目 モニュメントバレーを出発し、グランドキャニオン観光へ

朝食:ホテルにて
★★★


ベーコン、パン、ハッシュポテト、スクランブルエッグなどのセットメニューでした

L508_170625_OSA_image0012.jpg



 

昼食:グランドキャニオンの「Maswik Lodge」のフードコートにて選べるメニューですrestaurant
★★★★


ホットドッグ&ハンバーガーコーナーとパスタコーナーfastfood

L508_170625_OSA_image0013.jpg L508_170625_OSA_image0014.jpg
 

お客様でチョイスいただき、添乗員がお支払いするシステムです。

L508_170625_OSA_image0015.jpg 

 

グランドキャニオン観光後、ウィリアムスのホテルへ。
 

夕食:ウィリアムスのホテル「ラマダウィリアムス」内のレストラン「Pine Country」にてrestaurant
★★★


シーザーサラダ

L508_170625_OSA_image0016.jpg
 

ポークチョップと付け合わせのベイクドポテト。デザートはアップルパイapple

L508_170625_OSA_image0017.jpg L508_170625_OSA_image0018.jpg



 

★4日目 スピリチュアルの世界セドナ、そしてラスベガスへ。

昼食:セドナの地ビールが楽しめる地元でも人気のレストラン「オーククリークブリュワリー」で堪能heart04
★★★★


メキシコ料理のチキンケサディアは食べやすいと好評でした。デザートはオーダーしたクリームブリュレsign01

L508_170625_OSA_image0019.jpg L508_170625_OSA_image0020.jpg



 

夕食:ラスベガスの宿泊ホテル「モンテカルロラスベガスリゾートアンドカジノ」のレストランにて。今回は2日目と同じホテルです。
ビュッフェディナーをお召し上がりいただきましたhappy01

★★★★

シーフードコーナー。

L508_170625_OSA_image0021.jpg L508_170625_OSA_image0022.jpg
 

チキンの唐揚げ&ポテトとインド料理コーナー。タンドリーチキンもheart

L508_170625_OSA_image0023.jpg L508_170625_OSA_image0024.jpg
 

デザートコーナーとローストビーフコーナーdevil

L508_170625_OSA_image0025.jpg L508_170625_OSA_image0026.jpg
 

ピザとボリューミーなプライムリブpig

L508_170625_OSA_image0027.jpg L508_170625_OSA_image0028.jpg
 

メキシカンコーナー、ちょっと嬉しい巻き寿司コーナーもhappy02

L508_170625_OSA_image0029.jpg L508_170625_OSA_image0030.jpg
 

新鮮なフルーツコーナーもありましたsign03

L508_170625_OSA_image0031.jpg

 

 

★5日目 終日ラスベガスで自由行動。

朝食:宿泊ホテルでのビュッフェ
★★★


パンコーナー、ソーセージ&ベーコンなどbread

L508_170625_OSA_image0032.jpg L508_170625_OSA_image0033.jpg

ホットケーキやフレンチトースト、そしてピザeye

L508_170625_OSA_image0034.jpg L508_170625_OSA_image0035.jpg

オムレツコーナでは希望のものを目の前で作ってくれますyes

L508_170625_OSA_image0036.jpg 
 

 

★6日目 バーストー観光後、ロサンゼルスへ。

朝食後、ルート66時代からのモーテルが数多く残るバーストーへ。


昼食:バーストのファミリーレストラン「Chill’s」にてnote
★★★★


サラダとポテトスープ

L508_170625_OSA_image0037.jpg L508_170625_OSA_image0038.jpg
 

メインは150gのサーロインステーキとエビ。少しピリ辛ですchick

L508_170625_OSA_image0039.jpg

昼食後、ロサンゼルスへ。


 

夕食:ロサンゼルスのレストラン「Ise Shima Miyako Hybrid」にて久々の和食に舌鼓lovely
★★★★★


レストランの和風な入口。職人さんが寿司を握っていますdiamond

L508_170625_OSA_image0040.jpg L508_170625_OSA_image0041.jpg
 

タケノコ、数の子、オクラ。次はマグロ、ハマチ、サーモンのお刺身ですhappy01

L508_170625_OSA_image0042.jpg L508_170625_OSA_image0043.jpg
 

シーザーサラダ。ちょっとぼけていますが、サーモンの照り焼きupwardright

L508_170625_OSA_image0044.jpg L508_170625_OSA_image0045.jpg
 

デザートの抹茶アイスheart02

L508_170625_OSA_image0046.jpg

 



 

★7日目 朝食後、帰国の途。


朝食:お泊りいただいたロサンゼルスのホテル
ダブルツリーバイヒルトンホテルトーランスサウスベイ」にて最後の食事restaurant
★★★★★

卵料理を作ってくれたお兄さん。ベーコンなど一般的なアメリカンブレックファストはとっても美味でした~good

L508_170625_OSA_image0047.jpg L508_170625_OSA_image0048.jpg


今回は、4名のお客様とのこじまんりとした旅で、5日目のラスベガスでのフリータイムはご希望のお客様と「O」のショーを鑑賞できましたnote
お食事については、最後のロサンゼルスの和食と朝食がとっても好評でしたdelicious

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。