ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年1月7日出発 G017 エミレーツ航空往復直行便利用 華麗なるドバイ・アブダビ7日間

2019年3月12日

2019年1月7日 関西空港発

G017 エミレーツ航空往復直行便利用 華麗なるドバイ・アブダビ7日間

のコースで頂いた食事の内容をご紹介させていただきます。このコースの一本目のツアーとなりますので、見どころなどの写真も多く取ってきていますので、並びにお楽しみいただければと思います。

食事の評価は★印(★5つが満点)で表しています。


 

第1日目 関西空港(深夜) ~ 機中泊

関西空港に21:05集合。23:45発のエミレーツ航空317便にてドバイへ。機中泊となります。



第2日目 ドバイ ~ アブダビ

早朝5:45にドバイ空港着。荷物整理などすませ、空港から宿泊のアブダビのホテルへ。チェックインはできませんが、スーツケースなどを下して観光へ出発。まずはルーブル・アブダビ美術館へ。
 

flair この美術館は、古代文明から現代まで広範囲にわたる芸術作品がコンパクトにまとめられた珠玉の美術館です。



こちらはエジプト王の像、そしてアレキサンダー大王の胸像

G017_0107IMG_1197_1.jpg G017_0107IMG_1204_2.jpg
 

こちらは南蛮屏風。特に狩野派の作品、鎧兜もあります。そしてレオナルド・ダ・ヴィンチの「ミラノの貴婦人の肖像」 sign03 見学している人も少ないのでゆっくり見ることができます happy01 shine

G017_0107IMG_1225_3.jpg G017_0107IMG_1229_4.jpg
 

そのほか、アルプスを越えるナポレオンやアルル時代のゴッホの作品もあります。

G017_0107IMG_1237_5.jpg G017_0107IMG_1243_6.jpg
 

そのほか、マネやローマ時代の彫刻やロダンの作品。

G017_0107IMG_1245_7.jpg G017_0107IMG_1249_8.jpg
 

マチスの作品もあります。そしてピカソも sign03 

G017_0107IMG_1252_9.jpg G017_0107IMG_1253_10.jpg
 

サディヤット島に作られた、ジャン・ヌーベール設計の建物は近未来的なユニークな建物です。

G017_0107IMG_1263_11.jpg G017_0107IMG_1265_12.jpg

 

美術館見学後、昼食のレストランへ。アブダビ市内のクラウンプラザホテルの9階にあるレストランです。

restaurant 昼食 : Garden Restarant

アラビア料理がずらっと並んだビュッフェで、目にも鮮やかです lovely 

G017_0107IMG_1271_13.jpg G017_0107IMG_1272_14.jpg
 

バイキングスタイルで好きなものを各自でいただきました。

G017_0107IMG_1273_15.jpg G017_0107IMG_1275_16.jpg

食事の評価 ★★★★

 

 

昼食後、シェイク・ザイード・モスクへ。ここは世界で3番目に大きなモスクで、青空に映える真っ白な巨大なモスクには圧倒されます。入場前から期待が高まる魅惑的な回廊。

G017_0107IMG_1277_17.jpg G017_0107IMG_1278_18.jpg

 

正面入り口から入場。中庭に入るとモスクが目の前に happy02shine 世界一大きなスワロフスキーのシャンデリアとミヒラブ(メッカの方向を示すくぼみ、信者は皆、メッカの方向に向かってお祈りをします)。

G017_0107IMG_1280_19.jpg G017_0107IMG_1295_20.jpg

 

そして世界一大きなペルシャじゅうたんの美しさも必見です。dangerモスク見学の時は女性は肌を露出させないように注意が必要です。

G017_0107IMG_1297_21.jpg

 

モスクの見学後、エミレーツ・パレスホテルにてティータイム。名物の金箔入りのカプチーノとレモンチーズケーキをいただきました。エミレーツパレスホテルの目の前に広がる、高層ビル。

G017_0107IMG_1314_22.jpg G017_0107IMG_1316_23.jpg
 

エミレーツパレスの正面入り口。多くのツーリストが集まります。

G017_0107IMG_1318_24.jpg

 

観光後、ホテルへ。チェックインのあと、小休止。


restaurant 夕食 : ホテル内レストラン(プールサイドにて)

前菜はレンズ豆のスープ。じっくり煮込んだ滋味豊かなスープで身体が温まります。サラダはかなりのボリュームがありましたが、新鮮な野菜は旅行中にはありがたいですね。

G017_0107IMG_1319_25.jpg G017_0107IMG_1320_26.jpg
 

メインは牛肉の照り焼きとライス。お国柄、お肉は少し堅めですが、懐かしい味がしました。デザートはカットフルーツと雪見だいふく。フルーツはふんだんに登場。横にある「雪見だいふく」がおいしかったです。

G017_0107IMG_1321_27.jpg G017_0107IMG_1322_28.jpg

食事の評価 ★★★★

宿泊地 アブダビ : ホテル ヒルトン キャピタル グランド 泊ZZ

 

 

第3日目 アブダビ ~ ドバイ

cafe ホテルの朝食の様子

とても種類の多いバイキングでした。

G017_0107IMG_1336_29.jpg G017_0107IMG_1337_30.jpg
 

G017_0107IMG_1338_31.jpg G017_0107IMG_1340_32.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

朝食後、砂漠のオアシス、アル・アインへ。オアシス内で世界遺産に指定されている伝統的な灌漑施設を見学しました。見学中、オアシスに住む少年がやってきて、スルスルとヤシの木に上がる実演を見せてくれます。すごーくすぱやく、軽やかに登っていきます。

G017_0107IMG_1345_33.jpg G017_0107IMG_1346_34.jpg

 

こちらがアル・アインの昔の砦。現在博物館になっていますが、残念ながら現在は閉鎖中。いつ再開するかは不明です bearing

そして中央市場内ではラクダが売買されています。ほかにも山羊や羊も売られています。aries

G017_0107IMG_1349_35.jpg G017_0107IMG_1351_36.jpg

 

restaurant 昼食 : Arabesque

ダナット・アル・アインホテル内にあるレストランです。アラビア料理のバイキングの昼食です。

G017_0107IMG_1354_37.jpg G017_0107IMG_1355_38.jpg
 

ここのアラビア料理は癖がなく好評でした。

G017_0107IMG_1358_39.jpg G017_0107IMG_1359_40.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

観光後、ドバイのホテルへ。デザートサファリのオプショナルツアーにご参加の方は、ホテル到着後、すぐに出発となりました。

一面の砂漠を4WDで走り抜けます。ジェットコースターのようなところを素晴らしいハンドルさばきでドライブ。とても楽しいです。サンセットの干渉も楽しめました。

G017_0107IMG_1365_41.jpg G017_0107IMG_1375_42.jpg

 

夕食はキャンプサイトにて。こちらでは、ヘナのタトゥー、民族衣装を着ての写真撮影、シーシャ(水タバコ)など無料で体験できます。今回はヘナのタトゥーが大人気でした。夕食の前に男性のダンスで、タンヌーラダンスをお楽しみいただきました。

G017_0107IMG_1387_43.jpg G017_0107IMG_1395_44.jpg


 

restaurant夕食はバイキング

砂漠のど真ん中ですが、野菜も多く、バーベキューはシンプルに焼かれているので、素朴なおいしさでした。

G017_0107IMG_1398_45.jpg G017_0107IMG_1399_46.jpg
 

G017_0107IMG_1402_47.jpg

食事の評価 ★★★★

 

食事を楽しみながら、ベリーダンス、そしてファイヤーダンスと続きました。プロフェッショナルな動きに皆さん釘づけでしたindecision

G017_0107IMG_1403_48.jpg G017_0107IMG_1409_49.jpg

宿泊地 ドバイ : ヒルトン・ドバイ アル・ハブトゥール シティ 2連泊



 

第4日目 ドバイ 滞在

朝食後、世界一の高層ビル、バージュ・カリファへ(828m)sign03 わずか1分の高速エレベーターで125階に一気に上ります。

G017_0107IMG_1414_50.jpg G017_0107IMG_1418_51.jpg

 

124,125階から360℃の景色を展望。

G017_0107IMG_1422_52.jpg


 

ドバイモールにある世界最大のアクリルパネルの水槽で有名な水族館。フリータイム時に是非入場して楽しみたいところ。

G017_0107IMG_1430_53.jpg

 

その後、市内に残る、歴史的地区の旧市街へ。こちらがドバイ・クリークの名物、渡し船のアブラ船。対岸のディラ地区までは船で約5分です。まずはスパイス・スークへ。ラクダのミルク入りのチョコレート、ナツメヤシ、ラクダのミルク石鹸などがおすすめです。

G017_0107IMG_1433_54.jpg G017_0107IMG_1439_55.jpg

 

スパイススークから歩いてゴールドスークへ。こちらが世界最大の金の指輪。なんと、重さ60㎏ほどあります。ゴールドスークにはまばゆいばかりの金製品のお店が並びます。

G017_0107IMG_1441_56.jpg

 

restaurant 昼食 : Al Dawaar

ドバイ唯一の回転展望レストラン。種類が豊富で、お寿司や焼売、エビ、ムール貝などもあり、充実のラインアップ。大変好評でした。

G017_0107IMG_1444_57.jpg G017_0107IMG_1445_58.jpg
 

種類がいっぱいで、食べきれません!

G017_0107IMG_1446_59.jpg G017_0107IMG_1447_60.jpg
 

デザートも充実 cake heart04

G017_0107IMG_1450_61.jpg

食事の評価 ★★★★★


 

こちらが車窓から見た世界最大のフレーム、ドバイ・フレームと呼ばれるもの。上は展望台になっています。

G017_0107IMG_1457_62.jpg

観光、昼食のあと、ホテルに戻り、少し休憩。夕食はドバイモールにある噴水ショウを見ながらいただきました。


 

restaurant 夕食 : Serafina

噴水ショウは18:00から30分おきに人工湖で行われます。毎回異なるショウの内容で、圧巻のエンターテイメント。近づきすぎると濡れてしまいますrain

G017_0107IMG_1464_63.jpg G017_0107IMG_1489_67.jpg

 

本日はイタリアンレストランでの夕食です。まずはブルスケッタ、そしてエビ入りのサラダ。さっぱりとイタリアンドレッシングでいただきます。エビがおいしかったheartうまく食事の間にショウが楽しめるようにサービスされます。

G017_0107IMG_1471_64.jpg G017_0107IMG_1472_65.jpg

 

メインはシンプルにグリルしたサーモン。好評でした。デザートはティラミス。クリーミーで本場イタリアと同じ味を楽しめます。

G017_0107IMG_1486_66.jpg G017_0107IMG_1496_68.jpg



ホテル前のクリークでも夜は滝が流れる演出があります。

G017_0107IMG_1502_69.jpg



 

第5日目 ドバイ ~ ラス・アル・ハイマ

cafe ドバイのホテルの朝食の様子

G017_0107IMG_1504_70.jpg G017_0107IMG_1505_71.jpg
 

種類がとても多い朝食でした。インターナショナル、アラブ、インド、中華のコーナーもありました。

G017_0107IMG_1507_72.jpg G017_0107IMG_1509_73.jpg
 

種類が豊富なので、2泊しても飽きません。

G017_0107IMG_1510_74.jpg

食事の評価 ★★★★★


 

朝食後、ジュメイラビーチへ。ビーチ沿いには遊歩道が完備されています。ここは、ペルシャ湾です。現地ではアラビア湾とよびますが・・・・・sign02 ヨットの形をイメージして作られた、バージュ・アル・アラブホテル、素敵なデザインです yacht

G017_0107IMG_1514_75.jpg G017_0107IMG_1517_76.jpg

 

こちらはジュメイラモスク。外観だけの見学ですが、装飾がとても美しいモスクとして知られています。

G017_0107IMG_1520_77.jpg



 

そして、アラブ首長国連合の1つ、シャルジャへ。こちらがキング・ファイサル・モスク。やはり下車観光ですが、ちょうど礼拝の時間を知らせるアザーンが鳴り響き、多くの信者さんが集まってきました。
 

そしてアル・フスン・シャルジャの砦。

G017_0107IMG_1523_78.jpg G017_0107IMG_1525_79.jpg



こちらはシャルジャの中央市場。今日は金曜日でイスラムの休息日のため、閉まっていましたが、とても美しい建物です。そしてブルーモスク。金曜礼拝の為、下車することができず、車内から写真を撮りました。

G017_0107IMG_1529_80.jpg G017_0107IMG_1552_81.jpg



 

restaurant 昼食 : Sizzling Wok

今日は中華料理のランチです。シャルジャは残念ながら一切お酒が飲めない国で、昼食時もアルコールのサービスはありませんsweat01

エビのせんべい、甘酢サラダ、コーンスープ

G017_0107IMG_1555_82.jpg G017_0107IMG_1556_83.jpg
 

野菜のチリソース炒め、魚の甘酢和え、チキン、白米

G017_0107IMG_1557_84.jpg G017_0107IMG_1558_85.jpg

 

いずれも食べやすい味で、若干濃いめですが、懐かしい味付けは大好評でした。


デザートはフルーツサラダでした。

G017_0107IMG_1561_86.jpg

食事の評価 ★★★★

 

そして砂漠地帯へと走っていきます。ラス・アル・ハイマの宿泊ホテル。ここは2ルームで1つのヴィラタイプとなっています。玄関には広い敷地を楽しめる自転車も置いてありますが、日本と異なるハンドル仕様なので、注意が必要です。

G017_0107IMG_1562_87.jpg

 

こちらがバスルームで、ここだけで通常のワンルームほどの広さ。バスタブとシャワーブースは別です。そして寝室は繊細なアラブ風の装飾。シンプルで、落ち着ける雰囲気のベットルームです。

G017_0107IMG_1565_88.jpg G017_0107IMG_1567_89.jpg

 

こちらがリビングルーム。独立しているので、ゆったりと過ごせます。奥にはプライベートのプールがあります。この時期は少し寒いのですが、底の方から温水が出ていて、プールに入ったお客様もいらっしゃいました。

G017_0107IMG_1568_90.jpg G017_0107IMG_1569_91.jpg
 

G017_0107IMG_1611_100.jpg


 

restaurant 夕食 : ホテル内レストランにて

金曜日は野外でバーベキューのバイキング。砂漠は夜になると急に冷えてくるので、防寒服が必要です。

G017_0107IMG_1579_92.jpg G017_0107IMG_1582_93.jpg
 

その場で焼いているバーベキューは最高 sign03 そのほかのブッフェの内容も充実しています。

G017_0107IMG_1583_94.jpg G017_0107IMG_1587_95.jpg

 

G017_0107IMG_1590_96.jpg G017_0107IMG_1592_97.jpg



食事の合間にベリーダンスショウもありました。テーブルの近くに来て踊ってくれます。暗くなればライトアップもされて、雰囲気が変わり、さらに楽しめます。

G017_0107IMG_1600_98.jpg G017_0107IMG_1608_99.jpg

食事の評価 ★★★★★

宿泊地 ラス・アル・ハイマ : リッツカールトン 泊




 

第6、7日目 ラス・アル・ハイマ ~ ドバイ ~ 機中泊 ~ 関西空港

cafe ホテルの朝食の様子

ゴージャスな雰囲気の朝食会場。

G017_0107IMG_1615_101.jpg G017_0107IMG_1616_102.jpg
 

選び抜かれた上質の食材が揃っています。

G017_0107IMG_1617_103.jpg G017_0107IMG_1619_104.jpg
 

飾り方、盛り付け方も素敵。もちろん、卵料理はその場でオーダーすることができます。

G017_0107IMG_1621_105.jpg G017_0107IMG_1622_106.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

本日は午前中はホテルでゆったり。12:00のチェックアウトまでホテルライフを楽しみました。砂漠のど真ん中に位置するホテル。入り口はとてもシンプル。自然保護区のため、敷地内には「オリックス注意」の看板があります。奥には「ラクダ注意」の看板も!

G017_0107IMG_1624_107.jpg G017_0107IMG_1626_108.jpg
 

敷地内には野生の動物がやってきます。すぐ道路近くにガゼルの姿がみえました。オリックスやラクダ、馬なども見かけたお客様もいました。こちらが玄関。進んでいくと、ロビーがあります。

G017_0107IMG_1627_109.jpg G017_0107IMG_1628_110.jpg
 

ホテルのロビーの様子。ムーア風の装飾です。とても落ち着いた内装で、制服も素敵でした。ホテルのロビーから各ヴィラへはカートで移動します。フリータイム時にはエステもおすすめ。熱帯雨林スパが名物です。

G017_0107IMG_1629_111.jpg G017_0107IMG_1637_112.jpg
 

ラス・アル・ハイマから再びドバイへ。ドバイモールでフリータイム。オプショナルツアーで、昼食とミラクルガーデンへ行きました。




restaurant 昼食 : Sidra

前菜は焼きたてのアエーシにホムス(豆のペースト)がよく合います。ピクルス各種とコリアンダーの前菜もおいしくいただきました。多くの野菜がごろごろ入っている野菜スープ。おいしく、好評でした。

G017_0107IMG_1642_113.jpg G017_0107IMG_1643_114.jpg
 

ピリ辛ポテト、コリアンダー風味は、ピリッとスパイスの辛さが聞いています。メインはチキンのグリルと、ムサカ、ライス。アラビア風のムサカは、トマトやナス、ズッキーニを使った温サラダのことを言います。
(アラビア風ラタトゥイユで女性のお客様には好評)チキンも食べやすく、適量でした。

G017_0107IMG_1644_115.jpg G017_0107IMG_1645_116.jpg
 

デザートはフルーツ。熱いドバイではデザートはフルーツが一番うれしいかも sign02

G017_0107IMG_1646_117.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、世界最大の垂直庭園として有名な、砂漠の中にあるまさに奇跡の花畑、ミラクルガーデンへ。閉演中の夜間の間、300人の庭師によりメンテナンスされた花畑はスケールが大きく、その巨大さ、花の多さに圧倒されます。

G017_0107IMG_1656_118.jpg G017_0107IMG_1672_119.jpg
 

疲れた方はカート(有料)もありますので、効率よく庭園を巡ることが可能ですよ。

G017_0107IMG_1675_120.jpg G017_0107IMG_1678_121.jpg

 

G017_0107IMG_1682_122.jpg




フリータイムは世界最大のショッピングモール、「ドバイモール」で解散、集合します。
モール内の水族館は見ごたえありで、おすすめのスポットです。

G017_0107IMG_1687_123.jpg G017_0107IMG_1693_124.jpg
 

サメやワニもいます。とても人気の水族館なので、時間には余裕をもって行った方がよいでしょう。

G017_0107IMG_1721_125.jpg

お土産には、おいしいレバノンのチョコレート「パッチ」やサウジアラビアの「バティール」のナツメヤシ、ラクダのミルク入りのチョコレートなどがおすすめ。すべてドバイモールで購入することができますよwink

 

 

ドバイ万博(2020~2021年)に向けて活気を呈しているドバイ。

近未来的な街並み、多くの世界一スケールを誇る建物、雑踏の中のスーク、
野生動物の生息する砂漠などなど・・・・。


短期間で4つの首長国をコンパクトにめぐるツアーです。
夏は40℃以上の酷暑になりますが、冬季はベストシーズンで、朝晩は冷え込みますが、
観光中は快適に過ごせます。

往復エミレーツ航空の直行便利用で、身体も楽。話のタネに是非とも一度訪れていただきたい国ですhappy01

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。