ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関東発 2018年10月7日出発 名門ホテル『ペラパラスホテルジュメイラ』に泊まる 優雅なトルコ9日間(コース番号:G103)

2018年12月 7日

旅ご飯をご覧くださいまして、ありがとうございます。
フレンドツアーの添乗員です。

名門ホテル『ペラパラスホテルジュメイラ』に泊まる
 bellbell優雅なトルコ9日間
bellbell

歴史も深く、景色も美しいshine

遺跡自然も、街並みも楽しめる国、
魅力的な国トルコを訪れました。

多くの見どころを、デラックスVIPバスでゆったりめぐりますbus

イスタンブールでは、オリエント急行で到着する
旅客のために建てられたペラパラスホテルにご宿泊。

優雅なお時間をお過ごしいただきますshine

実際の景色とお食事をご紹介させていただきます。

最後までお付き合いいただけましたら幸いです

notenote2日目 エフェス⇒パムッカレnotenote

 まずは、古代都市エフェスの遺跡へ。

聖母マリアの家へ。聖母マリアが余生をこの地で
送ったと言われていますvirgoshine

 聖母マリアの像

G103_20181007TYO_1.jpg


青空に映えるエフェスの遺跡sun
こちらはケルススの図書館book

G103_20181007TYO_2.jpg


restaurantご昼食 エフェス アゴラrestaurant

エフェスでご昼食をお召し上がりいただきました。
こちらがレストランですeye
G103_20181007TYO_3.jpg


お食事は
トマトスープ、チーズ&ナス、サラダ、
    チョプシンケバブ&ライス、キャマルパシャ(トルコ菓子)

トルコのお菓子は甘いものが多いです・・・wink

G103_20181007TYO_4.jpg  G103_20181007TYO_5.jpg
 

G103_20181007TYO_6.jpg


世界7不思議のひとつ、アルテミス神殿へ。

残念ながら、多くの歴史家たちがほめたたえたその姿は
現在見ることはできません。

柱(の名残)が残るのみ・・・

G103_20181007TYO_7.jpg


この日はパムッカレのご宿泊です。
本格的なご観光は明日のお楽しみです。

ですが、せっかくなので夕景を少し。。。

G103_20181007TYO_8.jpg  G103_20181007TYO_9.jpg

この日のご宿泊は、ドーアサーマルヘルス&スパhotel
ご宿泊ホテルがこちらです。

G103_20181007TYO_17.jpg


restaurantご夕食 パムッカレ ご宿泊ホテルrestaurant

ご夕食はホテルでビュッフェ
お好きなものをお好きなだけお召し上がりいただけます。

G103_20181007TYO_10.jpg  G103_20181007TYO_11.jpg

 

G103_20181007TYO_12.jpg  G103_20181007TYO_15.jpg

G103_20181007TYO_16.jpg

こんな感じでとってみました。

G103_20181007TYO_13.jpg  G103_20181007TYO_14.jpg
 

notenote3日目 パムッカレ⇒コンヤnotenote  

パムッカレのご観光です。

綿の城という意味のパムッカレ
白い大地が広がる圧巻の景色ですnote

入り口には売店やカフェがあります。

G103_20181007TYO_18.jpg


朝日が大地を照らしますsun
胸が熱くなる瞬間・・・

G103_20181007TYO_19.jpg


この白い大地・・
大自然の創造する美にただただ溜息です。

G103_20181007TYO_20.jpg  G103_20181007TYO_21.jpg
 

G103_20181007TYO_22.jpg


ここにはもう一つ、世界遺産があります。
石灰棚近くに広がる古代都市ヒエラポリス

この温水プールの底には、そのローマの遺跡が沈んでいます。
 

G103_20181007TYO_23.jpg


パムッカレを後にして、一路バスはコンヤの町へ。
12世紀にセルジューク朝の都が置かれた古都です。
 

G103_20181007TYO_24.jpg


restaurantご昼食 コンヤ GUL BAHCESIrestaurant

コンヤの街でご昼食をお召がありいただきました。
こちらがレストランです。


G103_20181007TYO_28.jpg

メニューは
レンズ豆のスープ、サラダ、トルコ風ピザ、パイ

トルコ風ピザは、薄目の生地で、とても美味しいのです。
ぜひお試しいただきたいお料理の一つです。

遅めのご昼食となり、皆様空腹でお待ちくださいました。

G103_20181007TYO_25.jpg  G103_20181007TYO_26.jpg
 

G103_20181007TYO_27.jpg


コンヤセマ(旋回舞踊)で知られるメレヴィ教団
総本山が存在した場所です。

このメレヴィ教団を創設したメブラーナの霊廟を訪れます。
現在は博物館になっています。

こちらがメブラーナの霊廟
内部の美しい装飾も素敵です。

G103_20181007TYO_29.jpg  G103_20181007TYO_30.jpg

 

G103_20181007TYO_31.jpg


こちらはインジェ・ミナーレ神学校です。
13世紀にイスラム教の神学校として建立されました。

現在は彫刻の博物館になっています。

G103_20181007TYO_32.jpg


restaurantご夕食 コンヤ ご宿泊ホテルrestaurant

コンヤのご宿泊ホテルは、デデマンホテルです。
ご夕食はご宿泊ホテルにて。

お食事会場がこちらです。

G103_20181007TYO_33.jpg


ご夕食メニューは
スープ、パスタトマトソース、グリルチキン&ライス、ライスプディング

G103_20181007TYO_34.jpg  G103_20181007TYO_35.jpg
 

G103_20181007TYO_36.jpg  G103_20181007TYO_37.jpg


notenote4日目 コンヤ⇒カッパドキアnotenote  

restaurantご朝食 コンヤ ご宿泊ホテルrestaurant

ご宿泊ホテルでビュッフェのご朝食です。
G103_20181007TYO_38.jpg


朝撮影した、ご宿泊ホテルのエントランス。
オシャレでスタイリッシュなホテルです。

G103_20181007TYO_39.jpg


今夜のホテルを出発して、シルクロードを走ります。
かつて、多くの隊商が行き来した古の道です。

途中、隊商宿キャラバンサライで最大規模の
スルタンハヌをご見学いただきました。

ここに商品と動物を連れた隊商が多く宿泊した。。。
浪漫ですね。。。

G103_20181007TYO_40.jpg  G103_20181007TYO_41.jpg

現在は、こちらのカフェで休憩です。
今も昔も、行き交う人々の休息と憩いの地となっています。

G103_20181007TYO_42.jpg


カッパドキアに到着。
この日は、まずカイマクル地下都市を訪れました。

G103_20181007TYO_43.jpg


アラブ人の迫害から逃れたキリスト教徒が暮らした
と言われる地下都市です。

地下8階までありますが、ご見学は地下4階までです。

5000人もの人々が住んでいたこともあると
言われている、まさに地下の都市です。

防御のための仕組みがたくさんあります。

G103_20181007TYO_44.jpg  G103_20181007TYO_45.jpg

restaurantご昼食 カッパドキア BIZIM EVIrestaurant

カッパドキアでご昼食です。
レストランとお食事のテーブルがこちらeye

G103_20181007TYO_51.jpg  G103_20181007TYO_46.jpg
  

お食事メニューは
サラダ、スープ、壺ケバブ、ピラフ、いちぢく  

美味しいお食事で、幸せなひと時でした。
G103_20181007TYO_48.jpg  G103_20181007TYO_47.jpg 

 

G103_20181007TYO_49.jpg  G103_20181007TYO_50.jpg


カッパドキアは奇岩の並ぶ景色が素晴らしいのです。
青空をバックに、奇岩がにょきにょきeyeflair

G103_20181007TYO_52.jpg  G103_20181007TYO_54.jpg

こちらが、ラクダ岩

G103_20181007TYO_53.jpg

3姉妹の岩

G103_20181007TYO_55.jpg


トルコののびのびアイスドンドルマの屋台note
ぜひお試しあれsign03

G103_20181007TYO_56.jpg


広大な大地に、奇岩が並ぶ様は圧巻ですshine

G103_20181007TYO_57.jpg  G103_20181007TYO_58.jpg


カッパドキアでのご宿泊は、カッパドキアケープリゾート&スパhotel
この地方の洞窟を利用したホテルです。

G103_20181007TYO_60.jpg


デラックスルームでおくつろぎいただきます。
G103_20181007TYO_59.jpg


restaurantご夕食 カッパドキア ご宿泊ホテルにてrestaurant

ご宿泊ホテルでのご夕食です。
お食事会場がこちらです。

G103_20181007TYO_61.jpg


メニューは
チーズパイ2個、サラダ、ナスとひき肉&ピラフ、チョコプリン

G103_20181007TYO_62.jpg  G103_20181007TYO_63.jpg
 

G103_20181007TYO_64.jpg  G103_20181007TYO_65.jpg

洞窟ホテルは、色々なカテゴリーのお部屋があります。
別のお部屋はこんな感じです。

G103_20181007TYO_66.jpg


notenote5日目 カッパドキアnotenote 

カッパドキアの朝。

観光用の熱気球がたくさん上がっていきます。
この景色も、感動的です。

G103_20181007TYO_67.jpg


restaurantご朝食 カッパドキア ご宿泊ホテルにてrestaurant

カッパドキアのご宿泊ホテルでご朝食です。
オムレツなどを焼いてくれるスタッフもnote

G103_20181007TYO_68.jpg  G103_20181007TYO_69.jpg
 

G103_20181007TYO_71.jpg

こんな感じで盛り付けてみました。

G103_20181007TYO_70.jpg

ホテルの外観eye

G103_20181007TYO_72.jpg


カッパドキアでは絨毯の工房を訪れます。

蚕玉からシルクをつくる様子や、絨毯を編む手先まで
ご覧いただくことができます。

 G103_20181007TYO_74.jpg  G103_20181007TYO_73.jpg


ギョレメ野外博物館を訪れます。

イスラム教徒の圧迫から逃れるため、岩を削った
教会や修道院を造ったといわれています。

その中心がここギョレメ

この辺りには約350~500の教会があったことも
あるのだとか。 

G103_20181007TYO_75.jpg  G103_20181007TYO_76.jpg


このあたり一帯も、奇岩の並ぶ景色が続きます。

G103_20181007TYO_77.jpg  G103_20181007TYO_78.jpg


弊社では、美しい色彩が残る、暗闇の洞窟
トカル・キリセも訪れます。

G103_20181007TYO_79.jpg


restaurantご昼食 カッパドキア ELAIrestaurant

この日のご昼食。レストランがこちらです。

G103_20181007TYO_80.jpg  G103_20181007TYO_81.jpg


メニューは
ナスのサラダ、パイのマッシュルームソースがけ、ビーフメダリオン、または舌平目&ライス、
                                   
ライスプディング&アイス、フルーツぶどうと洋ナシ

G103_20181007TYO_82.jpg  G103_20181007TYO_83.jpg
 

G103_20181007TYO_84.jpg  G103_20181007TYO_85.jpg
 

G103_20181007TYO_86.jpg


カッパドキアはワインも有名です。
ぜひお試しくださいwine

G103_20181007TYO_87.jpg

restaurantご夕食 カッパドキア ご宿泊ホテルにてrestaurant

ご夕食はホテルにて。

メニューは
トマトと豆スープ、チキンシシケバブ&ライス、ミックスフルーツ

G103_20181007TYO_88.jpg  G103_20181007TYO_89.jpg
 

G103_20181007TYO_90.jpg  G103_20181007TYO_91.jpg
 

notenote6日目 カッパドキア⇒アンカラ⇒イスタンブールnotenote  

restaurantご朝食 カッパドキア ご宿泊ホテルにてrestaurant

ビュッフェのお食事です。
この日はこんな感じで盛り付けてみました。

G103_20181007TYO_92.jpg


この日の朝も、たくさんの気球が空に浮かんでいました。

G103_20181007TYO_93.jpg


移動中、塩湖トゥズ湖が車窓に見えてきました。
一面の塩で、大地が白く染まっています。
G103_20181007TYO_94.jpg

アンカラにご到着。
トルコ共和国建国の父アタチュルクの廟を訪れました。

G103_20181007TYO_95.jpg  

その後、アナトリア文明博物館bus

G103_20181007TYO_96.jpg


ヨーロッパとアジアを結ぶアナトリアの地は、
多くの文明が起こり、栄えました。

ヒッタイト王国時代の収蔵品が多くあり、
見ごたえのある博物館です。

G103_20181007TYO_97.jpg  G103_20181007TYO_98.jpg


restaurantご昼食 アンカラ HATI POGLUrestaurant

ンカラ城は、ガラテヤ人によって建築が始められ、
ローマ帝国時代に完成しました。

その後、ビザンチン帝国とセルジュク朝によって
修復や増築が行われました。

また、この地域はアンカラで最も古い地区で、
城壁内には伝統的な建物が多く残っています。

G103_20181007TYO_99.jpg


今も残る伝統的な建築は、店やレストランなどに
改装されているものもあります。

この城壁内でご昼食です。
こちらがレストランです。
G103_20181007TYO_100.jpg  G103_20181007TYO_101.jpg


メニューは
トマトスープ、サラダ、魚(マス)のグリル、フルーツ盛り合わせ

G103_20181007TYO_102.jpg  G103_20181007TYO_103.jpg
 

G103_20181007TYO_104.jpg  G103_20181007TYO_105.jpg


アンカラを出発して、イスタンブールへ。
空路でラクラク移動です。

G103_20181007TYO_106.jpg


restaurantご夕食 イスタンブール ご宿泊ホテルにてrestaurant

イスタンブールでのご宿泊は、ペラパレスホテルジュメイラhotel

かつて、オリエント急行で優雅に旅する旅客が宿泊する
ホテルとして建立されたホテルです。

アガサ・クリスティも定宿としていたことで知られています。

このご宿泊ホテルのアガサレストランでご夕食です。

G103_20181007TYO_113.jpg

メニューは
ミネストローネ、肉又は魚のチョイス、アップルタルト&アイス、紅茶かコーヒー
G103_20181007TYO_107.jpg  G103_20181007TYO_108.jpg

G103_20181007TYO_109.jpg  G103_20181007TYO_110.jpg

ペラパレスは、イスタンブールを代表するデラックスホテル。
格式あるホテルで、優雅な雰囲気です。

G103_20181007TYO_111.jpg  G103_20181007TYO_118.jpg
 

G103_20181007TYO_119.jpg 


お部屋も美しく快適、旅の疲れが癒されます。

G103_20181007TYO_112.jpg


notenote7日目 イスタンブールnotenote 

restaurantご朝食 イスタンブール ご宿泊ホテルにてrestaurant

ご朝食会場も優雅です。

G103_20181007TYO_114.jpg


ご朝食ビュッフェがこちらです。

G103_20181007TYO_115.jpg  G103_20181007TYO_116.jpg
 

G103_20181007TYO_117.jpg


この日はイスタンブールのご観光です。

ブルーモスクの尖塔が空にのび、美しい景色です。
G103_20181007TYO_120.jpg


アヤソフィアがこちら。

G103_20181007TYO_121.jpg


かつて、東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルだったこの地。

大聖堂として建立され、その後イスラムの時代にモスクとなり、
現在は博物館として公開されているアヤソフィア。

2つの宗教が混在する、平和で不思議な空間です。

G103_20181007TYO_122.jpg  G103_20181007TYO_123.jpg
 

G103_20181007TYO_124.jpg  G103_20181007TYO_125.jpg


トプカプ宮殿では、ハーレムにもご案内virgo

G103_20181007TYO_126.jpg  G103_20181007TYO_127.jpg
 

G103_20181007TYO_128.jpg  G103_20181007TYO_129.jpg
 

G103_20181007TYO_130.jpg


トプカプ宮殿は見どころがたくさん。
観光客もたくさん。

G103_20181007TYO_131.jpg  G103_20181007TYO_132.jpg
 

G103_20181007TYO_134.jpg

ボスポラス海峡が見えます。

G103_20181007TYO_133.jpg


restaurantご昼食 イスタンブール KONYARIrestaurant

トプカプ宮殿内のレストランでお食事です。
美しい景色をごらんいただける、素敵なレストランです。

メニューは
前菜(インゲン、茄子、ブドウの葉のライス包み)、サラダ、チーズパイ、
  フンキャルベンティ(ナスペーストの上に牛肉)、トルコ菓子(バクラバ他)、紅茶

G103_20181007TYO_135.jpg  G103_20181007TYO_136.jpg
 

G103_20181007TYO_137.jpg  G103_20181007TYO_138.jpg


活気にあふれるグランバザール

G103_20181007TYO_140.jpg  G103_20181007TYO_141.jpg
 

G103_20181007TYO_142.jpg


ボスポラス海峡をクルーズします。
美しい夕景をご覧いただきましたsun

こちらが船です。

G103_20181007TYO_143.jpg


皆様もシャッターをきる手がとまりません。

G103_20181007TYO_144.jpg


ご覧いただける景色がこちらです。

G103_20181007TYO_145.jpg  G103_20181007TYO_146.jpg
 

G103_20181007TYO_147.jpg  G103_20181007TYO_148.jpg
 

G103_20181007TYO_149.jpg G103_20181007TYO_150.jpg

G103_20181007TYO_151.jpg


restaurantご夕食 イスタンブール SUR ARNAVUTYrestaurant

ご夕食は、ボスポラス海峡沿いのレストラン、
スル・アルナヴットキョイにて。

美しい海峡の景色をお楽しみいただけます。

G103_20181007TYO_152.jpg  G103_20181007TYO_154.jpg

G103_20181007TYO_153.jpg

メニューは
前菜(パプリカ、チーズ、タラモ、ナスペースト、サバ身、ムール貝)、
  サラダ(イカリング、キョフテ、イカマリネ、春巻き)、スズキのグリル、フルーツ3種

G103_20181007TYO_155.jpg  G103_20181007TYO_156.jpg


G103_20181007TYO_157.jpg  G103_20181007TYO_158.jpg


G103_20181007TYO_159.jpg


夜景が美しいですね・・・

G103_20181007TYO_160.jpg  

その後、ご希望の方と、ベリーダンスのショーへnotes
ショーの会場入り口です。
G103_20181007TYO_161.jpg

ベリーダンスが始まります。

G103_20181007TYO_162.jpg  G103_20181007TYO_163.jpg

お茶と果物をつまみながら。

G103_20181007TYO_164.jpg


ベリーはベリーでも、まさに腹踊りsign03

G103_20181007TYO_165.jpg


notenote8日目 イスタンブールnotenote  

restaurantご朝食 イスタンブール ご宿泊ホテルにてrestaurant

今日はこんな感じで盛り付けてみました。

G103_20181007TYO_166.jpg


ドルマバフチェ宮殿へ。

G103_20181007TYO_167.jpg 

1856年に完成し、1922年に帝政廃止をうけ、皇帝メフメト6世が
退去するまで、それまでのトプカプ宮殿にかわってオスマン帝国の
王宮として利用された建物です。 

G103_20181007TYO_168.jpg  G103_20181007TYO_169.jpg
 

G103_20181007TYO_170.jpg


美しい海峡の景色をご覧いただけます。

G103_20181007TYO_171.jpg  G103_20181007TYO_172.jpg


店が並んでいました。

G103_20181007TYO_173.jpg


ガラタ塔へ。

G103_20181007TYO_174.jpg  G103_20181007TYO_175.jpg
 

G103_20181007TYO_176.jpg  G103_20181007TYO_178.jpg


ガラタ塔から見る景色・・・heart

G103_20181007TYO_177.jpg


restaurantご昼食 イスタンブール UDONYArestaurant

イスタンブールで和食のお食事です。
うどんや、という名前catface

G103_20181007TYO_179.jpg


メニューは
小鉢、天ぷら盛り合わせ、卵焼き、ごはん、味噌汁、漬物、みかん

G103_20181007TYO_180.jpg


ペラパレスホテルの入り口note

G103_20181007TYO_181.jpg  

本当に優雅なホテル・・

G103_20181007TYO_185.jpg  G103_20181007TYO_189.jpg


ホテルのアフタヌーンティもお楽しみいただけます。

G103_20181007TYO_182.jpg  G103_20181007TYO_183.jpg
 

G103_20181007TYO_184.jpg  G103_20181007TYO_188.jpg


トルコ共和国の父アタチュルクが宿泊した部屋は
ミュージアムルームとして公開されています。

G103_20181007TYO_186.jpg  G103_20181007TYO_187.jpg

restaurantご夕食 イスタンブール カフェマルマラrestaurant

トルコで最後のお食事となりました。

メニューは
まずはポタージュスープ

G103_20181007TYO_190.jpg


ミートボール、パスタなど、チョイスメニューで

G103_20181007TYO_191.jpg


チーズケーキとコーヒー紅茶。

G103_20181007TYO_192.jpg


イスラムの入り口として、モスクのシルエットが夕景を彩り、
素晴らしい街並みを楽しませてくれます。

また、独特の奇岩が並ぶ景色など、
大自然の景観美も楽しめます。

そして、古の文化遺産も見逃せません。

様々な魅力がつまったトルコを、
ぜひお楽しみください。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。