ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年4月12日出発 G403 エミレーツ航空利用!「幻の都」ペトラと死海 聖地エルサレムへの旅8日間

2019年5月15日

フレンドツアー 2019年4月12日出発 関西発

G403 エミレーツ航空利用!
「幻の都」ペトラと死海 聖地エルサレムへの旅8日間

のコースで実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介します。

お食事の評価もしていますので、よろしければご参考になさってくださいhappy01

満点は星5つです★★★★★

 

 

【1~2日目】

フレンドツアーでは久しぶりに登場したイスラエル・ヨルダンの旅行の旅ごはんです!
どんな国かな??と思われている方も多いと思いますが良ければご参考にご覧ください。

 

関西空港からエミレーツ航空にてドバイまで行き(所要時間約11時間5分)、ドバイからアンマン(所要時間2時間、意外に早い!)に2日目午前11時に到着です。

 

まずはマダバの聖ジョージ教会へ、パレスチナのモザイク地図。

死海から魚がヨルダン川に逃げていく姿があります。昔の人もユニークですねfish

G403_190412_OSAIMG_20190413_180558.jpg

 


さらに、旧約聖書の中でモーゼがエジプトから人々と一緒に神との約束の土地・カナンを目指す途中にこの地で亡くなったとされているネボ山へ。

モーゼが神から授かった杖がモニュメントになっています。
G403_190412_OSAIMG_20190413_130159.jpg


ネボ山からは霧がありましたが死海、ヨルダン川、パレスチナ自治区も見えますよ。

 



昼食は「Mazayen Nebo」というレストランでバッフェスタイル。
G403_190412_OSAIMG_20190413_132220.jpg

 

モロヘイヤのスープ、ライス
G403_190412_OSAIMG_20190413_132225.jpg G403_190412_OSAIMG_20190413_132232.jpg

 

オレンジの隣にパウンドケーキがあり見た目より美味しくてびっくりflair
G403_190412_OSAIMG_20190413_132247.jpg

星は☆☆☆と半分です。

 

 

午後は南のぺトラまでドライブbus

 

夕食はぺトラの宿泊ホテル、「ぺトラパノラマ」でバッフェの夕食。

スープはマッシュルーム、コーンスープと西洋的。
G403_190412_OSAIMG_20190413_191204.jpg

 

野菜やヨーグルトががベースのパテみたいな感じ。
G403_190412_OSAIMG_20190413_191220.jpg G403_190412_OSAIMG_20190413_191245.jpg

 

こちらは甘いデザート。
G403_190412_OSAIMG_20190413_191321.jpg

星は☆☆☆と半分です。

 

 

【3日目】

 

朝食は種類が少ないですがパンの種類は多く素朴なお味。
G403_190412_OSAIMG_20190414_063643.jpg

 

白いチーズはきゅうり、トマトと一緒に口に入れるとおいしいんですよup
G403_190412_OSAIMG_20190414_063651.jpg

 

乾燥イチジクは人気でヨーグルトに入れたりされていました。
G403_190412_OSAIMG_20190414_063721.jpg

 

おっと!珍しいイチジクジャム!香りもよくGOODnote2日続けて食べましたbreadG403_190412_OSAIMG_20190414_063759.jpg

 

 

今日はヨルダンのハイライトのぺトラ遺跡
入り口から9時10分に歩き、お墓だった遺跡など見ながらシークと呼ばれる岩の谷間を歩き、
10時20分ぐらいに・・・・・ついに来ました~!エル・ハズネに到着shoe

上から下へと建設したそうですeye

映画、インディージョーンズ最後の聖戦の撮影も行われましたよ。

 

ぺトラはナバタイ人の街の首都だったところ。
エル・ハズネはお墓ではないそうで、お葬式が行われた場所と言われています。
G403_190412_OSAIMG_20190414_102338.jpg
 

 

少し行きますとぺトラの特産品のサンドボトル屋さんが。手作りしているところが見れるんです。

希望すれば、名前も入れてくれますよ。名前がなくて小さいボトルだと5USドル~。

G403_190412_OSAIMG_20190414_105341.jpg G403_190412_OSAIMG_20190414_105509.jpg

 

 

さらにファサード通り~劇場~王家の墓~柱廊通り~大神殿などを見て昼食レストランに12時前に着きました。

よく歩いたのでお腹好きましたねsad

 

「BASIN」レストランでバッフェの昼食

 

遺跡の中のレストランでお味は美味しく食べやすい。

G403_190412_OSAIMG_20190414_120331.jpg

 

このチキンも香ばしくナイス!
G403_190412_OSAIMG_20190414_120337.jpg

 

G403_190412_OSAIMG_20190414_120349.jpg

 

サラダも豊富、オリーブオイルがドレッシングですね。
G403_190412_OSAIMG_20190414_120400.jpg

一つ一つの料理は美味しかったので星は☆☆☆☆にします。


 

 

午後はご希望の方とさらに奥に行き、修道院のエド・ディルへ行きました。(道中は階段が850段ぐらいあります)

トレッキングシューズが歩きやすいですよ。

行かれない方は午前中に歩いた同じ道をゆっくり戻って頂き、入り口で皆様ご集合としました。

 

エド・ディルに到着sign03こちらも圧巻の眺めです。

 

 

G403_190412_OSAIMG_20190414_135932.jpg

かなり疲れましたが、やったーと達成感が得られますsmile

 

帰りも歩きながら戻り、シークで写真をパチリcamera奥にはエル・ハズネが見えます。G403_190412_OSAIMG_20190414_154024.jpg



16時半に再集合をしてアイスクリームを食べてホテルに戻りました。

 

 

夕食は今日も宿泊のホテルのレストランでバッフェです。
G403_190412_OSAIMG_20190414_185330.jpg

 

トマトスパゲッティー
G403_190412_OSAIMG_20190414_185343.jpg

 

いんげん豆の煮込み、ライスにかけるとおいしい。
G403_190412_OSAIMG_20190414_185401.jpg

 

野菜のスープ
G403_190412_OSAIMG_20190414_185439.jpg

星は☆☆☆と半分です。

 

 

【4日目】

 

日の出6時13分、日の入り19時5分。

朝食は連泊なので昨日と同じです。今朝はゆで卵が争奪戦でしたcoldsweats02

 

ぺトラから死海へ行く途中に海抜0メートルの看板、死海はさらに低くなり世界で一番低い湖です。G403_190412_OSAIMG_20190415_122309.jpg

 

 

死海のホテル・ケンピンスキーに13時頃に到着。

 

昼食は「ホテル内のイタリアンレストラン」で。

シーザーサラダは新鮮な野菜でドレッシングもナイス!
G403_190412_OSAIMG_20190415_143033.jpg

 

メインはチョイスメニューでピザかシーバスのお魚かチキンでした。
ピザも絶品。魚も美味しかったそうです。

G403_190412_OSAIMG_20190415_144824.jpg

 

デザートはフルーツかティラミスのチョイスでどちらも美味しいnote
G403_190412_OSAIMG_20190415_151022.jpg G403_190412_OSAIMG_20190415_151027.jpg

さすがケンピンスキーのレストラン!もちろん☆☆☆☆☆にします。



 

昼食後、お部屋に入って皆様は水着に着替えます。

 

お部屋も素敵shine
G403_190412_OSAIMG_20190415_153652.jpg

 

バスルームには死海のコスメ、トリニィティのアメニティ。肌がすべすべになりますよ。G403_190412_OSAIMG_20190415_153723.jpg G403_190412_OSAIMG_20190415_153741.jpg

 

 

死海に来る途中でお買い物も。ヨルダンの王室ご用達の’RIVAGE’の石鹸を購入しましたよ。G403_190412_OSAIMG_20190415_153946.jpg

 

 

いよいよ死海で浮遊体験!
ミネラルたっぷりな泥で泥パックも体験いただきました。

ケンピンスキーはプライベートビーチがあるので空いていてゆったり遊べますsmileG403_190412_OSAIMG_20190415_170158.jpg

 

プカプカ・・・・・・。塩分が強いので15分以内で出て、シャワーで洗い流し、水分もとってくださいね!G403_190412_OSAIMG_20190415_170308.jpg

 

ホテルから死海が一望できます。
G403_190412_OSAIMG_20190415_172052.jpg

 

 

夕食はホテル内のレストランでバッフェ。
豪華で食材が良いのがよくわかります。
G403_190412_OSAIMG_20190415_193441.jpg G403_190412_OSAIMG_20190415_193513.jpg

 

こちらはビーフなんですが・・・・。照明の加減でうまく映らず。
G403_190412_OSAIMG_20190415_193557.jpg

 

名産のピスタチオのケーキは、日本で発売出来そうなぐらい美味しかったですsign03
日本のデザートバイキングみたい。とお客様が言っておられました。

G403_190412_OSAIMG_20190415_193626.jpg G403_190412_OSAIMG_20190415_193707.jpg

 

G403_190412_OSAIMG_20190415_193806.jpg

満足なバッフェで星は☆☆☆☆☆です。

 

 

 

【5日目】

おはようございます、日の出は6時10分建物、サービスともに素晴らしいホテルでした。

G403_190412_OSAIMG_20190416_062128.jpg G403_190412_OSAIMG_20190416_062136.jpg

 

朝食は昨日の夕食レストランと同じところ。
G403_190412_OSAIMG_20190416_062455.jpg

 

イチゴジュースが美味。
G403_190412_OSAIMG_20190416_062518.jpg

 

焼きたてパンが並びます。
G403_190412_OSAIMG_20190416_062532.jpg

 

fish魚の燻製など。
G403_190412_OSAIMG_20190416_062622.jpg

 

ケンピンスキーホテルともお別れ・・・・・・今日はヨルダンからイスラエルに入国しましたよ。

 

エルサレムに行く前にパレスチナ自治区のベツレヘムへ。

イエス・キリストの誕生の土地。
G403_190412_OSAIMG_20190416_130644.jpg

 

 

昼食はアラビア風のサラダの前菜からスタート。
G403_190412_OSAIMG_20190416_140310.jpg

 

パンは中身にサラダが挟めるようになっていました。
G403_190412_OSAIMG_20190416_141801.jpg

 

チキンのシュ二ッツェル。カリカリ過ぎたかなsweat01
G403_190412_OSAIMG_20190416_142323.jpg

 

アラビアコーヒーとバクラバという甘いお菓子。コーヒーは濃いめ。
G403_190412_OSAIMG_20190416_143708.jpg

星は☆☆☆☆です。

 

エルサレムに行きホテルは’LEONARD・PLAZA’に宿泊です。
チェックインの後は、夕食まで近くのアラビアンスーパーに行ったりしました。

 

 

夕食は「ホテルのレストラン」でバッフェ。
G403_190412_OSAIMG_20190416_185443.jpg

 

イースターの前でまだ早いそうですが、このホテルはすでに発酵食品は提供されず、ビールもお休み中。
パンもイースト菌は入ってない少し固めのパンでした。
G403_190412_OSAIMG_20190416_185453.jpg

 

ラム肉、パスタ、野菜など。
G403_190412_OSAIMG_20190416_185506.jpg G403_190412_OSAIMG_20190416_185531.jpg

夕食は☆☆☆です。

 

 

【6日目】


朝食。このパウンドケーキは発酵パンがないので人気で、目が粗いですが味はグッド。

G403_190412_OSAIMG_20190417_064125.jpg

 

キッシュのような卵のやわらかい朝ごはん。
G403_190412_OSAIMG_20190417_064136.jpg

 

卵を調理してくれる人の写真を撮っていたら・・・・・僕もお願い~と一緒にパチリcamera

お忙しいのにありがとうございますhappy02
G403_190412_OSAIMG_20190417_064206.jpg G403_190412_OSAIMG_20190417_064220.jpg

 

G403_190412_OSAIMG_20190417_064353.jpg

 

なぜだかヨーグルトの種類が多い・・・・・。
G403_190412_OSAIMG_20190417_064358.jpg

 

お豆腐みたいですがこのチーズも美味でしたよ。
G403_190412_OSAIMG_20190417_064410.jpg

 

丸いのはヤギのチーズだと思います。
G403_190412_OSAIMG_20190417_064416.jpg

 

 

今日はエルサレムの1日観光へ。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地です。

 

ユダヤ教徒の聖地、嘆きの壁。この撮影は高い場所から撮りましたよ。
G403_190412_OSAIMG_20190417_085917.jpg

 

そして岩のドーム。こちらはイスラム教の聖地でイスラム教徒の方しか入れません。G403_190412_OSAIMG_20190417_091146.jpg

 

きれいなブルーでイスラム建築の細かさが外観からでも十分わかります。G403_190412_OSAIMG_20190417_091828.jpg

 

再び、嘆きの壁に近づくために来ました。男性はご自身の帽子かキッパといわれる頭にかぶせるものが借りれます。G403_190412_OSAIMG_20190417_095019.jpg

 

熱心に祈りを捧げており、ここでは男の子の成人式も行われるそうです。
G403_190412_OSAIMG_20190417_095419.jpg

 

 

そしてイエス・キリストが最後の晩餐でユダに裏切られてローマ兵に捕まり、
歩いたゴルゴダの丘までの道=ヴィアドロローサ(悲しみの道)も私たちも実際に歩きます。
G403_190412_OSAIMG_20190417_112153.jpg

 

聖墳墓教会、キリストが十字架に架けられたといわれるところ。

G403_190412_OSAIMG_20190417_120140.jpg

 

 

たくさん歩いて旧市街のアルメ二ア地区のレストラン「Bulghourji」にて。


アルメニア風前菜。ブレてすいませんsweat02
G403_190412_OSAIMG_20190417_131518.jpg

 

チキンとビーフのグリル、ライスはバターライスでした。
G403_190412_OSAIMG_20190417_133035.jpg

 

アルメニアコーヒーとココナッツのケーキで甘いのと濃いコーヒーで合っていました。
G403_190412_OSAIMG_20190417_135124.jpg

星は☆☆☆☆にします。

 

 

こちらは最後の晩餐の部屋。ダ・ヴィンチの作品の部屋とは感じが違いますね。G403_190412_OSAIMG_20190417_143720.jpg

 

オリーヴの丘からのエルサレム。テレビを観ているようです。
G403_190412_OSAIMG_20190417_153407.jpg

 

イスラエル、ヨルダン共にオリーブの木が多く、生命の木と言われているのがなんとなくわかります。

どんなに夏が暑くても、秋には実をつけてくれるそうですclover
G403_190412_OSAIMG_20190417_160339.jpg

 

 

 

夕食はイタリアンレストランにて。

イスラエル風サラダ
G403_190412_OSAIMG_20190417_181817.jpg

 

イカのフライが人気up
G403_190412_OSAIMG_20190417_182343.jpg

 

シーフードスパゲッティー こちらも好評。
G403_190412_OSAIMG_20190417_183058.jpg

他にも魚のフライ、チキンのグリル、フォカッチャも出ていました。

星は☆☆☆☆にします。

 

 

 

【7日目】

 

イスラエルからヨルダンに戻りますbus


昼食はヨルダンのアンマンのレストランで頂きました。
パンはフカフカ、焼きたて。
G403_190412_OSAIMG_20190418_125302.jpg

 

お肉の入ったコロッケと白チーズの入ったフライでこちらも美味しい!
G403_190412_OSAIMG_20190418_130153.jpg

 

エジプト料理のレストランなので、メインはラム肉、チキン、ソーセージのグリルなど。

ラム肉のグリルが炭?で焼いているようで美味しかったです。
G403_190412_OSAIMG_20190418_130158.jpg

 

デザートはフルーツapple
G403_190412_OSAIMG_20190418_134254.jpg

星は☆☆☆☆です。

 

 

昼食後はアンマンの空港へ行き、アンマンからドバイへ。

ドバイで飛行機を乗り継ぎ、2階建て旅客機エアバス380で関西空港に帰って来ました。

 

 

ぺトラ遺跡、死海、嘆きの壁とテレビや本で観たことのある独特な観光地。
実際に目の前にすると、スケールの大きさ、宗教の考え方などのわかる奥深い内容の国々です。

 

 

ご旅行の準備ですが、通貨はアメリカドルの小額紙幣を日本で両替してくださいね。(出来るだけ新札が良いようです。)

死海は水着とビーチサンダルはお持ちください。タオルはホテルで貸してくれます。

 

ぺトラ遺跡は奥の修道院まで行くと、11キロぐらいを歩きますので、
スニーカー、あればトレッキングシューズだと楽です。

また砂埃もありますからスカーフなどあると便利ですよ。

 

水道水は飲めませんが、この旅行は2日目~6日目はミネラルウォーターが1本付き、ぺトラのホテル、死海のホテル、アンマンのホテルはお水がついてありました。

またアルコールですが、最近はほとんどのレストランで提供されていますが、今回は2か所ありませんでした。

 

ほぼ毎日がハイライトなヨルダン・イスラエルのご旅行。

最後まで読んで下さりありがとうございましたconfident

 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。