ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年3月7日出発 G403 エミレーツ航空利用!「幻の都」ペトラと死海 聖地エルサレムへの旅8日間

2019年4月15日

フレンドツアー 2019年3月7日出発 関西発

G403 エミレーツ航空利用!

「幻の都」ペトラと死海 聖地エルサレムへの旅8日間

のコースで実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介します。

お食事の評価もしていますので、よろしければご参考になさってくださいhappy01

満点は星5つです★★★★★




1日目:3月7日(木)

夜 night エミレーツ航空airplaneにてご出発



2日目:3月8日(金)sun10~18℃

早朝、ドバイ乗継 約3時間で中東にある人口約970万人ヨルダン・ハシェミット王国

(面積は北海道とほぼ同じ大きさです)

首都にあるアンマン空港に到着。到着後、観光へ出発run

 

東ローマ帝国時代のパレスチナまたナイル川デルタを描いたモザイクの地図で有名なマタバへ。
 

聖ジョージ教会(正教会) 19世紀末、偶然にマタバに移住した人が家を作ろうとして発見eye

6世紀のパレスチナ・エジプト地方の地図

東ローマ時代のエルサレムを表現した最古の物ですscissors

G403_190307_OSAIMG_20190308_112731.jpg
 

正教会 内部

G403_190307_OSAIMG_20190308_112848.jpg G403_190307_OSAIMG_20190308_112854.jpg


 

海抜187m マタバの近くにあるモーゼの終焉の地とされるネボ山

2000年に訪れたヨハネパオロ記念碑

G403_190307_OSAIMG_20190308_121933.jpg G403_190307_OSAIMG_20190308_122017.jpg

 

山頂から聖地の全景。天気が良ければ、ヨルダン川、死海、 最古の都市エリコも見えますfuji

G403_190307_OSAIMG_20190308_122758.jpg

 

青銅の蛇のモニュメント

G403_190307_OSAIMG_20190308_123420.jpg

 

修道院内 洗礼堂床面のモザイク 

G403_190307_OSAIMG_20190308_124003.jpg

 

サンフランシスコ修道院外観 内部に古いモザイクがあります。

G403_190307_OSAIMG_20190308_124431.jpg



 

restaurant昼食@MAZAYEN NEBO 

イスラム教の為アルコールはありませんng

サラダ バイキング

G403_190307_OSAIMG_20190308_130436.jpg G403_190307_OSAIMG_20190308_130813.jpg

 

ミックスグリル テーブルに持ってきてくれます。

素朴な盛り付け

G403_190307_OSAIMG_20190308_131400.jpg

★★★


 

ぺトラの町の日没 

G403_190307_OSAIMG_20190308_173754.jpg


 

restaurant夕食はホテルレストランにて 

こちらはアルコールがありました。

バイキング  

G403_190307_OSAIMG_20190308_191013.jpg G403_190307_OSAIMG_20190308_191022.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190308_191027.jpg G403_190307_OSAIMG_20190308_191033.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190308_191037.jpg

 

ヨルダンの甘い菓子

G403_190307_OSAIMG_20190308_191044.jpg

種類はまあまあありましたが、全体的に味が薄かったです。

★★★



今回ペトラで宿泊したホテル「PANORAMA」のお部屋

G403_190307_OSAIMG_20190308_201942.jpg




 

3日目:3月9日(土sun7~17℃


restaurant朝食はホテルレストランにて 

G403_190307_OSAIMG_20190309_065509.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_065519.jpg

 

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_065531.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_065546.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_072059.jpg


 

ホテルのテラスから谷の絶景

G403_190307_OSAIMG_20190309_072229.jpg



ホテルの外観

G403_190307_OSAIMG_20190309_072233.jpg



 

忘れ去られていた不思議な古代遺跡、

紀元前1世紀頃から北アラビアを起源とする遊牧民 ナパデア人によって砂岩をくり抜いて造られた遺跡群 

ぺトラ遺跡へ(ギリシャ語で崖を意味します)


 

2007年 新世界7不思議に選出されたそうですgood

オベリスクの墓

G403_190307_OSAIMG_20190309_085340.jpg

 

シークの入り口 断崖絶壁の岩の切れが約1.2km続きます。

G403_190307_OSAIMG_20190309_090250.jpg

 

ローズバレーと言われ岩の色が光の加減で変わりますheart01
G403_190307_OSAIMG_20190309_090634.jpg


 

こんな狭い所もsign03

G403_190307_OSAIMG_20190309_091416.jpg


 

この道が唯一ペトラに続く道horse

この辺りは岩礁地帯なので、雨が降ると鉄砲水となって渓谷内を流れるので、

ナパテア人はダムを作って防ぎ、更に水道管を作り給水設備を整えましたsurprise

G403_190307_OSAIMG_20190309_093835.jpg


 

おーーsign03 と思わず、声がもれてしまう、

映画の1シーンのようにに登場するエルハズネ(宝物宮殿)shineshineshine


太陽が当たり、光り輝く神殿が目の前に現れましたhappy02sun

G403_190307_OSAIMG_20190309_094310.jpg

 

岩山を直接削って造られた神殿は、高さ43m、幅30m。

G403_190307_OSAIMG_20190309_095614.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_100040.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_100408.jpg

想像以上の感動ですlovely



これこそ百聞は一見にしかずflairflairflairflair

G403_190307_OSAIMG_20190309_100435.jpg

 

カラフルな砂を使ったサンドボトルartはお土産にもぴったり。

G403_190307_OSAIMG_20190309_102315.jpg

 

ローマ劇場 

紀元前63年 シリアとパレスチナをローマが支配しました。

ナパテア人は豊かだったのでローマに税金を納めることで自治が認められました。

G403_190307_OSAIMG_20190309_104252.jpg


 

壺 シルク コリント式の墓

G403_190307_OSAIMG_20190309_111956.jpg

 

高台にある教会のモザイク

G403_190307_OSAIMG_20190309_113622.jpg

 

列柱通り 大神殿

G403_190307_OSAIMG_20190309_114026.jpg


 

ゆっくり遺跡を見学して、遺跡内にあるレストランで昼食。


restaurantバシンにて 

流石に混んでましたが、味は良くて好評でしたrestaurant

G403_190307_OSAIMG_20190309_115837.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_115840.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_115844.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_115857.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_115901.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_115918.jpg

★★★★


 

食後、ご希望の方は更に奥にある約850段の階段を上り、エドディル大修道院shoe (往復約2時間)

G403_190307_OSAIMG_20190309_131536.jpg

 

結構高い所まで登ってきました。

G403_190307_OSAIMG_20190309_134154.jpg

 

こちらが最後まで上りきった先にある大修道院
G403_190307_OSAIMG_20190309_135451.jpg



頂上のビューポイントは360°のパノラマですgood
G403_190307_OSAIMG_20190309_140634.jpg



帰路、列柱通り
G403_190307_OSAIMG_20190309_151427.jpg

 

同じ道を通って、帰ります。

日がかたむき色が変化したエル・ハズネ

G403_190307_OSAIMG_20190309_154037.jpg

 

振り返り BYE BYE paper 麗しの神殿に別れを告げて、ホテルへ。
G403_190307_OSAIMG_20190309_154246.jpg


 


restaurant夕食はホテルレストランにて 

G403_190307_OSAIMG_20190309_184554.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_184630.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_184642.jpg G403_190307_OSAIMG_20190309_184700.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190309_184719.jpg

昨日とあまり変わらず。。。★★★



 

4日目:3月10日(日sun7~17℃

地上としては最も低い場所 死海へ。

海抜0m地点の看板 
更に マイナス400m地点へ。

G403_190307_OSAIMG_20190310_124007.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_124210.jpg


 

高級リゾートホテル KEMPINSKI ホテル


restaurant昼食は死海を見ながらホテルレストランにて 

G403_190307_OSAIMG_20190310_134728.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_134737.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_134742.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_134747.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_134757.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_134810.jpg

種類も豊富で美味しいsign03

★★★★★



 

リゾートホテル 部屋も広く眺めもGOODhotel

G403_190307_OSAIMG_20190310_144544.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_144634.jpg

 

広い敷地です。
G403_190307_OSAIMG_20190310_152950.jpg

 

このホテルにはプライベートビーチがありますwave

お楽しみの死海(塩湖)で浮遊体験upwardright

海水の数十倍の塩分(約25%)なので、どなたでもぷっかり浮きますよconfident

マイナス400mなので紫外線も穏やかで気温も暖かく、この時期でも水温は少し冷たい程度。

古代からヘロデ王やエジプトのクレオパトラを魅了してきた憧れのリゾート地であり、宗教的にも重要な死海flair

G403_190307_OSAIMG_20190310_153334.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_162800.jpg

ミネラル 栄養分豊富泥パックもありますshine

身体に塗ってハイポーズcamera
 





 

ホテルのプール(水はノーマルです)

G403_190307_OSAIMG_20190310_163303.jpg



 

restaurant夕食はホテルレストランにて 

BBQです。シーフードfish 肉類taurus色々炭火で焼いてくれました。

G403_190307_OSAIMG_20190310_192042.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_192059.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_192103.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_192114.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_192119.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_192128.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_192134.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_192138.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190310_192142.jpg G403_190307_OSAIMG_20190310_192147.jpg

種類も豊富盛り付けもお洒落で、味も良かったです。

流石は世界のセレブも泊まるホテルheart04

★★★★★



 

5日目:3月11日(月sun6~16℃


死海で迎える朝。

昨日霞がかかって見えなかった対岸の山に朝日が当たりピンク色shine

G403_190307_OSAIMG_20190311_062843.jpg

 

restaurant朝食はホテルレストランにて

G403_190307_OSAIMG_20190311_063102.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_063154.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190311_063204.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_063218.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190311_063226.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_063233.jpg



お洒落なロビー

G403_190307_OSAIMG_20190311_071537.jpg



ロビーからの眺め 対岸はパレスチナです。

G403_190307_OSAIMG_20190311_071837.jpg


 

ヨルダンからイスラエル国境をこえて、三大聖地の1つエルサレムへ。
(死海から1000m以上高くなり少し寒くなりました)

イスラエル博物館には、1/50のエルサレムの模型が。

360°ぐるりと回りながら詳しい説明を伺いましたear

G403_190307_OSAIMG_20190311_110746.jpg


 

1947年に発見された20世紀最大級の発見eye

死海文書が納められている建物の屋根

最古のヘブライ語聖書の写本を含み、宗教的にも歴史的にも重要な写本ですpencil

G403_190307_OSAIMG_20190311_121735.jpg


 

パレスチナのヨルダン川西岸地区南部、ベツレヘムへ。

ヘブライ語聖書ではダビデの町、新約聖書ではイエス・キリスト誕生の地です。


 

 

restaurant昼食はGROTTOにて

アラビア風サラダ 皆様で取り分けます。

G403_190307_OSAIMG_20190311_131755.jpg

 

ボリュームたっぷりチキングリルとマクルバ(チキンライス)
G403_190307_OSAIMG_20190311_133928.jpg

 

バクラク 甘いお菓子

G403_190307_OSAIMG_20190311_140545.jpg

素朴ですが美味しかったですdelicious

★★★★★


 

ベツレヘム生誕教会(3つの宗派が守ります)

G403_190307_OSAIMG_20190311_143020.jpg

 

入口は狭き門doorを通り内部へ(1人1人がやっと通れる門)

G403_190307_OSAIMG_20190311_143401.jpg



アルメニア正教内には誕生のシーンのイコン 絵画があります。

G403_190307_OSAIMG_20190311_144317.jpg


 

祭壇の地下にイエスが生まれたと言われる神聖な場所へ。

今日は少し並ぶだけでお参りができました。(通常1~2時間並ぶらしいですsweat01

この★(イエスがお生まれになったところ)にふれてゆっくりお参りもできました。

G403_190307_OSAIMG_20190311_144724.jpg

 

この柵は飼い葉おけが置かれた場所

G403_190307_OSAIMG_20190311_144749.jpg

 

東方3博士の礼拝の場面が浮かびます。

G403_190307_OSAIMG_20190311_144940.jpg



カトリック教会内

G403_190307_OSAIMG_20190311_145122.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_145223.jpg

 

地下ヨセフ洞窟礼拝堂 聖ヒエロニムス洞窟も見学

G403_190307_OSAIMG_20190311_151103.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_153016.jpg

 

隣接する聖カテリーナ教会中庭

G403_190307_OSAIMG_20190311_153155.jpg

 

観光後、エルサレムのホテルへ。
宿泊ホテル「DAN JERUSALEM」のお部屋

G403_190307_OSAIMG_20190311_190833.jpg


 

restaurant夕食はホテルレストランにて 

G403_190307_OSAIMG_20190311_192045.jpg



バイキング

G403_190307_OSAIMG_20190311_192048.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_192055.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190311_192106.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_192111.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190311_192134.jpg G403_190307_OSAIMG_20190311_192142.jpg


デザートコーナーにはソフトクリームマシーンもありましたbirthday

G403_190307_OSAIMG_20190311_192150.jpg

★★★★




 

6日目:3月12日(火suncloud9~19℃

restaurant朝食はホテルレストランにて

G403_190307_OSAIMG_20190312_065237.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_065242.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190312_065250.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_065256.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190312_065324.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_065341.jpg

 

オムレツマンもいますgood

G403_190307_OSAIMG_20190312_065409.jpg



展望山 奥はヨルダンの地です。

G403_190307_OSAIMG_20190312_082506.jpg

 

行程にはないですが、今回はオリーブ山からエルサレムの旧市街を見ることができました。
G403_190307_OSAIMG_20190312_083815.jpg


 

テレビtvで報道されていた風景ですkaraoke

歴史的に最も重要な宗教の地、旧約・新約聖書の舞台が目の前に広がりますhappy02

G403_190307_OSAIMG_20190312_084054.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_084102.jpg

 

ゲッセイマネ 万国民教会(苦悶の教会)

G403_190307_OSAIMG_20190312_094654.jpg


 

こちらは最後の晩餐の後、イエスは弟子をつれて父なる神に最後の祈りをささげところで、ローマ兵に逮捕された場所です。

G403_190307_OSAIMG_20190312_095117.jpg

 

教会内部

G403_190307_OSAIMG_20190312_100533.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_101000.jpg

 

シオンの丘の旧市街入口

G403_190307_OSAIMG_20190312_103437.jpg



城壁外のマリア永眠教会にもお参りしました、

G403_190307_OSAIMG_20190312_104117.jpg

 

内部

G403_190307_OSAIMG_20190312_104606.jpg


 

熱心な信者の方々がたくさん祈りをささげていました。

G403_190307_OSAIMG_20190312_105321.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_105458.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190312_105822.jpg

 

ダビデ王の墓(左)奥最後の晩餐の部屋入口

G403_190307_OSAIMG_20190312_110859.jpg

 

最後の晩餐の部屋

G403_190307_OSAIMG_20190312_111855.jpg

 

ダビデ王の墓(男女別々でお参りします)

G403_190307_OSAIMG_20190312_114314.jpg

 

キングcrownダビデのレリーフ

G403_190307_OSAIMG_20190312_114524.jpg


 

restaurant昼食はBULGHOURJIにて

アルメニア風サラダ 皆様で取り分けます。

G403_190307_OSAIMG_20190312_115611.jpg
 

インゲンとチキングリル

G403_190307_OSAIMG_20190312_120550.jpg
 

魚のグリル

G403_190307_OSAIMG_20190312_120705.jpg
 

アルメニアンケーキ

G403_190307_OSAIMG_20190312_124304.jpg

味は良かったです◎

★★★★



 

食後は、ユダヤ人地区へ。

G403_190307_OSAIMG_20190312_130142.jpg
 

カルド (列柱)

G403_190307_OSAIMG_20190312_130230.jpg
 

シナゴーグ(会堂) 金の燭台(メノーラー)

G403_190307_OSAIMG_20190312_131623.jpg

 

岩のドーム 嘆きの壁
G403_190307_OSAIMG_20190312_132523.jpg



嘆きの壁も男女別々に分かれており、それぞれで祈ります。

女性側

G403_190307_OSAIMG_20190312_134026.jpg

 

男性側

G403_190307_OSAIMG_20190312_134128.jpg



ヘロデ王時代のエルサレム神殿で現存する外壁は、ユダヤ教徒にとって最も神聖な場所。
 

7世紀初頭 東ローマ帝国によって破壊されました

1967年第三次中東戦争以降、再びユダヤ人はエルサレムへの立ち入りが許されました。

嘆きの壁 地下トンネル内の祈祷所

G403_190307_OSAIMG_20190312_141618.jpg

 

トンネル内部

G403_190307_OSAIMG_20190312_142719.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_143242.jpg


 

地下トンネルを抜けると、

ヴィア ドロローザ(苦難の道)

イエスが最後に十字架を背負い歩いた道です。

総督ピラトの官邸から刑場のあるゴルゴダの丘までの道のり。数々の物語があります。

第1ステーション ピラトに裁かれる

G403_190307_OSAIMG_20190312_145518.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_150123.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190312_151001.jpg


 

エッケ ホモ教会(この人を見よとピラトがユダヤ人に問うた)

G403_190307_OSAIMG_20190312_151433.jpg


 

第3・4教会

G403_190307_OSAIMG_20190312_154258.jpg

 

悲しむ母マリアと出会う

G403_190307_OSAIMG_20190312_155002.jpg

 

道の案内

G403_190307_OSAIMG_20190312_155451.jpg

 

イエスがよろけて手paperをついたとされる壁

G403_190307_OSAIMG_20190312_155549.jpg G403_190307_OSAIMG_20190312_155927.jpg

 

G403_190307_OSAIMG_20190312_160234.jpg

 

この道は今はイスラム教区にありますenlightened

G403_190307_OSAIMG_20190312_160244.jpg

 

 

聖墳墓教会

ここが最終ゴルゴダの丘(ドクロの意味)があったところ

ここは6つの宗派が守りますが、権力争いの為、教会扉のkeyは代々イスラム教徒が管理しているんですよ!

なんとも驚きですcoldsweats01

G403_190307_OSAIMG_20190312_161915.jpg
 

香油を塗った石

G403_190307_OSAIMG_20190312_162822.jpg
 

丘の下の切れ目

G403_190307_OSAIMG_20190312_162935.jpg
 

イエスの墓

G403_190307_OSAIMG_20190312_164011.jpg

 

イサクの受難の場面

G403_190307_OSAIMG_20190312_164332.jpg
 

十字架のイエス

G403_190307_OSAIMG_20190312_164516.jpg
 

イエスの墓正面

G403_190307_OSAIMG_20190312_171918.jpg


 

地下にはコンスタンティヌス帝の母ヘレナの

礼拝所もあります(326年この地で磔刑に使われた聖十字架と聖釘などの聖遺物を発見したとされます)

ダビデの塔

G403_190307_OSAIMG_20190312_174103.jpg



 

新市街地にあるレストラン

restaurant夕食はDOLPHINEにて

ここも全てお取り分け

イスラエル風タパス

G403_190307_OSAIMG_20190312_180544.jpg

 

イカフライ (ユダヤ人は食べません)
G403_190307_OSAIMG_20190312_180855.jpg

 

スパゲティ
G403_190307_OSAIMG_20190312_180904.jpg
 

セントピーターフィッシュfish
G403_190307_OSAIMG_20190312_181920.jpg

 

イスラエル風アイス
G403_190307_OSAIMG_20190312_190238.jpg



 


7日目:3月13日(水sun9~20℃


時間があったので世界最古の町エリコへ。

 

桑イチジク

イエスはエリコに入って、その町をお通りになった時、

ザアカイ(取税人)という人が背が低かったので桑イチジクの

木に登って見ようとしました、と言う場面にでてくる木bud

G403_190307_OSAIMG_20190313_090042.jpg


 

モザイクには何と10000年の歴史sign03 

最も標高が低い街(-250m)と書かれてます。

紀元前8000年には周囲を壁で囲った集落が出現しました。

G403_190307_OSAIMG_20190313_090945.jpg G403_190307_OSAIMG_20190313_091250.jpg



 

マタバの地図のコピー エルサレムがあります。

G403_190307_OSAIMG_20190313_091948.jpg

 

この山はイエスが修業し悪魔に誘惑され、しりぞけた山ですcoldsweats02

中腹には教会があります。

G403_190307_OSAIMG_20190313_092039.jpg


 

国境越え再びヨルダンへ。

昼食は首都アンマン(中東でも有数の世界都市)で。

 

restaurant昼食はWINDMEHILLにて

ヨルダン風コロッケとパイ

G403_190307_OSAIMG_20190313_123547.jpg

 

ヨルダン風サラダ

G403_190307_OSAIMG_20190313_123628.jpg



ソーセージとチキン ピリッとしてGOODgood

G403_190307_OSAIMG_20190313_123854.jpg


MIXグリル お肉が柔らかくジューシーで美味しかったtaurusaries

G403_190307_OSAIMG_20190313_125057.jpg
 

フルーツ

G403_190307_OSAIMG_20190313_130904.jpg

どれも とっても美味しかったですhappy01

アンマンの都会のレストラン。地元の方もたくさん食べに来ていました。

★★★★★

 

食後、空港へと向かいます。
エミレーツ航空にてドバイ乗り継ぎ、たくさんの思い出を胸に帰国の途へ。

 

天候にも恵まれ、ちょうどよい気候の中の観光でした。
土地柄たくさん歩くので、歩きやすい靴(特にエドディルまで行かれる方はストックもあれば便利!)で
お越しください。

お食事はバイキングが多いので、体調に合わせてお召し上がりくださいねrestaurant


なかなか情報が少ない方面ですので、次回のご旅行に役立てていただけると幸いですhappy01

最後までお読みいただきましてありがとうございます♪

 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。