ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2015年10月5日出発 G074 ペルシャハイライト8日間 

2015年10月16日

2015年10月5日出発 G074ペルシャハイライト8日間にて実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介いたします。

お食事の評価は5段階で、★の数で表します。

 

 

<1日目>

深夜、カタール航空にて関空発~ドーハへairplaneshine

 

 

<2日目>

ドーハで乗り継ぎ、約2時間でテヘランへ。

(イランは禁酒国ですが、ドーハ~テヘラン間のカタール航空の機内では、

ワイン、ビールが出ます♪酔っぱらわない程度に飲み納めしてくださいねcoolbar

 

テヘランの観光は、博物館を三つ。

◆ゴレスターン宮殿:世界遺産に指定された、ペルシャ式庭園と鏡細工のまばゆい内装の宮殿flair

◆宝石博物館:銀行の地下金庫につくられた宝物館。世界一ゴージャスな宝石コレクションがご覧いただけますring

◆考古学博物館:8500年前からの発掘品を展示。後日見学する、ペルセポリスの遺跡からの出土品もありますkey

 

【ランチ】 FERDOWSI ホテルの民族レストランにて

イランのおいしい伝統料理が並びます。

到着日で、時差のお疲れがあるところ、野菜料理やフルーツが人気でした。

水が清潔で衛生状態がよいので、生野菜も特に問題なく召し上がれますhappy01

J074 151005 OSANEC_0001.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0002.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

ちなみに、このコース、すべてのお食事に、ミネラルウォーター、紅茶がつきますsun

紅茶は、ミルクは使いません。お好みでお砂糖を入れてくださいnote

 

 

【夕食】 ご宿泊ホテル PARSIAN ESTEGHAL にて 

サラダ、スープはバイキング。

メインはテーブルサーブ。チキンのケバブ(焼肉料理)ですhappy02

ぱさぱさしそうなところ、ずいぶんソフトでしっとりclover

ひき肉にすりおろした玉ねぎを混ぜて、一日ねかせてから焼くとこうなるんだそうですdash

デザートは、ミカン、バナナ、かりんなどが並んでるので、おすきなだけどうぞyesheart04

J074 151005 OSANEC_0003.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

<3日目>

【朝食】 

本日は6:45分発のシラーズ行のフライトに乗るため、朝食はBOXrestaurant

パン、ハム(パンの下に隠れてます)、ナツメヤシ、きゅうり、オレンジジュースribbon

ちなみに、テヘラン~シラーズの1時間余りのフライトでも、簡単なミールサービスがありますhappy02

J074 151005 OSANEC_0004.jpg

 

シラーズ着後、観光。ここはかつての都のため、文化遺産が豊富な美しい街ですart

まずは、ナシルアルモルクモスク、別名、バラモスク、ピンクモスク。

名前通り、ピンクを基調とした花柄のタイルが女性に人気ですcherryblossom

19世紀ごろヨーロッパとの交流が盛んだったことを物語る、タイルに教会が描かれていたりして、ちょっとユニークですnotes

J074 151005 OSANEC_0005.jpg J074 151005 OSANEC_0006.jpg

内部はステンドグラスが美しいです。ここは靴を脱いで入りますfoot

J074 151005 OSANEC_0008.jpg 

次は、エラムガーデン。エラムは、楽園という意味です!

水と草木が豊かな、ペルシャ式庭園bud 植物園さながらで、日本のビワも植えてありましたwink

J074 151005 OSANEC_0009.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0010.jpg J074 151005 OSANEC_0011.jpg

これは唐辛子。こんな風になるのですねenlightened

 

 

【ランチ】シラーズのPARSIAN にて

サラダ、スープはバイキング。

メインは、ライオンフィッシュという、ペルシャ湾でとれる白身の魚pisces

チキンのようなしっかりした歯ごたえがあり、クセはないですbleahデザートはスイカrestaurant

J074 151005 OSANEC_0012.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0013.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0014.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

食後、シラーズ観光続き。

ハムゼ廟。青空に映える丸屋根。

中は想像だにしない、キラキラの鏡細工。これが霊廟sign02

J074 151005 OSANEC_0015.jpg J074 151005 OSANEC_0016.jpg 

 

 

 

【夕食】 シラーズ ご宿泊ホテル PARS にて

J074 151005 OSANEC_0019.jpg

J074 151005 OSANEC_0018.jpg

豊富な冷菜バイキング。上段はデザートcake

 

 

J074 151005 OSANEC_0021.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0020.jpg

イラン、お酒は売っていませんが、レストランではノンアルコールビールがあります。

通常、缶入りで、そのまま出ますが、このホテルは生ビールのイメージでこんなふうにサーブしてくれますbeer

 

 

J074 151005 OSANEC_0022.jpg

絶品スープ。

野菜クリームスープに、アーモンドの粉が隠し味good

 

J074 151005 OSANEC_0023.jpg

メインは、チキン スパイシーソース。

これも大変おいしかったです。

食事評価 ☆☆☆☆☆

 

 

 

<4日目>

あこがれのペルセポリスへ。

壮大な遺跡ですが、出入口は同じで、入り口にこのような100段の階段がありますが、あとはさほど起伏がありません。

一応歩きやすい、すべりにくい靴と、日差しが強いので、帽子や日傘があるとよいです。

壁画が触れるようなところにあるので、無意識に当ててしまわないよう、リュックサックは持ち込みが禁じられていますshock

J074 151005 OSANEC_0025.jpg 

ペルセポリスは、イランのお正月3月21日に、領土内からやってきた様々な民族が、手に手にお土産を持って、王様に謁見したところです。

J074 151005 OSANEC_0031.jpg 

2500年前のレリーフ(浮彫)。

非常に細かく、右手の親指が、持っているツボの向こう側にちらっとでているなど、芸が細かい。

 

 

J074 151005 OSANEC_0033.jpg

説明後、フリータイム。ご希望の方は、約10分斜面を登って、全景をご覧いただけます。

奥の方に大きな平たい屋根が見えますが、この下がレリーフがたくさん展示されているところ。

 

 

 

【ランチ】 TAVUUS にて

バイキング。

おすすめは、ナスのトマト煮。トロトロです。

右の皿のピラフの横に盛ってあるもの〈見にくいですが)shine

他、ビーフのケバブ、ホウレンソウのお好み焼もどきですnotes

奥にビール瓶みたいなのが見えますが、これもノンアルコールですangel

J074 151005 OSANEC_0034.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

食後、ナグジェロスタムへ。

アケメネス朝ペルシャの王墓。 

J074 151005 OSANEC_0036.jpg

 

 

途中、世界遺産のキュロス王の墓があるパサルガダエを経由し、土漠地帯を延々走ってヤズドへ。

 

 

【夕食】 ご宿泊ホテルのSAFAIYEH  にて、バイキングpaper

J074 151005 OSANEC_0027.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0024.jpg

ピザやパスタもどきもあり、食べやすいですsun

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

 

<5日目>

ヤズド観光

ゾロアスター教の聖地、沈黙の塔。

奥のほうの丘の上は、ダフメ(=裁判所)と呼ばれる風そうを行ったところ。

下の方には、日干し煉瓦の建物が残っています。

乾いていて、スターウォーズに出てくるような、違う惑星にいるみたいな風景ですhappy02

J074 151005 OSANEC_0028.jpg

 

と思えば、このような鮮やかなみずみずしい色のタイルの美しいモスクもあります。

ジャーメモスク。

J074 151005 OSANEC_0030.jpg J074 151005 OSANEC_0032.jpg

 

 

【ランチ】 エスファハーンに向かう途中の経由、ナイーンのGOLCHIN にて。

田舎なので、本当に食堂という感じの食堂でした。

おなじみの麦スープ(イランの味噌汁と言っていいほど、よく食べられます。)

J074 151005 OSANEC_0035.jpg

 

 

続いて、チキン・トマトソース。

ライスとセットで、チュロウモルグと呼ばれる、イラン人が好んでよく食べるメニューです。

このあたり、養鶏場が近いので、チキンは大変おいしいです。

ライスに混ざっている赤いものはスグリ、黄色はサフランの黄色です。

ちなみに、イランは食べ物95%自給自足で、お米は輸入もありますが、カスピ海あたりで作れますpencil

J074 151005 OSANEC_0037.jpg

 

J074 151005 OSANEC_0038.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

 

エスファハーン、ご宿泊ホテルは、17世紀の隊商宿を改装した、ABBASI HOTEL

客室は、結構ふつうですが、ここのお庭はサイコー。

朝も、ライトアップされた夜も美しいです。

J074 151005 OSANEC_0046.jpg

 

 

 

【夕食】 ホテルのお庭にて。

麦スープ、サラダ、マスのグリル。デザートは、サフランとピスタチオのアイス〈好評)

J074 151005 OSANEC_0039.jpg J074 151005 OSANEC_0040.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

ABBASI HOTEL

左上から、 お庭、庭に植えられた木、朝食会場、ロビー。

中庭はすがすがしく、建物の内装はきらびやかに、イランの建築、どこもこのパターンみたいです。

J074 151005 OSANEC_0041.jpg J074 151005 OSANEC_0042.jpg

J074 151005 OSANEC_0044.jpg J074 151005 OSANEC_0043.jpg

 

 

 

<6日目>

エスファハーン観光。

こちらはジャーメモスク〈ジャーメは金曜という意味で、金曜日の大事な礼拝を行った(行う)モスクですから、各街に同名のモスクがあります)。青いタイルもさながら、 

J074 151005 OSANEC_0047.jpg

 

日干し煉瓦の柱が林立する内部が印象的。

少しゆがんで建っているものも。

人間が完璧なものを造るのはおこがましいという意味だそうです。

J074 151005 OSANEC_0049.jpg

 

こちらの壁画は、チェヘルソトゥーン宮殿。

1979年のイラン革命までは、飲酒の習慣も見られました。

この細密画は、祝宴のシーン。

盃が見られます。

J074 151005 OSANEC_0050.jpg

 

 

【ランチ】 イマーム広場(王の広場)近く

ちょっと面白い、伝統料理、アーブグーシュト。

右のツボの中には、ラム、ポテト、ヒヨコマメ、トマトが入っていますsign01

ツボごと長時間熱して、具はとろとろに。

まず、熱いので、専用のはさみをつかって、左の銀のボールにスープだけ注ぎますdash

食材のうまみが凝縮されています。

このスープにちぎったナンをいれて、食べますheart01

そのあと、右のツボに残っている具を、槌のような道具を使って、

押しつぶし(ポテトサラダみたいにクリーミーになるまで混ぜる)食べますscissors

ラムが苦手な方も、このアーブグーシュトはラムのにおいが全くというほどしないので、問題なしですnote

J074 151005 OSANEC_0045.jpg

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

食後、イマーム広場周辺の歴史的建造物入場。

広場には、モスク、政治の中心アリカプ、バザールなど、大切な機関が集います。

まずはイマームモスク。

J074 151005 OSANEC_0047.jpg J074 151005 OSANEC_0053.jpg

こちらは、かつて女性専用のシェイフロトゥフォッラーモスク。

天井は、光が当たって、まるでクジャクの尻尾を伸びているように見え、本当にうっとりするほどきれいです。

J074 151005 OSANEC_0051.jpg J074 151005 OSANEC_0055.jpg 

 

 

次に、政治の中心だったアーリーカープ宮殿。

こちらは最上階(日本式に6階)の楽器の部屋。

楽器の形を模したくぼみが、音響効果もあるそう(修復中なので、入れたり入れなかったりします)。

J074 151005 OSANEC_0056.jpg

 

 

観光後、バザールで自由にお買い物。

ドル、次にユーロが使いやすいです。

カードは、一部のじゅうたん屋、細密画屋で使えることがありますが、

ドバイ決済のため、時間がかかりますのでご了承くださいweep

 

 

 

【夕食】は、イマーム広場近くのPARTIKAN にて

スープ(マッシュルームのクリームスープ美味でした)、サラダ、デザート(ゼリー)バイキング

メインはホレシュテゲイメ(レンズ豆のトマト煮 上にフライドポテトがのっている)

これをライスにかけて食べる。食べやすい料理です。

ごめんなさい、写真はありませんcrying

食事評価 ☆☆☆☆

 

 

 

<7日目>

テヘランに向かう道中、日干し煉瓦の集落アブヤーネ村を散策、その後カシャーンへ。

 

 

【昼食】 最後のランチは、新しくオープンした SIYALK レストランにてバイキング。

左から、時計回りに、ナスのトマト煮、パスタ?チキントマト煮、チキンケバブ、ハンバーグ風。

今までの料理を一通りおさらい。

どれも食べやすい味付けでした。

J074 151005 OSANEC_0058.jpg

 

 

 

食後、カシャーンのタバターイ邸(豪商の邸宅)

入り口は小さく、こんなにシンプル。

J074 151005 OSANEC_0062.jpg

 

一歩入ると、水を配した涼しげな中庭。

J074 151005 OSANEC_0060.jpg

 

建物の中はステンドグラス。 

J074 151005 OSANEC_0059.jpg

外はシンプルに、内はきらびやかに、最後までこれでした。

深夜、テヘランより帰国の途へsign05run

 

 

経済制裁が緩和されつつある中、イランの国際的なイメージが上がっているため、今年はずいぶん観光客が増えましたup

今まであまり観光に力を入れられなかった国なので、レストランのお手洗いの数が少なかったり、観光地も、修復中のところがあったり(観光収入が少ないので、時間がかかる)、たくさん訪れるペルシャ式庭園も、中には池の水がなくて「今日はお掃除中」とか、時々戸惑うことがあるかもしれませんが、異国情緒をこれほど感じられる国は少ないと思います。

 

大きな国のため、8日間でハイライトをめぐるのは少々ハードではありますが、どこも外せない、変化に富んだ見どころばかりですsign03

ぜひ一度お訪ねくださいsmileshine

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。