ツアーお食事だより 中近東 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2014年10月6日出発 G074 ペルシャハイライト8日間

2014年10月19日

2014年10月6日発G074「ペルシャハイライト8日間」のコースで実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介します。

まず、紹介前にご注意があります!イランは、イスラム教の国なので全国的に禁酒です!surprise

国内に持ち込むこともできないので、スーツケースにも入れないよう注意してくださいねbeerng


2日目昼食 テヘランのレストラン「FERDOWSI」にて
・ヨーグルト、アーブグシュート、ミントティー
「アーブグシュート」とは、ラム、ポテト、ひよこ豆の煮込みです。これが壺に入って出てきます。
最初に壺の中のスープだけを器に移し、ナンをちぎって入れて食べます。
その後、壺の中身を潰し、ナンに巻いて生の玉ネギとともにいただきます。


J074_141006_NEC_0032.jpg この壺の中のスープを取り出して・・・

J074_141006_NEC_0033.jpg 中身を潰します!ちなみに素手で潰す訳ではないのでご安心を。

J074_141006_NEC_0034.jpg
右上にあるのが、潰したもの。下がスープに浸されたナンです。

見た目はあんまりかもしれませんが、これが美味しいんですsign03 

お客様にも大好評heart04でした。


2日目夕食 テヘランの宿泊ホテル「PARSIAN AZADI TEHRAN」内のレストランにて
・店内の雰囲気はこんな感じ。
J074_141006_NEC_0039.jpg

・ビュッフェ。種類豊富です。
J074_141006_NEC_0041.jpg J074_141006_NEC_0040.jpg J074_141006_NEC_0042.jpg

J074_141006_NEC_0037.jpg J074_141006_NEC_0036.jpg J074_141006_NEC_0035.jpg

J074_141006_NEC_0038.jpg 
J074_141006_NEC_0044.jpg J074_141006_NEC_0043.jpg


ttttttttt3日目昼食 シラーズのレストラン「PARSIAN」にて
・サラダ、スープ、白身魚のケバブ&ライス、メロン、デーツ(ナツメヤシ)、ティー。
サラダとスープはビュッフェ形式なので自分で取りに行きます。
J074_141006_NEC_0047.jpg J074_141006_NEC_0048.jpg J074_141006_NEC_0049.jpg
  
メロンの横にあるのがナツメヤシ。日本ではあまり馴染みがありませんが、イランではよく食べます。
J074_141006_NEC_0050.jpg J074_141006_NEC_0051.jpg 
メインのお皿、ちょっと寂しく見えますが料理は美味しかったです!


ttttttttt3日目夕食 シラーズの宿泊ホテル「PARS INTERNATIONAL HOTEL」内のレストランにて
・スープ、サラダ、前菜はビュッフェ、ビーフストロガノフ&細~いポテト、デザートビュッフェ
J074_141006_NEC_0052.jpg J074_141006_NEC_0053.jpg J074_141006_NEC_0054.jpg

J074_141006_NEC_0055.jpg J074_141006_NEC_0056.jpg J074_141006_NEC_0058.jpg

J074_141006_NEC_0059.jpg これがメインのお皿。細~いポテトの下に煮込みがあります。

J074_141006_NEC_0057.jpg 店内の雰囲気。 



ttttttttt4日目昼食 ペルセポリス近くのレストラン「PARSIAN」にて
・サラダと前菜はビュッフェ、ホレシュテバムジャン&チェロウ、ティー。
「ホレシュテバデムジャン」とは、ナス野菜と牛肉の煮込み。チュロウとはライスのことです。
日本のハヤシライスに似ています。とっても美味しくて、お客様も皆様完食されていましたflair
申し訳ないのですが、その肝心のホレシュテバデムジャンの写真を撮り忘れてしまいましたcrying
写真はビュッフェのみ。全く同じものが前回のツアーでも出ているので、ご興味がある方はそちらもご覧ください。
G100 140919 NEC_0001.jpg G100 140919 NEC_0003.jpg

また、ここのレストランは店内の雰囲気がちょっと変わっています。
海の洞窟をイメージしているらしく、ちょっと怪しげな雰囲気でした。
J074_141006_NEC_0002.jpg 
 


ttttttttt4日目夕食 ヤズドの宿泊ホテル「SAFAIEH YAZD」内のレストランにて
・ビュッフェ。すみません!写真なしです。
 


ttttttttt5日目昼食 ナイーンのレストラン「GOLCHIN」にて
ここは町でも人気の大衆レストラン。地元の方でいっぱいでした。素朴な味ですが食べやすくて好評でした。

・大麦スープ、サラダ、チェロウモルグ(チキンのトマトソース煮込み)、ゼレシュクポロウ(ライス)、リンゴ、ブドウ。
J074_141006_NEC_0009.jpg J074_141006_NEC_0010.jpg J074_141006_NEC_0008.jpg
 

ttttttttt
5日目夕食 イスファハンの宿泊ホテル「ABBASI」にてshine
 
このホテルは、イスファハンの中で一番のラグジュアリーホテル

豪華な内装はまるでアラビアンナイトの世界ですmoon3
広くて美しい中庭を取り囲むように建物が立っていて、今回はこの中庭で素敵な雰囲気のディナーでしたrestaurantshine
J074_141006_NEC_0012.jpg

・メニューはサラダ、野菜スープ、一匹丸ごとニジマスのフライまたは巨大チキンシュニッツェル、プリン。
J074_141006_NEC_0013.jpg J074_141006_NEC_0011.jpg J074_141006_NEC_0016.jpg

メインはこの2つから選べます。どちらも、ボリューム満点!
J074_141006_NEC_0015.jpg J074_141006_NEC_0014.jpg


 

ttttttttt6日目昼食 イスファハンのレストラン「KHANSALAR」にて
・スープとサラダと前菜はビュッフェ、ミンチケバブ&トマト&タフーディーグ、サフランアイス。
タフーディーグとは、おこげのサフランライス。香ばしくておいしい!
デザートのサフランアイスはレストランの横にあったお店でガイドさんが買ってきてくれましたhappy01
サフランの香りがとっても美味しくてお客様にも大好評だったのですが、バスに乗る直前に受け取ったため、
慌てていて写真撮り忘れてしまいましたsweat01すみません!
J074_141006_NEC_0017.jpg 前菜とスープ

 

J074_141006_NEC_0018.jpg J074_141006_NEC_0019.jpg こんな感じで焼きたてを・・・

J074_141006_NEC_0020.jpg J074_141006_NEC_0022.jpg 盛り付けてくれます!



ttttttttt6日目夕食 イスファハンのレストラン「KHANEH KUCHAK」にて
・大麦スープ、サラダ、プルーンと牛肉の煮込みまたはカリンとビーフの煮込み、ライス、スイカ、ティー。
J074_141006_NEC_0023.jpg J074_141006_NEC_0024.jpg J074_141006_NEC_0027.jpg
 


tttttttttttttttttt7日目昼食 カシャーンのレストラン「AMIR KBIR」にてビュッフェ
・ケバブなどもありました。お客様の盛り付けたお皿を撮らせてもらいました。
J074_141006_NEC_0028.jpg J074_141006_NEC_0030.jpg 
J074_141006_NEC_0031.jpg


最後におまけ・・・
ペルシャは禁酒の国ですが、その分、いろんな種類のノンアルコールビールがありますbeer
J074_141006_NEC_0004.jpg

クラシカル、レモン、トロピカル、マンゴー、ストロベリーなど・・・毎日、いろんな味を試されているお客様もいらっしゃいましたnote


★ペルシャのお食事、いかがでしたか?
見慣れないものや聞きなれないものもありますが、日本人の口に合うものも多いです。
ビュッフェではサラダや温野菜がたくさんあり、海外旅行にありがちな野菜不足にはなりませんhappy01
特に4日目のお昼に食べたナスと野菜と牛肉の煮込みは大人気でした!
 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。