ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年5月21日出発 D721 ブリティッシュ・エアウェイズ利用 歴史薫る古都と美しき村々を巡る麗しの英国10日間

2019年6月25日

フレンドツアー 関西発 2019年5月21日発

ブリティッシュエアウェイズ利用
歴史薫る古都と美しき村々をめぐる麗しの英国 10日間

ツアーで実際にお召し上がりいただいたお食事を添乗員の評価と共に、
印象に残った観光スポットをご紹介します。

お食事の評価は、5段階で星の数で表示しています。(★★★★★


 

~1日目~   関西空港~ロンドン~エジンバラ

関西空港発、ブリティッシュエアウェイズでロンドン乗り継ぎエジンバラへairplane

到着後、ホテルへ。

≪The glass househotel

 

 

~2日目~  エジンバラ cloudsun9~15度

restaurant朝食:ホテルレストランにて

D721_190521_OSAIMG_20190522_072729.jpg D721_190521_OSAIMG_20190522_072747.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190522_072753.jpg



温かい食べものはすべてテーブルでサーブしてくれますdeliciousheart04

D721_190521_OSAIMG_20190522_074722.jpg

 

朝食レストランからは、このカールトンヒルが見えますeye
D721_190521_OSAIMG_20190522_080355.jpg



 

【エジンバラ】 エジンバラ城

この週のみ王室の衛兵がエジンバラ城に立っていました。(ホリールード宮殿がCLOSEだった為)

D721_190521_OSAIMG_20190522_124331.jpg


 

restaurant昼食:mussel and steakにて (★★★★★

サラダ
D721_190521_OSAIMG_20190522_131334.jpg



ツアーのメニューではありませんが、ムール貝が有名なレストランだったので
今回はちょこっとサービスでみんなで約1.5kgをシェア
smile
D721_190521_OSAIMG_20190522_131630.jpg


メインのサーモングリルとお野菜 すっごく美味しい!けど大きすぎでしたcoldsweats01
D721_190521_OSAIMG_20190522_132351.jpg



デザートはお店の間違いでチーズケーキとクリームの2種類に!ラッキーnoteD721_190521_OSAIMG_20190522_135831.jpg D721_190521_OSAIMG_20190522_135846.jpg



昼食後は、フリータイム。
私はご希望の方を大聖堂、ノースブリッジにご案内しました。



2連泊のホテル≪The glass househotel≫のBARdownwardleft
見えにくいのですが・・・テーブルの真ん中が暖炉になっていて火が燃えています。

D721_190521_OSAIMG_20190523_080408.jpg





 

 

~3日目~  エジンバラ~ニュービーブリッジ cloudsun8~16度



ホテルを出発し、途中お手洗い休憩をとりながら湖水地方へと向かいます。
アルブルサイトでご昼食。
 

restaurant昼食:Waterhead HOTELにて (★★★★

サラダ  ボリュームたっぷり!
D721_190521_OSAIMG_20190523_125508.jpg


コテージパイ  このビジュアル・・・何かに似ているねとみんなでクスクスsmileお味はいたってフツーでした。
D721_190521_OSAIMG_20190523_131153.jpg


大きな大きなフレンチトースト  クリームもたっぷり!穀物続きでお腹いっぱい・・・
D721_190521_OSAIMG_20190523_133532.jpg


 

【ヒルトップ】 

ビアトリクスポターの農場で、ピーターラビットの世界を堪能shine
D721_190521_OSAIMG_20190523_155758.jpg



ホテルに到着したのは、午後5時頃。
今日から≪Lake sidehotelに2連泊です。


ほっと一息ついてから、夕食へ。


 

restaurant夕食:HOTELにて (★★★★★

チョイスメニューでお好きなものをお選びいただけます。


<前菜> チーズスフレ or ういきょうのポタージュ
D721_190521_OSAIMG_20190523_190112.jpg D721_190521_OSAIMG_20190523_190119.jpg
ういきょうを入れるとこんな味で美味しくなるんだな、と新発見でしたsurpriseenlightened



温野菜はお取り分け
D721_190521_OSAIMG_20190523_192726.jpg




<メイン> ポークグリル or チーズのリゾット

D721_190521_OSAIMG_20190523_192745.jpg D721_190521_OSAIMG_20190523_192758.jpg
どちらも美味しいけれど、量が多くて半分も食べられませんでした・・・



<デザート>チョコレートケーキ or フルーツサラダ

D721_190521_OSAIMG_20190523_200142.jpg D721_190521_OSAIMG_20190523_200150.jpg
うぅぅ・・・もう食べられない・・・・美味しいのにとっても残念down
 




 

 

~4日目~  湖水地方 sun9~17度


宿泊ホテルの外観  ご覧ください、この青空sign03湖水地方で奇跡のような2日間でしたsun
D721_190521_OSAIMG_20190524_071330.jpg D721_190521_OSAIMG_20190524_071348.jpg



 

restaurant朝食:HOTELにて (★★★★★

イングリッシュブレックファースト シンプルだが、上品なお味です。
D721_190521_OSAIMG_20190524_071730.jpg D721_190521_OSAIMG_20190524_071746.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190524_071754.jpg D721_190521_OSAIMG_20190524_074033.jpg



ホテルコンシェルジュは・・・ピーターラビットさんsign03すごい存在感ですcoldsweats01(めっちゃ大きい・・・笑)

D721_190521_OSAIMG_20190524_084224.jpg




【ライダルマウント】 

お天気もよかったので、花々がより鮮やかにshineすべてが美しかったです。
D721_190521_OSAIMG_20190524_100756.jpg
 D721_190521_OSAIMG_20190524_100803.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190524_101142.jpg




 

restaurant昼食:LINDETH HOME COUNTRY HOTELにて (★★★★

D721_190521_OSAIMG_20190524_120407.jpg D721_190521_OSAIMG_20190524_120710.jpg



トマトのポタージュ 酸味が程よく、好評
D721_190521_OSAIMG_20190524_121554.jpg



リブアイのステーキとキャベツ 味は普通でした。
D721_190521_OSAIMG_20190524_123437.jpg



チョコレートムース&クリーム 甘すぎ・・・
D721_190521_OSAIMG_20190524_130029.jpg



 

【ウィンダミア湖】 
クルーズのボートからパチリcameraこの絵のような空と雲!
D721_190521_OSAIMG_20190524_150910.jpg




観光SLの乗車体験もnote
D721_190521_OSAIMG_20190524_161410.jpg




 

restaurant夕食:ホテルにて (★★★★★

チョイスメニュー。昨日と同じメニュー1種+新メニュー1種のラインアップ。


<前菜>チーズスフレ or にんじんのポタージュ
D721_190521_OSAIMG_20190524_185058.jpg



<メイン> 豆のリゾット or ポークグリル
D721_190521_OSAIMG_20190524_191354.jpg D721_190521_OSAIMG_20190524_191504.jpg
昨日に引き続き、すごい量(リゾットは3人前ぐらいありそう!)ポークグリルは大変美味heart



<デザート> パンナコッタ こちらも通常の3倍量ですが、別腹で全部食べれちゃいましたdelicious
D721_190521_OSAIMG_20190524_194124.jpg



 

 

~5日目~  ニュービーブリッジ~ストラッドフォード・アポン・エイボン sun7~21度


湖水地方よりストラットフォード・アポン・エイボンへ向かいます。


【ストラットフォード・アポン・エイボン】

私たちを見つめるシェークスピア(キリッshine
D721_190521_OSAIMG_20190525_130557.jpg

 

restaurant昼食:THE GARRICKにて (★★★★

サラダ
D721_190521_OSAIMG_20190525_130622.jpg



パブの定番マッシュポテト&ソーセージ 素朴で美味pig
D721_190521_OSAIMG_20190525_131836.jpg

 

クリーム 底には酸っぱいすぐりのジャム。甘みがほどほどで食べられました。
D721_190521_OSAIMG_20190525_134153.jpg



アンハサウェイの生家、シェークスピアの生家をご案内した後
エイボン川リバークルーズへ。

D721_190521_OSAIMG_20190525_171540.jpg


ストラットフォード・アポン・エイボンでの宿泊マナーハウスです。
≪BILLESLEY MANORhotel


 

restaurant夕食:ホテルにて (★★★★

チキンパテ  パテは好き嫌いが分かれますね。
D721_190521_OSAIMG_20190525_191026.jpg



マッシュルームリゾット これまたすごい量~wobbly

D721_190521_OSAIMG_20190525_193527.jpg



クリームカラメル 再び別腹heartプリンは皆様大好きです。
D721_190521_OSAIMG_20190525_202308.jpg





 

~6日目~  ストラッドフォード・アポン・エイボン~ロンドン cloud7~16度

restaurant朝食:HOTELにて (★★★★

D721_190521_OSAIMG_20190526_071050.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_071113.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190526_071151.jpg




今回お泊りいただいた≪BILLESLEY MANORhotel

D721_190521_OSAIMG_20190526_071252.jpg




【バイブリー】アーリントンロウ
雨が降りそうな中での観光でした。
D721_190521_OSAIMG_20190526_101505.jpg

 

キフツゲートコートガーデン
100年かかって造られたお庭ですenlightened

D721_190521_OSAIMG_20190526_120835.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_120945.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190526_121123.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_121304.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190526_121646.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_122026.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190526_122451.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_122657.jpg




restaurant昼食:WYCK HILL HOOSEにて (★★★★

マナーハウスでアフタヌーンティーをお楽しみいただきました。
D721_190521_OSAIMG_20190526_133435.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_133439.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190526_133446.jpg



食事をいただいたマナーハウスの外観
キフツゲートローズの原木がここ発祥。残念ながら6月開花とのことでした・・・。
D721_190521_OSAIMG_20190526_142436.jpg



そしてロンドンへと向かいました。
ロンドンでの宿泊≪HARD ROCK(カンバーランド)hotel




restaurant夕食:SARACEN'S CARVERYにて (★★★

ポテトクリームスープ フツーのお味。
D721_190521_OSAIMG_20190526_193712.jpg



メインはブッフェ。ローストビーフと、ローストポーク、サーモンもありました。
D721_190521_OSAIMG_20190526_195803.jpg D721_190521_OSAIMG_20190526_195817.jpg


 

D721_190521_OSAIMG_20190526_200341.jpg



 

~7日目~  ロンドン sun14~19度


【ロンドン】大英博物館
フレンドツアーのこちらのコースでは大英博物館に特別入場sign03
通常開館時間の1時間前に入場だから、正面入口も誰もいませんbleah
D721_190521_OSAIMG_20190527_085457.jpg



いるのは私たちと彫刻のみ。静かでゆっくり見れてよかったですconfident
D721_190521_OSAIMG_20190527_090205.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_091937.jpg



D721_190521_OSAIMG_20190527_092254.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_092310.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_092336.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_093145.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_093344.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_093529.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_093544.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_094402.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_100158.jpg



【ロンドン】クイーンメアリーズガーデン
D721_190521_OSAIMG_20190527_113137.jpg



バラは80%くらいの開花状況。一番美しい時期でしたshine

D721_190521_OSAIMG_20190527_113428.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_113527.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_113626.jpg

 

D721_190521_OSAIMG_20190527_113955.jpg D721_190521_OSAIMG_20190527_114254.jpg




restaurant昼食:SEA SHELLにて (★★★★

ルッコラのサラダ
D721_190521_OSAIMG_20190527_130650.jpg


フィッシュアンドチップス 大きい!ので食べても食べても減らない・・・・coldsweats01
D721_190521_OSAIMG_20190527_132303.jpg


アップルパイ
D721_190521_OSAIMG_20190527_140417.jpg



 

~8日目~  ロンドン sun12~17度


ホテルのロビーにドーンと鎮座しているフレディのピアノ
D721_190521_OSAIMG_20190528_084056.jpg


こちらはマドンナの衣装!
D721_190521_OSAIMG_20190528_200115.jpg




restaurant朝食:HOTELにて (★★★★

ブッフェの列はライブの舞台に沿って並ぶタイプ。イングリッシュブレックファストなので種類が少なめです・・・。
D721_190521_OSAIMG_20190529_092546.jpg D721_190521_OSAIMG_20190529_092553.jpg



ジミーヘンドリクスのギターの展示はお客様にも大ウケsmileshine
D721_190521_OSAIMG_20190529_092732.jpg


今日は終日自由行動。
ミュージカルに行かれた方、オペラに行かれた方、皆様思い思いの時間をお過ごしいただきました。



 

~9・10日目~  ロンドン 


朝は10:30ホテル出発でゆっくり出発が嬉しいです。
ブリティッシュエアウェイズの直行便にてロンドンから関西国際空港へairplane


ご参加のみなさま、この度はありがとうございました!
またどこかでお会いできるのを楽しみにしていますwink





エジンバラ・湖水地方で2連泊、ロンドンで3連泊
そしてマナーハウスでの宿泊&お食事をお楽しみいただける10日間のコースでした。


人気の大英博物館の特別入場が特にお客様からご好評でしたnotes

ぜひご参加ご検討くださいね。


 

フレンドツアー

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。