ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年9月1日出発 F365 ルフトハンザドイツ航空利用 スイス・ドイツ・アルザスの美しき村8日間

2018年10月19日

2018年9月1日 関西空港発

 F365 「ルフトハンザドイツ航空利用 スイス・ドイツ・アルザスの美しき村8日間」

のツアーで頂いた食事の内容をご紹介させていただきます。風景写真も撮ってきているので、あわせてお楽しみいただけたらと思います。食事の評価は★印で表しています。★5つが満点になります。


 

第1日目 関西空港 ~ フランクフルト空港 ~ ケルン

関西空港にてご集合、LH741便にてフランクフルトまで約11時間半のフライト。
到着後、入国審査をすませ、バスに乗車してケルンへ。約2時間のドライブでした。
ケルンのホテルはメルキュール・ウェストです。

 

ホテル到着後、明日は閉まるということで、本日ケルンの大聖堂の見学。

F365180901OSAIMG_20180901_202420.jpg


 

第2日目 ケルン ~ ライン川クルーズ ~ ストラスブール

cafeホテルの朝食の様子。
シンプルな朝食内容でしたが、日本人にはちょうど良いかな?!

F365180901OSAIMG_20180902_065733.jpg F365180901OSAIMG_20180902_065739.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180902_065752.jpg F365180901OSAIMG_20180902_065807.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180902_065816.jpg F365180901OSAIMG_20180902_065827.jpg

食事の評価 ★★★

 

朝食後、ザンクト・ゴアールへ。ザンクト・ゴアールの村はかわいらしい。

F365180901OSAIMG_20180902_115828.jpg

 

restaurant昼食はライン川クルーズをお楽しみいただきながらいただきました。

まずはチキンコンソメスープ、そしてロースト・ポークの黒ビールソース。
F365180901OSAIMG_20180902_131148.jpg F365180901OSAIMG_20180902_132534.jpg


デザートはバニラアイスクリームのチェリーソース。
F365180901OSAIMG_20180902_135130.jpg

食事の評価 ★★★

 

ライン川クルーズの景色と下船地、リューデスハイムのつぐみ横丁。

F365180901OSAIMG_20180902_140859.jpg F365180901OSAIMG_20180902_154221.jpg

その後、トイレ休憩をしながら、ひたすらフランス国境へ向かって走り、ライン川を渡ってストラスブールへ。
まずホテル・メルキュール・ギャレ・サントルにチェックイン。


 

restaurant夕食は歩いて近くのレストラン、ル・ディックスへ行きました。

前菜はフォアグラのテリーヌ。そして鴨のローストをメインにいただきました。アルザスのワインがいっぱいついたお食事です。

F365180901OSAIMG_20180902_205114.jpg F365180901OSAIMG_20180902_211417.jpg
 

デザートはクリーム・ブリュレ、プリンです。

F365180901OSAIMG_20180902_214220.jpg

食事の評価 ★★★



 

第3日目 ストラスブール ~ グリンデルワルト

cafe ホテル メルキュール・ギャレ・サントルの朝食の様子です。

F365180901OSAIMG_20180903_062834.jpg F365180901OSAIMG_20180903_062840.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180903_062847.jpg F365180901OSAIMG_20180903_062938.jpg



朝食後、ストラスブールの市内観光。
こちらが13世紀の女子修道院で、現在はENA(フランス国立行政学院)として使われており、何人ものフランスの大統領の出身校となっています。

F365180901OSAIMG_20180903_081353.jpg

 

こちらがプティット・フランス、絵になる光景ですね。

F365180901OSAIMG_20180903_082404.jpg F365180901OSAIMG_20180903_082927.jpg

 

活版印刷の発明者、グーテンベルクの像のあるグーテンベルク広場。
そしてストラスブールの大聖堂。赤色砂岩をつかった、この色が特徴。

F365180901OSAIMG_20180903_084753.jpg F365180901OSAIMG_20180903_084841.jpg
 

大聖堂の内部。バラ窓がきれい。

F365180901OSAIMG_20180903_090520.jpg F365180901OSAIMG_20180903_090533.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180903_114214.jpg

 

ストラスブール観光後、アルザスワイン街道をドライブして、コルマールへ。こちらがウンターリンデン美術館にあるグリューネワルト作の「イーゼンハイムの祭壇画」です。そしてメゾン・テートといわれる「頭の家」です。

F365180901OSAIMG_20180903_114955.jpg F365180901OSAIMG_20180903_122059.jpg

 

「ハウルの動く城」のモデルとなった家。そしてプティット・ヴェニーズ地区。

F365180901OSAIMG_20180903_123544.jpg F365180901OSAIMG_20180903_124418.jpg


 

コルマール観光後、 restaurantラヴォー・サン・ピエールレストランで昼食。
メニューはタルトフランベという、フランス版のピッツアと白身魚のグリルとたっぷりのパスタ。

F365180901OSAIMG_20180903_133609.jpg F365180901OSAIMG_20180903_140121.jpg
 

デザートはアイスケーキとフルーツです。

F365180901OSAIMG_20180903_142614.jpg

食事の評価 ★★★


 

昼食後、フランスからスイスへ。美しいスイスの牧歌的な風景を見ながら、ベルナーオーバーランド地方へ。
そして宿泊地、グリンデルワルトのホテルにチェックイン。ホテルは駅前のクロイツ アンド ポストに2連泊です。


 

restaurant夕食は宿泊ホテルのレストランでいただきました。

まずは野菜のクリームスープ。野菜の甘みのあるまろやかなスープでした。メインはビーフストロガノフとライス。

F365180901OSAIMG_20180903_191704.jpg F365180901OSAIMG_20180903_194404.jpg
 

デザートはプリンでした。

F365180901OSAIMG_20180903_200722.jpg

食事の評価 ★★★


 

第4日目 グリンデルワルト滞在

ホテル前から見たアイガー。頂上には雪が輝いていました。
F365180901OSAIMG_20180904_070302.jpg



cafe ホテルでの朝食

F365180901OSAIMG_20180904_070359.jpg F365180901OSAIMG_20180904_070403.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180904_070413.jpg F365180901OSAIMG_20180904_070422.jpg

 

温かい卵料理は調理して持ってきてくれます。

F365180901OSAIMG_20180904_070436.jpg F365180901OSAIMG_20180904_073754.jpg

 

朝食後、ユングフラウヨッホの観光へ。今日は快晴sun sun sun 
乗り換え地駅、クライネシャイデックからはしっかりとユングフラウ3山が見えました。

F365180901OSAIMG_20180904_092812.jpg F365180901OSAIMG_20180904_134056.jpg
 

山頂駅、標高3452mのユングフラウヨッホからの眺め。お天気が良かったのでスフィンクス展望台へも行けました。
メンヒとユングフラウの山。

F365180901OSAIMG_20180904_102352.jpg F365180901OSAIMG_20180904_102446.jpg

この日の昼食、夕食は各自で。美しい山々を見ながらクライネシャイデックでお昼を食べた方がほとんど。
夕食はグリンデルワルトに戻ってから、ご希望の方と添乗員が夕食にご案内しました。


 

第5日目 グリンデルワルト ~ フライブルク

朝食後、首都ベルンへ。まずはバラ公園から美しいベルンの旧市街を一望。F365180901OSAIMG_20180905_102944.jpg



その後、旧市街の散策。こちらがベルンの市庁舎です。そしてミュンスター(大聖堂)が開いていたので内部もご覧いただきました。

F365180901OSAIMG_20180905_111128.jpg F365180901OSAIMG_20180905_114558.jpg

 

こちらがミュンスターの鐘楼。上に上ることができます(有料)。もちろん、階段です!
そして修復が終わったばかりの大時計。

F365180901OSAIMG_20180905_114739.jpg F365180901OSAIMG_20180905_114959.jpg


 

ベルン旧市街散策の後、restaurantアンカーレストランにてランチ。時計塔の近くにあるレストランです。

前菜はサラダ。メインはスイスの名物料理の一つ、ラクレットです。溶かしたラクレット用のチーズにふかしたジャガイモを絡めていただきます。お皿が熱いので食べるときに要注意です。

F365180901OSAIMG_20180905_121643.jpg F365180901OSAIMG_20180905_130046.jpg
 

デザートはフルーツサラダ。

F365180901OSAIMG_20180905_131750.jpg

食事の評価 ★★★

 

昼食後、3か国の国境に接するバーゼルの散策。
赤色砂岩でできた、バーゼルの大聖堂。大聖堂の裏にはライン川が流れています。

F365180901OSAIMG_20180905_154815.jpg F365180901OSAIMG_20180905_155148.jpg
 

こちらがバーゼルの市長舎。赤い色で目立ちます。

F365180901OSAIMG_20180905_161323.jpg

 

バーゼルでの散策の後、国境を越えてドイツへ。
そして宿泊地のフライブルクのホテル、ノボテル・フライブルク・アム・コンツェルトハウスにチェックイン。

 

restaurant夕食は宿泊ホテルでいただきました。

前菜はサラダで、メインは仔牛肉のローストとパスタ、温野菜添えでした。

F365180901OSAIMG_20180905_194136.jpg F365180901OSAIMG_20180905_200557.jpg
 

デザートはフルーツケーキ。季節のフルーツ、ほおずきが添えられていました。

F365180901OSAIMG_20180905_205020.jpg

食事の評価 ★★★★


 

第6日目 フライブルク ~ フランクフルト

cafeノボテルホテルの朝食の様子です。広々としてモダンなつくりのレストランです。

F365180901OSAIMG_20180906_063210.jpg F365180901OSAIMG_20180906_063216.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180906_063228.jpg F365180901OSAIMG_20180906_063243.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180906_063258.jpg F365180901OSAIMG_20180906_063302.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180906_063519.jpg

食事の評価 ★★★★

 

朝食後、ヘッヒンゲンの郊外にあるホーエンツォレルン城へ。
お城は小高い山の上にあるので、駐車場からはシャトルバスでお城のそばまで行きます。

 

restaurant 昼食は城内にあるブルク・ホーエンツォレルンレストランでいただきました。

前菜はサラダで、盛り付けがきれいです。メインはこの地方の名物料理のマウルタッシェン。
ドイツ版のラビオリのようなものです。トマトソースであっさりといただきます。パンの代わりには必ずジャガイモが添えられます。

F365180901OSAIMG_20180906_122102.jpg F365180901OSAIMG_20180906_123713.jpg
 

デザートは黒い森風のケーキ。チョコレートのスポンジとチェリーの煮詰めたものが挟まっているのが特徴です。

F365180901OSAIMG_20180906_125037.jpg


 

昼食後、城内の見学。こちらがお城の中庭です。

F365180901OSAIMG_20180906_131017.jpg F365180901OSAIMG_20180906_131045.jpg
 

城内にある、キリスト礼拝堂の内部。そしてお城のテラスからの眺め。丘の上にそびえているのがよくわかります。

F365180901OSAIMG_20180906_131152.jpg F365180901OSAIMG_20180906_142434.jpg
 

天空の城といわれるお城です。

F365180901OSAIMG_20180906_150616.jpg

 

ホーエンツォールレン城の見学後、フランクフルトへ。
宿泊ホテルはインターコンチネンタルホテル 夕食は各自でいただきました。


 

第7,8日目 フランクフルト ~ 関西空港の予定でしたが、名古屋・中部国際空港
 

ホテルでのcafe朝食はゆっくりと各自で。 
帰国便に合わせてホテルを出発。ゆっくり目の出発です。

F365180901OSAIMG_20180907_063225.jpg F365180901OSAIMG_20180907_063231.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180907_063241.jpg F365180901OSAIMG_20180907_063257.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180907_063303.jpg F365180901OSAIMG_20180907_063317.jpg
 

F365180901OSAIMG_20180907_063326.jpg

食事の評価 ★★★

 

朝食後、フランクフルトの空港へ。台風21号の影響で関西空港が閉鎖となったため、名古屋便で帰国することになりました。

みんな同じフライトに振り替えられてよかったです。

このコースはドイツ、スイス、フランスの小さな田舎の村を巡るコースです。個人ではなかなか車がなければ行きにくいところを、グループでバスを利用して巡ります。ちょっと走行距離が長いですが、コンパクトに美しい村めぐりが楽しめますよyes

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。