ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年9月7日出発 F367 ルフトハンザドイツ航空往復直行便利用 スイス・ドイツ・アルザスの美しき村8日間

2019年11月 8日

フレンドツアー 関西発

2019年9月7日出発 F367

ルフトハンザドイツ航空往復直行便利用 スイス・ドイツ・アルザスの美しき村8日間

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は 星5つ★★★★★となります。(あくまでpigの主観です。あしからず)

ではではお楽しみくださいpigpaper

 

 

◎1日目

関西空港より一路ドイツのミュンヘンへ。

到着後、専用バスにて白鳥城(ノイシュヴァーンシュタイン城)のふもとの村ホーエンシュヴァンガウ村へbus

長旅おつかれさまでしたsleepy

F367_190907_OSAIMG_5655.jpg

閑静な村の中心にあるホテル前からはすてきな白鳥城の眺めを楽しむことができましたnote



 

◎2日目

restaurant朝食@ホテル

ドイツらしくハムやソーセージ類が充実したビュッフェでしたdelicious

F367_190907_OSAIMG_5656.jpg F367_190907_OSAIMG_5658.jpg
 

F367_190907_OSAIMG_5657.jpg F367_190907_OSAIMG_5659.jpg

評価:★★★★

 

朝食後、ヨーロッパで一番ロマンチックと謳われる白鳥城の観光へdash

F367_190907_OSAIMG_5661.jpg F367_190907_OSAIMG_5663.jpg

eye岩山の上に建てられた城からは、すばらしい南アルプス地方の眺めも楽しむことができますよ♪

 

crown城を建立したバイエルン王ルードヴィッヒ2世の胸像

F367_190907_OSAIMG_5664.jpg


ワーグナーの音楽と中世ロマンに傾倒した彼の夢の世界を楽しみましたshine

F367_190907_OSAIMG_5668.jpg

 

 

restaurant昼食@ホテル

前菜:サラダ

F367_190907_OSAIMG_5672.jpg


メイン:ローストポーク

F367_190907_OSAIMG_5674.jpg

じゃがいも団子が添えられた南ドイツの定番料理ですdelicious


F367_190907_OSAIMG_5675.jpg

キャベツのマリネのミニサラダ付き。



デザート:アップルパイ

F367_190907_OSAIMG_5676.jpg

これまたドイツの定番です。濃厚なカスタードクリームが添えられていました。

評価:★★★★

 

午後、国境を越えてスイスの山里グリンデルワルドへbus

長時間の移動となりお疲れ様でしたsweat01

 


restaurant夕食:ホテル

前菜:コンソメスープ

F367_190907_OSAIMG_5677.jpg

ちょっと塩辛いとの声sweat01

 


メイン:薄切り肉のソテー

F367_190907_OSAIMG_5678.jpg

アジアテイストでピリ辛でしたcoldsweats01
 

デザート:プリン

F367_190907_OSAIMG_5679.jpg

評価:★★★

 

◎3日目

朝食@ホテル

F367_190907_OSAIMG_5680.jpg F367_190907_OSAIMG_5681.jpg
 

スイスの山里としてはまずまずの内容delicious

F367_190907_OSAIMG_5682.jpg

評価:★★★★


 

朝食後、登山列車にてヨーロッパで一番高い鉄道駅ユングフラウヨッホへtrain

sunお天気にめぐまれ、展望台からはすばらしいベルナーオーバーラントの山並みと氷河が望めましたshine

F367_190907_OSAIMG_5687.jpg

flair名峰メンヒとアルプスの乙女ユングフラウcamera
 

F367_190907_OSAIMG_5689.jpg

shineグリンデルワルドからは名峰アイガーの北壁を仰ぎ見ることができましたup

F367_190907_OSAIMG_5700.jpg

昼食、夕食共に自由食でしたpig



 

◎4日目

ドイツ、フランスとの国境の街バーゼルへbus

restaurant昼食@レストランREINFERDERHOF

前菜:サラダ

F367_190907_OSAIMG_5701.jpg
 

チキンのチューリッヒ風(白ワインベースのクリームソース)

F367_190907_OSAIMG_5702.jpg

これはやっぱり仔牛肉でいただきたい一品ですpig
 

デザート:ベリーのアイスクリーム

F367_190907_OSAIMG_5704.jpg

可もなく不可もなく、といった印象think

評価:★★★

 

午後はバーゼル美術館を訪れた後、国境を越えてフランスのアルザス地方へbus

ストラスブールに2連泊ですhotel

 

restaurant夕食@レストランL'ALSACE TABLE

某フランスのグルメガイドブックでも評価されているレストランにてディナーwine

前菜:カニのリエージュ

F367_190907_OSAIMG_5706.jpg

濃い目の味付けの田舎料理が続いたせいか、繊細な一品が逆に頼りない味に感じてしまうpigでしたweep


メイン:タラのソテー

F367_190907_OSAIMG_5707.jpg

名産のアルザスワインで仕上げられていましたdelicious


デザート:クリームブリュレ

F367_190907_OSAIMG_5708.jpg

さすが本場のおフランス、これは美味heart04

評価:★★★★




 

◎5日目

朝食@ホテル

さすがおフランス、パンがおいしいlovely

F367_190907_OSAIMG_5709.jpg

評価:★★★★

 

朝食後、ストラスブールの観光でプティ・フランス地区などめぐりましたshoe

ドイツとフランスのはざまで歴史に翻弄されてきた地方ですが、二つの文化が融合した美しい家並みが素敵ですflair

F367_190907_OSAIMG_5717.jpg


heart04川面に映るかわいらしい木組みの街並みeye

F367_190907_OSAIMG_5716.jpg
 

crown街の中心にそびえ立つ大聖堂crown

F367_190907_OSAIMG_5723.jpg


内部の天文時計のからくりは必見ですよeye

F367_190907_OSAIMG_5731.jpg


午後はその可愛いらしさで人気の町、コールマールを訪れましたbus

F367_190907_OSAIMG_5739.jpg
 

こちらも運河と木組みの家並みが織りなす景観が見事ですcamera

F367_190907_OSAIMG_5740.jpg

この日も昼食、夕食共に自由食でした。



 

◎6日目

三度国境を越えて再びドイツへdash

シュヴァルツヴァルト(ドイツ南西部に広がる黒い森地方)を駆け抜けて、ドイツ版天空の城ホーエンツォレルン城へbus

F367_190907_OSAIMG_5747.jpg

城の名前にもなっているドイツ貴族所有の城です。

この貴族の本家はプロイセンのドイツ皇帝につながる名家ですcrown

豪華な家具調度類やドイツ皇帝ゆかりの品々を所蔵する博物館を楽しみましたnote



昼食@城内のCAFE

前菜:サラダ

F367_190907_OSAIMG_5749.jpg

ドイツらしいマリネした野菜が中心delicious
 

メイン:マウルタッシェン(南ドイツ風ラビオリ)

F367_190907_OSAIMG_5750.jpg

日本人の胃袋に合わせてか一つ半分の盛り付け(通常の半人前)、十分なボリュームですdelicious


デザート:黒い森ケーキ(チョコレートとさくらんぼcherry

F367_190907_OSAIMG_5751.jpg

おフランスから来ていなければもう少し高評価だったかもconfident

評価:★★★★

 

この日の宿泊地はバイエルンの都ミュンヘン。

言わずと知れたビールの都でもありますねbeer

F367_190907_OSAIMG_5752.jpg
 

長時間の移動で夕刻着となりましたが、みなさまそれぞれ街歩きと自由食を楽しまれましたshoe

F367_190907_OSAIMG_5753.jpg



 

◎7日目

朝食@ホテル

デラックスクラスのホテルだけあって、充実の内容でしたdelicious
F367_190907_OSAIMG_5755.jpg F367_190907_OSAIMG_5756.jpg


F367_190907_OSAIMG_5757.jpg F367_190907_OSAIMG_5758.jpg
目玉焼きはサニーサイドと両面焼きの両方が用意されているというきめ細やかさlovely


ミュンヘン名物の白ソーセージももちろんありましたup

F367_190907_OSAIMG_5759.jpg

flairこれは縦にナイフを入れて、中身だけをいただきますdelicious

評価:★★★★★

直行便なので、ゆったりと朝食をいただき帰国の途へnote

 

 

近年、その街並みのかわいらしさで人気のアルザスに、スイスアルプスと南ドイツのロマンあふれる古城を加えた、盛り合わせ定食的な周遊ツアーですが、見ごたえたっぷりの内容で人気のコースです。

往復ミュンヘン直行便利用で、その分現地の移動が若干長いですが、乗継ぎがないのはやはり魅力ですね。

ヨーロッパのエッセンスを凝縮した内容のコース、みなさまもいかがでしょうか?

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。