ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2020年3月8日出発 B392 フィンエアー利用 名門ホテル「アルフォンソトレセ」に泊まる 太陽の国スペイン8日間

2020年3月31日

フレンドツアー 関西発

2020年3月8日出発 

 

B392 フィンエアー利用 太陽のスペイン8日間

召し上がっていただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は 星5つ★★★★★となります。

 

 

1日目

 

 関西空港発、フィンランド航空78便にてフィンランドの首都ヘルシンキへ。

 ヘルシンキへにてフィンランド航空1661便に乗継ぎ、マドリッドへ。

 到着後、ホテル「ミゲルアンヘルバイブルーベイ」へ。

 

2日目 

 

restaurant朝食 ホテルにてブッフェ。

種類は多くないが、美味しかったです。

 パンもハム類も美味しいです。

B392200308OSAIMG_2863.jpg   B392200308OSAIMG_2865.jpg

 

フレッシュチーズにマルメロ(西洋かりん)をのせてありました。

B392200308OSAIMG_2864.jpg   B392200308OSAIMG_2866.jpg

 

B392200308OSAIMG_2870.jpg   B392200308OSAIMG_2871.jpg

 

B392200308OSAIMG_2869.jpg   B392200308OSAIMG_2867.jpg

 

チュロスもありました。ホットチョコレートに浸けていただくと美味しいです heart04

B392200308OSAIMG_2868.jpg

評価★★★★

 

 

ホテルを出発し、古都トレド観光へ

 

トレド旧市街のパノラマ  手前にはタホ川が流れています。

B392_200308_OSAIMG_2875.jpg

 

サントトメ教会

エル・グレコの最高傑作 『オルガス伯爵の埋葬』 を鑑賞しました。 撮影は禁止ですban

B392200308OSAIMG_2882.jpg

 

 

トレドの大聖堂  スペインカソリックの総本山になります

B392_200308_OSAIMG_2888.jpg

 

宝物館にある、エンリケ・アルフェによって16世紀に作られた、『聖体顕示台』 (高さ3m、総重量200kg)

B392_200308_OSAIMG_2891.jpg

 

コロ(聖歌隊席)には、微笑んでらっしゃる白いマリア様の像がshine

B392_200308_OSAIMG_2894.jpg

 

主祭壇  キリストの生涯を20の場面で表していて、木彫りに金箔がほどこされたパネルです。

B392_200308_OSAIMG_2899.jpg

 

聖具室内の美術館

エルグレコ、ゴヤなどの作品がありました。

B392_200308_OSAIMG_2900.jpg   B392_200308_OSAIMG_2901.jpg

 

大聖堂の外観

B392_200308_OSAIMG_2906.jpg

 

 

市役所(グレコの息子の設計)

B392_200308_OSAIMG_2908.jpg

 

 

観光後、マドッリドに戻り、グランビア通りにある、昼食レストランへ

 

restaurant昼食 SIRENA VERDE

タパス料理を楽しみました。

元々、ワイングラスに異物が入らないように蓋をし、その上におつまみを置いたことからできた小皿料理です。

取り分けて(一皿は2人ぶん)、どれも美味しくいただきました。

 

スペイン風オムレツ(ジャガイモ入り)

B392_200308_OSAIMG_2913.jpg

 

マッシュルーム

B392_200308_OSAIMG_2914.jpg

 

マタ貝

B392_200308_OSAIMG_2915.jpg

 

ホタルイカのフライ

B392_200308_OSAIMG_2916.jpg

 

イカのグリル   ニンニクが入ったマヨネーズのアリオリソースでいただきます。

B392_200308_OSAIMG_2917.jpg

 

あさり

B392_200308_OSAIMG_2918.jpg

 

ガリシア風(パプリカが特徴)タコとポテト  タコはやわらかくて美味しかったです。

B392_200308_OSAIMG_2919.jpg

 

デザートはメロンでした。

B392_200308_OSAIMG_2920.jpg

評価★★★★★

 

 

 

午後 マドリッド市内観光

プラド美術館前にある、サンジェロニモ教会

天正の少年使節団が、フィッリッペ2世に謁見した場所ですdiamond

B392200308OSAIMG_0223.jpg

 

 

 

プラド美術館入口  館内は撮影禁止です ban

B392200308OSAIMG_0225.jpg

 

 

レイナ・ソフィア芸術センター  

メインはピカソの傑作 『ゲルニカ』 がご覧になれますが、その撮影は禁止 ban

入口

B392_200308_OSAIMG_2923.jpg

 

ダリやミロの作品もご覧になれます。

B392_200308_OSAIMG_2924.jpg   B392_200308_OSAIMG_2925.jpg

 

出口

B392_200308_OSAIMG_2927.jpg

 

 

スペイン広場が工事中のため 王宮前広場を下車観光しました。

B392_200308_OSAIMG_2928.jpg

 

オペラハウス

B392_200308_OSAIMG_2929.jpg

 

 

restaurant夕食 レストラン CASA DE VALENCIA

ミックスサラダ(アンチョビ、ツナ入り)

B392_200308_OSAIMG_2931.jpg

 

パエリア2種(イカスミとシーフード)

B392_200308_OSAIMG_2932.jpg   B392_200308_OSAIMG_2933.jpg

 

デザートはアイスクリームでしたが、写真を撮り忘れましたsweat02

 

プティフルールのようにドライフルーツが出ました。

B392_200308_OSAIMG_2935.jpg

 

食後酒はこのようにいただくそうです。

B392_200308_OSAIMG_2934.jpg

評価★★★★

 

 

3日目

 

朝ホテルを出発し、マドリッドのアトーチャ駅へ

アトーチャ駅内部

B392_200308_OSAIMG_2941.jpg

 

スペインの新幹線AVEでセビリアへbullettrain

B392_200308_OSAIMG_2942.jpg

 

 

到着後、セビリア観光にご案内しました

 

スペイン広場  1929年の『イベロ・アメリカ博覧会』の会場だった美しい広場。

B392_200308_OSAIMG_3445.jpg

 

 

restaurant昼食 レストラン HOSTERIA DE LAUREL

 

季節の野菜のソテー  ちょっと塩味が強かったです。

B392_200308_OSAIMG_3447.jpg

 

イベリコ豚の煮込み&ポテト  残念ですが、メインも少し味が濃いかったです。

B392_200308_OSAIMG_3535.jpg

 

デザートはマンゴムースでした。写真は撮り忘れました。すみません despair

評価★★★

 

 

午後もセビリア観光にご案内

セビリア大聖堂とヒラルダの塔  世界で3番目に大きい大聖堂です。

B392_200308_OSAIMG_3664.jpg

 

大聖堂の内部

コロンブスのお墓は、キューバのバハマから運ばれてきました。

当時のスペインの4王(レオン、ナバーラ、アラゴン、カスティーリャ)に担がれてます。

B392_200308_OSAIMG_3667.jpg

 

聖歌隊席は、キューバのマホガニー材で作られています。

B392_200308_OSAIMG_3670.jpg

 

セビリア生まれのムリーリョの『聖アントニオの幻想』

1874年に右下の部分が切れ取られて盗まれたが、後に戻ってきました。その切れ目が目が見えます。

B392_200308_OSAIMG_3672.jpg

 

 

観光後、ホテル「アルフォンソトレセ」にチェックインし、夕刻からフリータイム。

夕食は自由食でした。

 

 

4日目 

 

restaurant朝食 ホテルにてブッフェ

種類も豊富で、素材もよく美味しいです。 お野菜もフルーツも豊富です。

B392_200308_OSAIMG_3957.jpg   B392_200308_OSAIMG_3956.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_3954.jpg   B392_200308_OSAIMG_3961.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_3962.jpg   B392_200308_OSAIMG_3960.jpg   

 

胃にやさしい、チキンスープのお粥もありました。

B392_200308_OSAIMG_3965.jpg   B392_200308_OSAIMG_3959.jpg   

 

B392_200308_OSAIMG_3963.jpg   B392_200308_OSAIMG_3968.jpg

 

シャンパンもありましたよ。

B392_200308_OSAIMG_3964.jpg

評価★★★★

 

 

ホテル「アルフォンソトレセ」の豪華なロビー

B392_200308_OSAIMG_3970.jpg   B392_200308_OSAIMG_3977.jpg

 

ホテルのパティオ(中庭)

B392_200308_OSAIMG_3973.jpg

 

 

ホテルを出発し、バスでアンダルシア地方のミハスへ

 

 

restaurant 昼食 レストランPORRAS

 

ソパ デ アホは暖かいニンニク入りスープ

B392_200308_OSAIMG_3980.jpg

 

イワシのグリルはお取り分けでした

B392_200308_OSAIMG_3982.jpg

 

シーフードフライ (イカ、イワシ、白身魚)  イカもやわらかく、揚げたてで、美味しかったです。

B392_200308_OSAIMG_3983.jpg

 

チーズケーキ

B392_200308_OSAIMG_3984.jpg

評価★★

 

 

午後、ミハス観光へ

白い村を散策しました。TVコマーシャルに出てくる景色です。

B392_200308_OSAIMG_3986.jpg

 

17世紀のサンセバスチン教会

B392_200308_OSAIMG_3987.jpg

 

白い壁にブルーの鉢とチェアーが映えます。

B392_200308_OSAIMG_3989.jpg

 

ミハスにもイスラム教のモスクをキリスト教の教会に改造したものがあります。

B392_200308_OSAIMG_3992.jpg

 

 

散策後、バスにてグラナダへ

 

世界遺産アルハンブラ宮殿を観光しました。

カルロス5世宮殿

レコンキスタ後、イザベル女王の孫のカルロス5世によって、16世紀に建てられたルネッサンス様式の建物です。

B392_200308_OSAIMG_4167.jpg   B392_200308_OSAIMG_4173.jpg

 

王宮の内部  裁きの間

B392_200308_OSAIMG_4180.jpg

 

謁見の間

イザベル女王が、コロンブスに資金を渡した部屋。壁も天井も床もイスラム様式で美しい。

B392_200308_OSAIMG_4186.jpg   B392_200308_OSAIMG_4187.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4188.jpg

 

アラヤネスの中庭  コマレス宮が水面に美しく映りますshine

B392_200308_OSAIMG_4190.jpg

 

ライオンのパティオ leo

B392_200308_OSAIMG_4200.jpg   B392_200308_OSAIMG_4202.jpg

 

アルハンブラ宮殿から

イスラム時代の街並みが残る地区アルバイシンとジプシーの洞窟住居が残るサクラモンテ地区を望みます。

B392_200308_OSAIMG_4206.jpg   B392_200308_OSAIMG_4207.jpg

 

夏の離宮『ヘネラリフェ』も見学しました。

B392_200308_OSAIMG_4215.jpg   B392_200308_OSAIMG_4223.jpg

 

出口にある、アルハンブラ全体図

B392_200308_OSAIMG_4227.jpg

 

 

 

restaurant 夕食 ホテル「サライ」にて

アーティチョーク(朝鮮アザミ)のスープ   少し苦味が残る味ですが、美味しいです。

B392_200308_OSAIMG_4228.jpg

 

白身魚のカツ&カリフラワー、芽キャベツ、ポテト添え

B392_200308_OSAIMG_4229.jpg

 

デザートはフルーツでした。撮り忘れました。すみません coldsweats01

評価★★

 

 

 

 

6日目

 

restaurant朝食 ご宿泊ホテルにてブッフェ

パン・コン・トマテ用の潰したトマトがありました。  トーストしたパンにニンニクとオリーブオイルを塗り、

すりつぶしたトマトをのせていただくと美味しいです。

B392_200308_OSAIMG_4230.jpg   

 

チュロスもありました。

B392_200308_OSAIMG_4233.jpg   B392_200308_OSAIMG_4231.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4235.jpg   B392_200308_OSAIMG_4234.jpg 

評価★★★

 

 

早朝 ホテルを出発してグラナダ空港へ

ヴェリング航空2011便にてバルセロナへ移動しました

 

到着後、昼食のレストランへ

 

 

restaurant昼食 おすすめレストラン BURASSERIE FLO

素敵なお店で、全てのお料理が美味しいです。

 

グリーンアスパラのロメスコソースかけ。ローストパプリカ、アーモンド、トマトの入ったソースです。

B392_200308_OSAIMG_4236.jpg

 

ビーフの煮込み

B392_200308_OSAIMG_4237.jpg

 

クレーマカタラーナ(カタルーニャ地方の名物デザート) 上はパリパリのキャラメリゼで中はトロトロクリーム

B392_200308_OSAIMG_4238.jpg

評価★★★★★

 

 

 

午後、バルセロナ観光へご案内しました

サグラダファミリア 

1882年着工。1883年からアントニオ・ガウディが手掛けたタタルーニャモダニズム建築。

ガウディ没後、100年にあたる2026年に完成予定。

B392_200308_OSAIMG_4240.jpgB392_200308_OSAIMG_4250.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4252.jpg   B392_200308_OSAIMG_4258.jpg

 

グエル公園

バルセロナの街が一望できる、ガウディの手掛けた、分譲住宅予定地だったところ

有名なウィスキーのコマーシャルに使われた場所。

B392_200308_OSAIMG_4261.jpg   B392_200308_OSAIMG_4263.jpg

 

モザイクのカラフルな有名なトカゲ

B392_200308_OSAIMG_4267.jpg

 

サンパウ病院

ドメニク・モンタネールの手掛けたモデニズム作品の病院で、48の建築が立ち並ぶ建築群です。

B392_200308_OSAIMG_4276.jpg

 

 

 

restaurant夕食 レストラン”HISOP"

星付きレストランにて創作料理をいただきました。

 

うに入りスープ

B392_200308_OSAIMG_4277.jpg

 

カブとカンパチのグリーンカレー

B392_200308_OSAIMG_4279.jpg

 

グルナード(カナガシラ)、バニラ&サフランソース

B392_200308_OSAIMG_4280.jpg

 

ラムのネック%フェンネル、オリーブ

B392_200308_OSAIMG_4282.jpg

 

ゆず風味のカリフラワーは、アイスクリーム風でした

B392_200308_OSAIMG_4283.jpg

 

パイナップル&フォアグラ入りブリオッシュアイスクリーム

B392_200308_OSAIMG_4285.jpg

 

プチフルール(チョコ、ナッツ、きゅうり

B392_200308_OSAIMG_4286.jpg

評価は★★★★★

 

 

 

6日目

 

restaurant朝食 ホテルにてブッフェ 

B392_200308_OSAIMG_4287.jpg   B392_200308_OSAIMG_4288.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4289.jpg   B392_200308_OSAIMG_4290.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4291.jpg

 

B392_200308_OSAIMG_4292.jpg

 

7日目 朝食 ホテルにてセットメニュー

B392_200308_OSAIMG_4299.jpg

評価★★★★★

 

 

ご帰国は

airplaneバスセロナ発、フィンランド航空1654便にてヘルシンキへ、

ヘルシンキにてフィンランド航空77便に乗継ぎ、関西空港へ到着しました。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「フィンエアー利用 太陽の国スペイン8日間(コースコード:B392)」は、

スペインの魅力をコンパクトにまとめたコースです。

移動も新幹線や飛行機を利用し、楽に時間を有効に使い、自由に街を楽しめるフリータイムも設けています。

スペインのベストセラーのコースに、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております!

 

フレンドツアー

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。