ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年5月5日出発 B145 ルフトハンザドイツ航空利用 美食のバスクと美しい村8日間

2019年6月10日

フレンドツアー 関西発 

2019年5月5日発 B145 
ルフトハンザドイツ航空利用 美食のバスクと美しい村8日間

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は星の数で評価させていただきます。満点は星5つ★★★★★となります。





◆1日目◆

関空よりルフトハンザドイツ航空でミュンヘンへ。そしてスペインの首都マドリッドに向かいます。

そして1時間20分ぐらいでセゴビアへbus






◆2日目◆

セゴビアのホテル「カンディード」の朝食 

このホテルは1884年から子豚の丸焼きで有名なレストランが経営しています。

 

朝食も豊富でした。ご自分でパンコントマテも作れますrestaurant

B145_190505_OSAIMG_20190506_072756.jpg B145_190505_OSAIMG_20190506_072806.jpg

 

 

スペインの朝食はお菓子がよくでます。

B145_190505_OSAIMG_20190506_073232.jpg
 

フルーツも綺麗です。

B145_190505_OSAIMG_20190506_073247.jpg


 

ホテルのロビーです。

(お花は造花でしたがーーーsmile

B145_190505_OSAIMG_20190506_074408.jpg

 

外からの景色、良いお天気でしたsun

B145_190505_OSAIMG_20190506_074927.jpg


 

まず、セゴビアと言えば水道橋です。紀元1世紀に造られたもの。

水は15キロ離れたところから引いてました。

最近ここは歩行者しか通れなくなりましたが、数年前までバスが通っていました。

ガイドさんはよくローマ人はバスの大きさも考えて幅を作っていました、と話してくれますsmileenlightened

B145_190505_OSAIMG_20190506_085206.jpg


 

この美しいプロポーション。そして青い空。

B145_190505_OSAIMG_20190506_090337.jpg


 

こちらはカテドラルの貴婦人と言われている大聖堂。1525年から建造され、1768年に完成しました。

B145_190505_OSAIMG_20190506_093748.jpg


 

ローマ時代は要塞があって13世紀に城が築かれました。

この城はディ〇ニー映画の「白雪姫」のモデルになりましたapple

B145_190505_OSAIMG_20190506_101358.jpg

 

お城からの眺めです。残念ながら城内は撮影禁止です。

B145_190505_OSAIMG_20190506_104320.jpg

 

セゴビアから40分で美しい村 ペドラサへbus

月曜日でしたが人が歩いていません。

B145_190505_OSAIMG_20190506_121245.jpg
 

村の中心地 マヨール広場

B145_190505_OSAIMG_20190506_125106.jpg
 

17世紀~18世紀の建物 そして右側が私たちのランチ場所restaurant「EL SOPOTAL」

B145_190505_OSAIMG_20190506_125125.jpg

 

ヌードル入りのコンソメスープ

B145_190505_OSAIMG_20190506_125302.jpg
 

お肉の炭焼き 普通、2人前が一皿にもってサービスされます。

B145_190505_OSAIMG_20190506_125915.jpg
 

デザートはフルーツ これもシェアーで

B145_190505_OSAIMG_20190506_132220.jpg

★★★★4つです。



 

ペドラサの門

B145_190505_OSAIMG_20190506_141631.jpg

 

アマポラです。寒暖差が激しいので色があざやかです。

B145_190505_OSAIMG_20190506_142751.jpg

 

お泊りのアルゴマニスのパラドール

パラドールは国営のホテルです。名所、歴史的な建物がホテルになってます。

B145_190505_OSAIMG_20190506_182145.jpg

 

ホテルでのご夕食restaurant

カリフラワースープとチーズのカナッペ

B145_190505_OSAIMG_20190506_204330.jpg
 

トマトのジュレとカツオ

B145_190505_OSAIMG_20190506_205514.jpg

 

これはメイン豚の頬肉のソテー

撮り忘れたのでお客様の写真を撮らせて、いただきましたcoldsweats01

B145_190505_OSAIMG_20190507_073436.jpg
 

シャーベットとブラウニー

B145_190505_OSAIMG_20190506_215316.jpg

★★★★*星は4.5です。





 

◆3日目◆


朝食にはハモンが並びます。

B145_190505_OSAIMG_20190507_073455.jpg
 

今日もお菓子がいっぱい

B145_190505_OSAIMG_20190507_073532.jpg
 

ライスプリンもありました。

B145_190505_OSAIMG_20190507_073538.jpg
 

パンも豊富

B145_190505_OSAIMG_20190507_074253.jpg

 

 

プエンテ デ ラ レイナ という美しい小さな町へ行きました。
 

クルシィフィオ教会 中が開いていたので見学

B145_190505_OSAIMG_20190507_095804.jpg

 

町の中心 メナ広場 

B145_190505_OSAIMG_20190507_100055.jpg

 

この町で一番有名な橋 王妃の橋

ここのサンチアゴへの道なので巡礼者が歩いていました。

B145_190505_OSAIMG_20190507_100838.jpg


 

そしてここはナバーラ州の古都パンプローナ。

カステージャ広場にあるこのカフェ イルーニヤはへミングウエイ お気に入りの場所でした。

B145_190505_OSAIMG_20190507_105742.jpg


 

牛追い祭りで有名なパンプローナ 

この市庁舎前から牛追いが始まります。

B145_190505_OSAIMG_20190507_110632.jpg 
 

 

この通りも牛が走りますよdash

B145_190505_OSAIMG_20190507_112218.jpg


 

エンシェロのモニュメント

かなり大胆にもこのモニュメントの作者がこの銅像の中に入ってますeye

B145_190505_OSAIMG_20190507_115624.jpg


 

昼食「san ignachio」にてrestaurant

 野菜のソテー

B145_190505_OSAIMG_20190507_122806.jpg

 

パエリア 

これはあんまりおいしくなかったweepレストランにも得手・不得手があるようです・・・。

会社にきちんと報告しました。

B145_190505_OSAIMG_20190507_123855.jpg
 

チーズケーキ

B145_190505_OSAIMG_20190507_130829.jpg

★★★ 星3つ。


 

パンプローナからくねくね道を通りbus、フランスのバスクの真珠 サンジャンピエドポーへ。

ここも巡礼道です。あいにくの天気でしたがやっぱきれいです。。

B145_190505_OSAIMG_20190507_151657.jpg

 

ちょうど 藤の花の頃でしたcute

B145_190505_OSAIMG_20190507_152649.jpg

 

右が巡礼事務所 ここで巡礼者はスタンプがもらえます。

B145_190505_OSAIMG_20190507_153144.jpg


 

そして、フランス バスクのバイヨンヌへbus
 


夕食は「La Grange」にてrestaurant
 

カレー味のすり身入り春巻き?

B145_190505_OSAIMG_20190507_194059.jpg
 

バイヨンヌ と言えば生ハム

B145_190505_OSAIMG_20190507_195142.jpg
 

メルルーサ 泡のソース ソースも凝っていて、バスク州に入ってきた実感が湧きます!

B145_190505_OSAIMG_20190507_203316.jpg
 

リンゴのタルトアイス

B145_190505_OSAIMG_20190507_210002.jpg

★★★★★ 星5つ 満点up



 

◆4日目◆

宿泊ホテル メルキュール セントレの朝食

B145_190505_OSAIMG_20190508_075830.jpg
 

こじんまりしている朝食会場

B145_190505_OSAIMG_20190508_075900.jpg

 

バイヨンヌから30分弱でサンジャンドリュズに到着bus

 

サンジャンバプテスト教会

なんとここで ルイ14世とマリーテレーズと1660年に結婚式を挙げられました。

B145_190505_OSAIMG_20190508_105202.jpg
 

船大工さんもこの教会を制作したので屋根が船の底みたいです。

B145_190505_OSAIMG_20190508_105631.jpg

 

教会の外側

B145_190505_OSAIMG_20190508_115226.jpg

 

ちょうど雨が上がった頃 

エスパドリューの専門店やバスク織の店が数店あります。

B145_190505_OSAIMG_20190508_115232.jpg

 

メゾンドアダムの店頭

有名なマカロン このマカロンはルイ14世の結婚式の時に考えられ引き出物で出されたそうです。
こちらは小麦粉が入ってません。今でいうグルテンフリーですyes

B145_190505_OSAIMG_20190508_115622.jpg



 

お昼は有名な1つ星レストラン

「オーベルジュ バスク」

シェフは男前でパリのプラザアテネのアランデュカスの下で修業した方smile
 

アミューズ2種

B145_190505_OSAIMG_20190508_124550.jpg


フォアグラとコーヒージュレ

B145_190505_OSAIMG_20190508_124554.jpg
 

この中は豆のアイス

B145_190505_OSAIMG_20190509_133543.jpg
 

仔牛のグリル

B145_190505_OSAIMG_20190508_133746.jpg
 

アップルのデザートカシスのソルベ

B145_190505_OSAIMG_20190508_140726.jpg

★★★★★ 星5つ 満点up



レストランのお庭

B145_190505_OSAIMG_20190508_143329.jpg




モンテ イゲルド から サンセバスチャンのコンチャ湾camera

B145_190505_OSAIMG_20190508_153806.jpg

 

今晩お泊りいただく ホテル ロンドレス 

B145_190505_OSAIMG_20190508_175013.jpg


 

一度ホテルにチェックインしてから歩いて観光へ。
 

市庁舎です。

B145_190505_OSAIMG_20190508_175808.jpg



 

このあたりがBAR街です。

B145_190505_OSAIMG_20190508_180753.jpg


 

夕食は有名BAR「アタリ」で ピンチョス メニューをどうぞrestaurant

タラのコロッケ 、コールスロー

B145_190505_OSAIMG_20190508_190829.jpg
 

きゅうりと豆腐のピンチョス

B145_190505_OSAIMG_20190508_191727.jpg
 

ハムコロッケ

B145_190505_OSAIMG_20190508_192313.jpg


牛フィレ

B145_190505_OSAIMG_20190508_194858.jpg


クリームブリュレ

B145_190505_OSAIMG_20190508_200120.jpg

★★★* 星は3.5




 

◆5日目◆

朝食  

B145_190505_OSAIMG_20190509_074749.jpg B145_190505_OSAIMG_20190509_074752.jpg

 

B145_190505_OSAIMG_20190509_074759.jpg
おいしくいただきました。



 

ホテルの前を散歩して一枚camera

B145_190505_OSAIMG_20190509_081909.jpg
 

ホテルのロビー

B145_190505_OSAIMG_20190509_082149.jpg

 

サンセバスチャンから25分サラウツへbus

砂浜が有名で、サーフィン教室があったり波乗りもできます。

B145_190505_OSAIMG_20190509_101330.jpg

 

サラウツの市場

B145_190505_OSAIMG_20190509_103220.jpg


サラウツの市庁舎

B145_190505_OSAIMG_20190509_103224.jpg



ワイナリー TALAI BERRI

チャコリのワイナリー3種の試飲をお楽しみいただきました。

B145_190505_OSAIMG_20190509_111827.jpg

 

のどかでよかったです。

B145_190505_OSAIMG_20190509_111837.jpg

 

チャコリはポルトガルのヴィーノヴェルデとおなじ若いワインです。

B145_190505_OSAIMG_20190509_111847.jpg



マゼランと世界一周に旅出たエルカーノの出身地でデザイナーのバレンシアガの出身地 ゲタリアへ。

アンチョビの加工でも有名です。

B145_190505_OSAIMG_20190509_124002.jpg
 

エルカーノの像

B145_190505_OSAIMG_20190509_124955.jpg

 

レストランの「ELKANO」の外にある炭場。ここで調理された魚が美味なんです!

B145_190505_OSAIMG_20190509_125535.jpg



アミューズ イワシ

B145_190505_OSAIMG_20190509_131051.jpg



ココチャ 3種の味付け タラのことですが 左から食べるように言われます。

B145_190505_OSAIMG_20190509_132135.jpg

 

カニのみ 甲羅に入れられてウェイトレスが分けてくれます。

B145_190505_OSAIMG_20190509_133243.jpg

 

魚のスープかなり濃厚

B145_190505_OSAIMG_20190509_134001.jpg
 

名物 カレイ これを部位ごとに分けてくれます。

B145_190505_OSAIMG_20190509_135212.jpg



食べやすくこんな感じに。

B145_190505_OSAIMG_20190509_135557.jpg
 

デザートはチーズ風味のアイス

B145_190505_OSAIMG_20190509_142416.jpg


コーヒーですが、冷めないように?蓋つき

B145_190505_OSAIMG_20190509_143248.jpg
 

プチフルール

B145_190505_OSAIMG_20190509_143408.jpg
 

ウェイトレスもきびきびしてGOODyes そして ユニホームはバレンシアガsurprise
★★★★★ 星5つ 満点up




 

◆6日目◆

サンセバスチャンを出てビルバオへbus

これが世界遺産のビスカヤ橋 160メートル

1893年に開通

B145_190505_OSAIMG_20190510_103317.jpg
 

下のゴンドラで往復しました。

B145_190505_OSAIMG_20190510_103614.jpg
 

面白いポスターですがゴミを捨てないでっていう意味だそうです。

B145_190505_OSAIMG_20190510_103747.jpg


 

グッゲンハイム美術館 

これはパピーdogですが年2回の化粧替えで工事中がっくりcrying

B145_190505_OSAIMG_20190510_113557.jpg
 

この人が作家 ジェフ クーン 

B145_190505_OSAIMG_20190510_113713.jpg

 

外観

B145_190505_OSAIMG_20190510_114022.jpg
 

霧の彫刻 日本人作家 中谷さんの作品

B145_190505_OSAIMG_20190510_115846.jpg
 

ママン

B145_190505_OSAIMG_20190510_120653.jpg

 

午前中の観光後 ホテルにチェックイン。お泊りのホテルは町の中心にある「カールトン」 
とても便利でした。午後は思い思いのプランでお過ごしいただきました。

B145_190505_OSAIMG_20190510_165247.jpg

 

今年はこのコースの募集はは終了しましたが比較的ゆったりして町歩きもできるツアーでした。
その他もバスクのコースをご用意していますhappy01

ぜひご参加くださいbell

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。