ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年4月5日出発 B145 ルフトハンザドイツ航空利用 美食のバスクと美しい村8日間

2019年5月 9日

フレンドツアー 関西発 

2019年4月5日発 B145 
ルフトハンザドイツ航空利用restaurant 美食のバスクと美しい村8日間restaurant

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は星の数で評価させていただきます。満点は星5つ★★★★★となります。 

 



 

1日目

 

関西空港からルフトハンザドイツ航空にてミュンヘン乗り継ぎでマドリッドへ。

マドリッドからバスで北に約1時間15分でセゴビアに到着。

ホテルは【カンディド】、お部屋は結構広々としておりましたshine
 

B145_190405IMG_20190406_001255.jpg



 

2日目

朝食はホテル内レストランにて。

スペイン人の朝食は甘い物を頂く事が多いので、朝からドーナツやデニッシュなど日本人にとっては甘いデザートが並びます。

フルーツやハム類も豊富ですapple 

星3つ ★★★

 hyouひほしひょうりょうりhyB145_190405IMG_20190406_073124.jpg B145_190405IMG_20190406_073130.jpg

 

B145_190405IMG_20190406_073141.jpg B145_190405IMG_20190406_073149.jpg



B145_190405IMG_20190406_073206.jpg



 

ホテル【カンディド】のロビー写真

残念ながらお花は造花ですが、中庭風で美しいhappy01

B145_190405IMG_20190406_082915.jpg
 

 

朝食後、セゴビア市内観光へ。世界遺産の旧市街とローマ水道橋へご案内。

この水道橋は古代ローマ時代の建築物ですが、保存状態がとても良く、高さ約28mの堂々たる姿に圧倒されますsign03

B145_190405IMG_20190406_085233.jpg

 

水道橋から旧市街、カテドラル、アルカサルまで徒歩での観光です。

セゴビア旧市街の街並み、曇り空ですが、ほとんど雨は降りませんでした★

B145_190405IMG_20190406_085757.jpg B145_190405IMG_20190406_091655.jpg

 

セゴビアのカテドラルは入場観光です。

気品ある姿から「大聖堂の貴婦人」と呼ばれるカテドラルは、ゴシック建築が大変素晴らしいです。

B145_190405IMG_20190406_093102.jpg

 

白雪姫のお城のモデルとなったアルカサルへも入場しましたが、内部写真は撮影できませんでした・・・・

B145_190405IMG_20190406_115614.jpg

 

 

セゴビア観光後、スペインの最も美しい村のひとつ「ペドラサ」へ。

城壁に囲まれたペドラサ、城壁外にてバス下車し、城門をくぐり中へ。

広場に面した昼食レストラン【EL SPORTAL】へ。

B145_190405IMG_20190406_130029.jpg

 

昼食前に、ペドラサのマヨール広場へ。オフシーズンのため、閑散としておりました・・・・

B145_190405IMG_20190406_130123.jpg

 

ペドラサの教会、偶然にも結婚式が執り行われておりましたheart

B145_190405IMG_20190406_131045.jpg
 

 

昼食メニューは前菜がヌードル入りスープ、メインは牛肉の炭火焼(写真は2人前)、デザートはフルーツ盛り合わせ(写真は4人前)

メインの牛肉の炭火焼は、大変美味しく、フルーツはとてもフレッシュでした。

星4つ★★★★

B145_190405IMG_20190406_131546.jpg B145_190405IMG_20190406_133703.jpg
 

B145_190405IMG_20190406_135508.jpg B145_190405IMG_20190406_140711.jpg


 

昼食後、30分フリータイム、大変静かな村でした

B145_190405IMG_20190406_143919.jpg

 

今日の宿泊地、バスク州の州都ビトリアへ。

宿泊はスペイン国営ホテル【パラドール・アルゴマニス】です。

 

夕食はパラドール内のレストランにて。

先付はパプリカチーズのカナッペと黒ソーセージの春巻き風、パプリカのテリーヌとツナ、メインはポークのほほ肉のワイン煮込み、デザートはブラウニーとリンゴシャーベット、クリーム添え。

メインのポークの下に敷いてあるのはポテトピューレ、たいへん柔らかく美味です。

また、デザートのブラウニーは甘すぎず、美味しかったup

星5つ★★★★★

B145_190405IMG_20190406_203633.jpg B145_190405IMG_20190406_205046.jpg
 

B145_190405IMG_20190406_211118.jpg B145_190405IMG_20190406_213243.jpg

 




3日目

朝食はパラドール内レストランにて。

温かいお料理から甘い物まで、種類豊富なアメリカンビュッフェです。

星5つ★★★★★

B145_190405IMG_20190407_073118.jpg B145_190405IMG_20190407_073121.jpg



B145_190405IMG_20190407_073126.jpg B145_190405IMG_20190407_073132.jpg

 

B145_190405IMG_20190407_073136.jpg B145_190405IMG_20190407_073139.jpg



B145_190405IMG_20190407_073201.jpg B145_190405IMG_20190407_073209.jpg

 

大変シンプルな外観のパラドールです。

B145_190405IMG_20190407_083045.jpg

 

朝食後、サンチャゴへの巡礼路が通るプエンテ・ラ・レイナへ。

十字架教会へ入場shoe

B145_190405IMG_20190407_095810.jpg

 


プエンテ・ラ・レイナの街並み。

B145_190405IMG_20190407_100719.jpg

 


多くの巡礼者が立ち寄る聖ヤコブ教会

B145_190405IMG_20190407_101927.jpg

 

 

町の中心広場、メナ広場

B145_190405IMG_20190407_102202.jpg


町の食料品店の店先には、旬を迎えるアーティチョークや白アスパラガスが並んでいます。

B145_190405IMG_20190407_102232.jpg

 


写真には撮れませんでしたが、たくさんのこうのとりが巣を作っていました。

B145_190405IMG_20190407_102400.jpg

 


町の名前の由来にもなっているローマ橋

B145_190405IMG_20190407_103159.jpg

 

 

観光後、牛追い祭りで有名なパンプローナへ。

町の中心カスティーリョ広場

B145_190405IMG_20190407_111038.jpg

 

ヘミングウェイも通ったという【カフェ イリューニャ】

地元の人々で賑わっていますhappy01

B145_190405IMG_20190407_111833.jpg

 

この市庁舎前の広場にて聖フェルミナ祭(牛追い祭り)が始まります

B145_190405IMG_20190407_113151.jpg

 

 

昼食レストラン【SAN IGNACIO】へ。

前菜はアーティチョークとアスパラガスのオーブン焼き、シンプルで美味でした。

パンプローナのあるナバラ州はアスパラガスの産地です。

メインはシーフードのパエリア、スペインに来たら食べたいですねnote

デザートはチーズケーキ、さっぱりとして美味でした。

星3つ★★★

B145_190405IMG_20190407_125256.jpg B145_190405IMG_20190407_125905.jpg

 

 

隠れ家的なこじんまりしたレストラン内部

B145_190405IMG_20190407_125952.jpg
 

盛り付けられたパエリア、こんな感じです。

B145_190405IMG_20190407_130525.jpg B145_190405IMG_20190407_132809.jpg

 

 

昼食後、フランスの美しい村のひとつ【サンジャン・ピエド・ポー】へ。

城壁に赤色の枠の窓や屋根の家々が並ぶ、人口1500名の小さなかわいい村です。

B145_190405IMG_20190407_160727.jpg B145_190405IMG_20190407_161336.jpg
 

ニヴェ川にかかるサンジャン橋

B145_190405IMG_20190407_161651.jpg

 

 

観光後、フレンチバスクの中心都市バイヨンヌへ。

奥に見えるのは大聖堂、今日は日曜日だったので、ひっそり。

B145_190405IMG_20190407_184049.jpg

 

 

宿泊ホテルに到着後、大聖堂やスーパー等々を徒歩にてご案内しながらレストラン【LA GRANGE】へ。

前菜は名物のバイヨンヌハム、味は良いのですが、量がたっぷりcoldsweats01

メインはメルルーサのリゾット添え、盛り付けとソースは悪くないのですが、魚は独特の臭いが・・・

デザートはアップルパイのアイス添え、さくさくとした生地が好評で、アップルパイの概念を超える一品でした!

星3つ★★★(前菜とデザートは美味しかったのですが・・・)

B145_190405IMG_20190407_200334.jpg B145_190405IMG_20190407_203147.jpg



B145_190405IMG_20190407_205739.jpg
 

 

夕食レストランを出たところからのバイヨンヌの夜景moon1

B145_190405IMG_20190407_211817.jpg




 

4日目

朝食はホテル内レストランにて。

種類豊富な、一般的なアメリカンビュッフェでした。

星3つ★★★

B145_190405IMG_20190408_083250.jpg B145_190405IMG_20190408_083256.jpg
 

B145_190405IMG_20190408_083306.jpg B145_190405IMG_20190408_083319.jpg


B145_190405IMG_20190408_083323.jpg

 



朝食後、サンジャン・ド・リュズへ。

対岸はシボールという町で作曲家ラヴェルの家があります。

B145_190405IMG_20190408_120736.jpg



ルイ14世の家、ここは1660年ルイ14世とスペインの王女マリーテレーズが結婚式前の3週間、滞在した邸宅です。

B145_190405IMG_20190408_120747.jpg

 


昼食はミシュランガイド星付きレストラン【BRIKETENIA】にて。

大変素敵な昼食でしたlovely

星5つ★★★★★

アミューズの1品目が、パイ包みのフライ4種、コーン、パプリカチーズ、オリーブ、山羊チーズ

B145_190405IMG_20190408_125148.jpg

 

各席の上にメニューが用意されています。

B145_190405IMG_20190408_125158.jpg

 

2品目のアミューズがカニ身とカニみそ、大変濃厚なお味でした。

B145_190405IMG_20190408_130615.jpg


見た目にも美しいホタテのカルパッチョ、季節感のあるお野菜もホタテも大変新鮮でさすが星付きレストランsign03

B145_190405IMG_20190408_131543.jpg


メインは仔牛のフィレミニョン 低温調理された、たいへん柔らかい赤身で絶品good

B145_190405IMG_20190408_133736.jpg


デザートはティラミスのアイスクリーム添え、アイスクリームが生姜味で美味wink

B145_190405IMG_20190408_141307.jpg


プチフルールはクリームと、チョコレート、ピーカンキャラメレーゼ。

た目も可愛く、チョコレートは皆さんに好評でした

B145_190405IMG_20190408_142250.jpg B145_190405IMG_20190408_142502.jpg

 

星付きレストランではありますが、温かく、アットホームな雰囲気で素敵でした。

B145_190405IMG_20190408_144047.jpg



外観は一軒家という風情です。

B145_190405IMG_20190408_144324.jpg

 

昼食後、ビスケー湾を一望できるモンテイゲルドに立ち寄り、美食の地サンセバスチャンへ。

B145_190405IMG_20190408_154159.jpg


 

サンセバスチャンでは、好立地のロンドレス・デ・イングラテッラにゆとりの2連泊

この時期だったからこそ、幸運にも皆様オーシャンビューでしたwave

B145_190405IMG_20190408_164315.jpg

 

サンセバスチャンの大聖堂

B145_190405IMG_20190408_175020.jpg

 

コンチャ湾のビーチ、中央に見えるクリーム色の建物が宿泊ホテルです

B145_190405IMG_20190408_180603.jpg

 

夕食は人気バル【ATALI GASTROTEKA】にて。

地元の人たちで大賑わいの内部、カウンターに並ぶピンチョスから2種類を選んで頂きました。

星4つ★★★★

B145_190405IMG_20190408_193711.jpg
 

タラのクリーム乗せピンチョスは、皆様に召し上がって頂きました。

B145_190405IMG_20190408_194643.jpg


左が生ハムと山羊のチーズのピンチョス、右はパプリカとタプナードのピンチョス

B145_190405IMG_20190408_195250.jpg


奥が野菜とロースハムのピンチョス、手前がカニ身マヨネーズとエビのピンチョス

B145_190405IMG_20190408_195300.jpg


左が生ハムとチーズのピンチョス、右がサーモンとゆで卵とエビのピンチョス

B145_190405IMG_20190408_195305.jpg


コロッケ、ソロミージョ(牛フィレ)が出ましたが、写真撮り忘れてしまいました・・・

デザートのクリームブリュレ

B145_190405IMG_20190408_195916.jpg B145_190405IMG_20190408_204817.jpg

 

5日目

朝食はホテル内レストランにて

種類豊富なだけでなく、パンが美味でした。

星5つ★★★★★

B145_190405IMG_20190409_084349.jpg B145_190405IMG_20190409_084354.jpg


B145_190405IMG_20190409_084400.jpg B145_190405IMG_20190409_084405.jpg


B145_190405IMG_20190409_084410.jpg B145_190405IMG_20190409_084424.jpg


スペイン人の朝ごはん、チュロスもありました!

B145_190405IMG_20190409_084428.jpg



窓の外にエメラルドグリーンの海が見えて、気持ちの良いレストランです。

B145_190405IMG_20190409_084719.jpg

 



朝食後、小さな港町ゲタリアへ

B145_190405IMG_20190409_104406.jpg

 

ゲタリアの後、サラウツのワイナリーを訪れ、見学後、一面のブドウ畑を眺めながらの試飲wine

白とロゼ、パン、ワインビネガー、チーズ、ししとうのピクルスなどのおつまみもありました。

B145_190405IMG_20190409_114008.jpg

 

その後、サンセバスチャンに戻り、半日のフリータイム。

ホテルの部屋からの眺めです。コンチャ湾がこんなに近く!

B145_190405IMG_20190410_080403.jpg

 

6日目

連泊なので、5日目の朝食と同じです。

私がピックアップした朝食はこちらです。

手前は焼いたパンにオリーブオイルとトマトペーストを乗せた典型的なスペインの朝食

B145_190405IMG_20190410_081418.jpg

 

朝食後、バスク地方の玄関口ビルバオへ。

世界最古の運搬橋、今も現役です!

B145_190405IMG_20190410_104356.jpg B145_190405IMG_20190410_104522.jpg

 

グッゲンハイム美術館のシンボル パピーちゃん

B145_190405IMG_20190410_113640_1.jpg


外の展示物の霧のアート、毎時ちょうどに霧が出ます。

B145_190405IMG_20190410_120025.jpg

 



昼食は、ミシュランガイド星付きレストラン【ZORTZIKO】にて。

星5つ★★★★★

B145_190405IMG_20190410_132811.jpg


前菜はタラとトリュフのリゾット、トリュフの香りが大変良かったですgood

B145_190405IMG_20190410_134930.jpg


二品目はホテルイカのグリル、上の黒いのは海苔、下はイカのハラワタソースとイカスミ

B145_190405IMG_20190410_135949.jpg


三品目はラビオリと豚の角煮風、豚の角煮はコラーゲンたっぷりhappy01

二品目と三品目は、大変工夫を凝らしたお料理でした。

B145_190405IMG_20190410_142049.jpg


四品目はスズキのグリル、新鮮な魚をシンプルに調理

B145_190405IMG_20190410_143254.jpg


五品目は牛フィレステーキ ラズベリーソース添え、柔らかく美味で、付け合わせのポテトも味わいがありました。

B145_190405IMG_20190410_145140.jpg


六品目はティラミス、甘みを抑えたあっさりしたお味でした。

B145_190405IMG_20190410_151719.jpg

 



ビルバオの宿泊ホテル【カールトン】

町の中心にありますが、お部屋が広めです。

B145_190405IMG_20190410_161208.jpg B145_190405IMG_20190410_162619.jpg


ホテル前の広場

B145_190405IMG_20190410_162630.jpg

 


ビルバオの街並み、ホテルの近くにもバル街があります

B145_190405IMG_20190410_165823.jpg

 

少し足を延ばせば、情緒ある旧市街

B145_190405IMG_20190410_194845.jpg

 



7日目

朝食は早朝出発の為、お弁当でした。

サンドイッチとブリオッシュ、フルーツサラダ、チョコレート。

サンドイッチはサーモンとクリームチーズでした。

B145_190405IMG_20190411_041856.jpg B145_190405IMG_20190411_042036.jpg

 



バスク地方へのご旅行にご参加、ありがとうございました!

 

 

通常のスペイン・フランス旅行では訪れる事の少ないバスク地方ですが、とっても魅力あふれる地域ですhappy01

 

 

さすが美食の地、ミシュランガイド星付きのレストランで味だけでなく、見た目にも美しいお料理を頂いたり、

バルで地元の人たちみたいにピンチョスを食べ歩いたりとお食事を堪能しました。

そして、小さいけれど素朴で美しい村々を訪れ、サンセバスチャンやビルバオではフリータイムも多く、

ご自分のペースでお過ごし頂きました。

スペインやフランスが初めての方も、スペイン・フランスリピーターの方にも、オススメなバスク地方ですhappy01

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。