ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年11月27日発 B333 ルフトハンザドイツ航空利用 秋が素敵 美食のバスクとバルセロナ8日間

2019年1月 9日

 2018年11月27日出発 関西発 B333 

ルフトハンザドイツ航空利用airplane 

秋が素敵note

restaurant美食restaurantのバスクとバルセロナ8日間

 

こんにちはhappy01 フレンドツアー添乗員ですvirgo

今回の「旅ごはん」は、最近、「美食」で注目を集めているバスク地方の特集ですkaraoke

スペイン北部、そしてフランス南部に位置するバスク地方は、独特の文化や美食の町として人気が高まっていますup

 

美味しいお食事の「旅ごはん」の写真と共に、可愛らしい町々が印象的なバスク地方を旅していきましょう bus dash

尚、フレンドツアーではツアーごとに食事評価を行っておりますbook  ★★★★★5星が最高点ですshine

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

まずは8日間の日程のご紹介ですpencil

 

■1日目 関西空港→ルフトハンザドイツ航空(フランクフルト乗り継ぎ)→ビルバオへairplane <ビルバオ泊hotel

 

■2日目 午前:ビルバオ観光(グッゲンハイム美術館art、旧市街、世界遺産ビスカヤ橋)

昼食はスペインバスクの小さな港町、ゲタリアで魚の炭火焼fishをご賞味delicious

午後:「ビスケー湾の真珠」サンセバスチャン観光(市庁舎、モンテ・イゲルド) <サンセバスチャン2連泊hotel

夕食はバスク名物「ピンチョス」と共に同じく名産のワイン「チャコリ」をどうぞwine

 

■3日目 午前:「フレンチバスク」を巡る一日のスタートです。まずはバイヨンヌを観光bus

昼食は某有名ガイドブックで1つ星を獲得した人気レストランでご用意いたしますshine

午後:高級リゾート地、サンジャン・ドゥ・リュズ観光(サン・ジャンバプティスト教会bell) <サンセバスチャン2連泊hotel

 

■4日目 午前:ヘミングウェイゆかりのパンプローナへbus 「牛追い祭り」でも有名な町ですtaurus

昼食はリンゴappleを発酵させたお酒「シードル」とナパーラ風の「マス料理」をご用意いたしますdelicious

午後:パンプローナ観光(市庁舎、旧市街)後、スペインのサラゴサへbus 

夕刻:サラゴサ観光(ピラール聖母教会bell、ムデハル様式の建築物、世界遺産ラ・セオ) <サラゴサ泊hotel

 

■5日目 午前:芸術の都バルセロナへbus 昼食はおススメのレストラン「ブラッセリー・フロ」にてrestaurant

午後:バルセロナ観光(世界遺産サグラダファミリアやサンパウ病院、グエル公園を見学しますeyeglass

夕食はガウディ建築の「カサ・ミラ」内部のレストランにてrestaurant <バルセロナ2連泊hotel

 

■6日目 午前:もうひとつのバルセロナ市内観光(世界遺産カタルーニャ音楽堂)後、自由行動

午後:引き続き、自由行動 <バルセロナ2連泊hotel

 

■7日目 朝:バルセロナ発→ルフトハンザドイツ航空(フランクフルト乗り継ぎ)→airplane <機中泊>

 

■8日目 午前:関西空港着後、解散 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

■2日目朝食 ビルバオの宿泊ホテル「ERCILLA」での朝食の様子ですrestaurant

B333_181127_OSAIMG_20181128_070402.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_070414.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181128_070423.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_070543.jpg

食事評価:★★★★★(5星) 一口サイズで食べやすいものが多く、GOODですsign01

 

▼ビルバオを代表する美術館、グッゲンハイム美術館です。建物自体も奇抜なデザインでびっくりeyesign01

美術館の入り口前にはシンボルの犬が佇んでいますdog  季節によってお花で飾られたりするんですよclover

B333_181127_OSAIMG_20181128_091756.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_093537.jpg

 

▼世界遺産のビスカヤ橋、左側に写っているゴンドラで対岸まで移動します。

B333_181127_OSAIMG_20181128_101832.jpg

 

▼サンセバスチャンへ向かう途中の小さな港町、ゲタリアの風景です。ご昼食はこのゲタリアにてrestaurant

B333_181127_OSAIMG_20181128_121910.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_122247.jpg

 

■2日目昼食 ゲタリアのレストラン「ITXAS ETXE」にてrestaurant

 

▼アペリティブのピンチョス(ゲタリアの名物アンチョビのピンチョス&魚のペースト)

B333_181127_OSAIMG_20181128_125906.jpg

 

▼シーフードサラダclover

B333_181127_OSAIMG_20181128_131822.jpg

 

▼黒鯛の炭火焼(シンプルで美味でした、炭焼きはゲタリアの名物料理なんですnotes

B333_181127_OSAIMG_20181128_134134.jpg

 

▼デザートのパンチネタ(カスタードパイです、まわりのパイ生地がさくさくで美味ですheart04

B333_181127_OSAIMG_20181128_141315.jpg

食事評価:★★★★(4星)

 

▼サンセバスチャンのモンテゲルトから見たコンチャ湾の景色と夕焼けに染まるビーチですcamera

B333_181127_OSAIMG_20181128_152311.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_174346.jpg

 

▼サンセバスチャンの市庁舎

B333_181127_OSAIMG_20181128_175212.jpg

 

■2日目夕食 サンセバスチャンはバルでも有名な街、今夜はレストラン「ATARI GASTROTEKA」にてrestaurant

 

▼バルのカウンターにはピンチョスがた~くさんsign01 お好きなものを2種類お選びいただきますnotes

実はスペイン、生ハムがとっても有名、イタリア人がわざわざ買いにくるぐらいなんですよflair

B333_181127_OSAIMG_20181128_193253.jpg B333_181127_OSAIMG_20181128_193258.jpg

 

▼食べやすいコロッケをチョイスhappy01

B333_181127_OSAIMG_20181128_193416.jpg

 

▼コチラはソロミージョ(牛フィレ肉)のピンチョス、チーズソースが濃厚過ぎて...sweat01

B333_181127_OSAIMG_20181128_195724.jpg

食事評価:★★★★★(5星) バルでの夕食は選んだピンチョスに左右されますねcoldsweats01

 

■3日目朝食 サンセバスチャンの宿泊ホテル「TRIP ORLY」の朝食の様子ですrestaurant

B333_181127_OSAIMG_20181129_074429.jpg B333_181127_OSAIMG_20181129_074433.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181129_074438.jpg 

食事評価:★★★★(4星)

 

▼フレンチバスクの玄関口、バイヨンヌの景色

B333_181127_OSAIMG_20181129_110030.jpg

 

■3日目昼食 バイヨンヌのレストラン「L'AUBERGE BASQUE」にてrestaurant

 

▼レストランは清潔感のあるオープンキッチンですsign01

B333_181127_OSAIMG_20181129_123833.jpg

 

▼レストランの外は野原の風景が広がりますcamera

B333_181127_OSAIMG_20181129_131044.jpg

 

▼テーブルセッティング(左に写ってるパン、美味でした~delicious

B333_181127_OSAIMG_20181129_124017.jpg

 

▼3種のアペリティブ(ブリオッシュ、チーズのムース、トマトのキッシュ/3人前)  とってもオシャレですup 

B333_181127_OSAIMG_20181129_124607.jpg

 

▼マスのスモーク(人参ムースを添えて)

B333_181127_OSAIMG_20181129_130412.jpg

 

▼ホロホロ鳥のグリル(ポテトと人参を添えて)

B333_181127_OSAIMG_20181129_132230.jpg

 

▼アップルのコンポートとシャーベットのデザートrestaurant

B333_181127_OSAIMG_20181129_134333.jpg

食事評価:★★★★★(5星) 添乗員的には美味しかったんですが、お客様にはお口に合わない方も..bearing

 

▼4日目 「牛追い祭り」で有名なパンプローナの市庁舎、ここからお祭りが始まります

B333_181127_OSAIMG_20181130_104240.jpg

 

▼パンプローナの闘牛場taurus

B333_181127_OSAIMG_20181130_112317.jpg

 

■4日目昼食 パンプローナの昼食レストンラン「LA MANDARRA DE LA RAMOS」restaurant

 

▼前菜のスープ、白いんげんの煮込みスープです

B333_181127_OSAIMG_20181130_121222.jpg

 

▼青唐辛子の酢漬けのシードル(りんご酒)apple  シードルはこの地方の名産ですhappy01

B333_181127_OSAIMG_20181130_121652.jpg

 

▼マスのナバラ風(ちょっと塩辛かったです、特に付け合わせのベーコンが...sweat01

B333_181127_OSAIMG_20181130_122610.jpg

 

▼甘さを抑えたデザートのプリン、しっかり固く、美味しかったですnotes

B333_181127_OSAIMG_20181130_124635.jpg

食事評価:★★★★(4星)

 

▼サラゴサ(ピラールのマリア教会の風景)

B333_181127_OSAIMG_20181130_155305.jpg

 

■4日目夕食 サラゴサの宿泊ホテル「DIAGONAL PLAZA」内のレストランにてご夕食restaurant

 

▼スターターのフレッシュサラダ(写真はなんと一人前、ものすごく大きかったですcoldsweats01

B333_181127_OSAIMG_20181130_194640.jpg

 

▼舌平目のような白身魚とカレーソース(正直、あまり美味しくなかったです、今後の改善要pout

B333_181127_OSAIMG_20181130_200212.jpg

 

▼クリームケーキ(コチラはちょっと甘すぎて全部食べ切れず..sweat01

B333_181127_OSAIMG_20181130_201507.jpg

食事評価:★★★(3星)  全体的にはお客様にちょっと不評でした、申し訳ございませんweep

 

■5日目朝食 サラゴサの宿泊ホテル「DIAGONAL PLAZA」の朝食ビュッフェの様子ですrestaurant

B333_181127_OSAIMG_20181201_070306.jpg B333_181127_OSAIMG_20181201_070314.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181201_070320.jpg B333_181127_OSAIMG_20181201_070442.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181201_070806.jpg

食事評価:★★★(3星)  品揃えが少なくでお味もイマイチでした...来年はホテル変更を検討しますdown

 

■5日目昼食 バルセロナの市内レストラン「BRASSERIE IE FLO」でのご昼食delicious

 

▼レストラン内の様子、レトロな感じでとっても雰囲気が良かったですよ~heart04

B333_181127_OSAIMG_20181201_123638.jpg

 

▼前菜はアスパラガスのロメスコソース(撮影の腕が悪くて暗くなってしまいました、が、お味はGOODsign03

B333_181127_OSAIMG_20181201_123706.jpg

 

▼牛肉の煮込み、カタルーニャ風(柔らかく煮込んであって、赤ワインソースも美味notes

B333_181127_OSAIMG_20181201_125416.jpg

 

▼デザートのクレマ・カタラナ(大きいですが、お味はアッサリdelicious。シナモンの香りもよかったですheart04

B333_181127_OSAIMG_20181201_132032.jpg

食事評価:★★★★★(5星)  

 

▼大聖堂の前ではクリスマスマーケットがshinexmas

B333_181127_OSAIMG_20181201_135439.jpg

 

▼コチラは世界遺産カタルーニャ大聖堂notes

B333_181127_OSAIMG_20181201_152839.jpg

 

▼世界遺産のサン・パウ病院、いずれもムンタネールの作品ですart

B333_181127_OSAIMG_20181201_163456.jpg

 

■5日目夕食 バルセロナ市内のレストラン「CAFE DE LA PEDRERA」でのディナーrestaurant

 

▼オリーブの前菜(2人分)、アンチョビ・黄ピーマン・生ハム入りでした、一口サイズで美味up

B333_181127_OSAIMG_20181201_202624.jpg

 

▼ポテトのブラバソース(少しピリカラのトマトソースとチーズ)

B333_181127_OSAIMG_20181201_203026.jpg

 

▼ムール貝(コチラは3人分です) もう少し熱々でもよかったかと...

B333_181127_OSAIMG_20181201_203400.jpg

 

▼スペイン名物、イベリコ豚のリブ(お味は濃い目で、マッシュポテトの付け合わせも)

B333_181127_OSAIMG_20181201_205159.jpg

 

▼チョコレートムースとバニラアイス(いちじく、ブラックベリー、ラズベリーなどが入ってます)cherry

B333_181127_OSAIMG_20181201_211954.jpg

食事評価:★★★★★(5星) 

 

■6日目朝食 バルセロナの宿泊ホテル「カタロニア・エイサンブル1864」の朝食ビュッフェの様子restaurant

B333_181127_OSAIMG_20181202_073816.jpg B333_181127_OSAIMG_20181202_073821.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181202_073826.jpg B333_181127_OSAIMG_20181202_073900.jpg

 

B333_181127_OSAIMG_20181202_073904.jpg

食事評価:★★★★★(5星)  種類も豊富で、ひとつひとつがとっても美味しかったですよ~delicious

 

▼バルセロナのシンボル、世界遺産のサグラダファミリアの外観とその内部写真crown

B333_181127_OSAIMG_20181202_100007.jpg B333_181127_OSAIMG_20181202_113320.jpg

 

▼コチラは同じくバルセロナ市内にある世界遺産グエル公園

B333_181127_OSAIMG_20181202_122634.jpg

 

今回の「旅ごはん」では、通常のスペインツアーとはひと味違った、バスク地方とバルセロナにスポットを当てましたflair

スペイン2度目の方でもお楽しみいただける内容をお届けできたかと思いますnotes

今期、当コースの募集は終了しましたが、2019年3月以降のバスクツアーもございますので、

ご興味のある方は是非フレンドツアーまでおたずねくださ~い telephone

 

「旅ごはん」に最後までお付き合いいただき誠に有り難うございましたsign01

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。