ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年11月18日出発 B392 ルフトハンザドイツ航空利用 太陽の国スペイン8日間

2019年1月11日

2018年11月18日 関西空港発

B392 ルフトハンザドイツ航空利用 太陽の国スペイン8日間

のコースでいただいた食事の内容をご紹介させていただきます。風景写真も並びに撮ってきていますので、食事内容とともにお楽しみいただけたらと思います。それでは旅ごはんスタートです。

食事の評価は★印でしています。五段階評価でしています。★5つが満点lovely です。


 

第1日目 関西空港 ~ フランクフルト ~ マドリード

関西空港でご集合後、LH741便にてフランクフルトまで約11時間半のフライト。フランクフルトでLH1122便に乗り継ぎ、約2時間半でスペインの首都、マドリードに到着。その後、ホテルへ。この日の夕食は機内食です。

宿泊地 マドリード : ホテル ミゲル・アンヘル2連泊



第2日目 マドリード 滞在

cafe ホテルの朝食の様子

スペインの名物の一つ、生ハムが並んでいます。甘いものを朝食にとるので、クッキーやケーキなどもいっぱい cake

B392181118OSAIMG_20181119_071906.jpg B392181118OSAIMG_20181119_071915.jpg
 

挽きたてのコーヒーをいただける、ネスプレッソのマシーンがあります。フレーバーも選べていい感じ lovely

B392181118OSAIMG_20181119_071956.jpg

食事の評価 ★★★


 

朝、8:15にホテルを出発。かつてのスペインの首都であった、トレドの観光へ。狭い路地を1時間半ほど歩いて観光します。

トレドの風景です。

B392181118OSAIMG_20181119_113647.jpg 
 

観光後、マドリードに戻り、昼食。こちらがレストランの入り口です。店内に入ると、生ハムがいっぱいぶら下がっていました。

 

restaurant 昼食 : Las Cuevas Del Duque

B392181118OSAIMG_20181119_131405.jpg B392181118OSAIMG_20181119_131422.jpg
 

メニューはタパスのメニューで、いろいろなおつまみを分けながらいただきました。まずは生ハムとシーフードのサラダ、そしてスペイン風オムレツのトルティージャ。ジャガイモが入っています。

B392181118OSAIMG_20181119_131616.jpg B392181118OSAIMG_20181119_132155.jpg
 

マッシュルームのソテーはぷりぷりでした。そしてチョリソー(ソーセージ)です。

B392181118OSAIMG_20181119_132237.jpg B392181118OSAIMG_20181119_132432.jpg
 

クリームコロッケとデザートのアイスクリームです。

B392181118OSAIMG_20181119_132724.jpg B392181118OSAIMG_20181119_135537.jpg

少しづつ、おいしくいただきました scissorsshine

食事の評価 ★★★★

 

昼食後、マドリード市内の観光。そしてホテルにいったん戻り、夕食のレストランへ。スペインは夕食は早くて20:00、通常は20:30頃から始まり、とても夜が長いのです。ホテルにて小休止後、バスで夕食のレストランへ。パエジャが有名なレストランです。


restaurant 夕食 : Buganvilla

まずはアンチョビとツナがのっているサラダ。新鮮でとてもおいしくいただきました。そして2種類のパエジャをお楽しみいただきました。一つ目はイカ墨のパエジャ。見た目はびっくりしますが、とてもおいしいですよ flair

B392181118OSAIMG_20181119_200606.jpg B392181118OSAIMG_20181119_202918.jpg
 

そしてシーフードのパエジャ。こちらが多くの方がイメージしているパエジャかも?! サフランで色付けされています。この大きな鍋がパエジャ鍋で、大きなもので調理した方がおいしいので、これをお皿に盛り分けていただきます。

B392181118OSAIMG_20181119_203022.jpg B392181118OSAIMG_20181119_204032.jpg
 

B392181118OSAIMG_20181119_211136.jpg

デザートはアーモンドのタルト。 今回は赤ワイン、白ワイン、コーヒーもついていました。

食事の評価 ★★★★★


 

第3日目 マドリード ~ セビージャ

朝食後、マドリードのアトーチャ駅へ。スペインが誇る新幹線 AVEに乗車してアンダルシア地方最大の都市、セビージャへ。こちらが乗車したAVE です。

B392181118OSAIMG_20181120_084930.jpg

 

セビージャまで約2時間半の電車の旅。到着後、少し観光をして昼食のレストランへ。

restaurant 昼食 : El Cabildo

アンダルシアらしい、白壁のレストラン。内装もアンダルシアチックです。迷路のような路地がある、サンタクルス地区にあります。

B392181118OSAIMG_20181120_143719.jpg B392181118OSAIMG_20181120_143737.jpg

 

前菜はアンダルシア地方の郷土料理の一つ、ソパ・デ・アホ、にんにくのスープです。とても体が温まります。メインは白身魚のグリルと温野菜。

B392181118OSAIMG_20181120_143804.jpg B392181118OSAIMG_20181120_144920.jpg
 

デザートはプリンでした。

B392181118OSAIMG_20181120_151002.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、市内観光をつづけ、豪華ホテル、アルフォンソ13世ホテルへ。
こちらがホテルの入り口です。数多くの映画の撮影に使われました。

B392181118OSAIMG_20181120_152821.jpg B392181118OSAIMG_20181120_162234.jpg
 

ホテルから歩いてすぐにある、大聖堂とヒラルダの塔。

B392181118OSAIMG_20181120_174351.jpg B392181118OSAIMG_20181120_174735.jpg
 

スペインの名物、トクロン屋さんです。

B392181118OSAIMG_20181120_174839.jpg B392181118OSAIMG_20181120_174841.jpg
 

この時期にはもうクリスマスマーケットの露店も出始めています。ベレン屋の屋台がずらり!

B392181118OSAIMG_20181120_175247.jpg B392181118OSAIMG_20181120_175314.jpg

 

スペインのクリスマスの飾りは、モミの木ではなく、このような泥人形でイエス・キリストが生まれた場面を再現する飾りで楽しみます。

B392181118OSAIMG_20181120_175451.jpg
 

こちらがホテルのロビー、そしてセビージャらしい内装。このタイルがセビージャらしいところのひとつです。

B392181118OSAIMG_20181120_180522.jpg B392181118OSAIMG_20181121_063622.jpg

この日の夕食は自由食。ホテルは旧市街に近く、周りにはレストランやバールがいっぱいあります。

宿泊地 セビージャ : アルフォンソ13世ホテル泊



 

第4日目 セビージャ ~ ミハス ~ グラナダ

cafe ホテルの朝食の様子

B392181118OSAIMG_20181121_070207.jpg B392181118OSAIMG_20181121_070221.jpg
 

彩もきれい! 大満足の朝食です。

B392181118OSAIMG_20181121_070248.jpg B392181118OSAIMG_20181121_071412.jpg
 

卵料理を作ってくれる調理人もいます。雰囲気もとてもいいです。

B392181118OSAIMG_20181121_071403.jpg
 

B392181118OSAIMG_20181121_071421.jpg B392181118OSAIMG_20181121_071429.jpg
 

もちろん、このようなホテルにはシャンパンが置かれていますよ bar 

B392181118OSAIMG_20181121_071447.jpg B392181118OSAIMG_20181121_071502.jpg
 

B392181118OSAIMG_20181121_074624.jpg B392181118OSAIMG_20181121_070737.jpg

食事の評価 ★★★★★  happy01 shine 




朝食後、アンダルシアのエッセンスと呼ばれる、ミハスへ。到着後、村の散策をしながらレストランへ。

restaurant昼食 : Porras

前菜はピストといわれる、野菜の煮込み。南欧の野菜がふんだんに使われています。メインはシーフードのフライ。カリッと揚げられています。レモンをかけてあっさりといただきました。

B392181118OSAIMG_20181121_115729.jpg B392181118OSAIMG_20181121_121210.jpg
 

デザートはチーズケーキでした。

B392181118OSAIMG_20181121_123420.jpg

食事の評価 ★★★

 

ミハスの風景。残念ながら、雨模様でした。雨はあまり降らない土地柄ですが・・・・rain 今回は激しく降りました。

B392181118OSAIMG_20181121_125734.jpg B392181118OSAIMG_20181121_125815.jpg
 

ミハスにはこのような色鮮やかな陶器のお店が数多くあります。

B392181118OSAIMG_20181121_130010.jpg B392181118OSAIMG_20181121_130036.jpg
 

こちらは洞窟の礼拝堂です。

B392181118OSAIMG_20181121_130140.jpg

 

ミハス散策後、オリーブの畑を見ながら、グラナダへ。到着後、アルハンブラ宮殿の観光をしました。こちらがアルハンブラの丘の糸杉の並木。そしてヘネラリッフェからのアルハンブラ宮殿の眺め。紅葉がきれいです。

 

B392181118OSAIMG_20181121_154650.jpg B392181118OSAIMG_20181121_155525.jpg
 

ヘネラリッフェの噴水の写真スポットです。そしてきれいにカットされた糸杉の並木。迷路のようになっています。

B392181118OSAIMG_20181121_160736.jpg B392181118OSAIMG_20181121_162258.jpg
 

ヘネラリッフェの建物。意外と人が少なかったので写真が撮れました。天井の寄木細工もきれいです。

B392181118OSAIMG_20181121_165307.jpg B392181118OSAIMG_20181121_165359.jpg

 

そしてヘネラリッフェからアルハンブラ宮殿へ。こちらの見学はとても予約時間が厳しいのです。

いろいろな部屋を回りながら、こちらが大使の間。
外観はシンプルですが、内部は装飾でいっぱい。天井はまるで夜空の星のようです。

B392181118OSAIMG_20181121_165654.jpg B392181118OSAIMG_20181121_170459.jpg
 

きれいに修復された、ライオンの中庭。そしてこちらも修復が終わった王の間の天井画。

B392181118OSAIMG_20181121_170957.jpg B392181118OSAIMG_20181121_171333.jpg

 

アルハンブラ宮殿のテラスから見た、サクロモンテの丘。

B392181118OSAIMG_20181121_172251.jpg

 

観光後、ホテルにチェックイン。夕食まで少し休憩です。



restaurant 夕食 : ホテル内レストラン

善愛はアーティチョークのスープでしたが、写真を撮り忘れてしまいました。メインはロールチキンでしたが、残念ながら冷めてました。デザートはカットフルーツ。

B392181118OSAIMG_20181121_204226.jpg B392181118OSAIMG_20181121_211257.jpg

食事の評価 ★★

宿泊地  グラナダ : ホテル サライ 泊


 

第5日目 グラナダ ~ バルセロナ

cafe ホテルの朝食の様子

B392181118OSAIMG_20181122_081442.jpg B392181118OSAIMG_20181122_081452.jpg
 

B392181118OSAIMG_20181122_081503.jpg B392181118OSAIMG_20181122_081512.jpg

食事の評価 ★★★

 

朝食後、グラナダの空港へ。ヴェリング航空2011便にて一路バルセロナへ。機内サービスはすべて有料の航空会社です。

到着後、バルセロナの中心広場、カタルーニャ広場で下車して歩いてレストランへ行きました。



restaurant 昼食 : Brasserie Flo

カタルーニャ風の昼食。劇場を改装したレストランなので、内装もとても豪華です。

B392181118OSAIMG_20181122_134804.jpg B392181118OSAIMG_20181122_140438.jpg

 

ウェルカムドリンクとして、カタルーニャのスパークリングワイン、カヴァのサービスがありました。前菜はグリーンアスパラガスのグリル。メインはビーフの煮込み。とても柔らかく煮込んであります。食事に合わせてワインもサービスされました。

B392181118OSAIMG_20181122_140621.jpg B392181118OSAIMG_20181122_142510.jpg

 

デザートはクレマ・カタラン、カタルーニャ風のプリンです。ちょっとアレンジされての盛り付け方でした。食後のコーヒーまたは紅茶もついていました。

B392181118OSAIMG_20181122_144415.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

昼食後、バルセロナ市内観光。こちらはあまりにも有名なグエル公園にある、微笑むトカゲ。
写真を撮る人でいつも混雑しています。スリにも注意したいスポットです。moneybag

B392181118OSAIMG_20181122_155233.jpg B392181118OSAIMG_20181122_155602.jpg
 

観光後、ホテルにチェックイン。ホテルに到着したら、カヴァがウェルカムドリンクとしてサービスされました。ホテルは町の中心にあるので、便利。夕食まで休まれた方もあれば、町歩きに出かけられた方もありました。



restaurant 夕食 : Nectari

カタルニア・フレンチレストランです。 まずは、アミューズ3種。

B392181118OSAIMG_20181122_201305.jpg B392181118OSAIMG_20181122_201927.jpg
 

前菜のサラダには味付けされたチキンがのっていました。盛り付けもきれいです。

B392181118OSAIMG_20181122_202019.jpg B392181118OSAIMG_20181122_202904.jpg
 

そしてエビのてんぷら。なんだか、懐石料理のようでした。ビシソワーズとサーモンのマリネ。

B392181118OSAIMG_20181122_203459.jpg B392181118OSAIMG_20181122_204707.jpg
 

メインの魚料理はサーモンでした。デザートはパンナコッタ。なんとも上品で、見た目も楽しいheart

B392181118OSAIMG_20181122_210402.jpg B392181118OSAIMG_20181122_211702.jpg

食事の評価 ★★★★★  大満足の夕食ですhappy01


 

夕食後、ご希望の方とグラシア大通りへ。バトリョ邸のライトアップが過激!

B392181118OSAIMG_20181122_215732.jpg

宿泊地 バルセロナ : ホテル クラリス 2連泊



 

第6日目 バルセロナ滞在

cafe ホテルの朝食の様子

B392181118OSAIMG_20181123_070210.jpg B392181118OSAIMG_20181123_070223.jpg
 

贅沢な空間と、優雅な雰囲気があり、盛り付け方もきれいです。お味噌汁がありました。

B392181118OSAIMG_20181123_070230.jpg B392181118OSAIMG_20181123_070239.jpg
 

B392181118OSAIMG_20181123_070246.jpg B392181118OSAIMG_20181123_070301.jpg
 

卵料理はオーダーすることができます。パンケーキも注文できます。

B392181118OSAIMG_20181123_070319.jpg B392181118OSAIMG_20181123_072713.jpg

食事の評価 ★★★★★

本日は終日自由行動。 

この日の昼食、夕食は各自でいただきました。オプショナルツアーとして夕刻にフラメンコのディナーショウがあります。


 

第7・8日目 バルセロナ ~ フランクフルト ~ 関西空港

早朝、4:15にホテル出発。朝食は昨夜、箱詰めのボックスを受け取り、各自で好きな時間にいただきました。

LH1137便にてフランクフルトへ。LH740便に乗り継ぎ、関西空港へ。到着後、解散。

enlightenedスペインの見どころをゆとりの行程で訪れるコースですenlightened

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。