ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年11月13日発 B333 ルフトハンザドイツ航空利用 秋が素敵 美食のバスクとバルセロナ8日間

2019年1月10日

フレンドツアー 関西発 

2018年11月13日発 

B333   ルフトハンザドイツ航空利用

秋が素敵 美食のバスクとバルセロナ 8日間  

 

  clover阪神航空フレンドツアー誕生45周年記念企画clover

 

ツアーで召し上がっていただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は 星5つ★★★★★なります。

 

 

 

2日目  

気温20℃/ 晴れ

 

 

ホテル エルーシャの朝食ビュッフェ

 

ビルバオでご宿泊いただいたホテルは一般的なアメリカンビュッフェの朝食。

評価は★★★

 

 

 

スペインらしく、朝食の定番のドーナッツ等甘いものが多いです。大きなネスプレッソマシーンでセルフで飲み物を淹れるシステムでした。

 

 

 

 

朝食後は、ビルバオと近郊のゲタリアの観光にご案内。

 

まず、モダンアートで有名な「グッゲンハイム美術館」 へ。周辺にはいくつものオブジェが展示されています。

ポルトガルのアーティストによる「リング」という作品。

B333_181114_OSAIMG_20181114_090505.jpg 

 

「ママン」という巨大な蜘蛛の作品も屋外展示されいてます。奥に水煙が上がっているのは、中谷芙二子さんの「霧の彫刻」です。

B333_181114_OSAIMG_20181114_090724.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_090700.jpg   

 

グッゲンハイム美術館の建物。既に不思議な造形です。正面の「パピー」という作品は美術館のマスコットとして人気があります。

B333_181114_OSAIMG_20181114_091155.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_092431.jpg

 

 

世界遺産のビスカヤ橋は、町のシンボルです。

吊り下げられた白いゴンドラに乗って対岸へ渡りました。

B333_181114_OSAIMG_20181114_100206.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_102111.jpg

 

 

小さな港町ゲタリアも観光しました。漁港の辺りですfish

B333_181114_OSAIMG_20181114_121036.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_121040.jpg

 

旧市街を歩きながら、昼食レストランへ向かいました。

町のメインストリートで、突き当りにはサンサルバトーレ教会が見えています。

B333_181114_OSAIMG_20181114_122436.jpg 

 

この町出身の冒険家エルカノの像が広場の中心に立っていました。

B333_181114_OSAIMG_20181114_124011.jpg

 

 

レストラン 「エルカノ」 での昼食

 

ゲタリア出身の、大航海時代の冒険家・エルカノの名前を冠したレストランで、昼食をいただきました。

ゲタリア名物の、漁で獲れた魚の炭火焼を召し上がっていただきました。

評価は★★★★★

 

ツナとアンチョビの前菜。皆で取り分けてました。海の幸のサラダも独創的な盛り付けでした。

B333_181114_OSAIMG_20181114_131501.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_133153.jpg

 

お待ちかねの、魚の炭火焼は黒鯛で、ポテトが添えられていました。デザートはバスクのカスタードパイ「パンチネタ」でした。

B333_181114_OSAIMG_20181114_134713.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_141826.jpg

 

 

 

 

昼食後、モンテ・イルゲドの山上へ。コンチャ湾とバスクの山々がきれいに見渡せました。

B333_181114_OSAIMG_20181114_152721.jpg

 

 

観光後、サンセバスチャンの町に到着しました。

海辺のリゾート地らしい、おしゃれなプロムナードがあり、そのプロムナード沿いに、今回お泊りのホテル

「ロンドレスディングラテッラ」が有ります(左)。

B333_181114_OSAIMG_20181114_174532.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_175620.jpg

 

夕方、町の散策をしながら夕食のバールへご案内しました。

夕暮れのプロムナードを歩いていると、夕陽が沈んでゆくのが見えました。

 B333_181114_OSAIMG_20181114_174429.jpg B333_181114_OSAIMG_20181114_174523.jpg

 

街中の通りを歩いていると、サンセバスチャン大聖堂の塔が見えました。

 B333_181114_OSAIMG_20181114_173812.jpg

 

 

 

バル ATARI での夕食

 

バスク名物のピンチョスと、ワイン”チャコリ”を、地元の人々の様にバルで楽しみました。

評価は★★★★

 

バルのカウンターには、ピンチョスや、おつまみ等がずらっと並べられています。

B333_181114_OSAIMG_20181114_185006.jpg

 

”ピンチョス”はパンに食べ物載せて、楊枝で留めたものです。ピンチョス用の楊枝は角型の串っぽい感じです。

B333_181114_OSAIMG_20181114_185013.jpg

 

それぞれ2種類を選んでいただきました。生ハムやチーズ、野菜やシーフードの乗った物等もありました。

どれも美味しそうで迷いました。

B333_181114_OSAIMG_20181114_190115.jpg