ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年2月8日出発 B108 ルフトハンザドイツ航空利用 貴族の館ホテルに泊まるポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラ8日間

2019年3月13日

フレンドツアー 2019年2月8日 関西空港発

B108 ルフトハンザドイツ航空利用 

貴族の館ホテルに泊まるポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラ8日間

のコースでいただいた食事の内容をご紹介させていただきます。食事の評価は★印(星5つが満点)で表しています。風景写真も撮ってきていますので、並びにお楽しみください。

 

 

第1日目  関西空港 ~ フランクフルト経由 ~ ポルト

関西空港よりLH741便にてフランクフルトへ。乗り継ぎが長いので、ラウンジで少し休憩していただき、LH1180便にてポルトガル第2の都市、ポルトへ。珍しく定刻に飛行機が離着陸しました。

到着後、ホテルへ。

宿泊地 ポルト : クラウンプラザホテル 2連泊



第2日目 ポルト滞在  (スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ日帰り)

cafe ホテルの朝食の様子

B108_190208_OSAimage1.jpg B108_190208_OSAimage2.jpg

 

B108_190208_OSAimage3.jpg

雰囲気もディスプレイもきれいで、料理も種類が多く いい感じ~scissorsshine

食事の評価 ★★★★




朝食後、国境を越えてスペインへ。今日のサンティアゴはガリシア特有の霧雨。

B108_190208_OSAimage4.jpg


 

サンチャゴ観光の前に、昼食のレストランへ。

restaurant 昼食 : Sexto Ⅱ

まずはタコのガリシア風。明石のタコもびっくりeyesweat01の美味しさ!そしてとてもやわらかです。パプリカがかかっているのですが、味が引き立ちます。パプリカってこんなにおいしかったんだ~delicious

そして焼きえび。新鮮で甘く感じます。シーフードのランチなので、白ワインつきです wine

B108_190208_OSAimage5.jpg B108_190208_OSAimage6.jpg

 

そしてマテ貝のガーリックソテー。みんな大好きな逸品です。貝をコリコリ食べた後は、パンをオイルにつけていただくと、二度楽しめますflair そしてあさりのワイン蒸し、トマト風味。貝料理が続きます。

B108_190208_OSAimage7.jpg B108_190208_OSAimage8.jpg


 

そしてサンティアゴの名物のホタテ貝のグリル。その名もサンティアゴ、フランス語ではサンジャックといいます。

デザートはサンチャゴケーキ。アーモンドプールで焼き上げた香ばしいケーキ。小さいサイズもあるので、お土産に購入することもできます。

B108_190208_OSAimage9.jpg B108_190208_OSAimage10.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

大聖堂のテラスからの眺め。今日は人が少ないです。お天気のせいかな?!大聖堂の名物、ボタフメイロ(大香炉)は博物館にも展示してあります。巡礼者たちはお風呂に入っていなくて臭かったからお香を焚いたのです coldsweats02

B108_190208_OSAimage11.jpg B108_190208_OSAimage12.jpg



観光後、ポルトに戻り、ホテルでの夕食をいただきました。

restaurant 夕食 : 宿泊ホテル内レストラン

まずは、ポルトガルのおふくろの味、カルド・ヴェルデのスープ。背高キャベツのスープです。葉牡丹のようにグーッと伸びるキャベツは背高キャベツと勝手に命名しました~coldsweats01 メインはタラのグリルでした。

B108_190208_OSAimage13.jpg B108_190208_OSAimage14.jpg

 

デザートはチョコレートムース。

B108_190208_OSAimage15.jpg

食事の評価 ★★★★


 

第3日目 ポルト ~ コインブラ

午前中、ポルト市内の観光。大聖堂前からのポルトの木子規。この日の午前中は残念ながら雨模様でした。そして大聖堂の内部。

B108_190208_OSAimage16.jpg B108_190208_OSAimage17.jpg

 

アズレージョが美しいことで知られる、ポルトのサンベント駅。時間に余裕があったので、立ち寄りました。

B108_190208_OSAimage18.jpg B108_190208_OSAimage19.jpg

 

青と白のアズレージョは日本の焼き物に影響されたものなのです。

B108_190208_OSAimage20.jpg


 

ポルトといえば、ポートワインが有名。今回はサンデマンというワイナリーへ行きました。ワイナリーからの対岸の景色。世界遺産のポルトの旧市街の景色です。

B108_190208_OSAimage21.jpg B108_190208_OSAimage22.jpg


 

restaurant 昼食 :Chez Lapin

前菜はミックスサラダ。ミックスされていたのはフルーツ。これがまたよく合います!

B108_190208_OSAimage23.jpg B108_190208_OSAimage24.jpg
 

メインはシーフードのリゾット。今日も山盛りのシーフード!海鮮の出汁が最高においしいです。パンと一緒に出るツナのパテも美味です。

B108_190208_OSAimage25.jpg B108_190208_OSAimage26.jpg
 

デザートはナッツクリームのミルフィーユ。ついつい完食してしまいましたdog

B108_190208_OSAimage27.jpg

食事の評価 ★★★★★


 

昼食後、大学の町、コインブラへ。こちらが大学の中庭。そして大学内にある礼拝堂。今日は行事がないので入れました。
大学での一番の見どころは図書館なのですが、撮影が禁止なんです。

B108_190208_OSAimage28.jpg B108_190208_OSAimage29.jpg
 

コインブラの街並み。

B108_190208_OSAimage30.jpg

 

旧市街のお菓子屋さんには金平糖があります。コンペイトウはポルトガル語でコンフェイト。南蛮から伝わったお菓子なのです。
ポルトガル人は黄身餡が大好きなんです。お菓子屋さんにはそんなお菓子がいっぱい並んでいます。

B108_190208_OSAimage31.jpg B108_190208_OSAimage32.jpg

 

こちらが貴族の館「涙の館」の正面入り口。

B108_190208_OSAimage33.jpg

 

広大な庭にある「愛の泉」と涙の泉。館も泉もポルトガル人なら誰でも知っているペドロ王とイネスの悲恋の物語に由来します。

B108_190208_OSAimage34.jpg B108_190208_OSAimage35.jpg


 

restaurant 夕食 : 宿泊ホテル「涙の館」のメインレストランにて

前菜はキッシュとスモークサーモン。メインは仔牛肉のワイン煮込み。シーフードが続いたので、お肉が食べれてちょうどいい!

B108_190208_OSAimage36.jpg B108_190208_OSAimage37.jpg

 

デザートはオレンジ風味のプリン。手作り感満載のプリン。美味しいです。ポルトガルではよくプリンをオレンジ風味にします。

こちらがレストランの入り口にあるバー。大人な雰囲気のバーです。

B108_190208_OSAimage38.jpg B108_190208_OSAimage39.jpg

食事の評価 ★★★★




 

第4日目 コインブラ~ファティマ~アルコバッサ~オビドス~リスボン

 

cafe ホテルの朝食の様子

B108_190208_OSAimage40.jpg B108_190208_OSAimage41.jpg
 

さすが、貴族の館。素材が良質な朝食でした。

B108_190208_OSAimage42.jpg B108_190208_OSAimage43.jpg

食事の評価 ★★★★


 

朝食後、ファティマへ。聖母マリアが御出現した奇跡の土地です。

B108_190208_OSAimage44.jpg B108_190208_OSAimage45.jpg




その後、アルコバサへ。到着後、修道院の近くのレストランにてまず昼食のご案内。
 

restaurant 昼食 : Frei Bernaldo

前菜は野菜のポタージュ。そしてバカリャオ・ア・ブラスという、干鱈の卵とじ。何となく白ごはんが恋しくなります。

B108_190208_OSAimage46.jpg B108_190208_OSAimage47.jpg
 

デザートはケーキ。素朴な家庭料理でほっこりしました。

B108_190208_OSAimage48.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、アルコバサ修道院の見学。正面入り口は豪華ですが、中はとてもシンプル。ゴシックのアーチの連続が美しい。

B108_190208_OSAimage49.jpg B108_190208_OSAimage50.jpg

 

この教会には、涙の館の物語の主人公、ペドロ王とイネスのお墓があります。この二人の彫刻、どこにあるか探してくださいね。

B108_190208_OSAimage51.jpg B108_190208_OSAimage52.jpg


その後、オビドスの村に立ち寄り、散策をお楽しみいただきました。

B108_190208_OSAimage53.jpg B108_190208_OSAimage54.jpg

そしてリスボンのホテルへチェックイン。ホテルはアモレイラスショッピングセンターの隣にあり、とても便利です。夕食は各自で。

宿泊地 リスボン : ドン・ペドロ ホテル 3連泊



 

第5日目 リスボン滞在

cafe ホテルの朝食の様子

B108_190208_OSAimage55.jpg B108_190208_OSAimage56.jpg
 

種類も多く、並べ方もおしゃれできれい。

B108_190208_OSAimage57.jpg B108_190208_OSAimage58.jpg

食事の評価 ★★★★★

 

朝食後、ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬へ。ロカ岬にある詩人、カモンエシュの記念碑。「ここに地終わり、海始まる」

B108_190208_OSAimage59.jpg B108_190208_OSAimage60.jpg
 

そしてシントラへ。王宮からのシントラの街並み。シントラ王宮の内部。

B108_190208_OSAimage61.jpg B108_190208_OSAimage62.jpg

シントラ、ロカ岬の観光後、リスボンに戻り昼食。

 

restaurant 昼食 : Cisterna

前菜はサラダ。そして名物のカタプラーナ。二枚貝のような専用鍋で登場。この鍋がカタプラーナ鍋といいます。

B108_190208_OSAimage63.jpg B108_190208_OSAimage64.jpg
 

みなさんで取り分けていただきました。野菜と魚の蒸し煮です。デザートはフルーツサラダでしたが、取り忘れてしまいましたsweat01

B108_190208_OSAimage65.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、リスボン市内観光。こちらがアルファマ地区。そしてアルカンタラ展望台からのリスボン市内の眺め。

B108_190208_OSAimage66.jpg B108_190208_OSAimage67.jpg

 

こちらがポルトガル独自の様式、マヌエル様式の最高傑作、ジェロニモス修道院と、べレンの塔。大航海時代、船はここから旅立ちました。修復され、きれいになりました。内部も見学できますが、ツアーでは入場しません。

B108_190208_OSAimage68.jpg B108_190208_OSAimage69.jpg
 

発見のモニュメントの前の世界地図にはちゃんと日本も書かれています。1541年に到達?学校では1543年と習ったような気がします   sign02    発見のモニュメントには大航海時代の数々の主人公たちが登場します。

B108_190208_OSAimage70.jpg B108_190208_OSAimage71.jpg

 

観光後、ホテルに戻り、ご希望の方とショッピングセンターへ。夕食はファドを聞きながらいただきました。



restaurant 夕食 : Luso

突き出しのオリーブやチーズ。ピリ辛ソーセージもあります。味はちょっと濃いめです。ファドは静かに聞かないと怒られますannoy

B108_190208_OSAimage72.jpg B108_190208_OSAimage73.jpg
 

前菜はサラダでひまわりの種がのっています。香ばしくておいしいですよ。メインはチキンのグリル、マッシュルームソース。

B108_190208_OSAimage74.jpg B108_190208_OSAimage75.jpg
 

デザートはアイスクリームでした。

B108_190208_OSAimage76.jpg

食事の評価 ★★★★


 

第6日目 リスボン滞在

終日自由行動です。昼食、夕食は各自で。




第7,8日目 リスボン ~ フランクフルト ~ 関西空港

早朝出発のため、朝食は箱詰めのボックスです。中に入っていたのはこれです。

B108_190208_OSAimage77.jpg



早朝、2:45にホテル出発・・・・深夜といった方がよい・・?

ポルトガルは西の果て・・・・・東の果ての日本に帰るのは早起きなんです(涙)sweat01

LH1173便にてフランクフルトへ。LH740便に乗り継ぎ、関西空港へ。到着後、解散。お疲れ様でした。

 

遠い遠いポルトガルですが、どこか日本と似ているような国です。
懐かしい香りのする国です。遠いですが、是非訪ねてみてください。

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。