ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年11月9日出発 B108 ルフトハンザドイツ航空利用 貴族の館ホテルに泊まるポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラ8日間

2019年1月 8日

フレンドツアー 関西発 

2018年11月9日出発 

B108 ルフトハンザドイツ航空利用 

貴族の館ホテルに泊まるポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラ8日間 

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は★の数で評価させていただきます。

満点は星5つ★★★★★となります。

 

 

airplane1日目

ルフトハンザドイツ航空にてフランクフルト経由でポルトガルのポルトへ。

フランクフルトの長い待ち時間はflairフレンドツアーならではyes 『空港ラウンジ』 でおくつろぎいただきました。

深夜にホテルに到着しました。



 

cloudsun2日目

breadご朝食はホテルにてバイキングをいただきました。種類も多くフルーツもたっぷりあります。

パンケーキと

B108_181109_OSAIMG_9202.jpg B108_181109_OSAIMG_9203.jpg
 

フルーツ  フレッシュオレンジジュースも嬉しいですね!

B108_181109_OSAIMG_9204.jpg B108_181109_OSAIMG_9205.jpg
 

ヨーグルトやハム、チーズ

B108_181109_OSAIMG_9206.jpg B108_181109_OSAIMG_9207.jpg
 

カットフルーツと卵&ベーコン

B108_181109_OSAIMG_9208.jpg B108_181109_OSAIMG_9209.jpg

サラダはありませんが、

星5つ★★★★★



 

今日は国境を越えてスペインの世界3大巡礼地のひとつサンティアゴ・コンポステーラを目指しました。

(片道約3時間、途中休憩1回)

まずは歓喜の丘へ行きました。

B108_181109_OSAIMG_9211.jpg

 

バスを下車後、旧市街を歩きご昼食のレストランへ。

 

restaurantSEXTO Ⅱにて

マテ貝とタコ

B108_181109_OSAIMG_9212.jpg B108_181109_OSAIMG_9213.jpg
 

あさりとホタテ貝

B108_181109_OSAIMG_9214.jpg B108_181109_OSAIMG_9215.jpg
 

エビのグリルなどがありました。

デザートはアーモンドケーキ

B108_181109_OSAIMG_9216.jpg

お食事中白ワインもお楽しみいただけます。大好評!!!

星5つ★★★★★



 

お食事の後、カテドラルへ行きました。

ようやく表からは工事が終わりました。中の栄光の門はもう少しかかりそうです。

悪天候だったのにfrown 奇跡的に青空がでましたupsunsmiley

B108_181109_OSAIMG_9220.jpg

観光の後、ポルトに戻りました。


 

restaurantご夕食はホテルにていただきました。

カルドベルデ (キャベツとベーコン入りクリームスープ)

B108_181109_OSAIMG_9222.jpg
 

スズキのグリル

B108_181109_OSAIMG_9223.jpg

チョコレートムース(写真忘れました)

星4つ★★★★☆



 

rain3日目

午前中ポルトの観光へ行きました。

今日はあいにくの大雨で大変でした・・・・crying

大聖堂(急に大工事になってます)とサンベント駅へ行った後、ポルトワインの醸造所へ。

B108_181109_OSAIMG_9224.jpg B108_181109_OSAIMG_9225.jpg

サンフランシスコ教会へ行った後、カイシュダリビエラへ。

ご昼食のレストランもこちらにあります。


 

restaurantCHEZ LAPINにて。店内装飾も独特な老舗レストランです。

サラダ(写真忘れました)

シーフードのリゾット

B108_181109_OSAIMG_9226.jpg
 

フルーツ

B108_181109_OSAIMG_9227.jpg

星4つ★★★★☆

 

ホテルの目の前にあるドン・ルイス 1世橋は2016年にユネスコの世界遺産に認定されました。

B108_181109_OSAIMG_9228.jpg


 

午後はコインブラへバス移動。

到着後、コインブラ大学と旧大聖堂をご覧いただきました。

雨の日は旧市街は滝のようになると聞いてはいましたが、昔からの石畳は雨の日は大変でした。

この日は勾配のある道を下りますので、歩きやすいしっかりした靴でご参加くださいね!



 


restaurantご夕食は貴族の館のメインダイニングにて

サラダ、チキンとキッシュ添え

B108_181109_OSAIMG_9231.jpg
 

子牛のシチュー

B108_181109_OSAIMG_9232.jpg
 

ハート形のプリンheart04 かわいいーhappy01

B108_181109_OSAIMG_9233.jpg

星4つ★★★★☆



 

sun4日目

やっと晴れた!!!

breadご朝食はホテルにて

さすが貴族の館は朝から白アスパラが並んでました。

B108_181109_OSAIMG_9234.jpg B108_181109_OSAIMG_9235.jpg
 

パンと果物

B108_181109_OSAIMG_9236.jpg B108_181109_OSAIMG_9237.jpg
 

チーズ

B108_181109_OSAIMG_9238.jpg

やっぱりサラダはありませんが、

星5つ★★★★★



 

お庭への道。涙の館にはペドロとイネスの逢引の噴水があり、イネスが暗殺された場所だと言われます。

B108_181109_OSAIMG_9240.jpg
 

正面玄関とロビーの様子↓

B108_181109_OSAIMG_9243.jpg B108_181109_OSAIMG_9244.jpg

 

青空の元、1917年の奇跡の助言で建てられたファティマへ行きました。現在は30万人が入れる大きな施設になっています。

今日はパイプオルガンが奏でられミサが執り行われていました。

B108_181109_OSAIMG_9245.jpg

 

この後、世界遺産アルコバサへ。一番古い修道院の街へ。

 

restaurantご昼食はFREI BERNARDにて

野菜スープ

B108_181109_OSAIMG_9246.jpg
 

名物干しだらのお料理バカリャウアブラスと呼ばれています

B108_181109_OSAIMG_9247.jpg B108_181109_OSAIMG_9248.jpg

この後、パンデローと呼ばれるカステラの元になったお菓子がありました。

星3つ★★★☆☆


 

修道院の観光の後、長年王妃様の直轄地オビドスへ行きました。

お天気が最高に良かったので、多くの方が城壁のお散歩を楽しまれていました。

足元は非常に悪いので十分にお気を付け下さい。


 

かわいいチョコレートdelicious

イワシの形のチョコレート お土産物店によくあるチョコです。名物のイワシをモチーフにした箱が人気です。

B108_181109_OSAIMG_9249.jpg B108_181109_OSAIMG_9250.jpg



 

sun日目

breadご朝食はホテルにていただきました。

B108_181109_OSAIMG_9251.jpg B108_181109_OSAIMG_9252.jpg
 

フルーツ

B108_181109_OSAIMG_9253.jpg B108_181109_OSAIMG_9254.jpg

 

B108_181109_OSAIMG_9255.jpg B108_181109_OSAIMG_9256.jpg
 

ジャム類や甘いパン エッグタルトもありました。

B108_181109_OSAIMG_9257.jpg B108_181109_OSAIMG_9258.jpg

 

B108_181109_OSAIMG_9259.jpg

サラダはありませんが

星5つ★★★★★


 

ヨーロッパ最西端ロカ岬へ。

ポルトガルの詩人の有名な言葉 『ここに地果て、海始まる』の碑

B108_181109_OSAIMG_9260.jpg B108_181109_OSAIMG_9261.jpg
 

その後、シントラの王宮へ行きました。

B108_181109_OSAIMG_9262.jpg
 

白鳥の間(天井が白鳥柄)、壁の装飾タイルも豪華でした。

B108_181109_OSAIMG_9263.jpg B108_181109_OSAIMG_9264.jpg
 

見事な天井とアズレージョタイルの壁

B108_181109_OSAIMG_9265.jpg B108_181109_OSAIMG_9267.jpg
 

チャペル

B108_181109_OSAIMG_9268.jpg

 

観光の後、リスボンへ戻りました。

 

restaurantご昼食はCISTERMAにて

サラダの後にカタプラーナ(シーフードの煮込み)

長年日本人が塩辛いと言い続けた結果、お店の方は塩を控えすぎるようになったようで味がなくて毎回びっくりです。

しかし、考えようによっては旨みはしっかりしているのでご自身のお好みで塩味をプラスできるようになりました。

B108_181109_OSAIMG_9269.jpg
 

エッグタルト

B108_181109_OSAIMG_9271.jpg

星4つ★★★★☆



 

午後はリスボンの観光へ行きました。

サンロケ教会

黄金のチャペル

B108_181109_OSAIMG_9272.jpg B108_181109_OSAIMG_9273.jpg
 

聖ザビエル

B108_181109_OSAIMG_9274.jpg
 

聖ロック 彼が病気になった時にごはんを運んでくれた犬が足元にいつもいる聖人。

B108_181109_OSAIMG_9275.jpg
 

主祭壇

B108_181109_OSAIMG_9276.jpg
 

聖アントニオ 大人気の成人で今は船乗り(旅人)の守り神です。

B108_181109_OSAIMG_9277.jpg
 

聖ロケ教会の正面は地味なんです。

B108_181109_OSAIMG_9278.jpg

 

西側のサンジェロニモス修道院

外観

B108_181109_OSAIMG_9280.jpg
 

チャペルはゴチック建築です。

B108_181109_OSAIMG_9281.jpg B108_181109_OSAIMG_9283.jpg

 

B108_181109_OSAIMG_9284.jpg B108_181109_OSAIMG_9285.jpg
 

ヴァスコダガマのお墓

B108_181109_OSAIMG_9287.jpg
 

修道院には美しい回廊が続きます。

B108_181109_OSAIMG_9288.jpg B108_181109_OSAIMG_9289.jpg

 

B108_181109_OSAIMG_9291.jpg B108_181109_OSAIMG_9292.jpg
 

ベレンの塔

B108_181109_OSAIMG_9293.jpg
 

大航海時代の地図の碑

B108_181109_OSAIMG_9296.jpg


 

発見のモニュメント

B108_181109_OSAIMG_9298.jpg B108_181109_OSAIMG_9300.jpg

 

アルファマ地区はこんな感じで↓

B108_181109_OSAIMG_9301.jpg B108_181109_OSAIMG_9306.jpg
 

パンbreadはポルトガル語語源の言葉です。下町のパン屋は1日3回オープンするそうで、朝ごはんの前、昼ご飯の前、夕飯の前ってな感じでいつでも焼き焼きのパンが買えるそうです。↓パン屋さん

B108_181109_OSAIMG_9305.jpg
 

 

restaurantご夕食はポルトガルのファドとともにお楽しみいただきました。

前菜はチーズとオリーブ、チョリソー(ソーセージ)ととっても香ばしくて美味しかったサラダ

B108_181109_OSAIMG_9307.jpg B108_181109_OSAIMG_9309.jpg
 

暗くて見えないけれど、女性の歌手が熱唱中karaoke

B108_181109_OSAIMG_9310.jpg
 

メインは大きいスズキ

B108_181109_OSAIMG_9312.jpg
 

デザートはアイスクリームでした。

B108_181109_OSAIMG_9313.jpg

星4つ★★★★☆





 

sun6日目

終日自由行動の1日はトラムなどに乗って市内散策がお勧めです。

グロリア線↓

B108_181109_OSAIMG_9314.jpg


 

本当は夏の食べ物イワシを見つけました。

EUになってから炭火を焚いて焼けるお店が少なくなりましたが、見つけました。

1人前5~6匹入ってますので、ご注文の際は頼みすぎないようにsurprise

イワシはイワシですが、塩焼したイワシにオリーブオイルとレモンをかけていただきます。

B108_181109_OSAIMG_9316.jpg

 

 

moon37日目8日目

冬のフライトスケジュールとなり、なんと2時半出発indecision添乗人生で一番の早起きだったと思います。。。。

5時のフライトでフランクフルトへ。その後関西空港へ。お疲れ様でした。

 

 

smiley最後までお読みいただきましてありがとうございました。

11月はいつも雨が降りがちですが、前半はバケツをひっくり返したような雨が続きました。

後半は夏のような陽気でポルトガルらしい太陽でした。

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。