ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年11月26日出発 D227 ルフトハンザドイツ航空復路直行便利用 スイス・ドイツ・アルザスのクリスマス8日間

2019年1月 8日

 2018年11月26日出発 関西発 D227 

ルフトハンザドイツ航空利用airplane

スイス・アルザス・ドイツのshineクリスマスshine日間

 

こんにちはsign01 いつもフレンドツアーをご利用いただき有り難うございますhappy01

今回は、クリスマスマーケットで賑わうスイス、フランスのアルザス、そしてドイツのクリスマスの旅をご紹介しますkaraoke

 

日本では一年で一番お正月を大切にしていると思いますが、

ヨーロッパの人たちはむしろ、お正月よりもこのクリスマスを家族と過ごす大切な時期にしていますheart04

 

華やかなクリスマスマーケットの写真や、名物料理の写真も撮影して参りましたので是非お楽しみくださいup

尚、「旅ごはん」では、お食事を★★★★(4つ星)、★★★★★(5つ星)などで評価していますrestaurant

 

--------------------------------------------

 

■1日目 関西国際空港→ルフトハンザドイツ航空利用→スイス北部のチューリッヒへairplane <チューリッヒ泊>


■2日目 午前:スイスの文化都市バーゼルのクリスマスマーケット観光(バーゼル美術館artも訪れます)

アマーバッハ家のコレクションが多数、ゴッホやゴーギャンの作品をご覧いただけますeye
午後:フライブルグのクリスマスマーケット観光(ドイツでも有数の美しいマーケットですshine) <ティティゼー泊>


■3日目 午前:メルヘンの世界が広がるアルザス地方のコルマールのクリスマス市観光

午後:「アルザスの真珠」とも呼ばれるリクヴィルを散策後、ストラスブールへbus <ストラスブール・2連泊>

 

■4日目 午前:世界遺産の街、ストラスブールのクリスマスマーケット観光(ノートルダム寺院bell

午後:ストラスブールの街でフリータイムですnotes  <ストラスブール・2連泊>


■5日目 午前:再び、国境を越えてドイツへ bus 「ヨーロッパの天空の城」ホーエンツォレルン城を見学shoe

午後:シュツットガルトではヨーロッパ最大級のクリスマスマーケットshineをご覧いただけますup 

ご宿泊はデラックスホテル「ル・メリディアン」、ラグジュアリーな雰囲気を堪能heart04 <シュツットガルト泊>


■6日目 午前:バロッククリスマスマーケットとしても有名なルードヴィヒスブルグを観光shoe

午後:フランクフルトではご希望の方のみ添乗員がクリスマスマーケットshineにご案内します 

ご宿泊はデラックスホテル「シュタイゲンベルガー・フランクフルターホフ」ですheart04 <フランクフルト泊>

 

■7日目 朝:フランクフルト→ルフトハンザドイツ航空利用楽ラク直行便happy01→帰国の途へ <機中泊>

 

■8日目 朝 :関西国際空港到着後、解散 お疲れさまでしたhappy01

 

--------------------------------------------

 

■1日目 チューリッヒの宿泊ホテル「ヒルトンエアポート」のロービーのクリスマスツリーですcamera

この時期のホテルはどこもクリスマスツアーが飾られクリスマスムード一色になるんですよ~heart04

 

D227_181126_OSAIMG_20181127_072256.jpg

 

▼コチラは朝食会場の様子です。種類も豊富で、初日の朝からおなかいっぱいになりましたdelicious

D227_181126_OSAIMG_20181127_072357.jpg D227_181126_OSAIMG_20181127_072404.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181127_072410.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星)

 

17世紀創設の歴史ある美術館、バーゼル美術館の作品の数々をご紹介しますart

 

▼ピサロの点描、印象派の作品です

D227_181126_OSAIMG_20181127_110736.jpg

 

▼有名なモネの作品、「アヴァルの断崖」

D227_181126_OSAIMG_20181127_111039.jpg

 

▼作風で分かりますね、ルソーの作品です

D227_181126_OSAIMG_20181127_112111.jpg

 

▼コチラは奇抜なサルヴァトール・ダリの作品、「燃えるキリン」

D227_181126_OSAIMG_20181127_113126.jpg

 

▼スペイン画家、ピカソの作品も何点かあります

D227_181126_OSAIMG_20181127_113837.jpg

 

▼バーゼル市内のカテドラルを訪問、その回廊の写真ですcamera

D227_181126_OSAIMG_20181127_120327.jpg

 

▼曇り空でしたが、ライン川の眺めです。ちなみにすぐ向こう側は、フランスとドイツなんですよ~

D227_181126_OSAIMG_20181127_120702.jpg

 

▼実はこのクリスマスツリー、専門のデザイナーが手掛けているそうですsign01

D227_181126_OSAIMG_20181127_121459.jpg

 

▼バーゼルのカテドラル前のマーケット。朝から開催していますが、朝はとっても静かですcatface

D227_181126_OSAIMG_20181127_121555.jpg D227_181126_OSAIMG_20181127_122013.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181127_122121.jpg

 

▼毎年マグカップのデザインが変わるんです(実はコレクターもいます)。写真は今年のバーゼルのマグカップcafe

D227_181126_OSAIMG_20181127_122136.jpg

 

▼カテドラル内にも入ってみましたbell

D227_181126_OSAIMG_20181127_124201.jpg

 

■2日目昼食 バーゼルのレストラン「Rheinfelderhof(ホテル内)」でのランチrestaurant

 

▼野菜のポタージュ。冷えた体があったまります~up

D227_181126_OSAIMG_20181127_130852.jpg

 

▼白身魚「パンガシウス」のフライ&ベイクドポテト

D227_181126_OSAIMG_20181127_132347.jpg

 

▼デザートはホワイトチョコのムースcafe

D227_181126_OSAIMG_20181127_134517.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星)

 

2日目午後に訪れた、フライブルグのクリスマスマーケットshine

D227_181126_OSAIMG_20181127_153910.jpg D227_181126_OSAIMG_20181127_153925.jpg

 

周辺のデパートの店内もクリスマスムードいっぱいで~すflair

D227_181126_OSAIMG_20181127_155535.jpg

 

■2日目夕食 お食事はティティゼーのご宿泊ホテル「MARITIM」のロビーレストランにてrestaurant

 

▼野菜入りのコンソメスープ(ちょっと塩辛かったsweat01  寒い土地にありがちですね..)

D227_181126_OSAIMG_20181127_185347.jpg

 

▼ビーフグヤーシュ(ポテトと温野菜付)

D227_181126_OSAIMG_20181127_190948.jpg

 

▼デザートはアイスクリーム

D227_181126_OSAIMG_20181127_194833.jpg

食事評価:★★★★(4つ星)

 

■3日目 宿泊ホテル「MARITIM」の朝食ビュッフェの様子ですcamera

D227_181126_OSAIMG_20181128_071512.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_071516.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181128_071522.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_071532.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181128_071540.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_071544.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星) 種類も豊富でしたsign01

 

▼ロビーから見たティティゼー湖の風景。とっても神秘的な雰囲気でしたwink

D227_181126_OSAIMG_20181128_073921.jpg

 

▼こちらはホテルの裏手からみたティティゼー湖

D227_181126_OSAIMG_20181128_074106.jpg

 

▼アルザス地方を代表する美しい村、コルマールの風景ですcamera 木目調の家々がとっても可愛いんですheart02

 

D227_181126_OSAIMG_20181128_105646.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_111833.jpg

 

▼旧税関の建物で開催されているクリスマスマーケットshine

D227_181126_OSAIMG_20181128_113253.jpg

 

▼コチラはドメニク教会のクリスマスマーケットshine

D227_181126_OSAIMG_20181128_114320.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_114926.jpg

 

▼クリスマスマーケット内にはアルザスワインを売るお店もwine

D227_181126_OSAIMG_20181128_114806.jpg

 

■3日目 コルマールでのランチはレストラン「Pfeffer」にてrestaurant

 

▼タルトフランベ(アルザス風のPizza、薄くて食べやすいです。とっても美味sign01

D227_181126_OSAIMG_20181128_124906.jpg

 

▼シュークルート(ザウアークラウトにハムやソーセージがのっていますpig

D227_181126_OSAIMG_20181128_130702.jpg

 

▼デザートはイル・フロッタン(メレンゲがとってもふわふわでしたdelicious

D227_181126_OSAIMG_20181128_133312.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星) 

 

3日目午後、コチラもアルザス地方で人気の町「リクヴィル」。カラフルで可愛らしい家々が建ち並びますcamera

リクヴィルは「フランスで最も美しい町」と言われてるんですよ~notes

D227_181126_OSAIMG_20181128_144813.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_145016.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181128_145629.jpg D227_181126_OSAIMG_20181128_145657.jpg

 

■3日目夕食 ストラスブールでの夕食はレストラン「Le Dix」にてrestaurant

 

▼前菜はフォワグラとアルザスワインをどうぞwine

D227_181126_OSAIMG_20181128_191914.jpg

 

▼鴨のオレンジソース&ポテトグラタン

D227_181126_OSAIMG_20181128_193720.jpg

 

▼デザートのクリームカラメル

D227_181126_OSAIMG_20181128_200350.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星) 

 

■4日目朝食 ストラスブールの宿泊ホテル「Le Grand」の朝食ビュッフェの様子ですcamera

D227_181126_OSAIMG_20181129_083833.jpg D227_181126_OSAIMG_20181129_083841.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181129_083845.jpg

食事評価:★★★(3つ星) フランスのホテルはシンプルな朝食スタイルです。ちょっと残念..catface

 

▼ストラスブールのカテドラル内のプレセピオ 

D227_181126_OSAIMG_20181129_103654.jpg

 

▼クレベール広場の大きなクリスマスツリーshine

D227_181126_OSAIMG_20181129_115427.jpg

 

▼コチラはブログリー広場のクリスマスマーケットshine ストラスブールでは最大規模を誇りますeye

D227_181126_OSAIMG_20181129_121254.jpg

 

■4日目の昼食は自由食。私たちはタルトフランベをバゲットスタイルで。おなかもちょっとひと休みですねcoldsweats01

クリスマスマーケットは買い物はもちろん、食べ歩き、飲み歩きも楽しいんですshoeshoeshoe

D227_181126_OSAIMG_20181129_121415.jpg D227_181126_OSAIMG_20181129_121840.jpg

 

▼暗くなったころにはお店にも明かりがともり、いよいよクリスマスムードに彩られますflair

D227_181126_OSAIMG_20181129_121847.jpg

 

▼サントン人形のお店

D227_181126_OSAIMG_20181129_121915.jpg

 

▼コチラはアルザス地方のお菓子「クグロフ」。最近は日本でも見かけますねeye

D227_181126_OSAIMG_20181129_121925.jpg

 

▼ストラスブールの町のシンボル、壮大なカテドラルbell

D227_181126_OSAIMG_20181129_131704.jpg

 

▼町並みのうしろにそびえ立っていますcamera

D227_181126_OSAIMG_20181129_132058.jpg

 

▼夕方になると、クリスマスツリーにも明かりが..flair ライトアップがとってもキレイですheart02

D227_181126_OSAIMG_20181129_170313.jpg

 

▼ストラスブールは町も大きいだけに、クリスマスマーケットも大きな規模で開催されています

D227_181126_OSAIMG_20181129_170652.jpg D227_181126_OSAIMG_20181129_171053.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181129_171719.jpg D227_181126_OSAIMG_20181129_171750.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181129_171812.jpg D227_181126_OSAIMG_20181129_172046.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181129_171453.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181129_172025.jpg

 

■5日目昼食 ヘッヒンゲンでのご昼食はレストラン「DER BRIELHOF」にてrestaurant

 

▼スターターのミックスサラダclover

D227_181126_OSAIMG_20181130_131507.jpg

 

▼マウルタッシェン(ドイツ風のラビオリ)

D227_181126_OSAIMG_20181130_131951.jpg

 

▼この地方の名物「シュバルツヴァルター・キルシュトルテ(別名:黒い森ケーキ)cafe

D227_181126_OSAIMG_20181130_134212.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星) 

 

▼ホーエンツォレルン城内でもクリスマスマーケットが開催されていましたshine

D227_181126_OSAIMG_20181130_151410.jpg

 

▼コチラはヨーロッパでも最大級のクリスマスマーケット、シュツットガルトのクリスマスマーケットup

1枚目の写真は、シュツットガルトのグリューワインの記念カップwine 

家に持ち帰る場合と、買った先のお店に返す場合とでは、料金が少し違いますdollar

D227_181126_OSAIMG_20181130_192805.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_192812.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_193025.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_193143.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_193244.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_193418.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_193432.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_193440.jpg

 

▼店内はもちろんですが、実は屋台の屋根の飾りつけもそれぞれ違っていて面白いんですよ~camera

D227_181126_OSAIMG_20181130_193545.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_193807.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_193812.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_194240.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_194309.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_194321.jpg

 

▼クリスマスのオーナメントは、安いものだと2EURぐらいからdollar  日本では手に入りにくいデザインのものもいっぱいheart04

D227_181126_OSAIMG_20181130_194427.jpg D227_181126_OSAIMG_20181130_194522.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181130_194650.jpg 

 

■5日目夕食 シュツットガルト市内のレストラン「AMADEUS」にてrestaurant

 

▼クレープ入りのコンソメスープ

D227_181126_OSAIMG_20181130_204813.jpg

 

▼メインは牛肉のローストとパスタ、そして温野菜

D227_181126_OSAIMG_20181130_211634.jpg

 

▼デザートは、ベリーを煮込んだものに生クリームcafe

D227_181126_OSAIMG_20181130_214417.jpg

食事評価:★★★★(4つ星)

 

■6日目朝食 シュツットガルトの宿泊ホテル「Le Meridien」の朝食レストランrestaurant

なんとsign01朝食レストラン内にも大きなクリスマスツリーが~~eye

 

D227_181126_OSAIMG_20181201_085057.jpg

 

▼朝食にはフルーツもいっぱいcherry パンbreadが美味しいと好評でしたdelicious

D227_181126_OSAIMG_20181201_085103.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_085109.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181201_085121.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_085140.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星) 

 

▼コチラは朝のシュツットガルトのクリスマスマーケットshine

D227_181126_OSAIMG_20181201_104419.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_110924.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181201_111012.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_111046.jpg

 

▼ルードヴィヒスブルクの「バロックのクリスマスマーケット」shine  

D227_181126_OSAIMG_20181201_121949.jpg

 

▼コチラは今年のマグカップのデザインです、シュツットガルトのものとは違ってますねwine

D227_181126_OSAIMG_20181201_122156.jpg

 

▼6日目の昼食は自由食restaurant 今日は屋台のランチに挑戦ですsign01

D227_181126_OSAIMG_20181201_122353.jpg

 

▼中世のコスチュームの人たちにも遭遇しました~camera

D227_181126_OSAIMG_20181201_125801.jpg

 

▼フランクフルトに移動bus  ご希望のお客様をレーマー広場のクリスマスマーケットにご案内しましたshoe

D227_181126_OSAIMG_20181201_180820.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_180829.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181201_180833.jpg 

 

▼どこのマーケットにもソーセージの屋台があります。フランクフルトのマグカップも撮影してみましたwine

D227_181126_OSAIMG_20181201_195359.jpg D227_181126_OSAIMG_20181201_201209.jpg

 

■7日目 フランクフルトの宿泊ホテル「Steinberger」の朝食風景restaurant

今回はフランクフルトからの直行便で帰国なのでホテル出発はゆとりの10時発bus 最後までのんびりですhappy01

D227_181126_OSAIMG_20181202_082300.jpg D227_181126_OSAIMG_20181202_082314.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181202_082342.jpg D227_181126_OSAIMG_20181202_082355.jpg

 

D227_181126_OSAIMG_20181202_082404.jpg D227_181126_OSAIMG_20181202_083146.jpg

食事評価:★★★★★(5つ星)  白ごはんもありますし、朝からスパークリングワインもありましたよ~sign01

 

いかがでしたでしょうか、スイス・フランス・ドイツのクリスマスマーケットを訪ねる旅book

クリスマスにしては暖かく、黒い森周辺ののどかな雰囲気を楽しんでいただきましたup

 

ヨーロッパのクリスマスが楽しめるツアーは一年に一回だけ..weep

是非、来年は日本のクリスマスを楽しむ前に、ヨーロッパのクリスマスを訪れてみてくださいairplane

そんな私も、ちゃっかりオーナメントを買ってきて、せっせと日本のクリスマスツリーに飾りつけしました(笑)flair

最後まで「旅ごはん」bookをお読みいただき有り難うございましたsign01

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。