ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年9月28日出発 D421 フィンエアー利用 フランス印象派の美しき村を訪ねて8日間

2018年11月14日

2018年 9月28日 関西空港発 D421

「フィンエアー利用 フランス印象派の美しき村を訪ねて8日間」

のコースで頂いた食事をご紹介させていただきます。
観光地での写真も何枚かとってきていますので、並びにお楽しみください。

食事の評価は★印でしています。★5つが満点となります。




第1日目 関西空港 ~ ヘルシンキ ~ パリ郊外

関西空港からフィンランド航空AY078便にてヘルシンキへ。AY1577便にてパリのシャルル・ド・ゴール空港へ。到着後、空港近くのホテルへ。

 




第2日目 パリ郊外 ~ オーベール・シュロワーズ ~ シャトウ ~ サンマルタン・デュ・ヴィヴィエール

cafe 朝食の様子

卵料理はシェフが作ってくれます。フランスのパンはやっぱりおいしいです。バターもおいしいheart04

D421180928OSAimage1.jpg D421180928OSAimage2.jpg

 

朝食後、オーベールシュルオワーズへ。ここは画家のゴッホが最後の70日間を過ごした村です。
ゴッホの絵の題材になった村役場。そしてゴッホが滞在したラヴー亭

D421180928OSAimage3.jpg D421180928OSAimage4.jpg
 

村の外れにある墓地にはゴッホと弟テオが仲良く並んで眠りについています。

D421180928OSAimage5.jpg

 

その後、印象派たちの画家たちが通った、セーヌ河の中州にあるレストラン<メゾン・フルネーズ>
こちらで昼食をいただきました。

D421180928OSAimage6.jpg

 

昼食 : レストラン・メゾン・フルネーズ

前菜はタルトタタンとヤギのチーズをのせたものとサラダ。チーズは温かく調理してありました。
メインは仔牛肉の煮込みでした。柔らかく煮込んでありました。

D421180928OSAimage7.jpg D421180928OSAimage8.jpg
 

メインはティラミスのオレンジソース。ふんわりとしたオレンジの香りが上品でした。

D421180928OSAimage9.jpg

食事の評価 ★★★★★


 

昼食後、ジヴェルニーへ。ここはモネが人生の半分を過ごした家があります。ちょうど睡蓮も咲いてきれいでした。

D421180928OSAimage10.jpg D421180928OSAimage11.jpg
 

モネの家。内部は浮世絵のコレクションがすごいです。

D421180928OSAimage12.jpg D421180928OSAimage13.jpg

 

restaurant 夕食 : ホテル内レストランにて

ホテル内でパーティが2つあって、食事に時間がかかりました。

前菜はアツアツのチーズパイ。メインはロースとポークでした。

D421180928OSAimage14.jpg D421180928OSAimage15.jpg
 

デザートはガトー・ショコラのバニラソースでした。

D421180928OSAimage16.jpg

食事の評価 ★★★


 

第3日目 サンマルタン・デュ・ヴィヴィエール ~ ルーアン ~ オンフルール ~ モンサンミッシェル

cafe ホテルの朝食の様子

シンプルのバイキング

D421180928OSAimage17.jpg D421180928OSAimage18.jpg

 

朝食後、ルーアンの町の観光。こちらがモネの連作で知られる、ルーアン大聖堂。
ルーアンは中世の街並みが今でも残る素敵な町です。

D421180928OSAimage19.jpg D421180928OSAimage20.jpg

 

その後、やはりモネの作品で有名な、エトルタへ。海岸線とアヴァルの断崖はよく知られています。
こちらでは自由散策。昼食も各自でいただきました。

D421180928OSAimage21.jpg


 

その後、オンフルールに立ち寄り、モンサンミッシェルへ。夕食はホテルのレストランでいただきました。



restaurant 夕食 : ホテルレストラン

前菜はムール貝の白ワイン蒸しでした。貝の実が大きいものは実は養殖が多いのです。
メインは白身魚の海鮮ソース、ライス添え。

D421180928OSAimage22.jpg D421180928OSAimage23.jpg

 

デザートはアップルタルトとアイスクリーム。ノルマンディー地方はリンゴの産地としても知られています。
デザートだけではなく、リンゴ酒も作っています。

D421180928OSAimage24.jpg

食事の評価 ★★★

 

夕食後、モンサンミッシェルの夜景を見に行きましたnight
D421180928OSAimage25.jpg




第4日目 モンサンミッシェル ~ トゥール 

cafe ホテルの朝食の様子

D421180928OSAimage26.jpg D421180928OSAimage27.jpg

 

午前、モンサンミシェルの観光。シャトルバスで島へ。その後歩いての観光。

ノルマンディー地方はお天気が変わりやすいのですが、抜けるような青空が広がり、潮もかなりひいていました。

D421180928OSAimage28.jpg


 

昼食は各自で。

その後、ロワール地方へ。トゥール郊外のシャトーホテルに宿泊しました。


 

restaurant夕食 : 宿泊ホテル

前菜はマスカット風味のフォアグラプレス。メインはシャロン鶏のロースト。

D421180928OSAimage29.jpg D421180928OSAimage30.jpg
 

デザートはピスタチオとイチゴのデザートで、マカロン仕立てでした。
D421180928OSAimage31.jpg

食事の評価 ★★★★


 

第5日目 ロワール地方 ~ シャルトル ~ パリ

古城ホテルの朝食の雰囲気。エレガントですcrown
D421180928OSAimage32.jpg D421180928OSAimage33.jpg

 

朝食後、ロワール地方のシャトーめぐり。女の館として知られる、シュノンソー城。庭園も野生シクラメンの花が咲いてきれいです。

D421180928OSAimage34.jpg D421180928OSAimage35.jpg

 

ロワール川から眺めたアンボワーズ城。レオナルド・ダ・ヴィンチが通ったお城でもあります。
D421180928OSAimage36.jpg


 

restaurant 昼食 : レストラン カーヴ・オウ・フーエ

前菜はポークのリエット。田舎ならではの料理です。サラダと焼きたてのパンとともにいただきました。メインはサーモンのソテー。

D421180928OSAimage37.jpg D421180928OSAimage38.jpg

 

デザートはクリーム・カラメルのビスケット添え。

D421180928OSAimage39.jpg


 

そして、パリに向かう途中に立ち寄った、シャルトルでは、シャルトルブルーの美しいステンドグラスをみました。

D421180928OSAimage40.jpg


 

第6日目 パリ滞在

終日、自由行動。ホテルはマリオット・サン・ジャックに2連泊。


 

第7,8日目 パリ ~ ヘルシンキ ~ 関空

朝、8:45にホテル出発して、シャルル・ド・ゴール空港へ。AY1574便にてヘルシンキへ。AY077便に乗り継ぎ、関西空港へ。
到着後、流れ解散。お疲れ様でした。


お天気にも恵まれ、芸術家たちが愛したフランスの街々をゆっくりをご覧いただくことができました。

芸術がお好きな方にはぜひ訪れていただきたいところですart

最後までお読みいただき、ありがとうございましたhappy01
 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。