ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年9月11日出発 D394 フィンエアー利用 クロアチア・スロベニア憧れの絶景をめぐる旅9日間

2019年11月 5日

フレンドツアー 関西発 2019年9月11日出発 

D394 フィンエアー利用 
クロアチア・スロベニア憧れの絶景をめぐる旅9日間

のコースで実際にお召し上がりいただいたお食事と観光地の写真をご紹介します。

お食事はの数で評価しています。満点は星5つ★★★★★です。



第1日目 関西空港 ~ ヘルシンキ ~ ドブロヴニク

関西空港でご集合後、AY078便にてヘルシンキへ。その後、AY1835便に乗り継ぎ、クロアチアのドブロヴニクへ。飛行時間も短く、とてもスムーズに乗り継げるので、フィンエアーでクロアチアに行くのが一番楽ですね flair

ちょうど日没時にドブロヴニクの到着。空港から宿泊ホテルへは約40分です。AY1835便の機内食は有料、無料のサービスは、コーヒー、紅茶、ブルーベリージュース、お水のみです。本日の夕食はフリー食。宿泊ホテルの中にはいくつかのレストランがあります。軽食を日本から持参してお夜食とした方も多かったです。

宿泊地 ドブロヴニク : ドブロヴニク パレス 2連泊




 

第2日目 ドブロヴニク 滞在  sun sun smiley 

cafe ホテルの朝食の様子

眺めの良い朝食会場で、種類もたくさんありました。卵料理はオムレツなどを作ってくれる料理人がいますので、好きな卵料理を作ってもらうこともできます。

D394_190911_OSAIMG_20190912_070413.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_070419.jpg
 

温かい料理も数多くありました。

D394_190911_OSAIMG_20190912_070426.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_070503.jpg


D394_190911_OSAIMG_20190912_070432.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_070440.jpg 


D394_190911_OSAIMG_20190912_070455.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_070506.jpg

食事の評価 ★★★★




朝食後、バスでドブロヴニクの旧市街へ。現地ガイドさんと合流してまずはスルジ山へゴンドラで上りました。いつも混雑するゴンドラですが、今日はとてもすいていました。待ち時間もなく、あっという間に頂上へ。上からは旧市街やロクルム島がよく見えます。まさに絶景ですね。

D394_190911_OSAIMG_20190912_092543.jpg



その後、旧市街を歩いて観光。細い路地や山の手側には多くの階段があります。

D394_190911_OSAIMG_20190912_095452.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_095918.jpg
 

大きな荷物を持って登るのは結構大変です。

D394_190911_OSAIMG_20190912_100033.jpg
 

観光後、旧港よりグラスボートに乗ってロクルム島を一周。海から見るドブロヴニクも素敵です。まだ泳げるような陽気だったので、水辺でくつろいでいる人も多くみられました。yacht  ロクルム島にはヌーディスト・ビーチもあります eye shine

D394_190911_OSAIMG_20190912_121023.jpg


 

観光後、旧市街の有名レストランにて昼食。

restaurant 昼食 : Proto

まずは前菜の盛り合わせ、ルッコラとたこ、ツナの燻製とエビのカナッペ3種類です。次にとてもあっさり、やさしい味のお魚のスープ。器が大きくてびっくり eyesweat01

D394_190911_OSAIMG_20190912_125434.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_130957.jpg
 

メインは白身魚の蒸しもので、白ワインソースがかかっていました。魚の下には温野菜が隠れています。とてもあっさり、お魚もふわっとした食感でソースとのコンビネーションがとても良かったです。

デザートはチーズケーキで、ベリーソースがかかったもの。コーヒーまたは紅茶もついていました。

D394_190911_OSAIMG_20190912_133552.jpg D394_190911_OSAIMG_20190912_140626.jpg

食事の評価 ★★★★★
 

昼食後、フリータイム。旧市街で解散して、各自公共のバスでホテルに戻りました。ホテルの前がバスの発着所。終点なので、行き先を間違えることもありません。

夕食は各自で。ご希望の方はホテルのレストランで美しいサンセットを見ながらいただきました。シーフードがとても好評でしたsign03




第3日目 ドブロヴニク ~ コルチュラ島 ~ ポドストラナ(スプリット郊外)

朝食後、美しい海岸線を見ながら、ペリチャッツ半島へ。塩田で有名なストンに立ち寄り、散策を少しお楽しみいただきました。こちらがストンの塩田。今でも昔ながらの手法で塩が作られています。町を守るために作られた城壁。いかに塩が重要であったかがわかります。山の手にも城壁が続いているのが見えます。

D394_190911_OSAIMG_20190913_092124.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_092141.jpg
 

その後、オルヴィッチという町から船に乗ってコルチュラ島へ。こちらがコルチュラの町の旧市街を囲む城壁。抜けるような青空で日差しもきつかったのですが、今日は西風「マエストラ」が吹いていたので、さわやかでした。観光と自由散策をお楽しみいただきました。残念ながらマルコポーロの家は未だ修復中・・・・・・いつ改装が終わるかは不明・・・・・blush

D394_190911_OSAIMG_20190913_121843.jpg



 

restaurant 昼食 : Planjak

コルチュラの港近くにあるレストランで、私たちの料理のために炭でグリルを温めていました happy01 shine これでお魚を焼けば、間違いなくおいしいですよねぇ~ dog

まずはシーザーサラダ・・・とありますが、レタスにパプリカやチキンのマヨネーズ和え、ベーコン、チーズなどが入っていました。

D394_190911_OSAIMG_20190913_123247.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_124152.jpg



私たちのイカをグリルで焼き始めました wink shine とてもおいしそうな匂いが漂います・・・・・heart04 そして焼かれたイカがサーブされました。 焦げ目が香ばしくておいしかったです。
D394_190911_OSAIMG_20190913_125021AA.jpg

 

 

D394_190911_OSAIMG_20190913_130529.jpg

 

デザートはロザータで、いわゆるプリンです。ゼラチンで固めるのではなく、蒸したプリンでよく冷やして出てきました。D394_190911_OSAIMG_20190913_133258.jpg

食事の評価 ★★★★


 

その後、同じ道を引き返し、ボスニア・ヘルツェゴビナを経由してポドストラナに向かいました。

ホテルにチェックインした後、夕食はホテルで。ちょうど夕暮れ時でレストランのテラスから思わず写真を撮ってしまいました happy01

D394_190911_OSAIMG_20190913_194534.jpg


 

restaurant 夕食 : ホテル内レストラン

バイキングの夕食でした。種類も多く、何をいただくか、迷ってしまいます。
野菜はたくさんあるので、野菜不足になる旅行中はとても貴重。

D394_190911_OSAIMG_20190913_194648.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_194651.jpg
 

仔牛のお肉のロースト(ちょっと固かった・・・sweat01)、付け合わせのポテト、

D394_190911_OSAIMG_20190913_194705.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_194710.jpg


ラザーニャもありました。

D394_190911_OSAIMG_20190913_194724.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_194740.jpg
 

こちらはツナのグリル。そしてビーフ・ストロガノフ。

D394_190911_OSAIMG_20190913_194755.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_194824.jpg



こちらはデザートのコーナー。ひとつひとつのサイズがミニなので、いろいろなデザートを楽しめます。もちろん、フルーツもありました。そろそろ実りの秋の季節。果物も旬のものが出されているのがうれしいですね。

D394_190911_OSAIMG_20190913_194844.jpg D394_190911_OSAIMG_20190913_194854.jpg

食事の評価 ★★★★     とても雰囲気の良いレストランです。

宿泊地 ポドストラナ : ホテル ル・メリディアン・ラヴ 泊




 

第4日目 ポドストラナ ~ スプリット ~ プリトヴィツェ

restaurant ホテルの朝食の様子

こちらが菓子パンやケーキのコーナー、そして卵のコーナー chick

D394_190911_OSAIMG_20190914_071105.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071112.jpg
 

こちらは野菜とフルーツのコーナーで、スティック状に切ってくれている野菜がうれしい!はちみつも巣付きのものです。美容にいいといわれています。杏子やいちぢくなど、季節の果物がいっぱい並んでいました。

D394_190911_OSAIMG_20190914_071123.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071259.jpg
 

D394_190911_OSAIMG_20190914_071329.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071340.jpg



温かい食べ物も数多く、大豆のトマト煮、マッシュルームのソテー、ハッシュブラウン、

D394_190911_OSAIMG_20190914_071230.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071235.jpg
 

ベーコンやソーセージなどの肉料理もありました。

D394_190911_OSAIMG_20190914_071242.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071248.jpg
 

パン、ハム、チーズのコーナーなど、看板があってわかりやすかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190914_071309.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_071327.jpg

食事の評価 ★★★★


 

朝食後、バスでスプリットへ。ディオクレティアヌス皇帝の宮殿近くでバスを降り、歩いて市内観光。こちらはかつての皇帝の霊廟あとに付け加えられた大聖堂の鐘楼。今日もとても良いお天気です。

こちらが宮殿内にある、「銀の門」。この門を抜けると、青空市場が広がっています。そしてレストランの前にある、パリステル。宮殿の中心広場です。

D394_190911_OSAIMG_20190914_111257.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_111512.jpg

 

restaurant 昼食 : Luxor

ディオクレティアヌスの皇帝の宮殿内にあるレストランです。まずは、アンチョビのマリネとルッコラとトマトのサラダ。バルサミコ酢のソースがよく合いました。メインは手長エビのグリルとスパゲティトマトソース。パスタの量がすごかったのですが、意外と食べてしまいました。エビは見た目はボリュームがありますが、食べるところはちょっとだけ・・・・・・weep 養殖ができないそうで、かなりの高級品となってしまっています。

D394_190911_OSAIMG_20190914_114552.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_120057.jpg
 

デザートはセミフレッドアイス。甘酸っぱいチェリーの甘露煮は口の中がさっぱりします。

D394_190911_OSAIMG_20190914_123310.jpg

食事の評価 ★★★

 

昼食後、バスでトロギールへ。小さい島ですが、ここも世界遺産に登録されています。こちらがトロギールの旧市街にあるロヴロ大聖堂です。

D394_190911_OSAIMG_20190914_144519.jpg

その後、少し海岸線を走り、ベルベット山脈を越えて、内陸部へ移動。プリトヴィツェ国立公園へ向かいました。


 

restaurant 夕食 : ホテル内 レストラン

バイキングの夕食です。あまり種類が多くない・・・・coldsweats02  それでもこのあたりでは一番人気のホテルです。

D394_190911_OSAIMG_20190914_184054.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_184104.jpg
 

たくさんのグループが宿泊していますが、今日は取り合いのバトルはなかったですcoldsweats01

D394_190911_OSAIMG_20190914_184107.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_184118.jpg
 

デザートはフルーツサラダやフルーツ、ケーキなどがありました。

D394_190911_OSAIMG_20190914_184137.jpg D394_190911_OSAIMG_20190914_184141.jpg
 

D394_190911_OSAIMG_20190914_184144.jpg

食事の評価 ★★

宿泊地 プリトヴィツェ : ホテル イェゼロ 泊



 

第5日目 プリトヴィツェ ~ ザグレブ

cafe ホテルの朝食の様子

D394_190911_OSAIMG_20190915_065041.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_065137.jpg
 

卵はスクランブルエッグとゆで卵がありました。

D394_190911_OSAIMG_20190915_065140.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_065702.jpg
 

パイは結構おいしかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190915_065708.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_065717.jpg
 

朝食後、プリトヴィツェ国立公園のハイキングへ。すこし早目に出発したので、人も少なくゆっくりとハイキングを楽しめました。夏の間、雨があまり降っていないので水の量は少なめ。

D394_190911_OSAIMG_20190915_101644.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_101654.jpg
 

でもここは水の色がいつ来ても美しい。紅葉もそろそろはじまりかけていました。こちらは赤色に紅葉する木はまれで、黄葉が中心です。

D394_190911_OSAIMG_20190915_101952.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_101958.jpg


 

ハイキングの後、ザグレブに行く途中でレストランに立ち寄り、昼食をいただきました。

restaurant 昼食 : Mirjana

前菜はサラダ。お酢で和えられたキャベツがアクセントになっておいしかったです。メインはますのグリルと温野菜です。

D394_190911_OSAIMG_20190915_120250.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_121318.jpg
 

デザートはアイスクリーム。ホイップクリームとビスケット付。素朴で久々に食べるとおいしかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190915_123612.jpg

食事の評価 ★★★

 

その後、首都、ザグレブへ。早目についたのでホテルのお部屋ができておらず、ホテルで待っていても仕方がないので、みんなで駅近くのショッピングセンターへ行きました。といっても日曜日なのでスーパーは開いていますが、いくつかのお店は閉まっていました。



restaurant 夕食 : ホテル内 レストラン

前菜はチキンのコンソメスープ。味も濃くなく、優しい味のスープでした。メインはポークの野菜ロールのキノコリゾット添え。ポークはフィレ肉なので、とても柔らかく調理してありました。リゾットのクリーミー感ととてもよく合いました。リゾットの調理も食べやすく、お米に芯もなくおいしく頂けました。 お野菜の盛り付け方も工夫されていてよかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190915_183942.jpg D394_190911_OSAIMG_20190915_185145.jpg
 

デザートはチョコレートケーキと赤スグリ添え。とても濃厚なチョコレートたっぷりのケーキでした。サイズは半分ぐらいでちょうどいいのですが、ついついおいしくて食べ過ぎてしまいました。 皆さんも結構 完食~

D394_190911_OSAIMG_20190915_191411.jpg

食事の評価 ★★★★

宿泊地 ザグレブ : ホテル ウェスティン・ ザグレブ 泊




第6日目 ザグレブ ~ ポストイナ ~ ブレッド湖畔

cafe ホテルの朝食の様子

すごい混雑していて、写真も人でなかなか取れませんでした。

D394_190911_OSAIMG_20190916_070444.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_070500.jpg
 

このホテルはグループがたくさん泊まっていることが多く、そのうえ、会議のお客様で満室とのことsweat02 
朝食会場も人であふれていました。

D394_190911_OSAIMG_20190916_070518.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_070535.jpg

朝食後、ザグレブの市内観光。その後、国境へ。月曜日はトラックも多く、クロアチア出国にもスロベニア入国にもとても時間がかかり・・・・・・・shock 1時間半も国境で待ちました。でももっと待つこともあります。

スロベニアに入り、鍾乳洞で知られるポストイナへ。到着後、まずお食事をいただきました。鍾乳洞の入場の時間があるので、ちょっとバタバタといただくことになり、申し訳なかったです dash



 

restaurant 昼食 :Jamski Dvorec

鍾乳洞の入り口の横にあるレストランです。まずはポテトスープ。体が温まります。メインは白身魚のフライ。カラッと揚がっていました。カリフラワーや温野菜添え。

D394_190911_OSAIMG_20190916_144850.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_150521.jpg
 

デザートはパンナコッタ。味わって食べている時間はなかったです・・・・ 遅い昼食になってしまいました。

D394_190911_OSAIMG_20190916_152158.jpg

食事の評価 ★★★




昼食後、全長20㎞あるといわれる、ポストイナの鍾乳洞へ。まず、こんなトロッコに乗って洞窟内へ入っていきます。洞窟内の気温は年間を通じて9~10度。 見学の際は防寒具が必要です。

D394_190911_OSAIMG_20190916_152908.jpg
 

洞窟内の見学は日本語のオーディオガイドにて約1時間ほど歩きます。その大きさには圧倒されます coldsweats02

D394_190911_OSAIMG_20190916_160704.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_162333.jpg

 

鍾乳洞見学後、風光明媚なブレッド湖畔へ。ホテルにチェックインした後、ホテル内のレストランにて夕食。


restaurant 夕食 : ホテル内 レストラン

バイキングで、お好きなものをいただきました。種類もたくさんありました。

野菜や前菜のコーナー、スープもありました。

D394_190911_OSAIMG_20190916_194747.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_194756.jpg



D394_190911_OSAIMG_20190916_194805.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_194819.jpg


ベジタリアンの方向けのパスタもありました。

D394_190911_OSAIMG_20190916_194837.jpg D394_190911_OSAIMG_20190916_194842.jpg

食事の評価 ★★★

宿泊地 ブレッド湖畔 : ホテル パーク 2連泊




第7日目 ブレッド湖畔滞在

cafe ホテルの朝食の様子

牛乳だけではなく、豆乳もありました。ヨーグルトも液体状のものがありました。

D394_190911_OSAIMG_20190917_083856.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_083942.jpg

 

パンやクレープ、ハムやチーズなど、よくあるパターンの朝食内容でした。

D394_190911_OSAIMG_20190917_083909.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_083923.jpg



D394_190911_OSAIMG_20190917_083936.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_083950.jpg


D394_190911_OSAIMG_20190917_083904.jpg



朝食後、ユリアンアルプスの瞳と呼ばれる2つの湖を観光。まずはボーヒン湖へ行きました。標高1500mのボーゲル山にロープウェイでのぼり、上からアルプスや湖を眺望。雨の予報でしたが、午前中はなんとかお天気ももち、美しい風景を楽しむことができました。とてもラッキーでしたscissorsshine

D394_190911_OSAIMG_20190917_100642.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_100645.jpg



ヴォーゲル山はスキー場でもあります。たくさんの人が来られるので、こんな写真スポットも・・・・・happy01 ハートの中に入っているのが、スロヴェニアのシンボル、トリグラフ山です。ユリアンアルプスも今日はばっちりでした。

D394_190911_OSAIMG_20190917_101651.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_101730.jpg



その後、ボーヒン湖畔を散策。ますが優雅に泳いでいました。水の色もとてもきれい。澄み切っています。

D394_190911_OSAIMG_20190917_105857.jpg



ボーヒン湖観光後、ブレッドにもどり、ブレッド湖畔で一番よく知られるホテルにて昼食。今日は軍の幹部たちの会合(?)があったらしく、入り口には各国の国旗や軍服姿の人々がホテル内にいました。

D394_190911_OSAIMG_20190917_120150.jpg



restaurant 昼食 : Grand hotel Toplice 

前菜はシーフードのリゾット。手長エビが乗っていて豪華! メインはポークのステーキのマッシュルームソース。トウモロコシでつくった、ポレンタが添えられていました。お肉は柔らかく、ソースもとてもおいしかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190917_122701.jpg  D394_190911_OSAIMG_20190917_124024.jpg
 

デザートは焼きりんご。まるまる焼きりんごがパイで包まれてちょっと食べるのがむずかしい・・・・coldsweats01アイスクリーム付!

D394_190911_OSAIMG_20190917_130126.jpg

食事の評価 ★★★★★   雰囲気もお料理もとてもよかったです heart04

 

その後、ブレッドの観光。だんだん雲が出てきましたが、なんとかお天気は持ちました。手漕ぎボートでブレット島へ行ったり、断崖絶壁の上に立つ、ブレッド城など観光後、ホテルへ。夕食まで一休み。湖畔を歩いたり、お買い物をしたり・・・・・

 

restaurant 夕食 : Mlino   バスで近くのレストランへ行きました。

前菜はポルチーニ茸の入ったスープ。この高級きのこ(ヨーロッパ版の松茸のようなものです。)は山の国のスロヴェニアでも取れます。とてもおいしく、キノコのだしがよく利いていました。 メインはサーモンのグリル。盛り付け方も料理の量も程よく、味付けもとてもよかったです。

D394_190911_OSAIMG_20190917_185008.jpg D394_190911_OSAIMG_20190917_190935.jpg
 

デザートはゲマーダという、スロヴェニアのスイーツ。つぶしたスポンジケーキとクリームをごちゃ混ぜにしたような感じのデザートです。ホイップクリームとともにいただきました。

D394_190911_OSAIMG_20190917_194059.jpg

食事の評価 ★★★★★





第8・9日目 ブレッド ~ リブリヤーナ ~ ヘルシンキ ~ 関空

最終日、ホテル出発時は曇っていて、ユリアンアルプスも周りの山々も雲の中。1時間ほどかけてスロヴェニアの首都、リュブリヤーナへ。空港に到着した時は雨でした。お天気にとても恵まれました。雨に合うとしみじみお天気のありがたみがわかります。

リュブリヤーナからAY1202便にてヘルシンキへ。AY077便にて関西空港へ。到着後、流れ解散。お疲れさまでした。

本当にお天気に恵まれ、うまく観光地の混雑も回避できて、スムーズに日程を進めることができた、恵まれたツアーでした。

観光のハイシーズンは終わったとはいえ、美しい自然がとても人気の国なので、この時期でもとても混雑していますが、それだけ魅力的な国々です。

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。