ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年3月4日発 F630 フィンエアー利用 オーロラと温泉 アイスランドの絶景を巡る8日間

2019年4月11日

フレンドツアー 関西発 

2019年3月4日発 F630 

フィンエアー利用  オーロラと温泉アイスランドの絶景を巡る8日間 

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は★の数で評価させていただきます。満点は 星5つ ★★★★★ となります。


 

spade1日目

関西空港発フィンエアー直行便airplaneでヘルシンキ着。

ホテルが街中で中心部への散策もすぐ、ショッピングセンターもすぐそばなので便利でしたhappy01


 

spade2日目  suncloudsnow最高3℃ 最低マイナス7℃
 

早朝airplaneの為、朝食はBOXタイプ。こんな感じでした。

とてもシンプルですが、サンドイッチは日本風で美味でした。

F630_190304_OSA1_IMG_2724.jpg



 

空路airplaneアイスランドへ。

ランチはレイキャヴィクのPERLANにて。

アイスランドはバターが美味しいことで有名。

少し塩分を効かせてパンの甘みを引き立てますbread

F630_190304_OSA2_IMG_2726.jpg

 

かぼちゃのスパイシースープ

数種類のスパイスが味のアクセントになっていますgood

F630_190304_OSA3_IMG_2727.jpg

 

鱈と温野菜。

鱈が新鮮で柔らかく調理されて好評でしたfish

食後にはコーヒー・紅茶が付きますcafe

F630_190304_OSA4_IMG_2728.jpg

☆☆☆☆☆5つですhappy01


 

レイキャビクのペルトラン。

レストランの建物は温水貯蔵施設で、テラスからはレイキャビクの街並みが見渡せます

F630_190304_OSA5_IMG_2729.jpg F630_190304_OSA7_IMG_2735.jpg

 

 

ハトルグリムス教会。柱状節理の岩をモチーフにデザインされた教会はとてもシンプル。

教会前の銅像は1000年にアメリカ大陸に上陸したとされるバイキングのエリクソンeye

F630_190304_OSA8_IMG_2737.jpg F630_190304_OSA9_IMG_2739.jpg
 

 

チョルトニン湖。今年は暖かく、市庁舎前の湖は凍っていませんでした。

F630_190304_OSA10_IMG_2741.jpg

 

ハルパ。

こちらも柱状節理の岩をイメージして作られたコンサートホール。

太陽光でさらに美しく見えますshine

F630_190304_OSA11_IMG_2746.jpg

 

お泊りはHELLAのRANGAホテルです。

夕食もホテルにて

3種のサーモンの前菜fish

脂ののったアトランティックサーモン。3種の異なる燻製方法で楽しめました。

F630_190304_OSA12_IMG_2752.jpg

 

 

鶏胸肉のグリルサワーソース。

焦げてるように見えていますが、中はとてもジューシーhappy01

サワーソースとぴったりでした。

F630_190304_OSA13_IMG_2753.jpg

 

チョコレートブラウニーとアイスクリーム&フルーツapple

アイスランドは知る人ぞ知るチョコレートの美味しい国。

甘さ控えめで完食しましたdelicious

F630_190304_OSA14_IMG_2754.jpg

☆☆☆☆☆5つですhappy01

 

ホテルのバーの椅子がとってもセクシーhappy02写真撮影に最適!
F630_190304_OSA15_IMG_2759.jpg




 

spade3日目 suncloudsnow最高1℃ 最低マイナス4℃

朝食ビュッフェです。

種類豊富でサーモンやニシン、肝油のリシ、シャンパンもありました。
F630_190304_OSA16_IMG_2760.jpg F630_190304_OSA17_IMG_2761.jpg

 

F630_190304_OSA18_IMG_2762.jpg F630_190304_OSA19_IMG_2763.jpg

 

F630_190304_OSA20_IMG_2764.jpg

 

これが肝油のリシ

F630_190304_OSA21_IMG_2765.jpg

 

朝からシャンパン!

F630_190304_OSA22_IMG_2766.jpg

 

アイスランド第三の乳製品、バイキングの置き土産、スキールもwink

F630_190304_OSA23_IMG_2768.jpg

 

スコウガの滝

落差60m。ここも今年は暖かく、鳥たちがたくさんおりましたchick

F630_190304_OSA24_IMG_2770.jpg F630_190304_OSA25_IMG_2771.jpg

 

スコウガ民族博物館

主に1800年代後半に使われた船、農家の住居、教会など興味深い展示ですeye

F630_190304_OSA26_IMG_2774.jpg F630_190304_OSA27_IMG_2775.jpg

 

F630_190304_OSA28_IMG_2776.jpg

 


黒砂海岸 レイニスドゥランガル

火山噴火の為、細かくなった溶岩で独特の真黒な海岸を形成しています。

F630_190304_OSA29_IMG_2779.jpg

 

ランチはBERGにてrestaurant

スモークイワナ入りパテとブレッドを前菜に

F630_190304_OSA30_IMG_2780.jpg

 

ラムチョップ&温野菜

アイスランドのラムは生後4か月半以内で柔らかく臭みもなくジューシーですaries

F630_190304_OSA31_IMG_2781.jpg

 

スキールのパンナコッタ

とってもクリーミーで完食してしまいましたdelicious

F630_190304_OSA32_IMG_2783.jpg

☆☆☆☆4つにしておきます。

 


 

スカフタフェトル国立公園

アイスランド最高峰(4110m)が右側に見えています。

F630_190304_OSA33_IMG_2793.jpg

 

こちらはアイスランド最大のヴァトナヨークトル(氷河)の支流、スヴィナフェトルスヨークトルの美しい姿shine

F630_190304_OSA34_IMG_2794.jpg

 

ディナーはホテルにて。

ガーデンサラダ。冬の国で新鮮な野菜は嬉しいですhappy01

F630_190304_OSA35_IMG_2796.jpg

 

サーモンのグリル&温野菜

判りにくいですが、サーモンは3切れも入っており、ボリューム満点sign01

F630_190304_OSA36_IMG_2797.jpg

 

クレームブリュレとシャーベットdelicious

毎回皆様デザートは完食でした

F630_190304_OSA37_IMG_2798.jpg

☆☆☆☆4つにしておきます。



 

spade4日目  snowcloudsun


朝食ビュッフェです

このホテルも種類豊富。

F630_190304_OSA38_IMG_2799.jpg F630_190304_OSA39_IMG_2800.jpg

 

F630_190304_OSA40_IMG_2801.jpg F630_190304_OSA41_IMG_2802.jpg


 

アイスランドはセルフでパンケーキを焼けるセットのあるところが多いですhappy02

F630_190304_OSA42_IMG_2803.jpg

 

ヨークルサルロン氷河湖eye

氷河から溶けた氷塊が浮かんで湖を覆いつくしています。

F630_190304_OSA43_IMG_2807.jpg


 

ブレイザメルク氷河観光

スーパージープに約40分、その後もう一度雪上車に乗り換えて・・・・

F630_190304_OSA44_IMG_2809.jpg

 

氷河に到着!
F630_190304_OSA45_IMG_2813.jpg

 

アイスケーブ入場待ちの間、小さな穴に入ってみました。

F630_190304_OSA46_IMG_2816.jpg F630_190304_OSA47_IMG_2817.jpg

 

 

これも入場待ちの間に、約30mの深さの黒く光り輝くクレバスをのぞき見eye

F630_190304_OSA48_IMG_2820.jpg

 

いよいよお待ちかねのアイスケーブ入場sign03

F630_190304_OSA49_IMG_2822.jpg

 

内部は暖かく、神秘的なブルーの色に感動happy02

F630_190304_OSA50_IMG_2827.jpg F630_190304_OSA51_IMG_2831.jpg

 

F630_190304_OSA52_IMG_2832.jpg F630_190304_OSA53_IMG_2833.jpg

 

 

ランチはホテルにてビュッフェスタイルでした。

氷河観光の後、皆様空腹だったので結構召し上がっておられましたbleah

F630_190304_OSA54_IMG_2834.jpg F630_190304_OSA55_IMG_2835.jpg
 

 

F630_190304_OSA56_IMG_2836.jpg F630_190304_OSA57_IMG_2837.jpg

 

F630_190304_OSA58_IMG_2838.jpg

 

 

午後はセリャラントスの滝へ。

青空に映えてベールのように美しい滝ですshine

F630_190304_OSA59_IMG_2840.jpg

 



夜はセルフォスホテル近くてオーロラ鑑賞note

ホテルから5分、本日は早い時間帯の20:30ごろから出現sign03

添乗員のスマホで撮影したため、画像は荒いですがお許しくださいcoldsweats01

F630_190304_OSA60_IMG_2850.jpg F630_190304_OSA61_IMG_2855.jpg

 

F630_190304_OSA62_IMG_2856.jpg F630_190304_OSA63_IMG_2857.jpg

 

F630_190304_OSA64_IMG_2858.jpg



 

 

spade5日目  suncloud最高3℃ 最低マイナス10℃
 

朝食ビュッフェです。

シンプルな内容でしたが一通りそろっています。

甘いパンがたくさんありましたbread

F630_190304_OSA65_IMG_2877.jpg F630_190304_OSA66_IMG_2879.jpg

 

F630_190304_OSA67_IMG_2880.jpg F630_190304_OSA68_IMG_2881.jpg

 

 

グトルフォス(黄金の滝)

晴天ですがかなりの強風で極寒でしたbearingtyphoon

カメラ撮影も一苦労でした。

F630_190304_OSA69_IMG_2884.jpg F630_190304_OSA70_IMG_2887.jpg

 

 

アイスランドホースhorse

アイスランドの馬は少し短足気味で太目coldsweats01人懐っこくてかわいいです。

F630_190304_OSA71_IMG_2889.jpg

 

ストロックル間欠泉。

本日は2~3分おきに噴出し、二連発もあり十分満喫できましたsign03

F630_190304_OSA72_IMG_2892.jpg

 

FAXIの滝

サーモンが遡上する滝として有名ですfish

F630_190304_OSA73_IMG_2896.jpg

 

 

ランチレストラン「FRIDHEIMAL」

温室レストランです。

F630_190304_OSA74_IMG_2897.jpg

 


コンピューター管理で作られるトマトですが、受粉はオランダからの蜂が、収穫は人の手が活躍しています。

F630_190304_OSA75_IMG_2898.jpg F630_190304_OSA76_IMG_2899.jpg
 

 

 

テーブルセッティングも温室ならでは。

ハーブは自分で切ってトマトスープやパスタに入れます。

F630_190304_OSA77_IMG_2900.jpg

 

バターとサワークリーム、キュウリの甘酢風(大人気でお代わりしました)

F630_190304_OSA78_IMG_2902.jpg

 

トマトスープとパンbread

スープとパンはセルフで自分で持ってきます。

スープはトマトの酸味が効いていて絶品good

F630_190304_OSA79_IMG_2904.jpg

 

ラビオリ トマトソース。

美味ですがボリューム「大」にびっくりcoldsweats02

上に新鮮な野菜が載っています。

F630_190304_OSA80_IMG_2905.jpg

 

最後にサクッとしたパイ風のデザート登場。

これまたボリューム「大」

F630_190304_OSA81_IMG_2906.jpg

☆☆☆☆☆5つ、満点ですhappy02



 

シンクヴェトリル国立公園

北米プレートのすぐ脇を歩きますshoe

F630_190304_OSA82_IMG_2908.jpg

 

ユーラシアプレートは数キロ先に位置していますeye

F630_190304_OSA83_IMG_2909.jpg

 

ギャウ(地球の裂け目)が間近に見えますeye

F630_190304_OSA84_IMG_2915.jpg

 

歩いてきたアルマンナギャウ

F630_190304_OSA85_IMG_2917.jpg

 

ディナーはホテルにてrestaurant

マッシュルームクリームスープ

とても濃厚なお味で好評でした。

F630_190304_OSA86_IMG_2918.jpg

 

アイスランドロブスターscorpius

ヨーロッパアカザ海老は少し小さめでプリッとしています。

一人前が9~10尾あり、ぺろりと完食happy02

F630_190304_OSA87_IMG_2919.jpg

 

再びチョコレートデザート登場。

お土産にチョコレートもお薦めですhappy01

F630_190304_OSA88_IMG_2922.jpg

☆☆☆☆☆5つですhappy01




 

 

spade6日目  cloudsnowsun最高2℃ 最低マイナス2℃

朝食ビュッフェです。

種類豊富でしたgood

F630_190304_OSA89_IMG_2934.jpg F630_190304_OSA90_IMG_2935.jpg

 

お味噌汁とおかゆもありました。

F630_190304_OSA91_IMG_2937.jpg F630_190304_OSA92_IMG_2939.jpg

 

F630_190304_OSA93_IMG_2940.jpg




 

ブルーラグーンですwink

溶岩台地の中に入口があります。

F630_190304_OSA94_IMG_2952.jpg

 

シリカやアルジー製品のスキンケアグッズも販売しています。

F630_190304_OSA95_IMG_2957.jpg

 

平均温度は37~38℃ですがじっくり浸かっていると体はポカポカhappy01

F630_190304_OSA96_IMG_2961.jpg F630_190304_OSA97_IMG_2965.jpg

 

 

ランチはブルーラグーン内のLAVAにて

パンとバター

個々のバターはスキールと塩の華もはいっており、とっても美味しいですgood

F630_190304_OSA98_IMG_2968.jpg

 

ラムのタルタル入り春巻き風

中のラムは臭みなく、春巻き風にするアイデアはお見事aries

F630_190304_OSA99_IMG_2969.jpg

 

ビーフのテンダーロインステーキ&温野菜taurus

ものすごい厚さでボリューム大でしたが、完食のお客様多数でしたsign03

付け合わせのキノコが美味しかったです。

F630_190304_OSA100_IMG_2970.jpg

 

 

レストランはブルーラグーン内にあり、大人気で満席でした。

F630_190304_OSA101_IMG_2971.jpg

 

 

リコリスアイスクリーム&スキール

アイスランド人の大好きな、クセのあるリコリス入りのアイスクリーム登場!

日本人の口に合うかどうか、賛否両論ですがトライしてみる価値はありますcoldsweats01

F630_190304_OSA102_IMG_2972.jpg

☆☆☆☆☆5つです。



 

午後はオーロラツアーなど思い思いにのんびりお過ごしいただきました。

深夜に大きなオーロラが出現して、ご参加の方は大感激でしたhappy02

お天気ばかりは運次第、ですが、行程がゆったりしていて、食事も美味しいので十分楽しんで頂けます。

是非一度、お出かけくださいねhappy01

 

今回の冬のアイスランドはお天気に恵まれ、オーロラも見え、満足なツアーでしたhappy02

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。