ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年2月26日発 F630 フィンランド航空利用 オーロラと温泉アイスランドの絶景を巡る8日間

2018年3月29日

フレンドツアー 関西発 

2018年2月26日発 F630 

フィンランド航空利用  オーロラと温泉アイスランドの絶景を巡る8日間 

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は★の数で評価させていただきます。満点は 星4つ ★★★★★ となります。

 

1日目   

フィンランド航空にてフィンランドの首都ヘルシンキへairplane

直行便でらくらくsmileyです。

寒波が来てるらしくー17℃snow頭が痛くなる寒さでした。

日はとても長くなりました。

ヘルシンキのご宿泊ホテルのお部屋↓

F630_180226_OSA_IMG_6341.jpg



 

2日目


cafeご朝食はホテルにてビュッフェでした。

フルーツ

F630_180226_OSA_IMG_6342.jpg F630_180226_OSA_IMG_6343.jpg
 

チーズやハムも十分にあります。

F630_180226_OSA_IMG_6344.jpg F630_180226_OSA_IMG_6345.jpg
 

ベーコンや卵

F630_180226_OSA_IMG_6346.jpg F630_180226_OSA_IMG_6347.jpg
 

さすがの北欧ベリー系も充実

F630_180226_OSA_IMG_6348.jpg F630_180226_OSA_IMG_6349.jpg
 

カレリアンピーランカ(赤い電気で温められているほう)はフィンランドの名物です。
地元の方はこれにバターを乗せて食べるので、すごいカロリーeyeこの寒さには必須なのかもしれません。

F630_180226_OSA_IMG_6350.jpg F630_180226_OSA_IMG_6351.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6352.jpg

星4つ ★★★★☆

 

11時まではゆっくりとお過ごしいただきました。

それにしても晴天ですが、寒波で=-18℃・・・・。

 

午後のアイスランド航空でレイキャビック、ケフラヴィーク空港へ行きました。

レイキャビックに到着後、バスでヘトラヘ向かいました。

 

restaurantご夕食はヘトラのホテルRANGAにていただきました。

F630_180226_OSA_IMG_6354.jpg 

 

前菜はミートプレート 

今日は左からパフィン、グース、トナカイでした。

意外に癖がなく美味しかったです。

F630_180226_OSA_IMG_6353.jpg


メインはチキンのローストです。

F630_180226_OSA_IMG_6355.jpg

 

デザートはチョコブラウニーとアイスクリームでした。

F630_180226_OSA_IMG_6356.jpg

星5つ ★★★★★

 

これは添乗員のお部屋です↓

お客様のお部屋の壁にはいろんな動物が描かれていて驚きましたが、私の部屋はとってもシンプルでした。

F630_180226_OSA_IMG_6357.jpg

 

 

3日目

cafeご朝食はホテルにていただきました。

このビュッフェと合わせて温かいお料理はメニューから選んで注文可能でした。

F630_180226_OSA_IMG_6358.jpg F630_180226_OSA_IMG_6359.jpg
 

ワッフルは自分で焼いてアツアツがいただけます。おまけにシャンパンもあります!!

F630_180226_OSA_IMG_6360.jpg F630_180226_OSA_IMG_6361.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6362.jpg F630_180226_OSA_IMG_6363.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6364.jpg F630_180226_OSA_IMG_6365.jpg
 

イワシの酢漬けは鉄板アイテムです。

F630_180226_OSA_IMG_6366.jpg
 

私はオートミールを注文してみました↓

F630_180226_OSA_IMG_6367.jpg

星5つ ★★★★★



 

ホテルのバーのカウンターは一瞬「どきっ」とする椅子が並んでいました(笑)

F630_180226_OSA_IMG_6368.jpg



玄関にはシロクマも迎えてくれます。

F630_180226_OSA_IMG_6369.jpg F630_180226_OSA_IMG_6370.jpg


 

午前中はスコウガへ行きました。

ちなみにアイスランド語で「フォス」は滝の意味があります。

最初の観光はスコウガフォスへ行きました。足に自信のある方は階段で滝の真横へあがることができます。

F630_180226_OSA_IMG_6371.jpg F630_180226_OSA_IMG_6372.jpg
 

スコウガ民族博物館では博物館だけでなく昔の民家や教会もご覧いただけました。

F630_180226_OSA_IMG_6377.jpg F630_180226_OSA_IMG_6378.jpg

 

レイニスファラの黒砂海岸は荒波が押し寄せ迫力満点でした。
溶岩台地がつくる玄武岩は力強い景色を生み出します。
 

この砂浜に打ち上げられた石は手でこするだけで輝きが出ます。
あらゆるお土産物屋でアクセサリーとなり販売されていますので一つ拾って帰るのも思い出になります。

F630_180226_OSA_IMG_6380.jpg F630_180226_OSA_IMG_6381.jpg


 

restaurantご昼食はVIKのBERGにていただきました。

スモークイワナ入りムースの黒パンのせ
F630_180226_OSA_IMG_6383.jpg



子羊のロースト

臭みもなく美味しい!!!しかし、大きかったです。
F630_180226_OSA_IMG_6384.jpg



スキールのパンナコッタ
F630_180226_OSA_IMG_6385.jpg

星5つ ★★★★★



ヨークルサルロン氷河へ向かいました。

年々小さくなっていくといわれていますが、まだまだ青く大きな氷河でした。

F630_180226_OSA_IMG_6387.jpg F630_180226_OSA_IMG_6388.jpg

 

氷河湖

F630_180226_OSA_IMG_6389.jpg F630_180226_OSA_IMG_6391.jpg

 

ご希望があったので氷河を拾いにダイヤモンドビーチへ行ってみました。F630_180226_OSA_IMG_6392.jpg
 

拾って帰り、ホテルで砕き・・・happy01
F630_180226_OSA_IMG_6393.jpg
 

水割りになりましたlaugh
F630_180226_OSA_IMG_6396.jpg



この氷は圧縮されて長年固まっているのでなかなか溶けず、驚くほどの透明感です。
溶けた後は底に火山灰が残っていましたsurprise

 

restaurantご夕食はフォスホテル グレイシャーラグーンにていただきました。

ポテトスープ 美味しいけど多かった!
F630_180226_OSA_IMG_6397.jpg



ローストポーク
F630_180226_OSA_IMG_6398.jpg



キャロットケーキ
F630_180226_OSA_IMG_6399.jpg

星5つ ★★★★★



 

4日目

cafeご朝食はホテルにていただきました

F630_180226_OSA_IMG_6400.jpg F630_180226_OSA_IMG_6401.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6402.jpg F630_180226_OSA_IMG_6403.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6404.jpg F630_180226_OSA_IMG_6405.jpg
 

ここもワッフルが自分で焼けます!

F630_180226_OSA_IMG_6406.jpg

星4つ ★★★★☆


 

スーパージープで氷河の中へ!!!!!
今年はアイゼンとハーネスを装着し湖畔を25分ほど歩き氷の洞窟へ向かいますdevil

最初は雲で覆われていました。
F630_180226_OSA_IMG_6408.jpg



小さいほうの洞窟↓
F630_180226_OSA_IMG_6413.jpg F630_180226_OSA_IMG_6414.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6419.jpg
 

すごい迫力!↓
F630_180226_OSA_IMG_6421.jpg



青の洞窟への道はロープをつけて下ります。
運動神経のない私・・・自信がありませんでしたが、行ってみると大丈夫でしたscissors

F630_180226_OSA_IMG_6422.jpg

 

こちらが青の洞窟ですshine

F630_180226_OSA_IMG_6430.jpg F630_180226_OSA_IMG_6434.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6435.jpg F630_180226_OSA_IMG_6437.jpg
 

外にでると青空が広がってきました!

F630_180226_OSA_IMG_6446.jpg F630_180226_OSA_IMG_6448.jpg



 

restaurantご昼食はホテルにてビュッフェ。

写真は忘れてしまいましたcoldsweats01

 

午後はセリャラントスフォスへ向かいました。

冬季は滝裏側への通路は禁止されていますdanger

F630_180226_OSA_IMG_6450.jpg
 

 

これまで雲が多くオーロラが現れませんでしたが、
今日は奇跡的に青空になり、右手に満月、左手に美しい夕日を見ながらのバス移動で何かが起りそうな気配です・・・heart

F630_180226_OSA_IMG_6451.jpg

 

 

restaurantご夕食はSTOKKSEYRTのFJORUBURDIDにていただきました。

ロブスターのスープ
F630_180226_OSA_IMG_6454.jpg

 

アイスランドロブスター と付け合わせ色々
F630_180226_OSA_IMG_6456.jpg

星5つ ★★★★★

 



そして、その夜・・・・。

やったーーーー!!!オーロラが現れました!!!!!

F630_180226_OSA_IMG_6459.jpg


 

 

5日目

ゴールデンサークルの観光へ行きました。

最初にヘトリスヘイジ地熱発電所へ行きました。

F630_180226_OSA_IMG_6460.jpg

 

スコウホルトにて時間調整、旧家や教会がありました。
F630_180226_OSA_IMG_6461.jpg F630_180226_OSA_IMG_6465.jpg


 

この馬はアイスランドホースと呼ばれていて、普通のお馬さんより小ぶりで毛もふさふさしています。

F630_180226_OSA_IMG_6466.jpg

 

 

restaurantご昼食はREYKHOLTのFRIHEIMARにていただきました。

こちらでは地熱を利用してトマトの水耕栽培が行われています。オランダから輸入した蜂が受粉しているそうです。

F630_180226_OSA_IMG_6467.jpg F630_180226_OSA_IMG_6468.jpg
 

自家製パン

F630_180226_OSA_IMG_6469.jpg F630_180226_OSA_IMG_6470.jpg
 

トマトスープ

F630_180226_OSA_IMG_6471.jpg
 

ラビオリとお野菜

F630_180226_OSA_IMG_6472.jpg
 

デザートはトマトとリンゴのクランブル生クリーム添え

F630_180226_OSA_IMG_6473.jpg F630_180226_OSA_IMG_6474.jpg

星4つ ★★★★☆

 

トマトの製品、ジュースやペーストなどが売店で販売されています。

F630_180226_OSA_IMG_6475.jpg F630_180226_OSA_IMG_6476.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6477.jpg F630_180226_OSA_IMG_6478.jpg
 

 

午後は驚く風が吹き荒れて晴天の様子とは違う体感でしたが、グトルフォスの滝

F630_180226_OSA_IMG_6481.jpg

 

ゲイシールのストロックル間欠泉、風で真上には上がりませんでした。
F630_180226_OSA_IMG_6537.jpg

この後、地球の裂け目シンクヴェトリル国立公園のギャウへ行きました。




 

6日目

cafe5日目・6日目のご朝食はホテルにていただきました。

F630_180226_OSA_IMG_6544.jpg F630_180226_OSA_IMG_6545.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6546.jpg F630_180226_OSA_IMG_6547.jpg
 

お味噌汁もあります。

F630_180226_OSA_IMG_6548.jpg

星4つ ★★★★☆

 

レイキャビックの観光ではゴルバチョフとレーガンの会談が行われた
ホフディーハウスやハトルグリムス教会やメインストリート、
市庁舎とチョルトニン湖、国会議事堂アルシングやコンサートホールハルパへ行きました。

F630_180226_OSA_IMG_6549.jpg

 

氷河の形がイメージできる↓
F630_180226_OSA_IMG_6551.jpg

 

F630_180226_OSA_IMG_6552.jpg

 

 

レイキャビックの観光の後、ブルーラグーンへ行きました。

restaurantご昼食LAVAにていただきました。

サーモンの前菜
F630_180226_OSA_IMG_6553.jpg
 

ビーフのテンダーロイン
F630_180226_OSA_IMG_6554.jpg
 

スキールのレモンシャーベットのせ
F630_180226_OSA_IMG_6555.jpg

星5つ ★★★★★



 

ブルーラグーンで温泉をお楽しみいただきました。

F630_180226_OSA_IMG_6556.jpg F630_180226_OSA_IMG_6557.jpg

 


ブルーラグーンとホテルの間にはこの地熱発電所があります。
ここから出たお湯がブルーラグーンに流れています。
F630_180226_OSA_IMG_6558.jpg
 

 

restaurantご夕食はホテルにていただきました。

スイートポテトスープ

F630_180226_OSA_IMG_6559.jpg



マッシュドフィッシュ(たらのほぐし身をグラタンみたいに焼いたもの)アイスランドの名物料理です。

F630_180226_OSA_IMG_6560.jpg

デザートの写真は忘れました。

星4つ ★★★★☆



 

上手に撮れませんでしたが、今日も大きいほぼ真ん丸の月があがり、
写真に写るほどではありませんが、空全体ににオーロラが動いていました。

F630_180226_OSA_IMG_6564.jpg

 

 

7日目・8日目

早朝出発でしたが、ホテルで簡単なご朝食をいただいてから空港へ。

アイスランド航空とフィンランド航空を利用して帰国の途へ。

お疲れ様でした。

 

smiley最後までお読みいただきましてありがとうございました。

寒波の後の落ち着いた天気に恵まれました。アイスランドは自然の素晴らしい景観が続きます。
ご参加のお客様もこの壮大な土地に感動されていましたshine

例えオーロラが見えなくても、その大自然の美しさに感動できるアイスランド!是非次のご旅行にご検討くださいませ♪

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。