ツアーお食事だより アジア もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2019年2月16日出発 J100 エア・インディア利用 美しき曼荼羅インド8日間

2019年3月18日

フレンドツアー 関西発 

2019年2月16日発 

J100   エアインディア利用  美しき曼荼羅インド8日間

 

のツアーで召し上がっていただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は 星5つ★★★★★なります。

 

 

 

2日目  

晴れ/11~24℃

 

ホテル プルマンエアロシティ の朝食ビュッフェ

 

デリー到着後、1泊していただいたホテルでの朝食ビュッフェでは、空港に近いホテルだけあって

インド料理以外に中華料理も用意されていました。種類が豊富で良かったです。

評価は★★★★★

 

朝食レストラン。客室も洗練されたインテリアで、素敵なホテルでした。

J100_190216_OSAIMG_20190217_071543.jpg

 

西欧と同様、サラダやシリアル、チーズ類も用意されています。

J100_190216_OSAIMG_20190217_064411.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_064215.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190217_064419.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_064820.jpg

 

中国の朝食の定番、中華粥などの中華料理や、焼きそばもありました。

J100_190216_OSAIMG_20190217_064250.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_064330.jpg

 

インドの朝食はカレーなどが基本になります。

J100_190216_OSAIMG_20190217_064802.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_064334.jpg

 

オムレツを焼いてくれる”オムレツマン”もいて、作りたてをいただきます。朝から可愛いケーキを楽しめましたheart

J100_190216_OSAIMG_20190217_064357.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_064635.jpg

 

 

 

朝食後、午前のエアインディア便でベナレスへ移動airplane

機内ではホットミールが出ました!

 

 

 

レストラン SURYA での昼食

 

ベナレス到着後、ホテル スーリャ 内のレストランで昼食を召し上がっていただきました。 

全体的にあっさりした味付けで日本人の口に合うお味!

評価は★★★★★

 

こじんまりとしたブティックホテル内の雰囲気のあるレストランでお食事。前菜は野菜スープでした。

J100_190216_OSAIMG_20190217_133845.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_132503.jpg 

 

焼き立てのナン。野菜カレー、焼きそば、野菜炒め等のインド料理と中華料理のミックスでした。

J100_190216_OSAIMG_20190217_133029.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_133946.jpg

 

デザートはブラウニーにアイスクリーム添えで、コーヒー、紅茶が付いていました。

J100_190216_OSAIMG_20190217_135029.jpg

 

 

 

午後は、世界遺産サルナートの仏教寺院、ムルガンダ クティ寺院を観光しました。

寺院内には、昭和初めに日本人画家が描いた彩色壁画があります。

J100_190216_OSAIMG_20190217_144523.jpg

 

ストゥーパ(仏塔)は、お釈迦様が最初に説法をした場所に建てられています。

J100_190216_OSAIMG_20190217_150805.jpg

 

 

 

 

 

ザ ゲートウェイ ホテル ガンジス(ザ タージ ガンガ) でのビュッフェ ディナ-

 

ベナレスでご宿泊のホテルの夕食はビュッフェスタイルでした。

ここでも、インド料理だけでなく、中華料理もありました。

評価は★★★★

J100_190216_OSAIMG_20190217_185406.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_185453.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190217_185542.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_185636.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190217_194358.jpg J100_190216_OSAIMG_20190217_185332.jpg

 

 

 

 

 

 

3日目  

晴れ/12~25℃

 

早朝、6時前にホテルを出発し、ガンジス川へ。

貸切ボートに乗って、聖なるガンジスの朝の沐浴風景をご覧いただきました。

J100_190216_OSAIMG_20190218_061437.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_062502.jpg

 

大河に朝陽がのぼってきました。神秘的な瞬間を体験shine

J100_190216_OSAIMG_20190218_064250.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_064252.jpg

 

河の両岸には火葬場などもあります・・・・・・。

船で約1時間、現地の方々の生活の一端を垣間見ることができました。

J100_190216_OSAIMG_20190218_065707.jpg

 

 

 

 

ザ ゲートウェイ ホテル ガンジス(ザ タージ ガンガ) での朝食ビュッフェ

 

ホテルに戻って、朝食をいただきました。

評価は★★★★

 

J100_190216_OSAIMG_20190218_081503.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_081444.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190218_081529.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_081559.jpg

 

ここにもオムレツマン!私は、野菜オムレツと野菜を中心の一皿にしてみました。

J100_190216_OSAIMG_20190218_081703.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_082408.jpg

 

 

午前のエアインディア便でアグラへ移動airplane

昨日同様、機内ではホットミールがサービスされました。

J100_190216_OSAIMG_20190218_130748.jpg

 

 

 

到着後、世界遺産アグラ城観光にご案内。

別名”赤い城”とも言われる、アグラ城の城門。砦の内部には、お城と庭園があります。

J100_190216_OSAIMG_20190218_151415.jpg 

 

砦の内部には、美しいお城と庭園があります。

J100_190216_OSAIMG_20190218_152537.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_154649.jpg

 

城塞からタージ・マハルが見えました。

J100_190216_OSAIMG_20190218_153156.jpg 

 

天気が良かったので、宮殿からタージ・マハルがくっきりと美しく眺めることができましたgood

J100_190216_OSAIMG_20190218_154217.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_155011.jpg

 

 

 

 

ホテル ジェイピーパレス でのビュッフェディナー

 

アグラでのご宿泊ホテルの夕食は、ビュッフェスタイルでした。

評価は★★★★

 

カレーなどのインド料理中心のメニューでした。

J100_190216_OSAIMG_20190218_185111.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_185212.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190218_185126.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_185143.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190218_185056.jpg J100_190216_OSAIMG_20190218_190752.jpg  

 

今日の私の夕食です。カレーは外せませんsmile

J100_190216_OSAIMG_20190218_191543.jpg

 

 

 

 

4日目  

晴れ/9~26℃

 

ホテル ジェイピーパレス の朝食

 

朝食ビュッフェもカレー中心のインドの朝ごはんが準備されていました。

評価は★★★★

カレーに付け合わせるおかずも多いです。

J100_190216_OSAIMG_20190219_071304.jpg J100_190216_OSAIMG_20190219_071331.jpg

 

J100_190216_OSAIMG_20190219_071433.jpg

 

 

花が飾られたホテルの美しいロビーも、白い大理石が印象的でした。

J100_190216_OSAIMG_20190218_201001.jpg

 

 

 

朝食後、いよいよ世界遺産タージ・マハルの観光へ。

この道を電気カートに乗ってまっすぐ進んでゆくと、タージ・マハルにたどり着きます。

J100_190216_OSAIMG_20190219_103845.jpg

 

青く晴れた空に、白い大理石の建物がとても美しく映えます。 水面にも白い優美な姿が映っていましたgood

J100_190216_OSAIMG_20190219_095500.jpg J100_190216_OSAIMG_20190219_095507.jpg

 

 

 

レストラン KHANDELLA での昼食

 

昼食は中華料理にご案内しました。

味はなんとなくインド風!?でした。 

評価は★★★★

 

玉子スープ(左)。焼きそば、野菜炒め、春巻き、チャーハンなどは取り分けていただきました(右)。デザートもありました。

J100_190216_OSAIMG_20190219_114726.jpg、 

 

 

 

昼食後、陸路でデリーへ移動しましたbus

 

レストラン KOUFUKU での夕食

 

デリ-に到着後、日本食レストランで和食を召し上がっていただきました。

スパイシーな料理(辛いというわけではありません。)が続いたので、お腹も一休みできました。

評価は★★★★★

 

ホウレンソウのお浸し。ゴマドレッシングがかかっています。天ぷらの盛り合わせ。エビがうれしい。

J100_190216_OSAIMG_20190219_183519.jpg J100_190216_OSAIMG_20190219_183737.jpg

 

豚のしょうが焼き。他に白ご飯とお味噌汁が出てきました。デザートは抹茶アイスクリーム。和みましたjapanesetea

J100_190216_OSAIMG_20190219_184611.jpg J100_190216_OSAIMG_20190219_191704.jpg

 

 

 

 

 

 

5日目  

晴れ/13~29℃

 

ザ グランドホテル の朝食ビュッフェ

 

大都会デリーの中心地にあるデラックスクラスホテルの朝食は、インターナショナルなラインナップでした。

評価は★★★★

 

オムレツマンに目の前で調理してもらえます。

J100_190216_OSAIMG_20190220_070114.jpg

 

パンの種類も豊富で、ドーナツ類もありました。

J100_190216_OSAIMG_20190220_070209.jpg J100_190216_OSAIMG_20190220_070135.jpg

 

 

 

朝食後、世界遺産クトゥブミナールにご案内。

もともとはヒンドゥー教の寺院だった建物に、後世、イスラムのモスクが増築された複合遺構です。

J100_190216_OSAIMG_20190220_092444.jpg 

 

イスラム教会の塔、ミナレットは角度を変えてみると、少し傾いていました。右の細い柱は錆びない(不思議な)鉄柱です。

J100_190216_OSAIMG_20190220_093908.jpg J100_190216_OSAIMG_20190220_093108.jpg

 

塔に接近してみると、ミナレットの下方は丸と三角の石が組み合わされて築かれていました。

J100_190216_OSAIMG_20190220_094411.jpg

 

 

 

 

観光後、エアーインディアの便で、ウダイプールへ移動ですairplane

フライトの時間の関係で、レストランでお食事する時間がとれないため、

昼食はデリー空港内のマクドナルドで召し上がっていただきました。

※フライトでは、飲み物とスナック(お菓子類)がサービスされました。

 

お昼用のマックセット。フイッシュバーガーまたはベジバーガーから選びました。たまには軽く済ませるのもいいですね。

ヒンズー教では神格化されている牛(ビーフ)は食べませんtaurus

J100_190216_OSAIMG_20190220_121748.jpg

 

 

 

ウダイプールのホテル専用船着場から船に乗って、いよいよコースのメインイベント、

”憧れのレイクパレス”に到着しましたsign03

 

ホテルに渡る船の専用桟橋。ホテルのエントランスにいるベルボーイさん。おしゃれな制服です。

J100_190216_OSAIMG_20190220_154917.jpg J100_190216_OSAIMG_20190222_103718.jpg

 

ホテルのロビー。可愛いホテルの中庭にセッティングされたテーブル。

J100_190216_OSAIMG_20190220_172917.jpg J100_190216_OSAIMG_20190220_170322.jpg

 

ホテル内のパティオでは、毎晩、音楽や舞踊のショーが行われます。

J100_190216_OSAIMG_20190220_180652.jpg 

 

ホテルのテラスからは湖の景色を楽しむことができます。朝は、ヨガ教室が開かれます。

J100_190216_OSAIMG_20190220_183914.jpg

 

 

 

 

 

レイクパレス ホテル での夕食

 

夜は、ホテル内のレストランで優雅にお食事を楽しんでいただきました。

評価は★★★★★

 

前菜はアーモンドスープ。インドの定食料理ターリー。

J100_190216_OSAIMG_20190220_194116.jpg J100_190216_OSAIMG_20190220_195118.jpg

 

ナンは何種類も有りました。デザートはアーモンドプディング(左)と、インドの伝統的な揚げ菓子”ジャレビ”(右)。

とても甘いです。

J100_190216_OSAIMG_20190220_195337.jpg J100_190216_OSAIMG_20190220_202929.jpg

 

ホテル内のインド料理レストランは、クラシックな雰囲気が素敵です。

J100_190216_OSAIMG_20190221_090454.jpg

 

 

 

 

 

6日目  

晴れ/18~32℃

 

 

レイクパレス ホテル の朝食ビュッフェ

 

朝は、ホテル内のビュッフェ用のレストランで、コールドミールのみビュッフェで用意されていました。

ホットミールはテーブルオーダー方式になっています。

評価は★★★★★

 

西欧料理のコールドビュッフェですが、種類が多いです。

J100_190216_OSAIMG_20190221_080935.jpg J100_190216_OSAIMG_20190221_081041.jpg

 

フルーツやデザートなどもフレッシュなものが用意されています。

J100_190216_OSAIMG_20190221_081212.jpg J100_190216_OSAIMG_20190221_081114.jpg  

 

卵料理や、パンケーキはオーダーすると、調理されてテーブルまで運んできてくれます。

私もパンケーキを注文し、フルーツと一緒にいただきました。

J100_190216_OSAIMG_20190221_084105.jpg

 

 

 

ウダイプールの市内観光にご案内。

 

マハラジャの白亜の宮殿”シティパレス”は内部を見学しました。

鳥かごが素敵なインテリアに見えるのは、”ハトの部屋”。昔、通信手段として伝書鳩を飼っていたお部屋だそうです。

J100_190216_OSAIMG_20190221_105829.jpg 

 

宮殿内にはベルギー産のガラスで装飾されたお部屋も有りました。

J100_190216_OSAIMG_20190221_111102.jpg

 

宮殿からのウダイプールの町の景色。宿泊しているレイクパレスホテルも見えました!

J100_190216_OSAIMG_20190221_110323.jpg J100_190216_OSAIMG_20190221_112015.jpg

 

 

ウダイプールで最大の”ジャグディーシュ寺院”は、正面の32段ある階段が結構急で、上がるのにひと苦労しましたsweat02

J100_190216_OSAIMG_20190221_120851.jpg

 

 

 

 

レストラン 1559 AD での昼食

 

ウダイプール市街のレストランで昼食を召し上がっていただきました。

評価は★★★★

 

前菜は野菜のスープ。お料理は、インド料理、中華風パスタ、ホワイトソースのペンネ等を取り分けました。豆カレーもありましたよ。

J100_190216_OSAIMG_20190221_131343.jpg J100_190216_OSAIMG_20190221_133527.jpg

 

デザートはアイスクリームと、ドーナッツのようなインドの揚げ菓子の盛り合わせ。

J100_190216_OSAIMG_20190221_135015.jpg

 

 

 

午後は、お泊りのホテルがあるピチョラー湖のクルーズにご案内しましたship

クルーズ船から、壮麗なレイクパレスホテルが見えます。

J100_190216_OSAIMG_20190221_154510.jpg

 

ヒンズー教のジャグマンディル寺院。

J100_190216_OSAIMG_20190221_161032.jpg

 

 

 

  

レイクパレス ホテル での夕食

 

2泊目の晩も、ホテル内のレストランでコース料理を楽しんでいただきました。

評価は★★★★★

 

前菜はレンズ豆のスープ。クリーミーでした。メインはサーモングリル。

J100_190216_OSAIMG_20190221_191526.jpg J100_190216_OSAIMG_20190221_193138.jpg

 

デザートはくるみのブラウニーとアイスクリーム

J100_190216_OSAIMG_20190221_200701.jpg

 

 

 

7日目  

晴れ/13~30℃

 

レイクパレス ホテル の朝食ビュッフェ

 

洋風からインド料理まで種類の豊富なビュッフェです。テーブルオーダーのワッフルがお客様に好評でした。

評価は★★★★★

 

今朝はインド風朝食、マサラ・ドーサにしました。ドーサはクレープ状に焼かれたもので、カレーや煮物を包んで食べます。

J100_190216_OSAIMG_20190222_083653.jpg

 

 

卵料理は、地中海風オムレツをテーブルオーダーしました。羊の”フェタチーズ”とオリーブが入っています。

J100_190216_OSAIMG_20190222_083846.jpg

 

出発までの時間、午前中いっぱいはホテルの部屋などでゆっくりとお過ごしいただきました。



 

 

レイクパレス ホテル での昼食

 

ホテル出発前に3コースの昼食を召し上がっていただきました。

お料理は、よくある中華とインド料理の混合ですが、お野菜が豊富で見た目にも美味しそうなお料理でした。

評価は★★★★★

 

前菜はチキンと卵のスープ。メインは中華とインド料理のミックス。デザートはマンゴーアイスでした。

J100_190216_OSAIMG_20190222_115543.jpg J100_190216_OSAIMG_20190222_122104.jpg

 

 

昼食後、ウダイプールからエアインディアの便で、デリーで乗り継ぎ、関西空港へと帰国しましたairplane

 

 

 

今回、ツアーでのお食事と観光をご紹介した

「エアインディア利用 美しき曼荼羅インド8日間(コースコード:J100)」は、

デリーを基点に、ガンジス河やタージ・マハル等のインドの北部の主な観光地にご案内するコースです。

ご宿泊は、清潔快適で安全、お食事も美味しい、デラックスクラス以上のホテルに滞在します。

一番のポイントは、ウダイプールの湖上の宮殿ホテル「レイクパレス」(スーパーデラックスクラス)での

連泊が含まれていることです。 きっと、思い出に残る、素晴らしい旅になることでしょう。

 

春までのコース販売は終了いたしましたが、引き続き10月頃から3月にかけて、

再びインドの旅の発売予定しておりますので、乞うご期待ください!

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。