ツアーお食事だより アジア もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2017年6月23日出発 J011 往復チャイナエアライン ビジネスクラス利用 遥かなるシルクロード9日間

2017年7月28日

2017年6月23日出発 関西発 

J011 往復チャイナエアライン ビジネスクラス利用 遥かなるシルクロード9日間

のツアーで実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介しますrestaurant

お食事の評価はの数で表しています★★★★★5つが満点ですshine



1日目

関西空港発、チャイナエアラインビジネスクラスで台北乗り継ぎで西安へairplane
<シェラトン西安ノースシティホテル>2連泊



2日目

朝食:ホテルにて
洋食&中華の種類が豊富でしたcheeky 
J011_170623_OSA_1.jpg J011_170623_OSA_2.jpg

 

J011_170623_OSA_3.jpg J011_170623_OSA_4.jpg

 

J011_170623_OSA_5.jpg J011_170623_OSA_6.jpg

 

J011_170623_OSA_7.jpg


この日は西安郊外の観光へ出かけます。
まずは、
世界遺産兵馬俑坑博物館へ。
J011_170623_OSA_8.jpg
 

体育館のような展示室。1番有名な1号館には約6,000体ありますsurprisesign03
J011_170623_OSA_9.jpg

 

3号館には軍幕俑
J011_170623_OSA_10.jpg



2号館にはガラスケースにおさめられた将軍の立像などがあります。
とてもキレイですね!

J011_170623_OSA_11.jpg

 

秦の始皇帝陵はザクロ畑の中に見える小山です。保存の観点であえて発掘されておらず、
現在は立ち入り禁止の為、歴史に思いを馳せながら、遠景でご覧いただきますeye

J011_170623_OSA_12.jpg

 


昼食:秦錦堂にて 

こちらでは刀削麺と西安料理をいただきました。
野菜が多くボリューム満点!

J011_170623_OSA_13.jpg J011_170623_OSA_14.jpg

 

J011_170623_OSA_15.jpg J011_170623_OSA_16.jpg


刀削麺とは、読んで字のごとく刀(包丁)で麺をそぎ落として作られる名物料理です。J011_170623_OSA_17.jpg

食事評価/★★★★

 

昼食後は空海ゆかりの地、四国お遍路八十八箇所の「0番札所」の青龍寺

J011_170623_OSA_19.jpg

 

玄奘三蔵がインドから持ち帰った仏教の経典などを 保存するために、
西安(当時は長安)の大慈恩寺に建てられた塔、大雁塔へご案内しました。

J011_170623_OSA_20.jpg



最後は書院門古文化街を散策shoe
筆などを取扱う書道具店が所狭しとズラ~り!並んでいます。

J011_170623_OSA_21.jpg J011_170623_OSA_22.jpg




夕食:陜西歌舞にて 

餃子づくしの餃子宴をお召し上がりいただきました。
な、なんとその餃子の種類は16種類!色鮮やかな物、金魚を模したものなど見た目はもちろん、お味もGOODyes
J011_170623_OSA_23.jpg J011_170623_OSA_24.jpg

 

J011_170623_OSA_25.jpg J011_170623_OSA_26.jpg

 

J011_170623_OSA_27.jpg J011_170623_OSA_28.jpg

 

J011_170623_OSA_29.jpg

食事評価/★★★★

 



3日目

西安の街を囲む城壁の一つ西の城の門(安定門)へ。
城壁からは、西安の街が眼下に広がります。

J011_170623_OSA_30.jpg J011_170623_OSA_31.jpg

 

J011_170623_OSA_32.jpg



一路、西安より敦煌へairplane昼食は機内食です。
J011_170623_OSA_33.jpg



ホテルチェックイン後、砂漠の丘陵 鳴沙山へ。
ラクダに揺られながら、三日月型の月牙泉を目指します。
少し小さくなってはいますが、3000年来涸れたことがないという月牙泉(す、すごい!)

J011_170623_OSA_34.jpg J011_170623_OSA_35.jpg

 

J011_170623_OSA_36.jpg J011_170623_OSA_37.jpg





夕食:西湖公館にて 

ウリと肉の炒めもの、トマトと卵の炒めものや、敦煌の方がよく食べる花巻という蒸しパンなどなど・・・。
どれも美味しい!

J011_170623_OSA_38.jpg J011_170623_OSA_39.jpg

 

J011_170623_OSA_40.jpg J011_170623_OSA_41.jpg

 

J011_170623_OSA_42.jpg J011_170623_OSA_44.jpg

 

J011_170623_OSA_45.jpg
食事評価/★★★★★ 満点

敦煌では<敦煌賓館>2連泊building


 

4日目

朝食:ホテルにて

種類はちょっぴり少なめsweat01
J011_170623_OSA_46.jpg J011_170623_OSA_47.jpg

 

J011_170623_OSA_48.jpg J011_170623_OSA_49.jpg




世界遺産莫高窟へ。

366年に楽尊という僧が、窟を掘ったのが始まり。その窟の数は現在までに492窟が確認され、
内部の壁画は「砂漠の大画廊」と称されます。

フレンドツアーでは3つの有料特別窟(第217窟、第57窟、第156窟)にもご入場いただけますよ!
J011_170623_OSA_50.jpg J011_170623_OSA_52.jpg



J011_170623_OSA_53.jpg J011_170623_OSA_54.jpg


 

昼食:敦煌賓館にて 

久しぶりの和食。肉じゃがが大好評heart
J011_170623_OSA_55.jpg
食事評価/★★★★★ 満点

 

午後からは、漢代長城、玉門跡へ。
この辺りの気温は40度!とっても暑かったですねcoldsweats01

J011_170623_OSA_57.jpg J011_170623_OSA_58.jpg

 

 

J011_170623_OSA_60.jpg



 

夕食:徳膳坊にて 

牛肉の串焼き、チャーハンなどなど・・・。
メレンゲの隣に写っているのは・・・・ラクダの肉球indecision!!!!
ぜひお味&食感は現地でお楽しみくださいheart
J011_170623_OSA_61.jpg
食事評価/★★★★★ 満点
 

 

 

5日目

敦煌博物館へご案内!原始時代から清の時代のものが展示してあります。
J011_170623_OSA_64.jpg J011_170623_OSA_65.jpg

 


J011_170623_OSA_66.jpg J011_170623_OSA_67.jpg




昼食:花雨楼にて 


豚バラ肉と蒸しパン、キュウリ炒め、黄麺などなど。
J011_170623_OSA_68.jpg J011_170623_OSA_69.jpg

 

J011_170623_OSA_71.jpg J011_170623_OSA_72.jpg
 

J011_170623_OSA_73.jpg J011_170623_OSA_74.jpg

 

J011_170623_OSA_75.jpg J011_170623_OSA_76.jpg

 

 


こちらのお肉は・・・・ロバのお肉(ちょこっとサービスで追加オーダーしました)
意外?にさっぱりとして食べやすいお味ですよyes

J011_170623_OSA_70.jpg
食事評価/★★★★★ 満点


昼食後は中国高速鉄道「蘭新鉄道」にてシルクロードのオアシス都市トルファンへbullettrain
約3時間30分の列車の旅。車窓からは、天山山脈などもご覧いただけました。

 

夕食:カ景にて 

マーボー豆腐、もやし炒め、スープ、チャーハンなど
J011_170623_OSA_77.jpg J011_170623_OSA_78.jpg

 

J011_170623_OSA_79.jpg J011_170623_OSA_80.jpg

 

J011_170623_OSA_81.jpg J011_170623_OSA_82.jpg

 

J011_170623_OSA_83.jpg
食事評価/★★★


トルファンでのお泊りは、<火州大飯店>2連泊




6日目

朝食:ホテルにて

J011_170623_OSA_84.jpg J011_170623_OSA_85.jpg

 

J011_170623_OSA_86.jpg J011_170623_OSA_87.jpg



トルファンでの観光は西遊記の舞台となった火焔山からスタート!
続いて
世界遺産ベゼクリク千仏洞

各窟に残る壁画から多民族、多宗教の共存を見ることができました。
J011_170623_OSA_88.jpg J011_170623_OSA_89.jpg

 

J011_170623_OSA_90.jpg

 



世界遺産高昌故城

玄奘三蔵が説法をした高昌故城は電動カートで楽々観光!
J011_170623_OSA_91.jpg J011_170623_OSA_92.jpg

 

J011_170623_OSA_93.jpg J011_170623_OSA_94.jpg



昼食:太陽餐庁にて 

牛肉と大根炒め、きくらげ炒め、チャーハン
J011_170623_OSA_95.jpg
 

名物の新彊ラグ麺 
J011_170623_OSA_96a.jpg
この地ならではの郷土料理を堪能♪
食事評価/★★★★





2000年前から伝わる、水利施設カレーズへ。

J011_170623_OSA_97.jpg

 

J011_170623_OSA_98.jpg

 

J011_170623_OSA_99.jpg




夕食:農家園(マハムディさんのブドウ園)にて 

トマトと玉ねぎの炒め、青菜炒め、シシケバブ、手打ちラグ麺など。
J011_170623_OSA_100.jpg 
ブドウ棚の下でみんなで歌ったり、踊ったり、とっても楽しい夕食でした。

食事評価/★★★★★ 満点



7日目

風車群やボゴタ峰を車窓に見ながら、ウルムチへ。



昼食:一路順風にて 

もやし炒め、トマト炒めなど。
J011_170623_OSA_101.jpg


J011_170623_OSA_102.jpg
食事評価/★★★★





新疆ウイグル自治区博物館へ。
新疆の民族衣装や「桜蘭の美女」といわれる3800年前の女性ミイラなどご覧いただきました。
J011_170623_OSA_103.jpg J011_170623_OSA_104.jpg



その後、市民の憩いの場人民公園へ。
J011_170623_OSA_105.jpg

 

J011_170623_OSA_106.jpg






夕食:軍交楼にて 

しゃぶしゃぶ一人鍋。具材は牛、ラム肉、海老、豆腐、麺などいろいろありました。
J011_170623_OSA_107.jpg J011_170623_OSA_108.jpg

具材の種類も豊富で、美味しかったです!!
食事評価/★★★★

 

ウルムチでのお泊りは、<シェラトン>にご宿泊


 

8日目

朝食:ホテルにて

種類が豊富で朝から大満足cheeky
J011_170623_OSA_109.jpg J011_170623_OSA_110.jpg

 

J011_170623_OSA_111.jpg



世界遺産天地観光へshoe
J011_170623_OSA_112.jpg



新疆のスイスとも呼ばれるだけあり、砂漠や高層ビルの立ち並ぶ都会の景色とはガラリと変わって、
針葉樹が茂り、気温も低く爽やかでした
shine

J011_170623_OSA_113.jpg

 

J011_170623_OSA_114.jpg




昼食:カザフ族のパオにて 

シシケバブ、トマトと玉ねぎのサラダ、ラムのゆで肉、ポロなど。
ポロとは人参と羊肉、米をあわせたカザフ風ピラフです。

J011_170623_OSA_115.jpg

食事評価/★★★★★ 満点
 


その後、少数民族が集うバザールを少し散策shoe




夕食:瑶膳縁にて 

ニラ炒め、青菜炒め、チャーハンなど。
J011_170623_OSA_116.jpg J011_170623_OSA_117.jpg
食事評価/★★★★


 

ウルムチ空港より、台北経由で関西空港へairplane

悠久の時の流れを感じるシルクロードの旅。
ぜひフレンドツアーでご参加ください
confident
 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。