ツアーお食事だより アジア もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年5月23日出発 J911 ガルーダ・インドネシア航空利用 地上最後の楽園 バリ島とジャワ島 インドネシア6日間

2018年6月22日

フレンドツアー 関西発 2018年5月23日出発  J911

地上最後の楽園バリ島とジャワ島 インドネシア6日間 

インドネシアの見どころを巡る、人気のツアー。
実際にお召しあがりいただいたお食事を印象に残った観光地とあわせ、ご紹介いたしますsmiley

お食事の評価を星の数でご案内。満点は星5つ ★★★★★ となります

 

【1日目】

関西空港12:00発
ガルーダインドネシア航空でインドネシアのジャカルタで乗り継いで、古都ジョグジャカルタへairplane

深夜23時に、ご宿泊ホテル「ハイアットリージェンシージョグジャカルタ」に到着building
本日から2連泊いただきます。

 

【2日目】
朝食:ご宿泊ホテル「ハイアットリージェンシージョグジャカルタ」にてバイキング
★★★★★

朝食後、世界遺産ボロブドゥール遺跡観光へ。
8~9世紀にシャイレンドラ王朝時に50年かけて建造された世界最大の仏教遺跡ですeye

J911_180523_OSAIMG_5245.jpg J911_180523_OSAIMG_5252.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5255.jpg

観光後、ジョグジャカルタへ戻り、銀細工の工房へご案内しました。

 

昼食:「シェラトンムスティカホテル」にて優雅にご賞味いただきましたnote
★★★★
 

J911_180523_OSAIMG_5264.jpg
 

シーザーサラダとシーフードチャウダー
J911_180523_OSAIMG_5265.jpg J911_180523_OSAIMG_5268.jpg


サーモンのグリル&温野菜、紫イモ。デザートはモカケーキcafe

J911_180523_OSAIMG_5270.jpg J911_180523_OSAIMG_5271.jpg

 

 

午後、世界遺産ブランバナン寺院観光。
856年、ピカタン王に建立されたロロ・ジョグクン寺院を中心とするジャワ・ヒンドゥー教の寺院群はインドネシア最大ですdiamond

J911_180523_OSAIMG_5273.jpg J911_180523_OSAIMG_5276.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5284.jpg

観光後、バティック工房へ立ち寄るも、ラマダンで早めに閉まっていました。。。残念weep



 

夕食:ご宿泊ホテル「ハイアットリージェンシージョグジャカルタ」にて
★★★★★

エビせんべい(赤いソースはチリ、緑はバジル)とチキンのグリルとグリーンサラダclover

J911_180523_OSAIMG_5292.jpg J911_180523_OSAIMG_5293.jpg
 

チキンコンソメスープにヌードルが入った名物「ソムアカム」とフェダイのカレーsign01

J911_180523_OSAIMG_5295.jpg J911_180523_OSAIMG_5298.jpg
 

(カップの中の白いクリームの下に)ティラミスとチョコとフルーツのデザート。チョコレート2種盛りwink

J911_180523_OSAIMG_5299.jpg J911_180523_OSAIMG_5301.jpg

 

 

【3日目】
朝食:2日目同様、ご宿泊ホテル「ハイアットリージェンシージョグジャカルタ」にてバイキングの朝食
★★★★★

オープンエリアでも食事ができ、リゾート気分を満喫。バラエティに富んだお食事は大好評でしたheart04

J911_180523_OSAIMG_5302.jpg J911_180523_OSAIMG_5305.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5306.jpg J911_180523_OSAIMG_5307.jpg


J911_180523_OSAIMG_5308.jpg J911_180523_OSAIMG_5310.jpg
 


宿泊ホテルのハイアットもデラックスな気分を盛り上げてくれましたheart04

J911_180523_OSAIMG_5311.jpg J911_180523_OSAIMG_5312.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5313.jpg


 

食後、バリ島のデンバサールへairplane

着後レストランへ。

昼食:レストラン「KEMENGI」にて
★★★

ソムアカムも美味でした~。バリ料理11種のワンプレート(チキンサテー、ナシゴレン、目玉焼き、白身魚のフライ、
トマト、レタス、エビチリソースなどなど)

J911_180523_OSAIMG_5316.jpg J911_180523_OSAIMG_5317.jpg
 

フルーツ

J911_180523_OSAIMG_5318.jpg

 


午後、バリ島発の世界遺産タマンアユン寺院へ。1634年、ムングウィ王国の国寺として建立され、
3~11の奇数層の屋根のある庭園寺院として知られていますcat

J911_180523_OSAIMG_5321.jpg J911_180523_OSAIMG_5322.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5333.jpg J911_180523_OSAIMG_5336.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5342.jpg J911_180523_OSAIMG_5344.jpg
 

 

夕刻、16世紀にジャワから渡ってきた高僧ニラルタによって建立されたタナロット寺院へもご案内。
残念ながら、曇りにつき、日没は見れませんでしたdown
  
J911_180523_OSAIMG_5347.jpg J911_180523_OSAIMG_5350.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5355.jpg

 


夕食:レストラン「BUMBALI」にて
★★★★★

J911_180523_OSAIMG_5358.jpg
 

エビセンベイとソトアカム

J911_180523_OSAIMG_5360.jpg J911_180523_OSAIMG_5361.jpg
 

食材豊富でお味もさまざま。意外と?!お口に合うと好評だったバリ伝統料理11種restaurantとデザート4種

J911_180523_OSAIMG_5362.jpg J911_180523_OSAIMG_5363.jpg

この日から、バリ島の「グランド・ハイアット・バリ」にてゆったり2連泊しますdiamond



 

【4日目】
朝食:ご宿泊ホテル「グランド・ハイアット・バリ」にてバイキング
★★★★★
おかゆ、スープ、麺、飲茶など充実の朝食でしたgood

J911_180523_OSAIMG_5369.jpg J911_180523_OSAIMG_5370.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5371.jpg J911_180523_OSAIMG_5372.jpg
 

広々としたグランド・ハイアット・バリ

J911_180523_OSAIMG_5373.jpg J911_180523_OSAIMG_5377.jpg


食後、聖なる寺院が湧き出るティルタエンプル寺院へご案内camera
入口で腰巻と紐を着用。髪の長い人はくくっています。

J911_180523_OSAIMG_5387.jpg J911_180523_OSAIMG_5389.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5391.jpg J911_180523_OSAIMG_5394.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5399.jpg

 


バトゥール山とバトゥール湖を望むキンタマーニ高原にて下車camera

J911_180523_OSAIMG_5402.jpg J911_180523_OSAIMG_5404.jpg

 


昼食:健康と豊かな暮らしをコンセプトにしたリゾート「バグースジャティ」内のレストランにて
★★★★★

J911_180523_OSAIMG_5407.jpg J911_180523_OSAIMG_5409.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5414.jpg



オーガニックサラダ、別オーダーした自然のフルーツ味濃厚なトロピカルフルーツジュースapple

J911_180523_OSAIMG_5418.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5421.jpg J911_180523_OSAIMG_5422.jpg
 

野菜カレーについていた赤米

J911_180523_OSAIMG_5424.jpg J911_180523_OSAIMG_5425.jpg

 

どれも好評だったチョイスメニュー①ベジタリアンカレー②フエダイと野菜のスープ煮

J911_180523_OSAIMG_5426.jpg J911_180523_OSAIMG_5427.jpg

 

③チキンの中にバジルとパッションフルーツの種が入ったチキンの胸肉と温野菜note

J911_180523_OSAIMG_5429.jpg

 


車窓からテガラランの棚田を見て、芸術の村ウブドへ。

J911_180523_OSAIMG_5432.jpg

 

ウブド着後、バリ芸能&芸術に関する美術館で知られる「アルマ美術館」へご案内good

J911_180523_OSAIMG_5433.jpg J911_180523_OSAIMG_5435.jpg

J911_180523_OSAIMG_5437.jpg


 

観光後、11世紀に建てられた石窟寺院で、ゾウの洞窟と言われる「ゴアガジャ」へchick

J911_180523_OSAIMG_5449.jpg J911_180523_OSAIMG_5451.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5452.jpg J911_180523_OSAIMG_5455.jpg


 

夕食:ご宿泊ホテル「グランド・ハイアット・パリ」内の日本食レストラン「南風」にて
★★★★★

レストラン中庭

J911_180523_OSAIMG_5459.jpg
 

鰻入り酢の物とお刺身三種は鯛、マグロ、サーモン。分厚くてボリューミーでしたheart

J911_180523_OSAIMG_5463.jpg J911_180523_OSAIMG_5464.jpg
 

海老の鬼瓦焼きと白身魚の天婦羅diamond

J911_180523_OSAIMG_5465.jpg J911_180523_OSAIMG_5467.jpg
 

鶏雑炊。デザートの抹茶アイスとフルーツcherry

J911_180523_OSAIMG_5468.jpg J911_180523_OSAIMG_5470.jpg

食後、ご希望の方とCOCOスーパーを訪れましたbleah




 

【5日目】

午前中はフリータイム。


12時、ホテルを出発doorし、デューティーフリーショッパーズへ。

昼食:高台にあるリゾートホテル「ザ・リッツカールトン・バリ」にて優雅なアフタヌーンティーをお召し上がりいただきましたcafe
★★★★

J911_180523_OSAIMG_5482.jpg J911_180523_OSAIMG_5509.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5510.jpg J911_180523_OSAIMG_5511.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5513.jpg

 


バリ島最南端のにある「ウルワツ寺院」へmoon3
バデュニ半島の西の端に10~11世紀に建立されましたspade

J911_180523_OSAIMG_5541.jpg J911_180523_OSAIMG_5542.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5543.jpg J911_180523_OSAIMG_5547.jpg

 

寺院見学後、階段を下り、そのままケチャックダンスの会場へ。
見事な夕日に感激confident

J911_180523_OSAIMG_5550.jpg

 

ケチャックファイヤーダンスを堪能sign01

J911_180523_OSAIMG_5563.jpg J911_180523_OSAIMG_5573.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5582.jpg J911_180523_OSAIMG_5598.jpg
 

J911_180523_OSAIMG_5626.jpg




 

海辺のレストラン「マ・ジョリー」にてフレンチをご用意restaurant
★★★★★

 

雰囲気のあるレストラン。お味も好評。チョイスメニューでしたが、皆様ビーフをお召し上がりになりました。
トロピカルジュースapple

J911_180523_OSAIMG_5630.jpg J911_180523_OSAIMG_5632.jpg
 

ミックスサラダとマッシュルームスープ

J911_180523_OSAIMG_5633.jpg J911_180523_OSAIMG_5634.jpg
 

ビーフテンダーローイン。デザートはババロアケーキ&アイスクリームbirthday

J911_180523_OSAIMG_5635.jpg J911_180523_OSAIMG_5636.jpg

 

夕食後、帰国の途へairplane

皆様お疲れ様でしたheart04
またいつの日かお目にかかれる日を楽しみにしています。
それまでどうぞお元気でsign03

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。