ツアーお食事だより アジア もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2017年5月24日出発 J911 ガルーダインドネシア航空利用 地上最後の楽園バリ島とジャワ島 インドネシア6日間

2017年6月30日

フレンドツアー 関西発 2017年5月24日出発

J911 地上最後の楽園バリ島とジャワ島 インドネシア6日間 

で実際にお召しあがりいただきましたお食事をご紹介いたします!

お食事は星の数で評価させていただきます。満点は星5つ ★★★★★ となりますspa

 

【1日目】

関西空港11:00発airplane

ガルーダインドネシア航空でインドネシアのデンパサールで乗り継いで、ジョグジャカルタへ。

20:50にご宿泊ホテル「ハイアットリージェンシージョグジャカルタ」に到着し、お休みいただきました。・

無料のティーセットやフルーツのサービスがありましたapple

 

【2日目】

<朝食>バイキング

味もサービスも★★★★★

J911_170524_OSA_IMG_2095_20170525084107.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2098_20170525084149.jpg

プールサイドでオムレツを焼いていただけます。

J911_170524_OSA_IMG_2099_20170525084224.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2102_20170525090415.jpg

 

 

<観光>ボロブドゥールに到着~sun

ユネスコの世界遺産にも登録されている、世界最大級の仏教寺院です。

J911_170524_OSA_IMG_2113_20170525110708.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2115_20170525111715.jpg

 

 J911_170524_OSA_IMG_2121_20170525112848.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2152_20170525122702.jpg

遺跡の中では細い階段を上り下り。階段の段差が高いので足下には注意が必要です。

 J911_170524_OSA_IMG_2156_20170525123506.jpg一覧

象さんも見かけましたhappy02

 

≪昼食≫シェラトンムスティカホテル内のレストランにてお召し上がりいただきました。

評価は★★★★★ おしゃれな盛り付けでした♪

 

前菜のシーザーサラダ

J911_170524_OSA_IMG_2168_20170525150257.jpg

 

チキンスープ 

J911_170524_OSA_IMG_2169_20170525150649.jpg

 

サーモン&温野菜

J911_170524_OSA_IMG_2171_20170525151203.jpg

 

モカケーキ

J911_170524_OSA_IMG_2172_20170525152322.jpg

コーヒーまたは紅茶もつきましたcafe

 

午後は、こちらも世界遺産のプランバナン寺院へshine

仏教のボロブドゥールと共に、ジャワ建築の最高傑作といわれているヒンドゥー教の寺院です。

宇宙の破壊、創造、維持をつかさどるシヴァ、ブラフマ、ヴィシュヌの3神が祭られた神殿からは、ヒンドゥー教の世界観を見ることができます。

J911_170524_OSA_IMG_2174_20170525162950.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2181_20170525163756.jpg

 

 J911_170524_OSA_IMG_2213_20170525171816.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2195_20170525165647.jpg

象の顔をした神ガネーシャ像。シヴァ神の息子です。

 

 

≪夕食≫ご宿泊ホテルハイアットリージェンシー内レストランにて

評価は★★★★★

 

前菜のグリルチキン。インドネシアの小さなレモンをしぼると味がぐっと引き立ちました。

J911_170524_OSA_IMG_2231_20170525213555.jpg

 

チキンヌードル入りスープ。インドネシアの名物スープです。

J911_170524_OSA_IMG_2244_20170525215155.jpg

 

フエダイのカレー。あっさりカレーでおいしい!

J911_170524_OSA_IMG_2245_20170525221139.jpg

 

デザートはフルーツ。南国らしく、マンゴーです♪

J911_170524_OSA_IMG_2247_20170525223330.jpg

 

ホテルの雰囲気をご紹介します。

J911_170524_OSA_IMG_2255_20170526075717.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2256_20170526075727.jpg

鐘形ストゥーパもモチーフはボロブドゥール遺跡でご覧いただいたものそっくりですねeye

ボロブドゥール寺院の雰囲気を模したホテルで、お庭も素敵ですshine

J911_170524_OSA_IMG_2258_20170526075808.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2260_20170526075820.jpg

ロビーも落ち着いた雰囲気です。

 

J911_170524_OSA_IMG_2262_20170526075842.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2263_20170526075900.jpg

ロビーより階段で1階上がったところに、朝食や夕食で利用するレストランがありますrestaurant

 

【3日目】

朝9:00発のフライトにて、ジョグジャカルタからデンパサールに移動しましたairplane

 

≪昼食≫バイキング

世界遺産の棚田が見えるレストランにていただきました。

途中かなりの渋滞にかかってしまい、14:30からの遅い時間のランチになってしまいましたsweat01

J911_170524_OSA_IMG_2268_20170526154823.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2269_20170526154837.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2270_20170526154844.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2271_20170526163535.jpg

 

 

<観光>

タマンアユン寺院へ

バリ島の寺院の中で最も美しいといわれているバリ・ヒンドゥー教の寺院です。

J911_170524_OSA_IMG_2288_20170526174426.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2289_20170526174500.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2290_20170526174539.jpg

バリ島の寺院の特徴である割門。悪い人が通ろうとすると、閉じて通さないといわれています。

J911_170524_OSA_IMG_2297_20170526175014.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2299_20170526175529.jpg

「メル」と呼ばれる塔がいくつも並ぶ独特の景観が神聖な雰囲気を醸し出します。

 

夕刻、こちらも美しいタナロット寺院へ。

夕日の名所として知られていますsun

J911_170524_OSA_IMG_2303_20170526185904.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2307_20170526190756.jpg

海辺にある寺院で、干潮時は歩いて渡ることができます。

少し曇り空でしたが、暮れゆく神秘的な風景をお楽しみいただきました。

 

 

≪夕食≫おすすめレストラン「ブンブバリ」にてrestaurant

これぞバリ島!という雰囲気のレストランです。 評価は★★★★

J911_170524_OSA_IMG_2319_20170526212026.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2320_20170526212054.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2322_20170526212155.jpg

金曜日の晩はバリ舞踊のショーもご覧いただけますhappy01

 

チキンスープ

J911_170524_OSA_IMG_2325_20170526213330.jpg 

 

バラエティに富んだバリ料理。取り分けていただきました。

J911_170524_OSA_IMG_2329_20170526214135.jpg

 

デザートは、トロピカルフルーツや伝統菓子など。

J911_170524_OSA_IMG_2335_20170526221529.jpg

 

 

【4日目】

ご宿泊のホテル「グランドハイアットバリ」は広大な敷地の緑豊かなホテルです。

朝食のおこぼれを狙う可愛らしいリスの姿に遭遇することもheart02

J911_170524_OSA_IMG_2340_20170527082610.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2342_20170527090940.jpg

 

朝食のビュッフェは★★★★★

おかゆやスープ、麺もあり、パンの種類も多かったです。

J911_170524_OSA_IMG_2343_20170527091028.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2345_20170527091132.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2346_20170527091145.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2349_20170527091606.jpg

 

午前はティルタエンプル寺院に行きました。

J911_170524_OSA_IMG_2351_20170527094804.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2360_20170527121732.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2362_20170527121839.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2363_20170527121910.jpg

聖なる泉がこんこんと湧き出す寺院で、多くのヒンドゥー教徒が沐浴をしています。

 

J911_170524_OSA_IMG_2372_20170527123130.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2368_20170527122633.jpg 

 

J911_170524_OSA_IMG_2365_20170527122307.jpg 

丘の上の建物は元スカルノ大統領の別荘なんですって!eye

 

その後、バリ島の世界遺産「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム」のひとつ、

バトゥール山とバトゥール湖を望むキンタマーニ高原へ行きました。

 J911_170524_OSA_IMG_2378_20170527132712.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2379_20170527132715.jpg

 

バトゥール湖を一望できるレストランもありますが、時期や天候によっては虫が出ることがありますので、

フレンドツアーではあえて麓のレストランで昼食にご案内しています。

 

≪昼食≫健康と豊かな暮らしがコンセプトのリゾート「バグースジャティ」にて

5人乗り程度のカートに乗り、レストランに移動します。

 J911_170524_OSA_IMG_2383_20170527140951.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2386_20170527141039.jpg

J911_170524_OSA_IMG_2390_20170527141709.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2389_20170527141131.jpg

味もサービスも★★★★★でした!

 

オーガニックサラダ

J911_170524_OSA_IMG_2391_20170527141819.jpg

 

メインはチキンの胸肉または野菜カレー、魚からお選びいただけます。3種類ともご紹介♪

 

チキン

J911_170524_OSA_IMG_2392_20170527143048.jpg

 

野菜カレー

J911_170524_OSA_IMG_2393_20170527143124.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2396_20170527143316.jpg

 野菜カレーには赤米がついてきました!

 

お魚

J911_170524_OSA_IMG_2395_20170527143147.jpg

 

 

昼食後、テガラランの棚田を車窓からご覧いただきました。

J911_170524_OSA_IMG_2401_20170527153100.jpg 

 

その後、芸術の村ウブドのアルマ美術館へ。

内部は撮影禁止でしたが、バリ島の文化的な展示物と緑溢れる美術館です。

J911_170524_OSA_IMG_2403_20170527160020.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2406_20170527160858.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2413_20170527162110.jpg

 

その後、ゴアガジャ(象の洞窟)へ。

J911_170524_OSA_IMG_2426_20170527164929.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2427_20170527165545.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2429_20170527165816.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2451_20170527184956.jpg

巨大な顔が彫られた洞窟の中に、象の頭を持つヒンドゥー教の神様ガネーシャ像をご覧いただきました。

 

18時前にホテルに戻り、お部屋で休憩時間ほっとタイムを取りました。

 

≪夕食≫ご宿泊ホテル内のレストラン「南風」にて

そろそろ恋しくなってきた日本食です。 評価は★★★★★

J911_170524_OSA_IMG_2455_20170527195457.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2458_20170527200308.jpg

 

枝豆と豆腐のサラダ

J911_170524_OSA_IMG_2463_20170527201912.jpg

 

お造り

J911_170524_OSA_IMG_2464_20170527202812.jpg

 

茶碗蒸し

J911_170524_OSA_IMG_2466_20170527204107.jpg

 

焼き鳥

J911_170524_OSA_IMG_2467_20170527204643.jpg

 

にぎりと冷やしそば

J911_170524_OSA_IMG_2469_20170527205831.jpg

 

フルーツと抹茶アイス

J911_170524_OSA_IMG_2470_20170527212210.jpg

味も良く、ボリュームたっぷりでした。

 

 

【5日目】

午前中はフリータイム。

ホテルから徒歩圏内のショッピングモール「バリコレクション」でお買い物をお楽しみいただいたり、

ホテル内でゆっくり過ごされるお客様が多かったです。

 

午後は、バリ屈指の高級リゾート「ブルガリリゾート」へアフタヌーンティーにご案内しました。

高台にあり、坂道をカートで移動します。

J911_170524_OSA_IMG_2480_20170528153636.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2484_20170528154111.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2485_20170528154138.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2486_20170528154154.jpg

雰囲気も眺めも素敵ですheart02

 

前菜三種 サラダ・サーモン・貝柱

J911_170524_OSA_IMG_2488_20170528155828.jpg  

 

串焼き、ソーセージ、の春巻き風野菜のハンバーグ

手前はソース(チリソース、甘い醤油、おみそ風ソース)

J911_170524_OSA_IMG_2490_20170528162550.jpg

 

デザ^-ト7種

J911_170524_OSA_IMG_2492_20170528170406.jpg 

バナナフライとアイスクリーム

J911_170524_OSA_IMG_2493_20170528171324.jpg

 

アフタヌーンティーとはいえ、食べきれないほどのボリュームでした。

 

レストランのテラス

J911_170524_OSA_IMG_2494_20170528172210.jpg

 

本日、結婚式があったそうでフラワーガールをされてたお二人cherrytulip

J911_170524_OSA_IMG_2502_20170528173402.jpg

 

 

<観光>

断崖絶壁の上に建つウルワツ寺院に行きました。おさるさんの群れが現れることがありますので

悪さをされないよう、お手荷物に注意が必要です。

J911_170524_OSA_IMG_2512_20170528182006.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2515_20170528182347.jpg

 

J911_170524_OSA_IMG_2517_20170528182548.jpg

 

日の暮れる頃、ケチャックダンスの会場へ。

ケチャ ケチャ という掛け声や、炎の中で踊る圧巻の男性舞踊です。

J911_170524_OSA_IMG_2520_20170528184146.jpg  J911_170524_OSA_IMG_2524_20170528190308.jpg

 

 

バリ島とジャワ島、インドネシアの2つの島の見どころを優雅に巡っていただく旅。

さほどグルメなイメージのない国ですが、フレンドツアーこだわりのレストラン指定が6回もあり、変化に富んだメニューをご提供restaurant

 

インドネシアのご旅行は乾季の4月~10月がオススメですairplane

来年も登場予定の当コース、是非ご検討くださいhappy01

 

 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。