ツアーお食事だより アフリカ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年5月13日出発 K002 キャセイパシフィック航空利用 感動の南部アフリカ10日間

2018年6月 7日

フレンドツアー 関西発 

2018年5月13日出発 K002

キャセイパシフィック航空利用 感動の南部アフリカ10日間 

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介します。

お食事は星の数で評価させていただきます。満点は星5つ★★★★★となります。


 

≪2日目≫

日本を飛び立ち 香港 南アフリカ ザンビア ボツワナと乗継ぎ

やっとたどり着いて

ドキドキワクワクしながら 初めてのゲームサファリに出発rvcar

 

オーオーeyesign03

大きいワニがこちらを見ています・・・・。

K002_180513_OSA_IMG_20180514_170023.jpg

 

水を飲みに来たゾウ

K002_180513_OSA_IMG_20180514_172408.jpg
 

車の前ギリギリ通って行きましたsign03

K002_180513_OSA_IMG_20180514_172450.jpg
 

キリンも
K002_180513_OSA_IMG_20180514_173414.jpg


ゾウの親子の大行進 やはり赤ちゃんは守られて内側にいますheart04

K002_180513_OSA_IMG_20180514_173954.jpg

 

アフリカの大自然の中で見る夕日は本当に心が洗われます。

K002_180513_OSA_IMG_20180514_174448.jpg


 

restaurantご夕食

アフリカン バイキング

焼きそばもありますよ~。

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191401.jpg

 

ラム肉ariesとビーフtaurus

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191421.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191427.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191431.jpg
 

ケーキも豊富cake

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191440.jpg
 

サラダバー

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191449.jpg
 

インパラ肉もenlightened

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191518.jpg
 

地元料理

K002_180513_OSA_IMG_20180514_191523.jpg



 

≪3日目≫sun

モーニングサファリ 日が昇るまで少し寒い季節になりました。

立派なオスのライオンleo近くにメスもいました

K002_180513_OSA_IMG_20180515_071413.jpg



インパラ

K002_180513_OSA_IMG_20180515_073550.jpg



オーオーlovely

今日二回目のライオン

若いオスライオンと兄弟達 珍しく木の上にいて

皆さまベストショットのライオンleoの写真が撮れました 感動happy02

K002_180513_OSA_IMG_20180515_074237.jpg

 

地元の人もビックリの写真が撮れて大満足ですscissors

K002_180513_OSA_IMG_20180515_074242.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_074250.jpg
 

すごく近くでライオンキングのポーズ

K002_180513_OSA_IMG_20180515_074817.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_074917.jpg

 

サファリカーrvcarはこんな感じ。
車外にでることは禁止(キケン!)、お荷物はコンパクトにまとめてくださいねhappy01

K002_180513_OSA_IMG_20180515_080508.jpg



サファリの後は、ゆっくりご朝食restaurant

オムレツマンもいます。

K002_180513_OSA_IMG_20180515_090936.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_090946.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180515_091002.jpg

 

スコーンもあります。

K002_180513_OSA_IMG_20180515_091019.jpg

 

ホテル 中庭

K002_180513_OSA_IMG_20180515_100642.jpg



 

restaurantご昼食はプールサイドでどうぞ

K002_180513_OSA_IMG_20180515_120651.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_120659.jpg


 

ご昼食

K002_180513_OSA_IMG_20180515_120720.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_120756.jpg

 

ゆっくり頂きました。

K002_180513_OSA_IMG_20180515_120815.jpg


 

今日はのんびり過ごして、、、、

午後、ボートサファリへと出かけましょう。
 

 

ボートの横で大きいワニ
K002_180513_OSA_IMG_20180515_160003.jpg



大きな口を開けて大迫力eye
K002_180513_OSA_IMG_20180515_160810.jpg



水トカゲ

K002_180513_OSA_IMG_20180515_162913.jpg


 

かわいいカバの親子
K002_180513_OSA_IMG_20180515_173241.jpg

 

ほのぼのとして暖かい気持ちになりましたconfident

K002_180513_OSA_IMG_20180515_173256.jpg

 

アフリカの夕日はいつ見ても感動的sun

K002_180513_OSA_IMG_20180515_175150.jpg


 

restaurantご夕食

本日も、、、出た~芋虫eye 

チャレンジされた方には好評でしたsmile

K002_180513_OSA_IMG_20180515_185357.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180515_185406.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_185413.jpg

 

 

K002_180513_OSA_IMG_20180515_185433.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_185443.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180515_185456.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180515_185507.jpg


 

地元料理

クドゥーの肉もありました。

K002_180513_OSA_IMG_20180515_190356.jpg



 

≪4日目≫sun

モーニグサファリへ

今日はあまり大物の動物がいませんでした。



雨季のチョベ川

今の時期が一番川幅が広く、ずっと遠くの対岸はナミビアです。
K002_180513_OSA_IMG_20180516_084224.jpg



ボツワナからジンバブエの国境を越えて、ヴィクトリアフォールズへ。

 

restaurantご昼食レストラン

K002_180513_OSA_IMG_20180516_124845.jpg
 

ポテトとリーク(ねぎ)のスープ

K002_180513_OSA_IMG_20180516_125707.jpg
 

フィッシュ&チップス

K002_180513_OSA_IMG_20180516_131822.jpg
 

アイスクリーム

K002_180513_OSA_IMG_20180516_134341.jpg

気持ちの良い外のテラスで美味しくいただきました。

★★★★


 

食後、再び国境を越えてザンビアへ。

水量の一番多いこの時期はじっくり滝を2か国から見学です。

滝の上流から

K002_180513_OSA_IMG_20180516_144334.jpg

 

音もすごい

K002_180513_OSA_IMG_20180516_145314.jpg

 

乾季の50倍の水量happy02

K002_180513_OSA_IMG_20180516_145510.jpg


 

だんだん水しぶきが激しくなってきました

これ以上は撮影は無理なので

自然のすごさを肌で体感しますscissors

想像以上にびしょ濡れですrain

K002_180513_OSA_IMG_20180516_150058.jpg

 

更に、ジンバブエ側からの観光

K002_180513_OSA_IMG_20180516_163111.jpg
 

風向きが変わりうっすらメインホールも見えましたよ。
K002_180513_OSA_IMG_20180516_163843.jpg


 

滝が全部くっついて流れ出してます。
K002_180513_OSA_IMG_20180516_164237.jpg


 

ヴィクトリア橋は111mの渓谷にあり、バンジージャンプで有名です。
(わたしたちはバスで往復しました)

うっすら橋の横に虹がnote

K002_180513_OSA_IMG_20180516_170310.jpg


 

restaurantご夕食はホテルにて

K002_180513_OSA_IMG_20180516_191907.jpg
 

肉を焼いてくれますtaurus

K002_180513_OSA_IMG_20180516_191919.jpg K002_180513_OSA_IMG_20180516_191930.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180516_192001.jpg

 

アジア風の料理も

K002_180513_OSA_IMG_20180516_192016.jpg

 

K002_180513_OSA_IMG_20180516_192027.jpg

 

従業員の方が、アフリカン音楽と陽気なダンスを一生懸命披露してくれましたup

お蔭で楽しい夕食と地元の文化にふれることができました。

K002_180513_OSA_IMG_20180516_194623.jpg

★★★★






≪5日目≫sun

ご朝食

K002_0318IMG_20180322_072147.jpg K002_0318IMG_20180322_072157.jpg

 

K002_0318IMG_20180322_072200.jpg K002_0318IMG_20180322_072213.jpg

 

K002_0318IMG_20180322_072217.jpg 

 

ヘリコプターに乗って雨季で水量の多い、大迫力の滝を上空からご覧いただきますeye

K002_0318IMG_20180322_093903.jpg

 

その後、南アフリカ ヨハネスブルグへ。

ご夕食は久しぶりの日本食spa

K002_0318IMG_20180322_181612.jpg

 

お刺身 てんぷら 焼肉 サーモン 茶碗蒸し
K002_0318IMG_20180322_182047.jpg



コーヒーゼリー
K002_0318IMG_20180322_184859.jpg

やっぱり和食は安心します!

★★★★

 

 

 

 ≪6日目≫sun

 

ソウェトの観光へ。南アフリカの歴史を少しのぞいてみましょう。
 

マンデラハウス

 K002_0318IMG_20180323_100341.jpg

 

 

悲劇を繰り替えさないようにと建てられた、ヘクターピーターソンメモリアル

K002_0318IMG_20180323_104001.jpg



 

restaurant昼食

サラダ、スパゲティ ボロネーゼ

K002_0318IMG_20180323_130659.jpg K002_0318IMG_20180323_131758.jpg

まずまず、といったところ。

パスタはやっぱりイタリアがナンバーワンっ!!笑

★★★★



 

その後空路、ケープタウンへと向かいます。

ケープタウンでは「ザ テーブルベイホテル」のテーブルマウンテンの見えるホテルに3連泊



ホテル到着後、夕食へrestaurant

 

オーストリッチのカルパッチョ、200グラムのビーフフィレ

K002_0318IMG_20180323_221513.jpg K002_0318IMG_20180323_221530.jpg 

 

チョコレートのデザート

K002_0318IMG_20180323_223535.jpg

食事評価は星★★★★

美味しくいただきました。

 

 

ホテルのお部屋です。テーブルマウンテンビュウですshine

K002_0318IMG_20180323_235024.jpg




 

 

 ≪7日目≫sun

 

ホテルにて朝食restaurant
ワッフルや寿司・カキ等種類豊富!!

K002_0318IMG_20180324_064152.jpg K002_0318IMG_20180324_064158.jpg

 

K002_0318IMG_20180324_064212.jpg K002_0318IMG_20180324_064234.jpg

 

K002_0318IMG_20180324_064238.jpg K002_0318IMG_20180324_064253.jpg

 

K002_0318IMG_20180324_064303.jpg K002_0318IMG_20180324_064416.jpg

 

テラス席ではテーブルマウンテンを見ながらnote

K002_0318IMG_20180324_065319.jpg

 

 

 

早速ケープタウン観光へと向かいます。
ケーブルカーでテーブルマウンテン頂上train

頂上からの景色

K002_0318IMG_20180324_083425.jpg

 

 

その後、カーステンボッシュ植物園へ。
K002_0318IMG_20180324_110121.jpg

 

 

続いてワイナリー見学へ。
K002_0318IMG_20180324_121006.jpg

 

試飲してからブドウ畑も見学しました。

K002_0318IMG_20180324_125726.jpg

 

ワイナリー内のレストランで昼食をrestaurant

K002_0318IMG_20180324_125739.jpg K002_0318IMG_20180324_130405.jpg

 

ハニーローストバターナッツスープ  
K002_0318IMG_20180324_131150.jpg 

 

メインはチョイスできます。 魚のグリル、マレー風カレー
K002_0318IMG_20180324_132735.jpg K002_0318IMG_20180324_132907.jpg

 

デザートのプディングとアイス

K002_0318IMG_20180324_140300.jpg

食事評価は星★★★★★ 満点です


 

昼食後はマレークォーター地区へ。

カラフルな家々が見られます。

K002_0318IMG_20180324_145805.jpg K002_0318IMG_20180324_150328.jpg

 

 

夕食restaurant

ボリュームたっぷりのサラダ、ビーフフィレ 魚のグリルとチョイスOK

K002_0318IMG_20180324_190131.jpg K002_0318IMG_20180324_191700.jpg

 

デザートはクリームブリュレ

K002_0318IMG_20180324_195926.jpg

食事評価は星★★★★

 

 



≪8日目≫sun

 

ドイカー島への遊覧クルーズに出発ship この黒い無数の物体は、全てオットセイ!!
K002_0318IMG_20180325_091125.jpg

 

 

昼食はシーフードレストランでrestaurant

K002_0318IMG_20180325_121119.jpg

 

マグロのタタキ 美味でした

K002_0318IMG_20180325_123031.jpg
 

 

サーモンのグリル、チョコケーキ

K002_0318IMG_20180325_123915.jpg K002_0318IMG_20180325_125839.jpg

食事評価は星★★★★★ 満点です

 

 

 

ボルダーズビーチではたくさんのヒナがいました。

まだ羽が生えかわっていないので海には出れませんpenguin

K002_180513_OSA_1527583518037.jpg K002_180513_OSA_1527583525543.jpg

 

 

 

 

 

最後のディナーはレストラン「BAIA」にてrestaurant

シーフードビスク

K002_0318IMG_20180325_184934.jpg

 

ロブスターグリル

K002_0318IMG_20180325_190332.jpg

 

チーズケーキ

K002_0318IMG_20180325_192416.jpg

食事評価は星★★★★★ 満点です





≪9~10日目≫sun

早朝出発なのでロビーラウンジで朝食restaurant

K002_0318IMG_20180326_044501.jpg

 

 

 

 

空港へ向かい、帰国の途へairplane

ケープタウンからヨハネスブルグ、香港を経由し関西国際空港に到着。

 

野生の動物に大自然を、たっぷり楽しめるアフリカの旅。
11月発以降も好評発売中!

ぜひ次回のご旅行先にご検討くださいhappy01

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。