ツアーお食事だより アフリカ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年10月17日出発 G501 エミレーツ航空利用!エキゾチックモロッコ11日間

2018年12月18日

2018年10月17日 関西空港発

G501 エミレーツ航空利用!エキゾチックモロッコ11日間

のコースでいただいた食事の内容をご紹介させていただきます。風景写真もたくさん撮ってきましたので、並びにお楽しみください。

それでは、旅ごはんスタートです。食事の評価は★印(五段階評価)でしています。


 

第1、2日目 関西空港(機中泊) ~ ドバイ ~ カサブランカ ~ラバト

エミレーツ航空317便にてドバイまで約10時間半のフライト、ドバイでEK751便に乗り継ぎ、カサブランカまで約8時間のフライト。このフライトで機内食は2回サービスされるので、到着後、入国手続きを終え、すぐにカサブランカの観光へ。

カサブランカの海のそばに立つ、ハッサン2世モスク。世界で3番目に大きなモスクです。

G501_181017_OSA_IMG_20181018_135331.jpg


 

カサブランカの観光の後、首都ラバトへ。チェックインの後、ホテルにて夕食。

restaurant 夕食 : ファラーホテル ラバト内レストラン

夕食はバイキングスタイルでした。あまり種類は多くありませんでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181018_180536.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181018_180540.jpg
 

サラダ、スープのコーナー、そしてメインとなる温かい食べ物のコーナー。

G501_181017_OSA_IMG_20181018_181122.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181018_180901.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181018_181102.jpg
 

こちらがデザートです。

G501_181017_OSA_IMG_20181018_180626.jpg

食事の評価 ★★★

hotel 宿泊地 ラバト : ファラーホテル ラバト 泊



 

第3日目 ラバト ~ シャウエン

cafe ホテルの朝食の様子

G501_181017_OSA_IMG_20181019_051156.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181019_051207.jpg
 

ナツメヤシの干したものがあるのがモロッコらしい。干し柿をさらに甘くしたような感じです。栄養満点 happy02

G501_181017_OSA_IMG_20181019_051219.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181019_051229.jpg
 

イスラム圏なので、豚肉のものはありません。チキンやビーフのハムがあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_051247.jpg

食事の評価 ★★★


 

朝食後、首都ラバトの観光。モハメッド5世霊廟を守る、騎馬兵。王室の霊廟なので、王室騎馬隊の警護。そしてこちらが、ハッサン塔です。スペインのヒラルダの塔、マラケッシュのクトゥビア塔と並ぶ、3大ミナレットです。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_073402.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181019_075130.jpg
 

モハメッド5世の霊廟。この中には前国王のハッサン2世のお墓もあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_075137.jpg
 

ラバト観光後、古都、メクネスへ。こちらはマンスール門で、マンスールとは異教者という意味もあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_103513.jpg


 

restaurant 昼食 : Colier De la Colombre

はじめにモロッコの前菜が出たのですが、写真を取り損ねてしまいました。出たものは、きゅうりとトマトのサラダ、おなすやカリフラワー、オリーブの実などが出ました。そして牛肉のクスクス。土鍋風の陶器がモロッコらしい。おいしく調理できる鍋です。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_114209.jpg
 

デザートはクレープ。テーブルに大皿で出されたのは写真が撮れず・・・・・小分けしたものがこれです。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_120942.jpg

食事の評価 ★★★

 

メクネス観光後、シャウエンへ。 ホテルにてミニバンに乗り換えて坂の上の村へ行きました。

その後、ホテルにて小休止。夕食はホテルにて。

restaurant 夕食 : ホテル リアドダール・エクシャウエン

モロッコ風の前菜です。このような前菜をおつまみにしてパンと一緒にいただくのがこちら風。そしてポテトのスープが出ました。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_185238.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181019_185341.jpg
 

メインはチキンのタジンです。タジンとは料理に使う鍋のことです。そしてデザートはプリン。どの国でも定番の味です。

G501_181017_OSA_IMG_20181019_191450.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181019_194225.jpg

このホテルにはアルコールのサービスはありません。レストランでもメニューにありません。

食事の評価 ★★★

hotel 宿泊地 シャウエン : リアドダール エクシャウエン 泊



 

第4日目 シャウエン ~ フェズ

cafe ホテルの朝食の様子

G501_181017_OSA_IMG_20181020_063235.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181020_063247.jpg
 

とてもシンプルな朝食。田舎なので仕方ありませんが・・・・・bearing
テーブルの上にはバター、ジャム、チーズの盛り合わせが置いてあります。ゆで卵もテーブルに運ばれてきました。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_071221.jpg


 

ホテルのプールサイドより見えるシャウエンの町。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_083615.jpg

 

青い町で知られるシャウエン、細い路地が見どころです。そしてシャウエンの広場。2つの山が羊の角と呼ばれる山です。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_085447.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181020_103831.jpg



 

シャウエンの村の散策、フリータイムの後、昼食のレストランへ。

restaurant 昼食 : Bab Sour

前菜は豆のスープ。典型的な田舎の料理です。メインはビーフとチキンのケバブ。ケバブとは串焼きのことです。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_110428.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181020_111553.jpg
 

デザートは自家製のヨーグルト。上には自家製の桑の実のジャムがのってありました。こちらも田舎なので、アルコール飲料はありませんでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_113739.jpg

食事の評価 ★★★

昼食後、フェズの町へ。4時間ほどのドライブです。ホテルにチェックイン後、夕食はホテルにていただきました。


 

restaurant 夕食 :パレウメイヤ ホテル内レストラン

前菜はパンプキンスープ。ホテルなのでちょっと洋風の感じが漂います。メインは白身魚のグリル。日本語にはないお魚でした。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_185535.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181020_192153.jpg
 

デザートはクレープ。パンケーキとも言いますが、こちらではよく食べられるデザートです。

G501_181017_OSA_IMG_20181020_195155.jpg

食事の評価 ★★★★

hotel 宿泊地 フェズ : パレウメイヤ 2連泊



 

第5日目 フェズ 滞在

cafe ホテルの朝食の様子

卵料理はオーダーすることができました。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_055237.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_055246.jpg
 

朝食後、フェズの観光へ。こちらは王宮で、フェズの職人が王様へのプレゼントだそうです。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_082234.jpg
 

メラ地区にはコウノトリの巣がありました。ちょうど、ヨーロッパの方から戻ってきている時期でした。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_083816.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_083824.jpg


 

フェズの旧市街のパノラマ。南の砦よりの景色です。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_091122.jpg

 

フェズの旧市街は徒歩での観光。こちらがタンネリ、かなりのにおいがあるので、ガイドさんが鼻元にあてるミントの葉っぱをくれます。それを持ちながら見学しました。旧市街には細い路地がいっぱいあります。人もロバも往来します。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_111227.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_114518.jpg



 

restaurant 昼食 : Palace Les Merinides

はじめにいつものモロッコ風の前菜。メインはタジンですが、チキンか魚かを選ぶことができます。こちらは魚のタジン。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_120336.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_121903.jpg
 

デザートは季節のフルーツ。ちょうどザクロのシーズンでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_124141.jpg

食事の評価 ★★★



 

昼食後、引き続き歩いてフェズの町の観光。こちらがネジャリーニ広場。奥に見えるのが隊商宿。手前の噴水は修復されてきれいになっていました。そしてムーレイ・イドリス廟。この中には異教徒は入ることができません。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_130621.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_131329.jpg


 

フランスの植民地時代に作られた、ブージュルード門。何となくフランスの影響を受けてか凱旋門風?そしてブーイナニア神学校。ここのアトラス杉で作られた飾りの部分はオリジナルのまま残っています。すごいflair

G501_181017_OSA_IMG_20181021_135247.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_141053.jpg


 

観光後、ホテルに戻り、夕食もホテルでいただきました。

restaurant 夕食 : ホテル内レストラン

前菜はシーザーサラダ。この日もホテルでの食事なので、何となく洋風です。メインはビーフのテンダーロインステーキ。ボリューム満点です。taurustaurustaurus

G501_181017_OSA_IMG_20181021_185153.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181021_193251.jpg
 

デザートはケーキで、甘さ控えめでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181021_195603.jpg

食事の評価 ★★★★



 

第6日目 フェズ ~ メルズーカ

フェズからミドル・アトラス山脈を越えて砂漠の地方へ。こちらはトイレ休憩をしたイフランにあるライオン像。フランス人の狩人に打たれた最後のライオン像だそうです。そしてフランス人の作ったリゾートの建物。ヨーロッパ調です。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_085543.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_092538.jpg


 

アトラス山脈越えの途中の村、ミデルトにて昼食

restaurant 昼食 : Kasbah Asmaa

前菜は野菜のスープで、メインはますのホイル焼き。この後砂漠にはいるので、魚料理で一息。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_120423.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_120730.jpg
 

デザートはリンゴのパイ。この辺りはリンゴの産地でもあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_120736.jpg

食事の評価 ★★★

 

ズィーズ川とズィーズオアシス。この辺りよりアトラス山脈を越えて砂漠地帯へ入っていきます。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_141534.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_153936.jpg


 

その後、エルフードにて4WDに乗り換え、メルズーカのホテルへ。大きなスーツケースはエルフードのホテルに預けて、一泊分だけ小さなバックに詰めて宿泊します。



ホテルに到着後、restaurant 夕食へご案内。ホテルの周りには何もありません。

バイキングスタイルの夕食です。砂漠の中のホテルですが、結構な種類があります。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_181637.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_181643.jpg
 

モロッコ風の前菜や暖かな料理。こんなに用意するのもこの地方では大変です。

G501_181017_OSA_IMG_20181022_181654.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_181708.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181022_181721.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_181737.jpg
 

甘いものもしっかりとありますよnote

G501_181017_OSA_IMG_20181022_181750.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181022_181811.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181022_181818.jpg

食事の評価 ★★★★

hotel 宿泊地 メルズーカ : ホテル トンブクトゥ泊



 

第7日目 メルズーカ ~ ワルザサート

朝6:00にホテル出発、4WDに分乗して砂漠へ。ホテルの裏側も砂漠ですが、車で移動して、ご希望の方はらくだにのってまたは徒歩にて砂漠を上りました。でも、今日は雲が厚く、太陽がみえませんでした。weep

G501_181017_OSA_IMG_20181023_062047.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_062138.jpg

 

砂漠の観光後、ホテルに戻って朝食。

cafe 朝食 : ホテルにて

G501_181017_OSA_IMG_20181023_072111.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_072117.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181023_072136.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_072147.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181023_072158.jpg


 

朝食後、エルフードまで4WDで戻り、バスに乗り換えて、サハラ砂漠を走ります。

砂漠の灌漑システム「ホッタラ」 ハッタラとも聞こえます。日本にはない発音です。白アリの巣のような塚が続きます。

そしてティネリールのオアシス。砂漠の中をひたすら走り、ナツメヤシの生えているオアシスを見ると、ほっとします。トドラ川に沿ってオアシスがあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_100058.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_120719.jpg

 

トドラ峡谷。200mの断崖に挟まれた峡谷は1日に数時間しか日が照りません。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_123831.jpg


 

restaurant 昼食 : Annexe Yasmina

まず、モロッコ風の前菜がでました。そして次に出されたのがベルベル風のオムレツ。ベルベル風となると、野菜入りということになります。そして、肉団子のタジン。白色のものは卵です。子のタジンはとても日本人の口に合って好評です。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_132952.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_133059.jpg
 

デザートはフルーツ。見ての通り、バナナとリンゴです。そのまま出てきます。bleah まあ、切って出てくるより、自分で剥いた方がいいかも?!

G501_181017_OSA_IMG_20181023_133612.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、まだまだワルザザートまで砂漠地帯のカスバ街道を走ります。砂漠というより、土獏といった方がいいかな?

こちらはベニモローのカスバ。カスバ街道の中でも有名なカスバの一つ。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_161945.jpg

ワルザザートのホテルに到着後、小休止。夕食はホテルでいただきました。


 

restaurant 夕食 : 宿泊ホテル

モロッコの料理ばかりだったので、今日はイタリアンの夕食です。前菜は、ハム、オリーブ、アーティチョークの入ったサラダ。メインはラザニアでしたが、かなりのボリュームでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_184607.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181023_185827.jpg
 

デザートはフルーツの入ったパンナコッタでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181023_192450.jpg

食事の評価 ★★★★

hotel 宿泊地 ワルザザート : ホテル ベルベルパレス泊



 

第8日目 ワルザザート ~ マラケシュ

cafe ホテルの朝食の様子

G501_181017_OSA_IMG_20181024_045411.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_045422.jpg
 

甘いパンもいっぱい種類があります。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_045434.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_045448.jpg
 

オムレツなど、卵料理を作ってくれる人もいますので、お好きな卵料理をオーダーすることもできます。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_045534.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_045544.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181024_045559.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_045618.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181024_045730.jpg


 

朝食後、ワルザザートの町を少し見学。ここは映画撮影で知られるところです。ホテルの前にはタウリルトのカスバがあります。このカスバはアラビアのローレンスの撮影で知られています。そしてモロッコの映画村、アトラススタジオです。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_080737.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_082656.jpg

 

そしてティフルトゥトのカスバ。ここもアラビアのローレンスの映画撮影に使われたカスバです。そしてアイトベンハッドゥーのカスバ。もっともよく知られたカスバです。カスバの集合体はクサールといいます。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_083903.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_093632.jpg



 

restaurant 昼食 : Ksar Ighuda

前菜は野菜のスープ。ベルベルのスープです。メインはドライフルーツ入りの牛のタジン。フルーツをタジンに入れて一緒に煮込むと、お肉が柔らかくなるそうです。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_113234.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_114949.jpg
 

そしてこのあたりの定番料理、ベルベル風のオムレツ。デザートはフルーツサラダでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_115025.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_121153.jpg

食事の評価 ★★★★


 

昼食後、ハイ・アトラス越え、標高2260mのティシュカ峠を越えてマラケシュへ。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_135943.jpg

マラケシュに到着後、ホテルにて夕食。オプショナルツアーでファンタジアショウに行かれた方もありました。



 

restaurant 夕食 : ホテルにて

前菜はカプレーゼサラダ。トマトとモッツァレーラチーズのサラダです。メインはビーフステーキ。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_185716.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181024_192738.jpg
 

デザートはチョイスで、チョコレートケーキまたはフルーツでした。

G501_181017_OSA_IMG_20181024_194845.jpg

食事の評価 ★★★★

hotel 宿泊地 マラケシュ : ホテル ル・メリディアン エニフィス 2連泊


 

第9日目 マラケシュ滞在

cafe ホテルの朝食の様子

G501_181017_OSA_IMG_20181025_053354.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_053403.jpg
 

フランス系のホテルなので、何となく盛り付け方もきれいです。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_053409.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_053415.jpg
 

オムレツを焼いてくれるコーナーもあります。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_053442.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_053501.jpg
 

でも豚肉の料理はありません。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_053508.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_053535.jpg
 

G501_181017_OSA_IMG_20181025_053543.jpg


 

朝食後、マラケシュの観光へ。こちらはバヒア宮殿の天井。イスラム建築は天井や内部の装飾がとても美しい。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_084036.jpg

 

バヒア宮殿の中庭の周りには愛妾の部屋が並んでいます。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_085453.jpg

 

サーディン王朝の廟墓です。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_094216.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_094908.jpg

 

マジョレル庭園は青い家があります。有名デザイナーの趣味?

G501_181017_OSA_IMG_20181025_110021.jpg




 

restaurant 昼食 : Niagara 市内にあるレストランです。

まずはサラダ。これで一人分です。すご~~いボリュームです。そして今日はピザがメイン。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_121331.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_123130.jpg
 

デザートはスポンジケーキのチョコレートソース掛けです。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_125150.jpg

食事の評価 ★★★


 

昼食後、引き続きマラケシュ市内観光へ。こちらが三大ミナレットの一つ、クトゥビアの塔。そして昼間のジャマエルフナ広場。日中はまだそれほど人も多くありません。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_132113.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_135017.jpg
 

馬車もあります。ホテルまでは馬車にて約15分です。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_150331.jpg


 

夜のジャマエルフナ広場。日没後は様子も一変します。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_181504.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_182749.jpg



 

restaurant 夕食 : The Red House

モロッコ風のフレンチレストランで最後の食事。あげた魚をマリネにしたものが前菜でした。メインはチキンのグリルで、マッシュルームののったリゾットもとてもおいしかったです。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_190223.jpg G501_181017_OSA_IMG_20181025_192105.jpg
 

デザートはリンゴの輪切りに衣をつけて揚げたドーナツ。クリームとキャラメルソースをつけていただきます。

G501_181017_OSA_IMG_20181025_194926.jpg

食事の評価 ★★★★★


 

第10,11日目 マラケシュ ~ カサブランカ ~ ドバイ ~ 関空
 

朝8:00ホテル発。カサブランカの空港へ。EK752便にてドバイへ、その後EK316便に乗り継ぎ、関西空港へ。到着後、解散。お疲れ様でした。最後までご覧いただきありがとうございます。旅のご参考になれば幸いです。

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。