ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年8月21日出発 A106 ルフトハンザドイツ航空利用 北イタリア 絶景のドロミテ街道から美食の地ピエモンテの旅9日間

2018年10月11日

フレンドツアー 関西発 2018年8月21日発

A106 ルフトハンザドイツ航空利用 
北イタリア 絶景のドロミテ街道から美食の地ピエモンテの旅9日間

ツアーで実際にお召し上がりいただいたお食事を添乗員の評価と共に、
観光地のお写真もピックアップしてご紹介します。

お食事の評価は、5段階で星の数で表示しています。(最高が★★★★★ となります。)


◎1日目

関西国際空港よりルフトハンザドイツ航空にてフランクフルト乗り継ぎ、イタリアのベネチアに到着airplane
その後、バスでパドヴァへと向かいます。






◎2日目 suncloud 12~32℃

朝食/ホテルにて 

内容はとてもシンプルですが、甘いパンだけはとても充実していました。
A10620180821OSAIMG_20180822_071453.jpg A10620180821OSAIMG_20180822_071507.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180822_071515.jpg A10620180821OSAIMG_20180822_073859.jpg



パドヴァの観光では、スクロヴェーニ礼拝堂へ。
ジョット円熟期の最高傑作で大変見ごたえがあります。(外観&内部のフレスコ画cameraA10620180821OSAIMG_20180822_092449.jpg A10620180821OSAIMG_20180822_100257.jpg


 

パドヴァ大学中庭
壁にある教授、学生たちの紋章が歴史を感じさせます。
A10620180821OSAIMG_20180822_104959.jpg



ラジオーネ宮とエルベ広場
広場で行われている市場はのぞくだけでも楽しい~devil
A10620180821OSAIMG_20180822_110225.jpg A10620180821OSAIMG_20180822_110410.jpg




昼食/MARGHERITAにて ★★★★

A10620180821OSAIMG_20180822_120735.jpg



自家製ニョッキ カニ入りトマトソース・・・カニのほぐした身がたくさん入っており、いい具合のエキスになっています。
A10620180821OSAIMG_20180822_122913.jpg


ヒラメのソテー・・・少し生臭いのが気になり、残念sweat02何かソースがかかっていればよかったのかもしれません。A10620180821OSAIMG_20180822_123931.jpg


モカのセミフレッド・・・イタリアらしいアイスケーキ
A10620180821OSAIMG_20180822_125422.jpg


エスプレッソ
A10620180821OSAIMG_20180822_130423.jpg


 

ドロミテ山岳リゾート、コルティナダンペッツォへbus
この日は早めにホテルにチェックイン。
皆様メインストリートを散策されました。周囲どこを見ても美しい山々が見えます。
A10620180821OSAIMG_20180822_181242.jpg
 



夕食/ホテルにて ★★★

パン・・・パンだけでも種類が豊富!!これだけでお腹いっぱいに!
A10620180821OSAIMG_20180823_062502.jpg


スパゲッティーポモドーロ/日本人に食べやすい、シンプルなトマトとチーズ入りパスタ
A10620180821OSAIMG_20180822_195802.jpg


ミラノ風ポークカツレツ/これもクセがなく、ペロっと完食。
A10620180821OSAIMG_20180822_201108.jpg


フルーツサラダ・・・フルーツが缶詰でちょっと残念coldsweats02
A10620180821OSAIMG_20180822_204822.jpg


 

 

◎3日目 suncloudrain 11~25℃

朝食/ホテルにて 
ここも甘いものが充実!2日目はシャンパンブレックファーストでした。
A10620180821OSAIMG_20180823_071758.jpg A10620180821OSAIMG_20180823_071804.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180823_071816.jpg A10620180821OSAIMG_20180823_071822.jpg



コルティナで宿泊したホテル。外観も可愛い!
A10620180821OSAIMG_20180823_072915.jpg


ホテル前の教会(内部に入場も可)&旧市庁舎
A10620180821OSAIMG_20180823_073121.jpg



朝からくっきりとトファーナの山々が臨めましたeye
A10620180821OSAIMG_20180823_073248.jpg



トレ・チメ・ラヴァレードを望む、ハイキングへGOshoe
ミズリーナ湖
背後にそびえるソラピスの山々が美しく鏡のようでした。
A10620180821OSAIMG_20180823_083337.jpg

 

~トレチメハイキング~
アウロンツォ谷の最奥まで眺望できましたeye
A10620180821OSAIMG_20180823_091216.jpg


アウロンツォ小屋からハイキングスタート。歩きやすい平坦な道なので、安心。
A10620180821OSAIMG_20180823_091721.jpg


途中からトレチメ3山が見えます!
A10620180821OSAIMG_20180823_094014.jpg

 

野生のエーデルワイスの花がまだ咲いていました。
A10620180821OSAIMG_20180824_074252.jpg
 

 


ご希望の方には更に下のラヴァレード小屋から鞍部へUP!
A10620180821OSAIMG_20180823_103436.jpg


トレチメの見事な3山がそびえます。
A10620180821OSAIMG_20180823_104344.jpg


 

~ミズリーナ湖散策~

本日、湖畔を半周。左側の道を森林浴気分で歩きます。途中、逆さトレチメもご覧頂けました。
A10620180821OSAIMG_20180823_122136.jpg A10620180821OSAIMG_20180823_123503.jpg





昼食/TIVOLIにて ★★★★★ 満点!!

夏季&冬季のみ限定オープンのレストランrestaurant
A10620180821OSAIMG_20180823_134435.jpg


パン各種・・・どれも美味しくお料理への期待値も膨らみますheart
A10620180821OSAIMG_20180823_134538.jpg
 


エビ入りポルチーニ茸クリームスープ・・・とても濃厚な味のアミューズでした。
A10620180821OSAIMG_20180823_134816.jpg



ホロホロ鳥とベーコン入りサラダ・・・少しですが、生野菜が嬉しい!
A10620180821OSAIMG_20180823_135839.jpg
 


マカロニ 仔羊のラグーソース・・・仔羊のラグーソースが絶品でコシのあるパスタによく絡んでいます。
A10620180821OSAIMG_20180823_141237.jpg



仔牛の頬肉・・・頬肉はとても柔らかく、ジューシー
A10620180821OSAIMG_20180823_143029.jpg


 

チョコレートムース・・・甘さを控えた濃厚な大人の味
A10620180821OSAIMG_20180823_144204.jpg



プティフォー2種・・・プチシューとゼリーでした。
A10620180821OSAIMG_20180823_144339.jpg


午後からは自由行動。
自由行動のご相談、お食事のご相談はお気軽に添乗員までどうぞscissors



 

 

◎4日目 suncloudrain 

ドロミテ街道の観光へ。

ファルツァレーゴ峠
2117mの峠で一旦休憩。ここからドロミテ最高峰のマルモラーダが見えました。
A10620180821OSAIMG_20180824_094516.jpg



サッソポルドイ
下は山々が見えてましたが、駅舎にガスがかかり、見えたり、隠れたり、、、写真のタイミングが難しいsweat01
A10620180821OSAIMG_20180824_112342.jpg A10620180821OSAIMG_20180824_112715.jpg



昼食/HOTEL COL DI LANAにて ★★★★

シュペッツェルとポルチーニ入りタリアッテレ・・・名物シュペッツェルはほうれん草入りとノーマルの2種。好評でしたheart
A10620180821OSAIMG_20180824_123546.jpg


仔牛肉のエスカロップ・・・お肉は柔らかく食べやすい味と量
A10620180821OSAIMG_20180824_125118.jpg


アイスクリーム&ホットベリーソース・・・温かいベリーソースをかけるのはこの地方独特ですup
A10620180821OSAIMG_20180824_130247.jpg

 

カレッツァ湖
今年は降雨量も少なく、湖の水量も少なくなっています。
背後のラテマールと湖面の水の色のコントラストが美しいshine
A10620180821OSAIMG_20180824_152026.jpg





夕食/HOTEL RAULINにて ★★★

野菜のラザニア・・・これだけでボリューム大sign03少し塩辛いとういお声もありました・・・
A10620180821OSAIMG_20180824_192141.jpg


メインは黒鯛のムニエル。残念ながら写真を撮り忘れてしまいましたsweat01
 


ラウリン風アップルパイ・・・アップルパイには見えないモダンな盛り付けですが、
一緒に口に含むとしっかりアップルパイの味にyes
A10620180821OSAIMG_20180824_200333.jpg

 



◎5日目 suncloudrain 12~25℃

朝食/ホテルにて 
種類豊富!野菜もあり、ここでもシャンパンブレックファースト。
A10620180821OSAIMG_20180825_070121.jpg A10620180821OSAIMG_20180825_070125.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180825_070132.jpg A10620180821OSAIMG_20180825_070141.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180825_070149.jpg


 

サンタマッダレーナ村
本日は雲が多く、ガイスラーも真っ白で何も見えず・・・。
A10620180821OSAIMG_20180825_100800.jpg



村の教会はとっても可愛らしい外観
A10620180821OSAIMG_20180825_100959.jpg


小さな教会ですが、内部装飾は見事ですshine
A10620180821OSAIMG_20180825_101304.jpg



教会前から見る村の景色
A10620180821OSAIMG_20180825_101401.jpg



背後のガイスラーは時々雲間からチラッ、チラッと見えましたsign03
A10620180821OSAIMG_20180825_103239.jpg



そして、ボルツァーノに到着bus

午後のフリータイムでは、ボルツァーノの街で市場散策や
博物館内のアイスマンの見学(1時間待ち!!)など見どころたくさんです。A10620180821OSAIMG_20180825_155154.jpg A10620180821OSAIMG_20180825_155822.jpg





◎6日目 sun 27℃

ボルツァーノより、トリノへと向かいますbus


昼食/LA BADESSAにて ★★★★★ 満点!!

グリッシーニ&パン・・・グリッシーニはトリノ発祥 袋入りのものとは異なり、美味しいdevil
A10620180821OSAIMG_20180826_135437.jpg


チーズリゾット・・・チーズの風味が濃厚で美味
A10620180821OSAIMG_20180826_140224.jpg


ターキーのエスカロップ・・・ターキーのソースがよくあっていました。適量だったのもGOOD!
A10620180821OSAIMG_20180826_141858.jpg


ブネ・・・ピエモンテ地方の名物デザート。チョコレートプディングにアマレットの組み合わせ
A10620180821OSAIMG_20180826_143743.jpg



昼食後はトリノの観光スタート!

サンカルロ広場
「トリノの応接間」と言われる広場。そこにあるとても有名な1800年代創業の「Cafe San Carb」の店内です。

A10620180821OSAIMG_20180826_151942.jpg A10620180821OSAIMG_20180826_152158.jpg

 

スヴァルピーナアーケード
トリノ名物のひとつ。ギャラリー=アーケードです。
A10620180821OSAIMG_20180826_154205.jpg

 

聖骸布のコピー
真贋論争のある聖骸布。 ホンモノはドゥオモ↓の中にあります。
A10620180821OSAIMG_20180826_160938.jpg



ドゥオモ
A10620180821OSAIMG_20180826_162710.jpg


王宮
サヴォイア家の王宮は世界遺産に指定されています。
A10620180821OSAIMG_20180826_163641.jpg




夕食/KIPLINGにて ★★★★

アスティスプマンテ | グリッシーニ | ハム各種 
A10620180821OSAIMG_20180826_192741.jpg


アニョロッティ・・・ひき肉入りチーズクリームソース。ローズマリー風味。名物パスタは好評でしたyes
A10620180821OSAIMG_20180826_194321.jpg


サーモンのグリル・・・サーモンのソースにはレモンとケッパーが入っており、組み合わせバツグンでしたshine
A10620180821OSAIMG_20180826_201104.jpg


 

バニラアイスクリーム&メレンゲ・・・最後はさっぱりとアイスクリームで。
A10620180821OSAIMG_20180826_202937.jpg





◎7日目 sun 16~27℃


朝食/ホテルにて 
種類豊富!のイタリンカラーのレイアウトもeye
A10620180821OSAIMG_20180827_063112.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_063120.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180827_063126.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_063134.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180827_063155.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_063209.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180827_063219.jpg


 

バローロ村
小さな村ですが、とてもチャーミング!ワインに関するデコレーションなども楽しいshine
村の周囲のブドウ畑(ランゲ地区)は世界遺産に指定されています。
A10620180821OSAIMG_20180827_100736.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_101223.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180827_102103.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_102455.jpg

 

A10620180821OSAIMG_20180827_102840.jpg


 

ワイナリー
ワイナリー入口と中庭。まさにバローロワインの誕生の地であるワイナリーを訪問。
A10620180821OSAIMG_20180827_104848.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_105223.jpg



ワイナリー内を見学eye昔の貴重なワインと金賞メダルが飾られています。
5つの歴史的な大樽も有名です。
A10620180821OSAIMG_20180827_111208.jpg A10620180821OSAIMG_20180827_112052.jpg


本日は赤ワイン3種を試飲wine最後はもちろん!ワインの王様「バローロ」が登場shine
A10620180821OSAIMG_20180827_115136.jpg
 



昼食/LA BADESSAにて ★★★★★ 満点!!

パン&グリッシーニ・・・ここの自家製グリッシーニは料理の味を邪魔せず、最高sign03
A10620180821OSAIMG_20180827_122444.jpg


野菜のプディングチーズソース・・・濃厚なチーズソースにびっくり!
A10620180821OSAIMG_20180827_123208.jpg



ひき肉入りラビオリ グリンピースソース・・・ミニラビオリの中に肉の旨みが感じられ、完食delicious
A10620180821OSAIMG_20180827_125137.jpg


仔牛のバローロワイン煮込み・・・長時間ワインで煮込まれており、しっかりとした味になっています。
A10620180821OSAIMG_20180827_130758.jpg


パンナコッタ・・・3種のソースが全く異なる風味を生み、食べ比べも楽しいnotes
A10620180821OSAIMG_20180827_133059.jpg



車窓から眺めるブドウ畑は思わず写真を撮りたくなる景色ですcamera
A10620180821OSAIMG_20180827_140256.jpg





◎8~9日目


トリノよりフランクフルト乗り継ぎ、ルフトハンザドイツ航空にて帰国airplane

観光と自由行動がバランス入っていて、イタリアリピーターの方にもお楽しみいただけるコースとなっています。

ベストセラーコース、ぜひご参加お待ちしておりますwink

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。