ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関東発 2017年2月28日出発 オーロラと温泉 アイスランドの絶景を巡る8日間(コース番号F630)

2017年3月16日

皆様、こんにちは!フレンドツアー添乗員ですhappy01
オーロラを求めて、アイスランドに行ってまいりましたnight

往復スカンジナビア航空ビジネスクラス利用
オーロラと温泉 アイスランドの絶景を巡る8日間にて

実際にお召し上がりいただいたお料理をご紹介いたしますrestaurant

 

 

2日目朝食 ケフラヴィークのご宿泊ホテル

F630_20170228TYO_2B1.jpg   F630_20170228TYO_2B2.jpg


F630_20170228TYO_2B3.jpg   F630_20170228TYO_2B4.jpg

サラダ、ピッツァ、オープンサンドなど、まるでパーティー?というような美しいビュッフェshine
朝から大変気分よく、お腹いっぱいいただきましたsmile エネルギッシュに、ツアースタートですyes

 

 

2日目昼食 フリードヘイマルの「Fidheimar」

トマトスープ、フリードヘイマルフレッシュパスタ、チーズケーキ、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_2B5.jpg   F630_20170228TYO_2B6.jpg

温室栽培のトマト畑を見ながら、美味しいトマトコース料理をいただきましたlovely
トマトは味が濃くて、とっても甘かったですheart バジルは自分で採って、ハサミで切って盛り付けますclub
デザートは植木鉢風でキュートheart04 自家製パンもふんわり美味しかったですbread
美味しくて、思い出にも残る素敵なレストランでしたshine

 

 

2日目夕食 へトラのご宿泊ホテル

サラダ、チキングリル&温野菜、スキール&ベリー、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_2Y1.jpg   F630_20170228TYO_2Y2.jpg


F630_20170228TYO_2Y3.jpg

ヘトラでは、ログハウス風の暖かみのあるホテルにご宿泊house
大きなガラス張りの窓がオーロラ鑑賞に向いていますenlightened
清潔感のあるレストランにてディナーをいただき、オーロラハンティングに備える気合いバッチリup
お料理はどれも上品な味shineチキンはジューシーで、食欲をそそるソースがマッチgood
前菜、メインと美味しくいただき、さあデザート!という頃・・・オーロラが出現sign03
しばらくの間、ダイナミックなオーロラショーを目にすることができましたnightshine
2日目からこんなに激しいオーロラに出会えるとは、本当に幸運ですscissorsscissorsscissors

(オーロラ鑑賞の様子は、フレンドツアーフェイスブックをご覧くださいpc

 

 

3日目朝食 へトラのご宿泊ホテル

昨夜の興奮冷めやらずhappy02
皆様と満面の笑みで朝のご挨拶をし、充実したビュッフェをお腹いっぱいいただきました!
シャンパンまで並ぶ充実っぷりでしたよshine 
パンケーキは自分で焼いて、ホイップクリームやジャム・メイプルシロップでトッピングできましたheart02

F630_20170228TYO_3B1.jpg   F630_20170228TYO_3B2.jpg

 

 

3日目昼食 VIKのホテルVIK

北極イワナのスモーク、ラム肉のロースト&サラダ、ルバーブのマフィン&アイスクリーム、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_3C1.jpg   F630_20170228TYO_3C2.jpg


F630_20170228TYO_3C3.jpg

オシャレな雰囲気のレストランで、アイスランドらしいランチメニューrestaurant
アイスランドの名物ラムは、臭みがなく、クリーミーなソースでマイルドな食べやすさwink
マフィンもほのかに甘くて美味しかったですsmile

 

 

3日目夕食 スカフタフェットルのご宿泊ホテル

前菜、タラのグリル&野菜、スキール&ベリー、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_4Y1.jpg   F630_20170228TYO_4Y2.jpg


F630_20170228TYO_4Y3.jpg

ホテルでのディナーは、移動がなくお身体が楽でいいですね!
昼食がお肉だったので、夕食はお魚系でちょうど良いバランスでした。
お料理は、おしゃれな盛りつけで、味も良かったですwink

食後、またまたオーロラが出現sign03 この日もオーロラは大爆発しましたsign03

 

 

4日目朝食 スカフタフェットルのご宿泊ホテル

シンプルですが、ゆったりとお食事できましたcafe

F630_20170228TYO_4B1.jpg   F630_20170228TYO_4B2.jpg

 

 

4日目昼食 スカフタフェットルの「Skaftafetl」

スープ、シーフードパスタ、パンケーキ、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_4C1.jpg   F630_20170228TYO_4C2.jpg


F630_20170228TYO_4C3.jpg

神秘の氷の世界アイスケーブを見学した後だったので、温かいスープが好評でしたsign01
対してパスタは不評down クタクタ気味というか、味にしまりがないというか・・・
アイスランドのパンケーキはクレープ風。薄生地なので食べやすいですheart01

 

 

4日目夕食 レイキャビックのご宿泊ホテル

ロブスタースープ、ロブスター300g、デザート、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_3Y1.jpg   F630_20170228TYO_3Y2.jpg


F630_20170228TYO_3Y3.jpg

 ロブスタ尽くしの贅沢ディナーscorpiusshine すごい量で、スープもメインも美味しかったですhappy02
スープの写真が撮れず、申し訳ありませんでしたbearing

 

5日目朝食 レイキャビックのご宿泊ホテル

種類豊富なビュッフェrestaurant 味噌汁コーナーまでありましたsign01 アイスランドで飲む味噌汁は、身体に沁みわたりましたjapanesetea

F630_20170228TYO_5B1.jpg   F630_20170228TYO_5B2.jpg

 

 

5日目昼食 ゲイシールの「Geysir Glima」

スープ、ビュッフェ、コーヒーor紅茶

 F630_20170228TYO_5C1.jpg   F630_20170228TYO_5C2.jpg


F630_20170228TYO_5C3.jpg   F630_20170228TYO_5C4.jpg

間欠泉の前にあるレストランにて、ランチビュッフェrestaurant
日曜だったので沢山の人dash 種類はありましたが、味はまあまあでした。

 

 

6日目昼食 ブルーラグーンの「LAVA」

北極イワナ、ビーフグリル、クレームブリュレ&アイスクリーム、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_6C1.jpg   F630_20170228TYO_6C2.jpg


F630_20170228TYO_6C3.jpg

ブルーラグーン内の素敵なレストランにて、フランス風のランチコースをいただきましたrestaurant
洒落た盛りつけのプレートは、上質な素材に凝ったソースの組み合わせheart02
美味しく、雰囲気も良く、好評でしたlovely

 

 

6日目夕食 グリンダヴィークのご宿泊ホテル

スープ、ビュッフェ、ケーキ、コーヒーor紅茶

F630_20170228TYO_6Y1.jpg   F630_20170228TYO_6Y2.jpg


F630_20170228TYO_6Y3.jpg   F630_20170228TYO_6Y4.jpg

アイスランド最後の夜は、ブルーラグーン近くのホテルにご宿泊hotel
まわりに余計な光がないので、オーロラ鑑賞に適していますgood
大きなガラス張りの屋内展望室にて、コーヒーを飲みながらオーロラハンティングできるおすすめホテルですflair

ディナーは、スープとデザート以外はビュッフェ形式で、お好きなものをいただきながら、
今回の旅の思い出話に花が咲きましたrestaurant

 

 

昼間はアイスランドの壮大な大自然を満喫し、夜はオーロラハンティングnight

神秘的なアイスケーブ・世界最大級の露天風呂ブルーラグーン・間欠泉や滝など、
アイスランドの魅力を思いっきりエンジョイできるコース内容でしたsign01

今回のツアーでは、前半にオーロラの大爆発を2回も見ることができ、本当に幸運でしたsign03
オーロラは、1度見てしまうとその虜になってしまうから不思議shine
ものすごい魅力というか魔力を持っている気がしますwink 心からおすすめするコースですhappy02

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。