阪急交通社トレンドニュースDJココロとクマ吉ディレクターです!
阪急交通社がお届けする旅にまつわる人気ランキングをはじめ、
旬なトレンド情報を発信していきます。

阪急交通社トレンドニュース

DJココロとクマ吉ディレクターです!
阪急交通社がお届けする旅にまつわる人気ランキングをはじめ、旬なトレンド情報を発信していきます。

2019年クリスマスの海外旅行先ランキングを阪急交通社が発表!~イタリアが1位!ヨーロッパの国が半数以上を占める結果に。各国のクリスマス事情も紹介~

2019年11月13日

阪急交通社が、2019年12月24日の宿泊が含まれる海外ツアーの現時点での申込者数を集計。今年は1位がイタリア。そしてドイツ、スペインなどヨーロッパの国が多数を占める結果となりました。ランキングの詳細と、クリスマスマーケットをはじめとした、各国のクリスマス事情を紹介します。
クリスマスランキング
 
サンタクロースにクリスマスツリー、ケーキ、プレゼントと、クリスマスから連想されるものはたくさんありますが、近年ではクリスマスマーケットも、クリスマスらしさを味わえるイベントとして日本でも人気があります。
阪急交通社では、そんなクリスマスマーケット発祥の地でもあるドイツをはじめとした、本場の雰囲気が味わえるヨーロッパ各国へのツアーを多数ご用意しています。
 
今回、今年はどのような国が人気なのか、毎年恒例となりましたクリスマスの海外旅行先ランキングを発表。各国のクリスマス事情、クリスマスマーケット情報と共にお届けします。
 
なお、クリスマスを目的としたツアーには限定しておらず、クリスマスとの関係が比較的強くはない国も上位にランクインしています。クリスマスを楽しみたいという旅行者ばかりでもなく、ハイシーズンとなる国を避けて、その時期でも安く旅行できるという国を選ぶ方も多いようです。
 
2019年 クリスマスの海外旅行先ランキングはこちら
 
1位 イタリア
2位 台湾
3位 ドイツ
4位 スペイン
5位 エジプト
6位 トルコ
7位 チェコ
8位 オーストリア
9位 フランス
10位 モロッコ
 
対象:2019年12月24日の宿泊を含む海外ツアー
*滞在先が複数国にわたる場合、必ずしも12月24日、25日にその国に滞在、宿泊しているとは限りません。
*調査時点でのランキングとなります。
 
同じクリスマスマーケットでも、開催場所によって期間は異なります。どのホテルから近いかといった情報も個人では把握しづらいかもしれません。
阪急交通社では、その年ごとの情報を元にしたプランを立て、添乗員のいるツアーを多数ご案内しています。もちろん個人でご旅行の計画を立てられる方に向けたホテルと航空券をセットにしたフリープランも豊富に取り揃えております。
 
各国のクリスマス事情、イベント情報を含むランキングの詳細は以下をご確認ください。
 
 

1イタリア

イタリアのクリスマス
前回5位のイタリアが1位にランクアップ。イタリアでは、11月末~12月中旬頃、ローマのナヴォーナ広場、フィレンツェのサンタ・クローチェ広場など各地でクリスマスマーケットが開かれます。イタリアでは、「プレゼーペ」と呼ばれる、キリストが誕生した様子を人形などで表した模型が有名。クリスマスマーケットでは、プレゼーペはもちろん、クリスマスの装飾品やホットワインなどが販売されます。
クリスマスシーズンには、サンタに会えるイベントが多数あり、子供たちがサンタと交流する姿を目にすることもできるでしょう。
25日、26日はほとんどの店舗が閉まり、バスなどの交通機関も運休しますので、観光する際には注意が必要です。
 
▼イタリアへ行くツアーはこちら
 
▼イタリアの観光情報はこちら
 
 

2台湾

台湾のクリスマス
「新北市ハッピークリスマスシティ」という有名な台湾のイベントは、昨年の来場者数が600万人を突破。今年もイルミネーションや写真撮影用オブジェはもちろん、大人も乗車できるアトラクションなどが設置されます。また、レーザーなどを使ったライトショーの開催が予定されており、注目を集めています。
ただ、2月の旧正月を盛大にお祝いする習慣があるためか、台湾全体でクリスマスムードは日本より抑えめ。それでも前回1位、今回2位と人気が高いのは、旅行代金が他方面に比べ安いこと、日本より温かく過ごしやすいことなどが推測されます。また、クリスマスといっても長期休暇をとることは少ない日本人にとって、距離が近くて比較的手軽に行ける台湾は、この時期の海外旅行先として選びやすいのかもしれません。
 
▼台湾へ行くツアーはこちら
 
▼台湾の観光情報はこちら
 
 

3ドイツ

ドイツのクリスマス
日本でも増えてきたクリスマスマーケット。その発祥の地ともされているのがドイツで、大都市だけでも2,500以上のクリスマスマーケットが開催されているそうです。とにかく数が多いので、旅行中に複数のマーケットを見て回れるのも魅力です。
中でも世界一有名とされるニュルンベルクで行われるクリスマスマーケットは、毎年200万人が訪れ、180もの屋台が並びます。グリューワイン(ホットワイン)を飲みながら、焼きソーセージを味わうのもいいですが、クリスマスの飾りにぴったりのレープクーヘン(蜂蜜やスパイスが入ったクッキー)をお土産として購入するのもおすすめ。メリーゴーランドや機関車のアトラクションが設置されるほか、郵便馬車に乗車することもできます。
 
▼ドイツのクリスマスマーケット情報はこちら
 
▼ドイツへ行くツアーはこちら
 
▼ドイツの観光情報はこちら
 
 

4スペイン

スペインのクリスマス
スペインのクリスマスは12月24日から1月6日まで続き、24日の夜は家族でディナーを楽しみ、25日はミサに行くなどして静かに過ごすことが一般的です。24日の夕方から25日にかけて、多くの観光スポットやショップがクローズし、本数を減らす交通機関もありますので、移動の際には注意が必要です。
クリスマス当日は、街中を散歩してイルミネーションを楽しんだり、キリストが生まれた様子を人形で再現した「ベレン」を見て回ったりするのがおすすめ。また、サグラダ・ファミリアなど時間を短縮してオープンしている観光スポットもあるので、見学するのも良いでしょう。
 
▼スペインへ行くツアーはこちら
 
▼スペインの観光情報はこちら
 
 

5エジプト

エジプトのクリスマス
前回8位から5位にランクアップしたエジプトですが、国民の多くがイスラム教徒であるため、クリスマスをお祝いする習慣はありません。ただ、近年ではイベントとしてクリスマスを楽しむ人が増えており、クリスマスバザーが開催されたり、オーナメントやサンタの衣装などを扱う雑貨屋もあったりします。
観光客が利用するホテルでは、ツリーはもちろん、クリスマスディナーなども用意されていることが多く、クリスマスの雰囲気を楽しむことができることも。
 
▼エジプトへ行くツアーはこちら
 
▼エジプトの基本情報はこちら
 
 

6トルコ

トルコのクリスマス
6位に初ライクインしたトルコでは、イスラム教徒が多いためクリスマスをお祝いする習慣はありませんが、近年はクリスマスのイルミネーションや飾り付けをする店舗が増えてきました。ただし、キリストの誕生を祝うのではなく、新年を祝うといった意味合いでクリスマスを捉えている方が多く、24日、25日に行われるクリスマスイベントはあまりありません。
その代わり、観光スポットやレストランなどは通常通り営業していますので、ブルーモスクやアヤソフィアなどの人気スポットを観光することも可能です。
 
▼トルコへ行くツアーはこちら
 
▼トルコの観光情報はこちら
 
 

7チェコ

チェコのクリスマス
チェコは、首都プラハにある旧市街で行われるクリスマスマーケットが有名です。会場にある大きなクリスマスツリーは夕方からライトアップされ、幻想的な雰囲気に。このツリーのオーナメントやデコレーションは毎年変わるので、地元の人も楽しみにしているそうです。
クリスマスマーケットの定番は「スヴァジャーク」と呼ばれるホットワインですが、少し変わったところでは「メドヴィナ」と呼ばれる蜂蜜のお酒もおすすめ。ちなみにチェコではクリスマスに鯉を食べる習慣があるそうで、最近では鯉の唐揚げを期間限定で販売する屋台もあるようです。
 
▼チェコ(東欧・中欧)のクリスマスマーケット情報はこちら
 
▼チェコへ行くツアーはこちら
 
▼チェコの観光情報はこちら
 
 

8オーストリア

オーストリアのクリスマス
音楽の国とも呼ばれるオーストリア。有名なクリスマス・キャロル(クリスマスを祝う歌)である「きよしこの夜」はこのオーストリアで誕生し、クリスマスも至るところで音楽に触れることができます。
各地でクリスマスマーケットが行われますが、市内で規模が大きいのはウィーン市庁舎前。約150もの屋台がならび、3000平米を超えるスケートリンクやメリーゴーランド、ミニ観覧車などが設置されます。やはりグリューワイン(ホットワイン)が定番ですが、「プンシュ」と呼ばれる温かいカクテルもおすすめです。
 
▼オーストリア(東欧・中欧)のクリスマスマーケット情報はこちら
 
▼オーストリアへ行くツアーはこちら
 
▼オーストリアのクリスマスマーケットへ行くツアーはこちら
 
 

9フランス

フランスのクリスマス
フランスのクリスマスといえば「クリスマスの首都」とも呼ばれるストラスブールで行われるクリスマスマーケットが有名。1570年頃から400年以上開催され続けており、毎年200万人が訪れます。このクリスマスマーケットは市内に11カ所の会場があり、巨大なクリスマスツリーを始め、イルミネーションやクリスマスのデコレーションなど、街全体で華やかな雰囲気を楽しめます。
なお、カトリック教徒の多いフランスでは、12月25日はスーパーや雑貨屋などが開いていないことはもちろん、ほとんどの観光スポットに立ち入ることができません。当日に滞在する方は、観光などはせずに、現地の雰囲気を楽しむ一日として予定を組んでおきましょう。
 
▼フランスのクリスマスマーケット情報はこちら
 
▼フランスへ行くツアーはこちら
 
▼フランスの観光情報はこちら
 
 

10モロッコ

モロッコのクリスマス
絵本の世界へ入り込んだような「青い街シャウエン」や、細い路地が複雑に入り組む迷宮都市フェズなど、個性的な街が人気のモロッコ。阪急交通社のツアーでは、サハラ砂漠にあるホテルでの宿泊で、満天の空に輝く星空観賞も楽しめます。
また、モロッコ料理はスパイスで味付けをするものが多く、独特な風味がくせになってしまう人もいるのだとか。近年では、タジン鍋やモロッカングラス、アルガンオイルなどがお土産として人気です。
ただし、イスラム教徒がほとんどの国であるモロッコでは、クリスマスを祝う習慣がなく、街中でクリスマスの雰囲気を感じることはないかもしれませんが、ヨーロッパ諸国などのようにクリスマスにスーパーや飲食店などが閉まってしまうことがないので、観光や買い物を楽しむことができるといったメリットはあります。
 
▼モロッコへ行くツアーはこちら
 
▼モロッコの基本情報はこちら
 
 
 
▼世界のクリスマスマーケット旅行特集はこちら
 
▼ヨーロッパのクリスマスマーケット旅行特集はこちら
 
▼アメリカ・カナダのクリスマスイルミネーション旅行特集はこちら
 
▼阪急交通社の海外旅行・ツアーはこちら
 
▼阪急交通社 旅行サイトはこちら

 

ページトップヘ

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください