ニュースリリース

|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

阪急交通社ニュースリリースDJココロとクマ吉ディレクターです!
阪急交通社がお届けする旅にまつわる人気ランキングや旬な
トレンド情報を発信していきます。

阪急交通社ニュースリリース

DJココロとクマ吉ディレクターです!
阪急交通社がお届けする旅にまつわる人気ランキングや旬なトレンド情報を発信していきます。

北欧のこと、どれだけ知ってる?~各国の位置、国旗の違い、北欧雑貨やキャラクターなども含めた知名度調査を阪急交通社が実施~

2019年02月05日

2019年は、日本とフィンランドでの外交関係樹立100周年を迎える年であり、3月16日には埼玉県飯能市に「ムーミンバレーパーク」もオープンします。北欧がより身近に感じられるようになった昨今ですが、どれほど北欧について知られているでしょう。阪急交通社では北欧に関するアンケート調査を実施。その結果をご紹介します。
 

北欧イメージ

北欧発祥の雑貨、家具などは日本に広く浸透してきており、生活の豊かさ、学力の高さで有名な教育方針などについてテレビで目にする機会も多いでしょう。
国連が発表している「世界幸福度ランキング」では2018年が1位フィンランド、2位ノルウェー、3位デンマークと、北欧が3位までを占めています。
しかしそんな北欧について、地理的には日本と遠いこともあり、知らないこともまだまだ多いかもしれません。アンケート調査の結果をご紹介しましょう。

※なお今回は北欧の中でも、同じツアー上で巡ることの多い4ヵ国(ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド)に絞ったアンケートとなっています


【調査概要】
有効回答数:550名
調査期間:2019/1/18~2019/1/19
調査対象:全国、 20代以上の男女
調査手法:Webアンケート

 

地図上で北欧4ヵ国の場所を正しく答えられる人は約4割

北欧とひとくくりで語られることが多いこともあり、今回対象とする4ヵ国それぞれの国がどこに位置するかはご存じない方も多いかもしれません。
以下の地図で、それぞれがどの国か答えてもらいました。
 

hokuou_map.png

正解は、A:ノルウェー、B:スウェーデン、C:フィンランド、D:デンマーク

回答の結果は以下のようになっています。

 

回答結果

 

デンマークが47.5%と少し正答率高めですが、いずれも40%前後と同じような正答率となっています。「わからない」の割合もほぼ横並びで40%台です。

なお、4ヵ国全ての正解者は約30%、全てわからないのが38%となっており、4ヵ国全てわかるか、どこもわからないかという方が多いようです。

 

一番有名なのはムーミン! 最下位は「世界一まずいお菓子」?

次に、北欧と関係の深い言葉をいくつか挙げ、それぞれについて「北欧と関係があるのを知っているか」を調査しました。

word_table.png

フィンランドのムーミンが1位でした。
 
2位のIKEA(イケア)はスウェーデンが発祥です。3位はノーベル賞。ノーベル賞設立の遺言を残したアルフレッド・ノーベルはスウェーデンの発明家で、授賞式はスウェーデンとノルウェーで行われています。4位のアンデルセンはデンマーク出身の童話作家です。
 
言葉自体を知らないという方は多かったMarimekko(マリメッコ)ですが、特徴的な花柄が有名なブランドで、写真を見ると「ああ、これのことか」となる人も多いかもしれません。
知名度最下位となってしまったサルミアッキは「世界一まずいお菓子」として有名です。同じくまずい(日本人に合わない?)お菓子としてリコリスが挙げられ、これも北欧で親しまれているお菓子ですが、このリコリスに塩化アンモニウムを加えたのがサルミアッキです。
 
サルミアッキ
こちらがサルミアッキ
 
その他の言葉も、ぜひご自身で北欧との関係を調べてみてください。
 

北欧の絶景といえばフィヨルド! 写真でわかる?

フィヨルド
 
Q.この絶景写真が、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの内どこの国のものか知っていますか?
 
という質問は、以下のような結果となりました。
「よく知っている」=6.9%
「知っているつもりだが自信はない」=26.0%
「知らない」=67.1%
 
この写真の場所はノルウェーのフィヨルドです。写真だけではわかりづらいかもしれませんが、フィヨルドという言葉自体は地理の授業などで覚えている方も多いでしょう。フィヨルドとは、氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾や入り江のこと。中でも世界最長のソグネフィヨルドは全長200kmを超える長さとなっており、写真のような絶景続きのクルーズも楽しめます。
 
ノルウェーはクルーズによるフィヨルド観光以外にも、車窓からの絶景が楽しめるベルゲン急行とフロム鉄道、デザイン性の高い遊歩道や展望台も整備された18か所の観光ルートである「ナショナルツーリストルート」、冬にはオーロラなど、絶景に巡り合える機会が数多くあります。
 
 

こんなにそっくり!?な国旗の知名度はスウェーデンが1位!

北欧4ヵ国の国旗は、どれも似たデザインをしています。それぞれの国名がわかるでしょうか。
北欧の国旗
正解は、A:フィンランド、B:スウェーデン、C:デンマーク、D:ノルウェー
 
回答の結果は以下のようになっています。
kokki_table.png
 
どの国旗にも十字が描かれていますが、これは「ノルディック・クロス」と呼ばれ、デンマークの国旗が最初に作られました。ノルウェーはかなりデンマークに近く、白い十字の上にある青い十字はノルウェーの海を表しているとか。フィンランドの白色は雪、青は湖を、スウェーデンの青は空、金はキリスト教・自由・独立を表すそうです。
「知っているつもりだが自信はない」が「よく知っている」の数よりも多いのは、このようにそれぞれの国旗が似ていて、区別しづらかったからという面もあるかもしれません。そんな中、IKEAのコーポレートカラーとしても使われているスウェーデンの国旗の知名度が一番高くなりました。
 
 
いかがだったでしょうか。
北欧のことを全然知らなかったという方も、ぜひこれから注目してみてください。知識としては知っていたという方も、現地への旅行をおすすめします。ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、それぞれの国の本当の魅力は行ってみないとわかりません。国境を越える際の手続きが必要なく、一度の旅行で4カ国の観光を満喫できるというのも、北欧旅行の良さです。
緑にあふれ、美しい街並みが思う存分楽しめる夏、オーロラを見たり犬ぞりを楽しんだりできる冬と、季節ごとにも異なる楽しみがあります。
 
北欧4ヵ国は一度に回りやすいとはいっても、初めてではなかなか心配なもの。阪急交通社では添乗員付きの4ヵ国周遊ツアーを多数催行しております。ぜひご利用ください。
 
 
 
▼北欧旅行・ツアーをお探しの方はこちら
 
▼ノルウェー旅行・ツアーをお探しの方はこちら
 
▼スウェーデン旅行・ツアーをお探しの方はこちら
 
▼フィンランド旅行・ツアーをお探しの方はこちら
 
▼デンマーク旅行・ツアーをお探しの方はこちら
 
 
▼北欧の観光情報はこちら
 
▼ノルウェーの観光情報はこちら
 
▼スウェーデンの観光情報はこちら
 
▼フィンランドの観光情報はこちら
 
▼デンマークの観光情報はこちら
 
 
▼阪急交通社の海外旅行・ツアーはこちら
 
▼阪急交通社の旅行サイトはこちら
 
 
 
ページトップヘ

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

ニュースリリース|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved