ツアーお食事だより 南太平洋 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2015年9月19日出発 L200 モーレア島の水上バンガローに泊まるタヒチとイースター島8日間

2015年9月29日

フレンドツアー 関西発 2015年9月19日出発

L200 モーレア島の水上バンガローに泊まるタヒチとイースター島8日間

実際にお召し上がりいただいたお食事を紹介いたします。

お食事の評価は星の数で評価します。満点は星5つ ★★★★★となります。


イースター島の食事って???
全くイメージが出来ないですが、ガイドブックよりリアル旅ごはんをぜひ参考に~~enlightened

タヒチとイースター島を結ぶ便は、週に一回しかフライトがなく、一つの旅で両方を効率よくめぐることは難しいのですが、このコースは、チャーター便を利用するため、それがかないます。しかも、決して強行軍ではありません。




1日目

伊丹空港→羽田→成田→タヒチ・パペーテと移動します。

日本からタヒチへは、直行便になるので、お体は楽です。

エアー・タヒチ・ヌイ、約11時間のフライトで、機内食が2回出ますが、なかなかおいしかったです♪
タヒチはフランス文化の影響受けているからでしょうか。

時差は、マイナス19時間clock

 

朝、タヒチ・パペーテ着後、フェリーでモーレア島へ移動。
インターコンチネンタルホテルの水上コテージに、2泊ご滞在。

 

 



2日目 

朝 モーレア島 インターコンチネンタルホテルにてアメリカンバッフェ
星5つ ★★★★★



終日フリータイム。

リゾートでのゆったりした時間をお過ごしいただきます。
ハワイのワイキキみたいに、はっきりした繁華街があるわけではありません。

基本、食事も観光もフリーですが、楽しいオプショナルツアーもご用意しております。
大人気は、ボートで10分、モツ島に渡り、エイに触ったり、浅瀬のサンゴ礁に泳ぐ小魚を見たりできるモツピクニックですwave


お食事は、ホテル内のフレンチレストランがおいしかったと評判!
週に一度、土曜日開催されるポリネシアンショーでは、天気が良ければ、外でファイアーダンスも行われ、見ごたえありです。

軽食を取れるレストランもあり、日本語メニューもありますよwink

 




3日目 朝食 昨日と同じ

ゆったりと2泊3日モーレア滞在を楽しんでいただいた後、いよいよチャーター便を利用して、イースター島へ向かいます。


タヒチもイースター島も、もともとポリネシア系の同じ民族ですが、現在は、タヒチはフランス領。

イースター島はチリに属しています。

タヒチから、イースター島へ移動する場合、時差は、+5時間。

本日は1日が29時間clock!!になります。

 


ホテルは、イースター島で一番人気のハンガロアホテル。

夜9時をまわっての宿入りですので、夕食は軽食。

といっても、さすが、こんな風にキレイにサーブしてくれます。

イースター島近海で取れる白身魚のクリームソース。

美味でした。飲み物も、ワイン、ビール、ジュースの中から、お好きなもの一杯選んでいただけます。

食事評価  星4つ ★★★★
L200_150919_OSANEC_0001.jpg


 




4日目 

イースター島 ハンガロアホテル アメリカンバッフェ 食事評価 星4つ ★★★★
 

バイキングの朝食。卵料理や温野菜などもあり、土地柄を考えると十分すぎる内容です。

(島なので、何でも本土から運んでくる。) 

ここに、さっそくモアイがいましたeye

L200_150919_OSANEC_0007.jpg






ゆったり11時すぎにホテルを出発

こちらは、7体のモアイが並ぶ、アナケナビーチ。

プカという、帽子ともマゲとも言われるものを頭に載せています。

モアイは、いつもアフという祭壇に載っていて、その祭壇付近は聖域で立ち入り禁止。

こうして柵があるところもありますが、なくても、うっかり入らないように注意です。

L200_150919_OSANEC_0003.jpg




立って並んでいるモアイとしては最多、15体のモアイが一列に並ぶトンガリキ

手前に小さな丘があり、こんな風に立って、16体目のモアイとして決めポーズをとるのがおすすめcamera

(手は腰に当て、お腹をつきだす)

L200_150919_OSANEC_0006.jpg



モアイの製造工場といわれるラノララク

未完成のモアイがあちこちに見られます。

地中に埋まっているだけで、胴体もあるんですよ!

L200_150919_OSANEC_0008.jpg

 

L200_150919_OSANEC_0014.jpg L200_150919_OSANEC_0013.jpg

 

L200_150919_OSANEC_0015.jpg




これは、まだ切り出す前のモアイ。

L200_150919_OSANEC_0016.jpg


L200_150919_OSANEC_0017.jpg





L200_150919_OSANEC_0005.jpg



イースター島は、ホテルのある集落を出ると、レストランなどまったくないので、お昼はアナケナビーチでお弁当。

マグロとライス、ゼリー。水付き。

シンプルなお弁当ですが、味は意外においしかったです。

食事評価 星3つ ★★★
 




夕食は、TATAKU VAVE オープンエアーのレストランにて。

ワイン、ビール、ジュース、お好きなもの一杯つき。

L200_150919_OSANEC_0019.jpg

チキンスープ。

 

L200_150919_OSANEC_0020.jpg

マグロのセビッチェ(マグロ、玉ねぎをレモンでしめたもの) 醤油、ワサビもついてました!



L200_150919_OSANEC_0022.jpg

バナナのケーキ。イースター島でよく食べられるお菓子です。
 

食事評価 星5つ ★★★★★

 



イースター島の気温、15~20度ぐらい。

セビッチェ、ネタが新鮮でおいいしかったですが、日没後は結構冷えるので、冷たいメインは、賛否両論surprise

 

 



5日目

朝食 昨日と同じ。


昼食 ご宿泊ホテル ハンガロアにて。

L200_150919_OSANEC_0025.jpg L200_150919_OSANEC_0024.jpg

 

L200_150919_OSANEC_0026.jpg

イカフライ。野菜スープ。ラザーニャ。

食事評価 星4つ ★★★★

 



午後、引き続き、イースター島観光。

アキビ。モアイは海を背にして立っているパターンが多いですが、こちらでは海を見て立っていて、珍しいです。

L200_150919_OSANEC_0027.jpg

夕刻、チャーター便にて、タヒチに戻ります。

 

お泊りは、インターコンチネンタルホテル



 



6日目

朝食 タヒチ インターコンチネンタルにて、バイキング 星5つ ★★★★★

L200_150919_OSANEC_0028.jpg L200_150919_OSANEC_0029.jpg

 

本日は、タヒチ博物館やマラエ(神殿)跡を訪れ、ポリネシアの文化に触れます。

あちこちで、南国の珍しい植物も見られました。

タヒチで健康飲料として飲まれているノニのジュースの、ノニの実はこんなです。

L200_150919_OSANEC_0031.jpg
 


 

夕食は、フリー食。

ホテル内のLOTUSレストランでフレンチを召し上がったり、18時ごろからパペーテ中心地で出るトラックを改造した屋台で召し上がったりと、それぞれお楽しみいただいたようです。

LOTUSは予約がベター、パペーテ中心へはタクシーで15分、2000フラン(約2,600円)ぐらいです。

こういったご予約は添乗員におまかせくださいsmiley

 



エアータヒチヌイで、帰国の途へ。

L200_150919_OSANEC_0032.jpg

 

 

リゾートに、遺跡に、と欲張りに楽しめた8日間でしたshine





今回はエアタヒチヌイ特別便利用の特別企画でこちらのコースが生まれましたchick

また今後も企画がございましたら、ぜひご参加ご検討ください!

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。