ツアーお食事だより 中南米 もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

トラピックス関西発 2015年1月31日 U740 新・南米3大ハイライト11日間

2015年2月12日

ここでは、1月31日出発 U740「新・南米3大ハイライト11日間」のコースにて
実際にお召し上がりいただいたお食事をいくつかご紹介いたしますnote
(※4月出発以降はコース番号がU741となっております。)

↑          ↑          ↑

クリックするとコース画面に飛びます

 

restaurant2日目昼食
ペルー到着後初のお食事!
前菜はアボカドサラダ
、メインはペルー風焼きそばです!
一番右の写真は
チチャモラーダという紫トウモロコシを使ったペルーの伝統的な野菜ジュースです
独特の後味がありますが、栄養は満点wine

P2020665.JPG P2020667.JPG P2020666.JPG

 

 

 

restaurant3日目朝食
ホテルシェラトンリマにてビュッフェの朝食!
種類が豊富でどれも美味しいですcafe
私のオススメは右から2番目の写真の壺で煮込まれている
チキンスープのヌードル
ほんのりスパイシーな薬味を加えていただきますnoodle
P2020746.JPG P2020748.JPG P2020749.JPG P2020747.JPG

 

 

 

restaurant4日目昼食
イグアスの滝ボートツアーを楽しんだ後は、イグアス国立公園内にあるレストランにてビュッフェランチ!
窯で焼かれる色々なお肉の中から、好きなお肉を選んで切り分けてもらえます!
ソースはパプリカなどの野菜入りの少し
酸味のあるソースピリ辛ソース激辛ソース
の3種類!
私は牛肉と鶏肉を酸味のあるソースでいただきました
heart

P2040881.JPG P2040883.JPG P2040884.JPGのサムネール画像

 

 

 

restaurant4日目夕食
イグアスのリゾートホテルにてビュッフェの夕食!
左から2番目は
牛肉のグレービーソース、左から3番目は豚肉のパイナップルソテーです!
お肉料理が続きますが、様々な味付けを楽しめるので飽きません
good
また、ケーキやフルーツなども充実しているので食後のカフェタイムもお楽しみいただけますcafeheart04

P2040895.JPG P2040903.JPG P2040899.JPG P2040897.JPG

 

 

 

 restaurant5日目朝食
イグアスのホテルにてビュッフェの朝食!
パンの種類が大変多く、全種類食べ比べしてみたくなりますbread
その中でも日本人に大人気なのが、ブラジルの朝食の定番「
ポン・デ・ケージョ」です!(写真左から2番目)
ポン・デ・ケージョとはポルトガル語で
チーズパンを意味します。
外側はフランスパンのように堅い生地で、中は
もっちもちheart
シュークリームより一回りほど小さいパンなので、何個でも食べられちゃいます!
南米でも大変ポピュラーなおやつで、街中や空港などあらゆる場所で売られているそうです!
P2030762.JPG P2030766.JPG P2030764.JPG P2030763.JPG

 

 

 

restaurant5日目昼食
イグアス国立公園付近のレストランにて昼食!
ブラジルと言えば…そう
シュラスコですdiamond

鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、岩塩を振って炭火でじっくりと焼く、ブラジルを代表する料理です。
これを食べずしてブラジルは去れませんよねscissors
好きなお肉を好きな分だけお召し上がりいただきます!
日本人の口に合い、皆様何度もおかわりされていました。
サラダやデザート、その他のお料理はビュッフェ形式となっております。
P2051000.JPG P2051002.JPG P2050998.JPG


ちなみに、このお店はブラジル紳士によるエレクトーン生演奏を聴きながらお食事をお召し上がりいただきますnotes
P2051004.JPG

 

 

 

restaurant6日目昼食
ナスカの地上絵遊覧観光をお楽しみいただいた後は、飛行場近くにあるレストランにてご昼食!
前菜はペルー特産の
トウガラシクリームソースがけのポテト、
メインはボロネーゼパスタ、デザートはバニラアイスチョコレートソースがけです!

トウガラシとは言え、クリームソースですのでマイルドで辛くはありません。
ナスカは砂漠地帯ですが、ミカンやブドウの畑が果てしなく広がっており、土地の肥沃さがよくわかります
sun
P2061083.JPG P2061084.JPG P2061086.JPG

 

 

 

restaurant7日目夕食
憧れの高原列車にてマチュピチュ村に到着すると、
この日のホテルではホテル内の素敵なバーでウェルカムドリンクがついていましたbar
左はレモネード、右は「
ピスコサワー」というペルーの国民的カクテルです。

P2071219.JPG P2071220.JPG


夕食はホテル内のレストランにて!
前菜は「キヌア」というペルー特産の穀物です。(写真左)
スープにしていただくのが一般的な調理方法だそうですが、今回は素材の味をそのまま楽しみました!
モサモサとした食感が特徴的でクセになります!

メインは牛肉、豚肉、鶏肉、白身魚、パスタからお選びいただきます。
私はペルーの名物牛肉料理ロモサルタード」をいただきましたheart(写真右)
牛肉とパプリカや玉ねぎなどの野菜の炒め物で、本当に美味しいです!!
中華風の味付けで、ご飯がすすみますriceball

デザートはレモンタルト、チョコレートケーキ、ホオズキのチーズケーキからお選びいただきます。
私はホオズキのチーズケーキをいただきましたcake
さっぱりとしていて食後にぴったりですheart04
P2071224.JPGのサムネール画像 P2071225.JPG P2071226.JPG

 

 

 

restaurant8日目夕食
南米最後のお食事はクスコのホテルにて!
前菜は
野菜スープ、メインはマスのグリルクリームソースがけ
デザートは
クレープのキャラメルソースがけです。
南米では圧倒的にお肉料理が多いですが、お魚料理もあっさりとしていて美味しかったです!
P2081352.JPG P2081353.JPG P2081355.JPG

 

 

 

 

bar番外編beer
ここでは、ツアーのお食事には含まれておりませんが、
南米の代表的な飲み物についていくつかご紹介いたしますnote

 

まずはブラジルとペルーの国民的炭酸飲料から!
ガラナ
 ガラナ」という木の実を使用したブラジルの炭酸飲料ですflair
 コーラとジンジャーエールをかけあわせたような風味でした!

インカ・コーラ
 
ペルーではコカ・コーラよりも人気のインカ・コーラ。
 黄色いことから、ゴールデン・コーラとも呼ばれます。
 コカ・コーラよりも甘味が強く、炭酸が弱いところが特徴です。
 インカ・コーラは南米間の国内線の機内でもサービスされるので、味見してみたいという方はぜひheart04

 P2030760.JPG   P2030751.JPG

 

続きまして、ペルーの代表的なお酒をご紹介しますwine
ピスコサワー
 
「ピスコ」とは厳選された良質の葡萄果汁のみを使って作られる、
 平均アルコール度数42度の無色透明の蒸留酒です。
 ピスコサワーはこのピスコに、卵白・レモン・ガムシロップ・氷を加えてシェイクしたものですrock
 シナモンがかかっているところがポイントです!
 飲んだ時の口当たりはまろやかですが、アルコール度数が高いので体が熱くなりますspa

クスケーニャ
 (良い写真がなくてすみません!)
 ペルーで最も人気のあるビールですheart
 味が濃く、後味スッキリ!クセがないため日本人にも大変人気があります!
 今回の旅行でもクスケーニャは大人気で、毎回のお食事で注文される方がたくさんいらっしゃいましたbeernotes

③ P2020740.JPG  ④ P2061099.JPG

 

 

南米のお食事をたくさんご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうかshine
地球の裏側にある南米ですが、日本人の口に合うものがたくさんあります!
ぜひ、南米にご旅行の際はお食事もお楽しみいただければと思いますnote

ご精読いただき、ありがとうございました。

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。