ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年5月11日出発 B045 ルフトハンザドイツ航空利用 美食のバスクと美しい村8日間

2018年6月13日

フレンドツアー 関西発 

2018年5月11日発 

B045 ルフトハンザドイツ航空利用 美食のバスクと美しい村8日間

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介させていただきます。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は 星5つ★★★★★となります。

 

 

2日目

気温6~13℃/ 曇り

 

ホテル「カンディド」の朝食ビュッフェ

 

セゴビアで宿泊のホテル カンディドの朝食をご紹介します。 

団体用ではなく、個人客向け用のレストランでの朝食となりました。

宴会場ではないので落ち着いた雰囲気で召し上がっていただけました。

評価は★★★★

 

ホテルのロビーからすぐのレストランになります。

B045_180511_OSAIMG_20180511_223943.jpg

 

フレッシュフルーツが嬉しいです。

B045_180511_OSAIMG_20180512_074904.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_074856.jpg

 

パンも甘いものまで種類豊富です。コーヒー、紅茶はセルフでした。

B045_180511_OSAIMG_20180512_074620.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_074915.jpg

 

ホットミールコーナーには電子レンジもありました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_074931.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_074942.jpg

 

 

セゴビア観光では、ローマ水道橋も見どころの一つです。

時間に余裕が有るので、ゆっくり観光することができました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_112242.jpg

 

 

 

レストラン EL SOPORTAL での昼食

 

”スペインで最も美しい村”の一つペドラサのレストランで昼食をいただきました。 

評価は★★★★★

レストランは風情のある広場に面しています。前菜はパスタの入った”カステナージャスープ”でした。あっさりしていて美味しいです。

B045_180511_OSAIMG_20180512_140022.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_123806.jpg

 

メインはビーフステーキにフライドポテト添え。ミディアムの焼き加減で、柔らかめの肉でした。デザートはフルーツサラダ。

スイカもありました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_125107.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_130921.jpg 

 

 

 

パラドール・アルゴマニスでの夕食

 

ビトリアのご宿泊ホテル パラドール・アルゴマニス のレストランでゆったりお食事を楽しみました。 

今回は、特別にメインのお料理を選ぶことができました。どの料理も美味しいと好評でした。

評価は★★★★★

アミューズ(付き出し)2種を取り分けました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_211709.jpg

 

前菜は4種類の中から一つ選びましたスープ、カルパッチョ、マリネ等々。それぞれお好みで選べるので好評でした。

B045_180511_OSAIMG_20180512_212132.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_212123.jpg

 

B045_180511_OSAIMG_20180512_212137.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_212142.jpg

 

メイン料理は5種からの選択でした。肉・魚のバリエーションが豊富で、どれにするか迷ってしまいました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_214145.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_214151.jpg

 

B045_180511_OSAIMG_20180512_214156.jpg B045_180511_OSAIMG_20180512_214201.jpg

 

B045_180511_OSAIMG_20180512_215100.jpg

 

デザートはさっぱりとしたアイスクリームを選びました。

B045_180511_OSAIMG_20180512_223303.jpg

 

 

 

 

3日目

気温5~11℃/ 曇り時々雨

 

パラドール アルゴマニスの朝食ビュッフェ

 

夕食と同じレストランで、朝食が用意されていました。

他のホテルに比べて種類が多く感じられました。 

評価は★★★★

B045_180511_OSAIMG_20180513_072830.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_072827.jpg

 

B045_180511_OSAIMG_20180513_072924.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_072820.jpg

 

生ハムとフレッシュフルーツは外せません!

B045_180511_OSAIMG_20180513_072948.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_073017.jpg

 

 

 

 

 

 

2本の巡礼道が1本になるプエンテ・ラ・レイナの町を散策しました。川沿いにはアマポーラの花が咲いていました。

B045_180511_OSAIMG_20180513_102853.jpg

 

 

 

 

レストラン SAN IGNACIO での昼食

 

パンプローナは日曜日でマラソン大会が開催されていました。

お食事の評価は★★★★★

お店はすっきりしていますが、上品です。前菜のサラダは新鮮で美味しかったです。

B045_180511_OSAIMG_20180513_130122.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_124427.jpg

 

シーフードパエリアは、日本と違って少し芯のあるスペインの調理法ですが、美味しいです!デザートはイチゴヨーグルトでした。

B045_180511_OSAIMG_20180513_130127.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_131517.jpg

 

 

 

レストラン LA GRANGE での夕食

 

ピレネー山脈を越え、フランスのバスク地方に入りました。

フレンチバスクの中心地バイヨンヌのレストランで夕食をいただきました。

評価は★★★★★

 

アミューズはカナッペが出ました。前菜はバイヨンヌハム。マイルドな味わいで美味しいです。

B045_180511_OSAIMG_20180513_195059.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_195400.jpg

 

メインはメルルーサですが、上にズッキーニが載せられていました。添え物の黒いのはイカ墨が使われていました。

デザートのチョコレートケーキは盛り付けがおしゃれでした。

B045_180511_OSAIMG_20180513_202100.jpg B045_180511_OSAIMG_20180513_204522.jpg

 

 

 

4日目

気温5~14℃/ 曇り

 

ホテル メルキュール バイヨンヌ の朝食ビュッフェ

 

フランスのメルキュールホテルらしい朝食でした。 

フランスのホテルは、やはりパン類が美味しいです。

評価は★★★★

 

B045_180511_OSAIMG_20180514_063422.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_063427.jpg

 

チーズもフランス産が用意されています。

B045_180511_OSAIMG_20180514_063554.jpg
 

レストランはフロントの横にあります。

B045_180511_OSAIMG_20180514_063434.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_063442.jpg

 

 

 

レストラン EL KANO での昼食

 

スペインのゲタリアにある、ミシュラン星付きのレストラン EL KANO でゲタリア名物・炭火焼をいただきました。

評価は★★★★★

 

アミューズは名産のイワシのアンチョビ。癖がなくて美味しいです。前菜はココチャ。アンコウの喉肉を3種のソースで味わいました。

B045_180511_OSAIMG_20180514_132328.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_133039.jpg

 

カニのを使った”チャングロ”はこの辺りの名物です。シーフードスープは焦がし玉ねぎが効いていてとても美味しい一品です。

B045_180511_OSAIMG_20180514_133951.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_135223.jpg

 

店の前にゲタリア名物炭火焼の窯があります。カレイの大きな炭火焼を取り分けていいただきました。

B045_180511_OSAIMG_20180514_150441.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_140530.jpg 

 

カレイの色々な部位を切り分けて出してくださいました。とても美味しかったです。

B045_180511_OSAIMG_20180514_141054.jpg

 

デザートのチーズクリームアイスクリームに、コーヒーか紅茶が付きました。

B045_180511_OSAIMG_20180514_142809.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_144121.jpg

 

 

 

コンチャ湾を見渡す、モンテイゲルドからの眺め。天気があまり良くなくて残念でした。

B045_180511_OSAIMG_20180514_162906.jpg

 

 

 

バル ATARI での夕食

 

サンセバスチャンの町のバルで地元の人々が楽しむ”ピンチョス”の夕食を体験しました。

名物”チャコリ”と呼ばれる発泡性白ワインは、高く持ち上げたボトルからグラスに注いでくれて、

ピンチョスをつまみながら飲むのがこちらの流儀です。

評価は★★★★★

 

バルのカウンターには美味しそうなピンチョスがたくさん並んでいて、選ぶのに迷ってしまいます。

B045_180511_OSAIMG_20180514_191358.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_191402.jpg 

 

ツアーでは、3種の決まったピンチョスの他、2種はお客様ご自身でカウンターからお選びいただきました。

パンのように見えますが、タラのグラタンです。

B045_180511_OSAIMG_20180514_192008.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_192029.jpg 

 

グラタン、コロッケと、牛肉の煮込みの3品は事前に用意していただきました。牛肉は大好評でした。

B045_180511_OSAIMG_20180514_195703.jpg B045_180511_OSAIMG_20180514_201609.jpg 

 

私が選んだピンチョス2種。小振りなオープンサンド風で、カニやエビなどのシーフードが載っている物にしました。

B045_180511_OSAIMG_20180514_194244.jpg

 

 

 

 

5日目

気温4~11℃/ 曇り

 

ホテル トリップオルリー の朝食ビュッフェ

 

ホテル1階のレストランでの朝食でした。 

評価は★★★★

派手さは有りませんが、おしゃれなカフェ風の明るいお席でいただきました。

B045_180511_OSAIMG_20180515_073221.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_073227.jpg

 

B045_180511_OSAIMG_20180515_073234.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_073316.jpg

 

 

 

フレンチバスクの町、サンジャン・ド・リュズを観光しました。約1時間のフリータイムをとることができ、
お客様はチョコレートや、バスク名産の品等お土産を買われました。

 

B045_180511_OSAIMG_20180515_121227.jpg

 

 

 

 

レストラン ITHURRIA での昼食

 

ホテル「イチュリア」内のミシュラン星付きのレストランで創作料理の昼食を楽しみました。

評価は★★★★★

ホテル イチュリア。 アミューズは取り分けていただきました。ハム、ピンチョス、コロッケはどれを食べても美味しかったです。

B045_180511_OSAIMG_20180515_145733.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_132505.jpg

 

前菜のチーズ入りカネロニ。イメージとは違った料理が出てきてびっくりしましたが、ズッキーニで巻かれていて、これも美味しい!

メインは焼き具合が良くて、柔らかいバスク豚のグリル。自家製野菜も添えられていて好評でした。

B045_180511_OSAIMG_20180515_134056.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_140557.jpg

 

デザートは、ガトーバスク(バスク風ケーキ)アイスクリーム添え。プチフールも振舞われました。

B045_180511_OSAIMG_20180515_142952.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_144745.jpg
 

 

 

 

番外:フリーの夕食

 

この日の夕食は自由食だったため、ご希望のお客様とバルめぐりをすることにしました。

待ち合わせ場所には、ツアーのお客様全員が集合! 

楽しいひと時をすごしました。

季節の野菜を出すバル。白アスパラガスや、アーティーチョークなどが旬です。

B045_180511_OSAIMG_20180515_191152.jpg B045_180511_OSAIMG_20180515_191203.jpg 

 

店ごとにピンチョスも違うので、飽きることがありません。どれも美味しそうでした。

B045_180511_OSAIMG_20180515_200059.jpg

 

 

 

6日目

気温5~17℃/ 曇り時々晴れ

 

ツアー最終日は、ビルバオの観光にご案内しました。

ツアーでは、世界遺産のビスカヤ橋をゴンドラで渡るのですが、今回は”ちょこっとサービス”として橋の上へも

エレベーターで上がっていただきました(有料)。

天気も良くなってきて、町の景色をご覧いただきましたgood

B045_180511_OSAIMG_20180516_105239.jpg B045_180511_OSAIMG_20180516_110234.jpg

 

 


 

 

7日目

最終日の朝食ボックス

 

最終日は、早朝の便でビルバオを出発するため、宿泊ホテル「カールトンホテル」でボックスタイプの朝食を用意してもらいました。

普通は紙袋に入っていることが多いのですが、本当にボックスに入っていました!

中身は、調理パン2個、パックジュース、チョコレート、水1本。おしゃれなボックスにきちんと包んで入れらていて、

ボックスタイプの中では良い部類です。軽く召し上がっていただくのに最適の朝食でした。

B045_180511_OSAIMG_20180516_205632.jpg

 

 

 

今年、誕生45周年を迎えたフレンドツアーの記念特別ツアー、「美食とバスクと美しい村8日間」をご紹介いたしましたが、

こちらは2018年5月までの限定ツアーとなります。

フレンドツアーでは、他にも美食の地・バスク地方を訪れるツアーを、また違ったルートで販売しておりますので、

美味しいものに目のない方は、ぜひご参加ください。

最後までお読みいただき、ありがとございました。

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。