ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年6月27日出発 D331 ルフトハンザドイツ航空利用 美しき中世の街を訪ねてポーランド8日間

2018年8月 7日

2018年6月27日出発 関西発 

D331 ルフトハンザドイツ航空利用 
美しき中世の街を訪ねてポーランド8日間

フレンドツアーで実際にお召し上がりいただいた食事をご紹介します!!

お食事の評価は、の数で表しています。5つが満点です



<1日目> 天気:cloud  

大阪⇒フランクフルト⇒ワルシャワ

ルフトハンザドイツ航空にてフランクフルト乗り継ぎでワルシャワへairplane
ワルシャワ行きの機材がワールドカップ仕様で「Fanhansa」に。
(しかしこの後機長のアナウンスでドイツ敗退が告げられました・・・)
D331_180627_OSAIMG_20180627_162005.jpg



ワルシャワでのお泊りは、<ウェスティンワルシャワ> 今日から3連泊です。
とてもモダンな建物で近くにはメトロ、バス、トラムの駅があり、とっても便利な立地!
D331_180627_OSAIMG_20180627_211054.jpg D331_180627_OSAIMG_20180627_211218.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180627_212334.jpg




<2日目> 天気:cloud   最高気温:24℃ 最低気温:12℃

ワルシャワ

cafe 朝食/ホテル 
種類も豊富で3日間滞在しても飽きません。日本食コーナー(お粥やお味噌汁)やオムレツコーナーがありました。
D331_180627_OSAIMG_20180628_063258.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063306.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063315.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063321.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063331.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063336.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063341.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063352.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063401.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063420.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063424.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_063445.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_063505.jpg


 

ブロフフ村
ショパンが洗礼を受けた聖ロフ教会。内部には記念プレートが有ります。
まるでお城のような立派な外観。
D331_180627_OSAIMG_20180628_101521.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_102227.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_102244.jpg


 

ジュラゾヴァ・ボラ
この町にはショパンの生家があります。生後7ヶ月間暮らした生家と庭園を散策しました。
D331_180627_OSAIMG_20180628_111214.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180628_111854.jpg D331_180627_OSAIMG_20180628_112305.jpg



ここにはショパンの一番古いモニュメントがあります。
D331_180627_OSAIMG_20180628_113413.jpg



restaurant昼食/PRZEPIS NA KOMPOT

ショパン生家の側にあるこちらのレストラン。自家製コンポートが有名です。
D331_180627_OSAIMG_20180628_115651.jpg


ジュレック・・・ポーランド名物のライ麦を発酵させたもので酸味があり、中にソーセージとゆで卵を入れます。D331_180627_OSAIMG_20180628_120336.jpg


ピエロギ・・・お肉、チーズとポテト、ほうれん草、キャベツと異なる味のピエロギ(ポーランド風水餃子)を出してくれました。
D331_180627_OSAIMG_20180628_121308.jpg


チーズケーキはミニザイズでぺろっと完食。
D331_180627_OSAIMG_20180628_122822.jpg
食事評価:★★★★
 


ワルシャワ

文化科学宮殿はスターリンスタイル(旧ソ連時代)の建物。
D331_180627_OSAIMG_20180628_141844.jpg


ポーランド科学アカデミー
建物前には地動説を唱えたコペルニクス像が。
D331_180627_OSAIMG_20180628_145915.jpg


聖十字架教会
左の一番手前の柱にショパンの心臓が安置されています。
D331_180627_OSAIMG_20180628_150825.jpg
 


大統領宮殿
ショパンは幼少時代ここで演奏しています。
D331_180627_OSAIMG_20180628_152153.jpg



王宮広場
D331_180627_OSAIMG_20180628_153314.jpg


旧市街広場
忠実に再現された家屋とワルシャワのシンボル人魚像
D331_180627_OSAIMG_20180628_155514.jpg



バルバカン
D331_180627_OSAIMG_20180628_160441.jpg



キュリー夫人博物館
2度ノーベル賞を受賞したキュリー夫人生家です。
D331_180627_OSAIMG_20180628_160901.jpg



ワルシャワ蜂起記念碑
D331_180627_OSAIMG_20180628_161556.jpg




restaurant夕食/ホテル

カプレーゼサラダ・・・新鮮な野菜は嬉しい!
D331_180627_OSAIMG_20180628_184456.jpg


カレイのフィレレモンクリームソース・・・魚がとても柔らかく、ソースも絶妙なコンビネーション
D331_180627_OSAIMG_20180628_190348.jpg


ピーチケーキ
D331_180627_OSAIMG_20180628_193428.jpg
食事評価:★★★★★ 満点

 

 

<3日目> 天気:sun   最高気温:31℃ 最低気温:12℃

ワルシャワ ~本日、終日自由行動~

ツアーご参加の皆様には、便利なトラム24時間乗車券をプレゼントしています。
このチケットを使っておでかけしてみましょう!!


ワジェンキ公園内のショパン像
D331_180627_OSAIMG_20180629_103046.jpg


 

王宮
D331_180627_OSAIMG_20180629_112740.jpg



聖ヨハネ大聖堂
D331_180627_OSAIMG_20180629_131952.jpg
 


メトロの入り口
D331_180627_OSAIMG_20180629_140526.jpg





<4日目> 天気:cloud/sun   最高気温:15℃ 最低気温:9℃


ワルシャワ⇒クラクフ


restaurant昼食/KARCZNA

グリークサラダ・・・フェタチーズとオリーブのかかったギリシャ風サラダ
D331_180627_OSAIMG_20180630_121820.jpg


タラのフライ・・・とってもシンプルなフライ 付け合わせも素朴なものでしたが、食べやすく好評sign03D331_180627_OSAIMG_20180630_123700.jpg


アイスクリーム・・・ポーランドの乳製品は美味yes
D331_180627_OSAIMG_20180630_125220.jpg
食事評価:★★★★


 

チェンストホーヴァ
ヤスナグラ修道院へご案内しました。「黒い聖母」御開帳のセレモニー。
D331_180627_OSAIMG_20180630_135953.jpg


本日ガイドロマーノ修道士が自ら一番奥でラッパを演奏していますsign03
D331_180627_OSAIMG_20180630_140134.jpg


私たちは特別に2階から見学できましたshine
D331_180627_OSAIMG_20180630_142326.jpg


セレモニー後、下に降りて聖母の周りを一周。バロック様式のバジリカの荘厳さに目を奪われます。
D331_180627_OSAIMG_20180630_145308.jpg




クラクフでのお泊りは、<シェラトングランドクラクフ> 今日から3連泊です。
ヴィスワ川沿いにあるホテル、旧市街にも徒歩圏内で吹き抜けのロビーが印象的。
D331_180627_OSAIMG_20180630_183115.jpg D331_180627_OSAIMG_20180630_184311.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180630_184534.jpg


 


restaurant夕食/ホテル

ミネストローネ・・・ここのミネストローネはスパイシーな味付け
D331_180627_OSAIMG_20180630_191858.jpg


七面鳥のロースト・・・クセが無く、お肉も柔らかで美味でしたyes
D331_180627_OSAIMG_20180630_193222.jpg


フルーツサラダ&レモンシャーベット・・・最後はさっぱりとしたデザートです。コーヒーor紅茶もつきます。D331_180627_OSAIMG_20180630_195835.jpg
食事評価:★★★★★ 満点





<5日目> 天気:cloud/rain/sun   最高気温:17℃ 最低気温:9℃


クラクフ

cafe
朝食/ホテル
ワルシャワに続き、こちらも種類も豊富で朝から食欲もわきます!!
D331_180627_OSAIMG_20180701_064922.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180701_065839.jpg D331_180627_OSAIMG_20180701_065845.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180701_065900.jpg D331_180627_OSAIMG_20180701_065925.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180701_065934.jpg D331_180627_OSAIMG_20180701_070138.jpg

 

D331_180627_OSAIMG_20180701_070242.jpg



 

ヴィエリチカ岩塩坑

入口
D331_180627_OSAIMG_20180701_083317.jpg



3連のエレベーターで地下64mまで降ります。
D331_180627_OSAIMG_20180701_084620.jpg


ギンガ姫伝説の間
D331_180627_OSAIMG_20180701_090515.jpg


馬での作業再現
D331_180627_OSAIMG_20180701_091633.jpg



ギンガ礼拝堂の祭壇
D331_180627_OSAIMG_20180701_094044.jpg



名画「最後の晩餐」が岩塩で再現されていますeye
D331_180627_OSAIMG_20180701_094104.jpg



天井まで届くような巨大な木の柱で岩塩の天井を支えています。
D331_180627_OSAIMG_20180701_095639.jpg




restaurant昼食/KOGEL MOGEL

ヌードル入りコンソメスープ・・・さっぱりと塩分控えめで好評!
D331_180627_OSAIMG_20180701_124515.jpg


ゴウィンプキ・・・ポーランド風ロールキャベツ。本日はそばの実とキノコが入っていました。D331_180627_OSAIMG_20180701_130109.jpg


シャルロトカ&バニラアイスクリーム・・・ポーランドのアップルパイも名物ですenlightened
D331_180627_OSAIMG_20180701_132918.jpg
食事評価:★★★★+ 4つと半分




クラクフ旧市街

織物会館の1階はお土産物屋さんがズラリ。
D331_180627_OSAIMG_20180701_140410.jpg



フレンドツアーでは馬車で旧市街観光へbud
クラクフの馬車は馬も美しく着飾っています。
D331_180627_OSAIMG_20180701_140729.jpg


馬車から見た各所downwardleft

聖マリア教会
D331_180627_OSAIMG_20180701_141000.jpg



中央広場の織物会館と旧市庁舎の塔
D331_180627_OSAIMG_20180701_141042.jpg


フロリアンスカ門と城壁
D331_180627_OSAIMG_20180701_141635.jpg


劇場
D331_180627_OSAIMG_20180701_141759.jpg
 


聖ペテロパウロ教会
D331_180627_OSAIMG_20180701_143621.jpg


聖アンドリュー教会
D331_180627_OSAIMG_20180701_143733.jpg

旧市街中心より歩いてヴァヴュル城までの道がらに多くの教会が見えてきます。
 

ヴァヴュル城
中庭から見る大聖堂と王宮
D331_180627_OSAIMG_20180701_155224.jpg D331_180627_OSAIMG_20180701_160429.jpg



クラクフ名物のドラゴン
各所に名物のドラゴンが売られています。
D331_180627_OSAIMG_20180701_160746.jpg


お城の下には火を吹くドラゴンがsign03
D331_180627_OSAIMG_20180701_161201.jpg




restaurant夕食/WENTZL

中央広場にある名物レストラン
D331_180627_OSAIMG_20180701_182121.jpg



野菜スープ・・・見た目はまずそうですが(!?)濃厚な味付けでした。
D331_180627_OSAIMG_20180701_183319.jpg


ポーランド風カツレツ・・・トンカツは食べやすい味でした。
D331_180627_OSAIMG_20180701_185806.jpg

 

メロンムース(シャーベット入り)・・・ムースの中にシャーベット入りというユニークな組み合わせ。美味しかったです!
D331_180627_OSAIMG_20180701_193423.jpg
食事評価:★★★★+ 4つと半分



 

<6日目> 天気:sun/cloud   最高気温:20℃ 最低気温:10℃

クラクフ ~本日、終日自由行動~

ご希望の方は、アウシュビッツ強制収容所、ビルケナウ強制収容所へご案内します。

アウシュビッツ強制収容所
収容所正門の「働けば自由になる」の文字
D331_180627_OSAIMG_20180702_100225.jpg



28棟のバラックがあります。
D331_180627_OSAIMG_20180702_100431.jpg



ヨーロッパ各地からここに人々が送られてきたのがわかります。
D331_180627_OSAIMG_20180702_100810.jpg



死の壁
D331_180627_OSAIMG_20180702_110339.jpg



収容所の建物とSSとの建物の境界
D331_180627_OSAIMG_20180702_111248.jpg



ビルケナウ強制収容所
中央門から見た収容所。広大な敷地であったことがわかります。
D331_180627_OSAIMG_20180702_114905.jpg D331_180627_OSAIMG_20180702_114910.jpg


人々が寝かされていた寝室棟の木造バラック
D331_180627_OSAIMG_20180702_115525.jpg



お手洗い、洗面棟
D331_180627_OSAIMG_20180702_115956.jpg


中央門の引き込み線路
D331_180627_OSAIMG_20180702_120637.jpg



クラクフに戻り、散策shoe

お店のショーウィンドウにはポーランドのチョコレートが。生キャラメルはお土産に最適ですyes
D331_180627_OSAIMG_20180702_152209.jpg



こちらの屋台では、ポーランド名物の「オブヴァジャネク」が売られています。
元祖ベーグル!?のB級グルメ。ゴマ、岩塩、ケシの実などいろんな味があり、1個1.8Zt(約60円)。
安くて美味しいので、ぜひお試しくださいhappy01
D331_180627_OSAIMG_20180702_152300.jpg



こちらはゴルフカート。
実はゴルフカートはポーランドが発祥!!クラクフではカートでの観光もオススメですshine
D331_180627_OSAIMG_20180702_155229.jpg


<7~8日目> 天気:cloud/sun

クラクフ⇒フランクフルト⇒大阪


ルフトハンザドイツ航空にて帰国の途へ。


ワルシャワ、クラクフでの充実の観光と終日自由行動×2日間。
バランスのよい行程だと思います。
またクラクフでの馬車観光はご好評でしたhappy01

添乗員も太鼓判のこちらのコース、ぜひご参加くださいyes

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。