ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年6月24日出発 F019 フィンエアー利用 美しき北欧3カ国紀行9日間

2018年8月17日

フレンドツアー 関西発 2018年6月24日出発 

F019 フィンエアー利 美しき北欧3か国紀行9日間

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は星の数で評価させていただきます。

満点は星5つ★★★★★です。

 

 

1日目

ヨーロッパへ最速最短の翼フィンエアー直行便にてヘルシンキへairplane

夏至祭前後で23時ごろまで明るいので、ホテルにチェックイン後ブラブラお散歩することも出来ましたhappy01

 

hotelお泊りは散策に便利な街の中心地にあるスタイリッシュなホテル「SCANDIC SHIMONKENTTA」泊

 

F019_180624_OSA_IMG_5414.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5415.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5416.jpg

 

 

2日目   cloudsun  11℃~18℃

 

restaurant朝食/ビュッフェ 北欧らしいシンプルなデザインのレストランにて 評価:星4つ★★★★☆

F019_180624_OSA_IMG_5417.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5418.jpg

お野菜たっぷり

F019_180624_OSA_IMG_5419.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5420.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5421.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5422.jpg

フィンランドの国民食であるお米の入ったカレリアパイです

F019_180624_OSA_IMG_5423.jpg

オーガニックに関心の高い北欧ではビオコーナーも充実

F019_180624_OSA_IMG_5424.jpg

森の国らしいベリーのジャムも

F019_180624_OSA_IMG_5425.jpg

フルーツもおしゃれにレイアウト

F019_180624_OSA_IMG_5426.jpg

ジュースはタッチパネルで注ぎます

F019_180624_OSA_IMG_5427.jpg

 

info02ヘルシンキの観光ではフィンランドを代表する作曲家シベリウスのモニュメントのある公園や岩盤をくりぬいて建てられた

テンペリアウキオ教会、中心部では港のマーケット広場や元老院広場に堂々と立つ大聖堂なども見学

 

シベリウス公園

F019_180624_OSA_IMG_5428.jpg

テンペリアウキオ教会

F019_180624_OSA_IMG_5429.jpg

大聖堂

F019_180624_OSA_IMG_5431.jpg

 

restaurant昼食:ヘルシンキ市内レストラン「KAARNA」にて 評価:星3つ★★★☆☆

◎サラダ、◎ニシンのフライ+マッシュポテト、◎パンケーキ+ホイップとベリーソース

F019_180624_OSA_IMG_5432.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5433.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5434.jpg

 

info02ヘルシンキよりairplane航空機にてオスロへ

 

お泊りは高台のホルメンコーレン地区。高梨沙羅さんがバッケンコードを持つスキーのジャンプ台がすぐそばです。

ホテルからの市街地の見晴らしも◎

hotel「SCANDIC HOLMENKOLLEN 」泊

F019_180624_OSA_IMG_5517.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5518.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5449.jpg

 

restaurant夕食:ホテルにて 北欧と言えばのビュッフェスタイルですが品数は少な目のような印象でした。評価:星3つ★★★☆☆

F019_180624_OSA_IMG_5435.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5436.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5437.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5438.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5439.jpg

 

 

 

3日目   sun  13℃~28℃

 

restaurant朝食/ビュッフェ 宿泊ホテル内ですが、夕食と比べるととっても品数が豊富でした 評価:星4つ★★★★☆

野菜が多いのも嬉しいですね

F019_180624_OSA_IMG_5440.jpg

定番のサーモンがずらり

F019_180624_OSA_IMG_5441.jpg

ノルウェー名物のブラウンチーズ、ほんのり甘くてクセになります。

F019_180624_OSA_IMG_5444.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5447.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5448.jpg

 

info02オスロ市内観光では、彫刻家ヴィーゲランが手がけたフログネル公園の見学からスタート。

人生をテーマとしたブロンズ像と石像が並ぶ彫刻庭園です。

F019_180624_OSA_IMG_5453.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5452.jpg

 

おこりんぼうは幸運のおまじない

F019_180624_OSA_IMG_5450.jpg

足元の石畳も人生の迷路・・・

F019_180624_OSA_IMG_5451.jpg

 

info02国立美術館では「叫び」に代表されるムンクの作品を中心に鑑賞しましたが、世界に名高い芸術家の作品も多いんですよ!

F019_180624_OSA_IMG_5454.jpg

 

 

restaurant昼食:オスロ市内の「SCANDIC SOLLI」ホテルのレストランにて 評価:星3つ★★★☆☆

◎オニオンスープ、◎名物のサーモン+マッシュポテト、◎チョコレートムース

F019_180624_OSA_IMG_5455.jpg

隠し味にカレーを使ったとろみのあるソースで頂きました。

F019_180624_OSA_IMG_5456.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5457.jpg

 

info02午後は6時間ほどかけてハダンゲルフィヨルドまでドライブですが、のどかな郊外の風景~雪が残り氷河も見えるハルダンゲルヴィッタ(高原台地)〜美しいフィヨルドへと移り変わる景色でお昼寝していられません。

途中、落差182mのヴォーリング滝を300mの高さの展望台から見下ろせる場所で休憩しました。

F019_180624_OSA_IMG_4937.jpg

 

お泊まりは1846年創業で、グリークゆかりの老舗ホテルに2連泊、このコースではフィヨルド側のお部屋を確約しています!

hotel「ULLENSVANG」泊

ロビーからもすでにこの景色!

F019_180624_OSA_IMG_5475.jpg

 

 

restaurant夕食:ホテル内レストランにて 種類豊富なビュッフェスタイル 評価:星4つ★★★★☆

北欧の夏の風物詩であるザリガニもありました。剝き身のほうが食べやすいです。

F019_180624_OSA_IMG_5459.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5460.jpg

 

ハーピストの生演奏を聴きながら頂きます。

F019_180624_OSA_IMG_5494.jpg

 

 

4日目   sun  13℃~28℃

 

restaurant朝食/ビュッフェ 朝も充実のビュッフェです。 評価:星4つ★★★★☆

 

F019_180624_OSA_IMG_5462.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5463.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5464.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5466.jpg

ここは果樹栽培が盛んな地域で、中でも林檎の産地なので地元のりんごジュースも欠かせません。

F019_180624_OSA_IMG_5467.jpg

 

info02この日は遠足感覚で日帰り観光へ。連泊なので荷造りの煩わしさもなく、朝の時間にゆとりが生まれます。

 

ベルゲン鉄道〜フロム鉄道を乗り継ぐ列車の旅。フロム鉄道は急勾配を下っていくレトロな車両です。途中ショースの滝で写真ストップ。妖精が出現!?

F019_180624_OSA_IMG_5468.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5471.jpg

 

 

restaurant昼食 : 「Furukroa」 フロム駅の前のレストランにて。 評価:星3つ★★★☆☆

◎ベジタブルスープ、◎ミートボール、◎アイスクリーム(撮り忘れました)

F019_180624_OSA_IMG_5469.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5470.jpg

 

info02午後の旅のハイライトでもあるフィヨルドクルーズへ!
フィヨルドの王様ソグネフィヨルドの支流にあたるアウルランドフィヨルドからネーロイフィヨルドにかけて約2時間の絶景の船旅です。お天気も良く気持ちよかったです。

 

F019_180624_OSA_IMG_5473.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5474.jpg

 

 

restaurant夕食 : ホテル内「グリークがリサイタルを開いた個室」にて。評価:星5つ★★★★★

通常では連泊でもビュッフェスタイルの夕食なのですが、フレンドツアーではグリークゆかりのお部屋を貸し切りゆったりとディナー。皆様の会話も弾みます。

F019_180624_OSA_IMG_5480.jpg

 

◎チキンのグリル入りシーザーサラダ、◎ビーフメダロインステーキ、◎モカムース

F019_180624_OSA_IMG_5477.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5478.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5479.jpg

 

食後もまだ明るいので、グリークの作曲小屋の残るお庭を散歩したり、テラスでのんびり過ごせます。

F019_180624_OSA_IMG_5481.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5482.jpg

 

 

5日目   sun  10℃~25℃

 

フィヨルド沿いの朝はとても静寂で清々しい目覚めから始まります。

F019_180624_OSA_IMG_5483.jpg

 

 

restaurant朝食:連泊なので前日同様です。

 

info02ノルウェー第2の街であり、海産ビジネスの中心地ベルゲンへは約3時間の移動です。

 

途中通行止め区間があり、時間が遅くなってしまったため、先にグリークの家へ。

グリークの晩年過ごした家の見学と、ピアノコンサートをお聴き頂きました。

F019_180624_OSA_IMG_5486.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5485.jpg

 

restaurant昼食  ベルゲン市内「terminus 」ホテル内レストランにて  評価:星4つ★★★★☆

◎フィッシュスープ、◎ペッパーポーク+ザウワークラフト、◎マンゴーのシャーベットとスイカ

F019_180624_OSA_IMG_5487.jpg

胡椒がピリッと効いていて、またキャベツの酢漬けがソースによく合います。

F019_180624_OSA_IMG_5488.jpg

濃厚なアイスで美味でした。

F019_180624_OSA_IMG_5489.jpg

 

港町らしいベルゲンの魚市場

F019_180624_OSA_IMG_5491.jpg

 

かつての干し鱈倉庫が並んだブリッゲン地区などハンザ時代の名残をとどめています。

F019_180624_OSA_IMG_5490.jpg

 

お泊まりはブリッゲン地区に位置するホテル。地域柄、少々古いのはご愛嬌‥立地抜群なので夕方からの自由時間にも行動範囲がぐんと広がります!

hotel「FIRST MARIN」泊

 

夕食は自由食。不安な方は是非添乗員にご相談くださいませ。

 

自由時間には320mのフロイエン山へケーブルで上がると街が一望できるオススメの展望スポットです!夏は夜遅くまで運行しています。

F019_180624_OSA_IMG_5493.jpg

 

 

6日目   sun  10℃~22℃

 

restaurant朝食/ビュッフェ 種類は少なめでこじんまりしたレストランにての朝食でした。 評価:星3つ★★★☆☆

F019_180624_OSA_IMG_5499.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5497.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5496.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5498.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5500.jpg

 

 

フレンドツアーならベルゲン~ストックホルムもairplane飛行機でひとっ飛び!ラクラク移動です。滞在先ラストはスウェーデンへ。

F019_180624_OSA_IMG_5501.jpg

 

昼食  は各自、空港の待ち合わせにてご調整頂きました。

 

info02ストックホルム空港着後、現在も王様がお住まいのドロットニングホルム宮殿を見学しホテルへ。


お泊まりはストックホルムの中心地、オープンして1年半の新しくてとてもモダンでお洒落なホテルです。
hotel「AT SIX」泊
 

 

restaurant夕食:ホテルレストランにて 評価:星5つ★★★★★

最後の皆様での夕食はテーブルセッティングも素敵でした。

F019_180624_OSA_IMG_5502.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5503.jpg

◎仔牛肉のタルタル(ユッケ風)、◎タラのソテー+温キャベツ、◎ルバーブとバニラのアイス

F019_180624_OSA_IMG_5504.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5505.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5506.jpg

創作料理のような味付けと盛り付けで、視覚にも美味しいお料理でした。

 

7日目   sun  8℃~19℃

 

restaurant朝食/ビュッフェ オープンキッチンの開放的なスペースに種類豊富なお料理が並びます。たくさんありすぎて迷うほどで、

ついついお腹いっぱい食べ過ぎてしまいます。 評価:星5つ★★★★★

F019_180624_OSA_IMG_5507.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5508.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5509.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5510.jpg

 

F019_180624_OSA_IMG_5511.jpg  F019_180624_OSA_IMG_5512.jpg

 

 

そういえば‥‥ビュッフェスタイルのお食事はスウェーデン発祥なんです。こちらではスモーガスボードと呼ばれているのですが、日本で初めてこのスタイルを導入したのは東京の帝国ホテルの新館オープン時。スウェーデン式の言い方では呼びにくいのでと、一般公募したそうです。結果、北欧と言えば=バイキングのイメージだ!ということから名付けられ、その後日本では「バイキング形式」と言う呼び名が定着したそうです。なので北欧のお食事でバイキング式が多いのは、この地域のスタイルだからなんですね。

 

info02バルト海とメーレン湖に浮かぶ14の島から成るストックホルム。

 

ノーベル賞の受賞者晩餐会の会場としても知られる市庁舎

F019_180624_OSA_IMG_5516.jpg

旧市街の島であり、王宮のあるガムラスタンなどを見学。王宮前には毎日12:15には盛大な衛兵交代式が行われます

F019_180624_OSA_IMG_5514.jpg

 

午後は思い思いの時間をお過ごし頂きました。。。

昼食、夕食とも自由食。おすすめのレストランなどは添乗員にぜひご相談くださいませ。

 

 

8日目  

 

いよいよ帰国となります。airplaneヘルシンキ乗り継ぎ、帰国の途へ。

 

 

9日目

 

関西空港到着。お疲れさまでした。heart04

 

 

shine最後までご覧いただきありがとうございました。

北欧コース人気NO.1のこのコース。本年度の募集は終了しましたが、ぜひ来年度にご参加ご検討ください。

 

 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。