ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2016年11月3日出発 F605 フィンランド航空利用 北欧オーロラ&フィヨルドクルーズ絶景と出会う旅 10日間

2016年11月30日

フレンドツアー 関西発  2016年11月3日出発

フィンランド航空ビジネスクラス利用 F605K 

北欧オーロラ&フィヨルドクルーズ絶景と出会う旅10日間

 

 

~~まず最初に~~

こんにちはsign01 フレンドツアー添乗員ですvirgo

今回ご紹介させていただくオーロラツアーの「オーロラの写真」は、全てお客様が撮影されたものですcamera

私が撮影したものはサイズも画質もよくなく掲載に至りませんでしたsweat01 すみません

とってもいいツアーでしたので、是非、その美しいオーロラの写真をたくさんの方にご覧いただきたいと思いますshine

写真をお送りいただきました皆様、本当に有り難うございましたweep

 

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA63.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA64.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA65.jpg

 

 

尚、今回の「旅ごはん」では実際にお召し上がりいただいたお食事と一部ツアー内容をご紹介いたします。

お食事は★の数で評価いたします。満点は、星5つ ★★★★★ です。

 

 

まずは日程をご紹介いたしますeyeglass

 

■1日目 関西空港→<ビジネスクラス>→ヘルシンキ→オスロairplane <オスロ泊>

■2日目 午前、ベルゲン鉄道でベルゲンへtrain

       午後、世界遺産ブリッゲン地区を散策後、沿岸急行船に乗船ship <船中泊>

■3日目 朝、アールヌーボー調の美しい町オースレンに寄港

       夜、散策後、オースレンを出航ship <船中泊>

■4日目 朝、中世の面影を残すトロンハイムに寄港

      昼、観光後、トロンハイムを出航ship <船中泊>

■5日目 午前、北極圏(北緯66度33分)に入ります

      昼、ロフォーテン諸島の玄関口・ボードーに寄港

      午後、ボードーを出航ship、船上からオーロラ鑑賞shine <船中泊>

■6日目 午後、北極圏最大の街トロムソに寄港

      夕刻、トロムソを出航ship、船上からオーロラ鑑賞shine <船中泊>

■7日目 昼、ヨーロッパ最北端、ノールカップの玄関口・ホニングスヴォーグへ寄港

      北緯71度に位置する最北端岬ノールカップを観光します

      午後、ホニングスヴォーグを出航ship、船上からオーロラ鑑賞shine <船中泊>

■8日目 午前、フッティルーテン北の終着地キルケネスに到着

      観光後、サーリセルカへbus ホテル周辺でオーロラ鑑賞shine <サーリセルカ泊>

■9日目 午前、イヴァロ空港へbus

      午後、イヴァロ→ヘルシンキ→<ビジネスクラス>→帰国の途へairplane <機中泊>

■10日目 午前、関西国際空港到着

 

 

他にも実際にお客様がご覧になられたオーロラの写真をご紹介したいと思いますnight

当ツアーは計4回オーロラをご覧いただくチャンスがありますが、ウチ3回は船中からご覧いただけますので

移動する手間などが少なく、極寒の中でオーロラを待つ必要がありません。

また北米に比べ暖流の影響で気温も低くなりすぎないこと、オーロラ出現の時間が早い(~24時頃)ことから

お体の負担も少なく、日本の方に人気の旅先になっているんですwink

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA66.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA67.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA68.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA69.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA70.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA71.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA73.jpg

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSA74.jpg

 

私はうまく撮影できませんでしたが(iPhoneでは難しかったですsweat01)、

今回ご参加いただいたお客様はこんなにキレイな写真を何枚も撮影されていましたcamera

是非、皆さんもご参加された際にはオーロラ撮影にチェレンジしてみていただきたいと思いますmoon3

 

では「旅ごはん」の続きをすすめて参りま~すdownwardleft

 

▼2日目 オスロの宿泊ホテル「Radisson Blu」での朝食

F605_161103_OSAimage1.jpg

 

F605_161103_OSAimage2.jpg

 

スカンジナビアンブッフェということで種類も豊富、温かいものもたくさんありましたconfident

初日の朝食は満点の星5つ ★★★★★ ですup

 

▼2日目 昼食は列車内でお弁当train

F605_161103_OSAimage3.jpg

 

パックの中身は「ハムとチーズとトマトのサンドウィッチ」「ポテトチップス」「オレンジジュース」など

隠れていますが、デザートにミニクレープとチョコレートが付いていますcake

昼食はお弁当ですので、ここは星3つ ★★★ にしたいと思いますdelicious

 

▼2日目夕刻 フッティルーテンに乗船 

F605_161103_OSAimage4.jpg

 

▼スモーガスボード(北欧発祥のビュッフェは現地でこう呼ばれます)

F605_161103_OSAimage5.jpg

 

F605_161103_OSAimage6.jpg

 

2日目の夕食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

ここからはしばらくフッティルーテン船内でのお食事です 

同じメニューがいくつか続きますので、心配な方は日本から「梅干し」「醤油」などの持参をお勧めしますflair

 

▼3日目朝食 フッティルーテン船内にて

F605_161103_OSAimage7.jpg

 

F605_161103_OSAimage8.jpg

 

なんとノルウェーサーモンは朝昼食べ放題ですfish とにかくビュッフェは種類が豊富sign01

3日目の朝食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

▼3日目昼食のビュッフェの様子

F605_161103_OSAimage9.jpg

 

F605_161103_OSAimage10.jpg

 

F605_161103_OSAimage11.jpg

 

シーフードがとにかく豊富notes 昼食にはキッシュなども用意されていましたよ~

3日目の昼食も星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

▼午後に寄港したオースレンの街並み

F605_161103_OSAimage12.jpg

 

アールヌーボー調の建物が建ち並びますeye 遠くに見える雪山もとってもキレイですshine

 

▼3日目船内での夕食restaurant 前菜/鱈のカルパッチョ  ちょっと塩辛かったですsweat01

F605_161103_OSAimage13.jpg

 

▼メイン/ヘレシレト産ラムのロースト まったく臭みが無くて絶品sign01

F605_161103_OSAimage14.jpg

 

▼デザート/林檎のコンポートapple

F605_161103_OSAimage15.jpg

 

船内ではビュッフェが続いていましたが、今夜はセットメニューでした。

3日目の夕食も星5つ ★★★★★ ですdelicious  鱈が塩辛くて、一切れだけで助かりましたcoldsweats01

 

▼4日目朝食 この日もフッティルーテン船内でのビュッフェですrestaurant

F605_161103_OSAimage16.jpg

 

朝食ブッフェには定番メニューと日替わりで登場するものがありますnew

私のお気に入りは定番メニューの「塩サバfishwink  白飯が欲しくなりますbleah

4日目の朝食も星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

▼4日目午前のトロンハイム観光 高台から街を見下ろしますeye

F605_161103_OSAimage17.jpg

 

▼4日目昼食のビュッフェ  お昼にはパスタもよく登場します

F605_161103_OSAimage18.jpg

 

4日目の昼食も星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

▼4日目午後、ノルウェーで最もうつくしいと言われる灯台横を通過ship

F605_161103_OSAimage19.jpg

 

毎日の予定表で「何時ごろ」などの情報もありますし、少し前に船内アナウンスでも知らせてくれますflair

 

▼毎日シェフの食材紹介と試食会がありますeyeglass

F605_161103_OSAimage20.jpg

この日の食材紹介は「ブルーマッスル(ムール貝)」でしたnotes

 

▼4日目夕食 前菜/鴨のロースト

F605_161103_OSAimage21.jpg

 

▼メイン/鱈のクリームソース 鱈はタラでも日本のものとはまた違うのですeyeglass

F605_161103_OSAimage22.jpg

 

▼デザート/パンナコッタ

F605_161103_OSAimage23.jpg

 

4日目の夕食も星5つ ★★★★★ でお願いしますdelicious

 

▼5日目朝食 ビュッフェには必ずある「クネッケ」 北欧の人の朝食は毎朝こんな風に..

F605_161103_OSAimage24.jpg

 

▼朝日です 極北の太陽は実に力強いですsun

F605_161103_OSAimage25.jpg

 

▼朝、船は北極圏に入りました  記念のネプチューンの儀式が行われました

F605_161103_OSAimage26.jpg

 

内容は....フッティルーテンに乗船してのお楽しみですsign03  ふふふ

 

▼5日目 午後に寄港したボードーの街 月がとってもキレイでしたよ~moon3shine

F605_161103_OSAimage27.jpg

 

▼5日目船内での夕食 前菜/クリームスープ 昼食ビュッフェには日替わりスープもありますflair

F605_161103_OSAimage28.jpg

 

▼メイン/仔羊のスネ肉のロースト クセがなくてソースも絶品でしたhappy02

F605_161103_OSAimage29.jpg

 

▼デザート/チョコレートパルフェ

F605_161103_OSAimage30.jpg

 

5日目の夕食は...星5つ ★★★★★ の満点で~すdelicious  盛り付けも可愛らしくておいしくいただきましたnotes

 

▼6日目船内での朝食 

F605_161103_OSAimage31.jpg

 

6日目の朝食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

「朝食は飽きやすい」、そんなときはオートミールを是非sign01 外国人の方は甘くしてお召しあがりになりますが

「塩」をふると「塩粥」のように胃にも優しい料理に変身しますflair ふりかけなどを持っていってもいいですね

 

▼船旅は旅情がありますね...

F605_161103_OSAimage32.jpg

 

▼6日目船内での昼食

F605_161103_OSAimage33.jpg

 

F605_161103_OSAimage34.jpg

 

6日目の昼食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

ビュッフェが多いと飽きそうに感じますが、そこは船会社も工夫を凝らしたメニュー作りを行っていますscissors

 

▼6日目午後はトロムソ観光ですが、到着直後に日没です、14時ごろ...

F605_161103_OSAimage35.jpg

 

▼6日目 トロムソ観光で訪れた北極圏水族館にてcamera

F605_161103_OSAimage36.jpg

F605_161103_OSA_image.jpg

 

▼6日目船内での夕食 前菜/白身魚のバジルソース

F605_161103_OSAimage37.jpg

 

▼メイン/ノルウェイー産サーモンのソテー、ケールの付け合わせ

F605_161103_OSAimage38.jpg

 

▼デザート/ナッツのケーキcake デザートも全てシェフの手作りです

F605_161103_OSAimage39.jpg

 

6日目の夕食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

7日目、前日深夜までオーロラをご覧頂いていたので、午前中は皆様ゆっくりとお過ごしに..

トロムソは快晴でしたので美しいオーロラを見ることが出来ました  しかも2日連続ですsign03

今日はホニングスバーグ到着が11:15、ノールカップに向かいますので、朝食か昼食、どちらかのお召しあがりでした

 

▼7日目、午前中の景色 北極圏らしい景色になってきましたよ

F605_161103_OSAimage40.jpg

 

▼北緯71度 ノールカップからの景色ですcamera

F605_161103_OSAimage41.jpg

 

▼ノールカップに行く寄港地 ホニングスバーグの夜景..って、日没は14:15です(笑)

F605_161103_OSAimage42.jpg

 

▼お馴染みのシェフの試食会 

F605_161103_OSAimage43.jpg

 

今日はトナカイのミネストローネです

で、地元の漁師さんが獲れたてのカニを持ってきてくれました soon  これがなんと夕食のビュッフェにsign03

 

▼7日目船内での夕食

F605_161103_OSAimage44.jpg

 

F605_161103_OSAimage45.jpg

 

F605_161103_OSAimage46.jpg

 

F605_161103_OSAimage47.jpg

 

7日目の夕食は星5つ ★★★★★ ですdelicious

 

「ホニングスバーグディナー」restaurant

豪華シーフードビュッフェです。キングクラブ、タラバ蟹、手長エビ、ザリガニeye、ムール貝、特別サーモンなどnotes

ちなみにこの日のサーモンは東京築地で賞を受賞したという特別なモノでしたsign03

 

実はこのあと、深夜雨になりrain、オーロラ鑑賞はあきらめました...weep

 

▼8日目 下船してサーリセルカへ  

F605_161103_OSAimage48.jpg

 

雪景色の中のフッティルーテン号ship  ついに下船... さみしいですcrying

 

▼8日目昼食 イナリ湖畔のホテルでの昼食ですrestaurant

F605_161103_OSAimage49.jpg

 

▼メイン/チキンソテー カレー風味とライスの付け合わせが嬉しいですhappy01

F605_161103_OSAimage50.jpg

 

▼デザート/アップルケーキcake

F605_161103_OSAimage51.jpg

 

フッティルーテンを下船、国境を越えてフィンランドに移動しますbus

昼食はイナリ湖畔のホテルでしたが、船内の食事が良かったので比べてしまいますね...

8日目の昼食は星4 ★★★★ ですsweat01  

 

▼お客様撮影camera

F605_161103_OSAimage52.jpg

 

サーリセルカでの夕食前にオーロラがっsign01

こちらもお客様が頑張って撮影して下さって、私に送って下さいました。 ありがとうございますweep

 

▼8日目の宿泊ホテル サンタズホテルの客室です

F605_161103_OSAimage53.jpg

 

フレンドツアーは「ギエラス棟」をご用意しましたwink

なにが違うかというと...  なんと各お部屋に「サウナ」があるんですsign01

オーロラ鑑賞で冷えた体をお部屋のサウナがあたためてくれますよ~up

 

▼8日目夕食 サーミ人のテント風の店内の様子camera

F605_161103_OSAimage54.jpg

 

▼前菜/野菜のクリームスープ

F605_161103_OSAimage55.jpg

 

▼メイン/ビーフの煮込み 

F605_161103_OSAimage56.jpg

 

北国なので味は濃いんですがドテ煮みたいでした(笑) でも美味しかったですdelicious

8日目の夕食は星4つ ★★★★ です  思わず七味と白ごはんが欲しくなってしまいましたbleah

 

デザート/もちろん「森のベリー」です

F605_161103_OSAimage57.jpg

 

F605_161103_OSAimage58.jpg

 

夜、雪が降って15cmくらい積もりました  気温は-15度ですが、雪の日は温かく感じますsnow

 

▼9日目 ホテルでの朝食

F605_161103_OSAimage59.jpg

 

F605_161103_OSAimage60.jpg

 

船の食事が毎日豪華でしたからね...  9日目の朝食の評価は星3つ ★★★ でお願いしますdown

 

▼サーリセルカにてお客様撮影camera

F605_161103_OSAimage62.jpg

 

 

~旅の感想~

極北の厳しい自然に育まれた、力強く美しい、真の「絶景」に出会う旅でしたheart04

今回は天候とタイミングに恵まれ、オーロラレベルは3.4でしたが

晴天の為、美しいオーロラを4回も見ることが出来ましたup

沿岸急行船「フッティルーテン」はお客様も最初戸惑うほどの狭さでしたが、

2日も経つと「住めば都」とおっしゃっていただけるまでになりましたsweat01 ありがとうございます

船内の食事も良いですし、パノラマバーなど景色を楽しみながらゆっくりと過ごせる空間もあり

皆様、のんびりを船旅を楽しんでいらっしゃいましたhappy01

実は同じ行先ですが南行き(フレンドは北行き)の別の旅行会社さんのツアーにも出会いましたが

北行きルートの選択、観光地の多さ(他ツアーは自由行動です)、ギエラス棟(サーリセルカ)の利用など

皆様にフレンドツアーらしさをご理解いただけたかと思います。

それらの長所を多くの方に知っていただき、一生に一度は行っていただきたい旅だと思いましたflair

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。