ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年8月4日出発 A128 ルフトハンザドイツ航空利用 ヴェローナ音楽祭とイタリア芸術と美食の旅8日間

2018年9月10日

2018年8月4日出発 関西発
A128 ルフトハンザドイツ航空利用 ヴェローナ音楽祭とイタリア芸術と美食の旅8日間
で実際にお召し上がりいただいたお食事を写真でご紹介させていただきます。

★の数で評価付けしていきます。(★★★★★5つで満点です)


 

note1日目

関西空港からルフトハンザドイツ航空airplaneでフランクフルトへ。

スムーズな乗継ぎでさらに1時間半のフライトairplane、フィレンツェのアメリゴベスプッチ空港着。

小さな空港なので荷物もすぐに出てきましたnotes

そしてbus1時間でボローニャへ。綺麗なホテルでゆっくりお休みいただきました。

 

 

note2日目

ホテルで朝食。新鮮な果物もいろいろ
A128_180804_OSAIMG_20180805_070143.jpg A128_180804_OSAIMG_20180805_070148.jpg

 

甘いパンやお菓子が豊富なのはやっぱりイタリアcoldsweats01

A128_180804_OSAIMG_20180805_070156.jpg

 

イタリアにしては珍しく、おかず系もいろいろありましたhappy01

A128_180804_OSAIMG_20180805_080852.jpg A128_180804_OSAIMG_20180805_080858.jpg

 

バカンス時期ゆえ、ビジネスマンはほとんど見かけず、家族連れが多いようですcat

A128_180804_OSAIMG_20180805_081234.jpg

 

午前中はボローニャ旧市街の観光。煉瓦色の中世の町を歩きます。

マッジョーレ広場とネプチューンの噴水(右手前、彫刻家ジャンボローニャの作品)eye

A128_180804_OSAIMG_20180805_111957.jpg

 

サンペトロニオ聖堂。途中で建築が中断されたため、煉瓦作りのベースに大理石で化粧張りしてあるのがよくわかります。

でも内部はとっても豪華ですshine実際にツアーでお確かめくださいwink

A128_180804_OSAIMG_20180805_112023.jpg
 

 

昼はボローニャ郊外のEataly World(FICO)にて。

近年イタリアで人気のフードマーケット、EATALY。

トリノ発祥の「職人によって作られた、最高品質の食材、食文化をすべての人に」というコンセプトで展開中。

そんなイータリーでも最大規模なのがここ。

外のテラスでは牛taurus、馬horseや豚pig、鶏chickなどが飼育されていたり、ハーブなど野菜budも栽培していたり。

ハムやチーズの製造工程も見られ、各セクションを繋ぐようにフードコートがずらりhappy02

A128_180804_OSAIMG_20180805_131032.jpg

 

牧畜部門のジオラマcapricornus

A128_180804_OSAIMG_20180805_131126.jpg

 

チーズだけでもブースがたくさん

A128_180804_OSAIMG_20180805_131225.jpg

 

フードコートはどこも美味しそうで選べない!

他所の売り場からテイクアウトして持ってきて一緒に食べてもOKですbleahwine

A128_180804_OSAIMG_20180805_131237.jpg

 

パルミジャーノ・レッジャーノも作ってますtaurus

A128_180804_OSAIMG_20180805_131302.jpg

 

暑いので牛たちもちょっとぐったり気味かもtaurustaurustaurus

A128_180804_OSAIMG_20180805_141015.jpg

 

お洒落なキッチングッズも手に入りますdiamond

A128_180804_OSAIMG_20180805_141842.jpg

 

高品質の食材がズラリhappy02shine

A128_180804_OSAIMG_20180805_141936.jpg

 

とっても広いので自転車レンタルもありました(パスポート要)

A128_180804_OSAIMG_20180805_141947.jpg

 

そしてパルマへ。連泊ホテルは白が基調のモダンなホテルです

A128_180804_OSAIMG_20180805_165904.jpg

 

バスタブ付きwink

A128_180804_OSAIMG_20180805_165916.jpg

 

ホッと休憩した後、ホテルで夕食restaurant

A128_180804_OSAIMG_20180805_194026.jpg

 

手打ちパスタ、サーモンのソース

A128_180804_OSAIMG_20180805_194238.jpg

 

スズキのアーモンド焼きと野菜グリルfish

A128_180804_OSAIMG_20180805_195508.jpg

 

ショコラファンダンlovely濃厚でした

A128_180804_OSAIMG_20180805_201502.jpg

お味は ☆☆☆☆4つにしておきます。(5つ、でもいいぐらいですが厳しめにcoldsweats01

 

 

note3日目

ホテルの朝食ブッフェ

NHホテル系列はヘルシー志向で美味しい朝食ですbleah

A128_180804_OSAIMG_20180806_080716.jpg A128_180804_OSAIMG_20180806_080722.jpg



A128_180804_OSAIMG_20180806_080728.jpg A128_180804_OSAIMG_20180806_080736.jpg


 

朝、パルマ市内を歩いて観光し、その後busで郊外へ。

途中、作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの生家にも寄ってみましたnotes

これは生家の向かいに今もある教会。少年時代のVerdiがオルガンを弾いたとか。

A128_180804_OSAIMG_20180806_114507.jpg

 

こちらが生家。1813年10月10日にここでヴェルディ誕生。

決して裕福とは言えない、駅馬車停留所兼旅籠を両親で営んでいました。

A128_180804_OSAIMG_20180806_114601.jpg

 

POLESINE PARMENSEにある高級生ハム、クラテッロ・ディ・ジベッロの醸造所見学。

選りすぐりの土地の選りすぐりの豚、体重200KG以上からたった4KGしか取れない希少部位を

昔ながらの製法(自然の気象条件のもと)じっくり醸造。

見学後はテラスでサラミ・チーズ・wineで食前酒タイムhappy02

A128_180804_OSAIMG_20180806_124430.jpg

 

ランチは同経営のレストラン「カヴァリーノ・ビアンコ」にてrestaurant

A128_180804_OSAIMG_20180806_130309.jpg

 

前菜はもちろんクラテッロ・ディ・ジベッロ。

18か月と24か月の食べ比べ。断然24か月が甘味がありましたhappy02

A128_180804_OSAIMG_20180806_130534.jpg

 

仔牛の煮込みと温野菜。柔らかくて美味しかったですwink

A128_180804_OSAIMG_20180806_134918.jpg

 

デザートはセミフレッド。手作りでおいしかったです。

A128_180804_OSAIMG_20180806_140534.jpg

お味は文句なしの☆☆☆☆☆5つですgood

 

おなか一杯ながら、busで20分も走ると、パルミジャーノ・レッジャーノ製造所到着。

「チーズの王様」パルミジャーノ・レッジャーノも厳選された土地・牛・餌・こだわりの製造工程でした。

見学後は試食delicious

お値段を聞くと、あまりの安さについ大人買いbleah

A128_180804_OSAIMG_20180806_151912.jpg

夕方、パルマの街に戻ってフリータイム。ショッピングや散策にお出かけになりました。



 

note4日目

パルマからマントヴァへ。

ヴェルディのオペラ「リゴレット」の舞台にもなった街(ただし原作はヴィクトル・ユゴー、フランス王が主人公の戯曲でしたが、政治批判で上演禁止になり、お蔵入りだったものをヴェルディが発掘、マントヴァ宮廷と設定を変えてオペラになりました)

ゴンザーガ家の歴代当主やフェッラーラから嫁いだイザベラ・デステが花開かせた宮廷文化をしのぶサン・ジョルジョ城やドゥカーレ宮殿など観光。そしてランチは「オステリア・デッラ・フラゴレッタ」にて。

 

可愛い感じの店内heart04

A128_180804_OSAIMG_20180807_125109.jpg

 

マントヴァ産のハム・サラミとリンゴのコンポートapple

昨日もハム醸造所でいただきましたが、連日でも美味しい!

リンゴコンポートの甘さと酸味がよく合いますhappy02

A128_180804_OSAIMG_20180807_125117.jpg

 

ドライリゾット。パラパラしていて、見た目も素朴ですがダシがよくしみ込んでいて美味しかった!

A128_180804_OSAIMG_20180807_131343.jpg

 

ローストポークと温野菜pig柔らかく、量もちょうどでした

A128_180804_OSAIMG_20180807_132916.jpg

 

スブリゾローナ、さくさくとクッキー風のマントバ名産タルトです。

A128_180804_OSAIMG_20180807_134924.jpg

☆☆☆☆☆5つですbleah

 

食後、ヴェローナへ。

ホテルにチェックイン後、あまりに暑いので(日本と同様、ヨーロッパも猛暑ですsunsunsun

しばらくホテルで荷ほどきしたり、シャワーを浴びたり休憩gawk

そして17時からヴェローナ観光へ。

 

ジュリエットの家heart04

このバルコニーから「ロミオ、ロミオ、どうしてあなたは。。。」のラブロマンスが生まれました。

A128_180804_OSAIMG_20180807_173509.jpg

 

エルベ広場。ローマ時代はフォロだった場所です。

今も市が出て賑わっています。

A128_180804_OSAIMG_20180807_180430.jpg

 

ラジョーネ宮殿とランベルティの塔(83M)

A128_180804_OSAIMG_20180807_180438.jpg

 

夕食は元教会だった建物を改造したレストラン「サン・マッテオ・チャーチ」にてeye

サルビアとバターのトルテッリーニ

A128_180804_OSAIMG_20180807_184228.jpg

 

黒鯛のグリル、チコリと芽キャベツのソテーfish

A128_180804_OSAIMG_20180807_190340.jpg

 

フレッシュフルーツサラダapple

A128_180804_OSAIMG_20180807_192402.jpg

☆☆☆☆4つにしておきます

 

 

note5日目

ホテルでブッフェの朝食

まるでランチかと思うほど種類豊富ですrestaurant

A128_180804_OSAIMG_20180808_082955.jpg A128_180804_OSAIMG_20180808_083002.jpg
 

A128_180804_OSAIMG_20180808_083011.jpg


 

この日は大学街パドヴァへ行きました。

ジョットの壁画が一面に描かれた世界遺産のスクロヴェーニ礼拝堂見学。

せっかくパドヴァまで行ったので、旧市街(パドヴァ大学本部やエルベ広場など)も散策してきましたwink

ヴェローナに戻ってからランチrestaurant

まずはシーフードのサラダ。さっぱりして美味しかったです!

A128_180804_OSAIMG_20180808_142117.jpg
 

 

窯焼きのピッツァを4種類。

もちろん焼きたてhappy02生地は薄くてサクサクgood

A128_180804_OSAIMG_20180808_143947.jpg A128_180804_OSAIMG_20180808_143951.jpg

☆☆☆☆☆5つですgood



 

そして夜までフリータイム。夜に備えてゆっくり休憩したり、ショッピングに繰り出したり。

ホテルが旧市街へ歩いてすぐなので便利good

いよいよヴェローナ野外オペラnoteslovelynotehappy01shinenotes

暑かったsunも沈み、空が碧くなってゆきますmoon3

A128_180804_OSAIMG_20180808_204606.jpg

 

開演を告げるドラの音が鳴り響き・・・・

A128_180804_OSAIMG_20180808_204623.jpg

 

今夜はセヴィリアの理髪師。ロッシーニの喜劇notes

第一幕97分、休憩はさみ第二幕60分notes

夜になると涼しく快適ですhappy02

A128_180804_OSAIMG_20180808_235833.jpg

 

 

note6日目

午前、ベルガモ観光。ケーブルカーでチッタアルタ(上の町)にのぼり、中世の素敵な街を歩きます。

そしてミラノへ。

昼食は「サバティーニ」にて

前菜 生ハム・サラミ盛り合わせとブルスケッタ

 

・・・・一瞬、「またハム???」と思いましたが、また違う味で美味しかったですcoldsweats01

やっぱりミラノには美味しいものが集まるんでしょうか。

A128_180804_OSAIMG_20180809_135632.jpg

 

シーフードスパゲッティcancerfish好評でした

A128_180804_OSAIMG_20180809_142339.jpg

 

ジェラートはチョコレートとイチゴ

A128_180804_OSAIMG_20180809_144256.jpg

☆☆☆☆☆5つですwink

 

ミラノは街のど真ん中、大聖堂裏のGrand Hotel Rosa

どこへ行くにも超便利lovely

ガレリアやスカラ座、高級食材店のPECKなどへ歩いてすぐです。

 

note7日目

ホテルで朝食(1泊目のボローニャと同系列なので写真省略します)をゆっくりとって出発。

リナーテ空港発ルフトハンザairplaneフランクフルト乗継で日本へ。

 

 

日本同様、猛暑の毎日でしたが、ゆったりした行程で疲れすぎず時間調整しながらお過ごしいただけました。

やはり夏の野外オペラは格別lovely

美味しいものも極め、中世の街並みをあちこち訪ねるおすすめコースですhappy02

来季をお楽しみにlovely

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。