ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2018年9月7日出発 D421 フィンエアー利用 フランス印象派の美しき村を訪ねて8日間

2018年11月 7日

フレンドツアー 関西発 2018年9月7日発 

D420 フィンエアー利用 
フランス印象派の美しき村を訪ねて8日間

実際にお召し上がりいただいたお食事と主要な観光地をご紹介しますwink
お食事は星の数で評価:満点は星5つ★★★★★です。

 

【1日目】

台風による関空閉鎖で中部国際空港発に変更でご出発。
新大阪にご集合いただき、新幹線bullettrainと一路名古屋へ向かい、
フィンエアーにてヘルシンキ乗継ぎ、パリへ。

ロワシーの空港近くのホテル「ハイアットリージェンシーシャルルドゴール」には19時に到着しましたhotel

 

【2日目】

朝食:滞在ホテルにてブッフェ。
種類豊富で野菜もあり◎
★★★★

D421180907OSAIMG_20180908_063227.jpg D421180907OSAIMG_20180908_063233.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180908_063241.jpg D421180907OSAIMG_20180908_063249.jpg




朝食後、ゴッホゆかりの地オーヴェル・シュル・オワーズへbus

ザンキン作「ゴッホ像」と村役場

D421180907OSAIMG_20180908_091214.jpg D421180907OSAIMG_20180908_091451.jpg
 

ラブー邸(ゴッホは屋根裏部屋に滞在。ここで亡くなりました)
オーヴェルの教会はただいま修復中ですが、中へは入れますscissors

D421180907OSAIMG_20180908_091744.jpg D421180907OSAIMG_20180908_094255.jpg
 

「カラスのいる麦畑」の舞台になった所。
ゴッホと弟テオの墓spade

D421180907OSAIMG_20180908_095048.jpg D421180907OSAIMG_20180908_095845.jpg
 

「オーヴェルの階段」。奥の木立の中に階段があります。
作品が描かれた場所にはパネルがchick

D421180907OSAIMG_20180908_104733.jpg
 

 

昼食:ルノワールの名画の舞台にもなったレストラン「ラ・メゾン・フルネーズ」にてご用意。
★★★★★

D421180907OSAIMG_20180908_114806.jpg
 

「セーヌ川の舟遊び」の舞台。
「舟遊びをする人々の昼食」は奥の2階のテラスが舞台です。

D421180907OSAIMG_20180908_115449.jpg D421180907OSAIMG_20180908_115808.jpg
 

山羊のチーズのせタルトタタンとルッコラのサラダ。チーズと林檎の相性抜群sign01ルッコラも新鮮で美味yes
メインの仔牛の煮込みは驚くほど柔らかく。温野菜と共にいただきました。

D421180907OSAIMG_20180908_121305.jpg D421180907OSAIMG_20180908_123049.jpg
 

イタリアで食べるより好評だったティラミスheart04

D421180907OSAIMG_20180908_125135.jpg

 

食後、ジヴェルニーへ。
モネの胸像と連作「睡蓮」が描かれたモネの家にある水の庭

D421180907OSAIMG_20180908_144647.jpg D421180907OSAIMG_20180908_151308.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180908_151539.jpg D421180907OSAIMG_20180908_151843.jpg
 


色とりどりの花が咲き乱れていた花の庭clover

D421180907OSAIMG_20180908_152240.jpg
 

「モネの家」の外観と食堂。内部には多くの浮世絵が飾られていました。

D421180907OSAIMG_20180908_152518.jpg D421180907OSAIMG_20180908_153036.jpg


印象派美術館の庭園は色別になっていて、誰でも入れてオススメです。

D421180907OSAIMG_20180908_155423.jpg D421180907OSAIMG_20180908_155648.jpg
 

連作「積む藁」が再現されていますeye

D421180907OSAIMG_20180908_155708.jpg
 

モネが通ったレストランとモネの墓。

D421180907OSAIMG_20180908_160022.jpg D421180907OSAIMG_20180908_160453.jpg

観光後、ルーアンへ。




 

夕食:ルーアンでの滞在ホテル「クオリソテルベルテリール」のメインレストランにて。
★★★★

さっぱりとした味のアスパラガスのプディングは冷やしてあり、夏の前菜にはぴったりでした。

D421180907OSAIMG_20180908_192116.jpg
 

ポーク煮込みマスタードソースの温野菜。
デザートのクランキーチョコレートケーキは甘さ控えめの大人の味でしたcafe

D421180907OSAIMG_20180908_193725.jpg D421180907OSAIMG_20180908_200017.jpg

 



 

【3日目】

朝食:滞在ホテルにてブッフェ。
★★★★

フレッシュジュースのマシーンもありましたheart01

D421180907OSAIMG_20180909_061323.jpg D421180907OSAIMG_20180909_061401.jpg
 

カニカマ、サーモン、ニシンも充実。
ノルマンディ3大チーズ(カマンベール、リヴァロ、ポンレバック)もscissors

D421180907OSAIMG_20180909_065305.jpg D421180907OSAIMG_20180909_065331.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180909_065339.jpg D421180907OSAIMG_20180909_065348.jpg



食後、ルーアン観光。
美しい裁判所と大時計。

D421180907OSAIMG_20180909_090041.jpg D421180907OSAIMG_20180909_090405.jpg
 

ノルマンディー独特の木組みの家々house

D421180907OSAIMG_20180909_091020.jpg
 

外観は魚を模したユニークな形のジャンヌダルク教会。内部は美しいステンドグラスで装飾されていますeye

D421180907OSAIMG_20180909_091327.jpg D421180907OSAIMG_20180909_092332.jpg
 

フランスは市場を覗くと楽しい!!ビューマルシェにて珍しいミラベルと黒イチジクをちょこっとサービスで購入しましたcat

D421180907OSAIMG_20180909_092710.jpg
 

モネの連作「ルーアン大聖堂」の両側ファサード。大聖堂内部はゴシック様式です。

D421180907OSAIMG_20180909_094749.jpg D421180907OSAIMG_20180909_094910.jpg
 

モネのアトリエ。モネは向かいの2階の部屋から連作を描きました。その一部がパネル展示されています。diamond

D421180907OSAIMG_20180909_102103.jpg D421180907OSAIMG_20180909_102123.jpg
 


エトルタのアルセーヌ・ルパンの館。ルパンの作者モーリスルブランはここで暮らして、あの名作を書き上げました。
その館が博物館として公開されています。

D421180907OSAIMG_20180909_120331.jpg
 

エトルタにてアヴェルの断崖と針岩。

D421180907OSAIMG_20180909_123944.jpg D421180907OSAIMG_20180909_123950.jpg
 

皆様ご希望でプチトレインに乗車し、アモンの断崖に上がりました。
そこから見えるアヴェルの断崖と針岩cameraどちらの断崖もモネは作品に登場させています。
遊歩道散策も気持ち良しheart04

D421180907OSAIMG_20180909_131339.jpg D421180907OSAIMG_20180909_131435.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180909_131805.jpg
 


オンフルールの聖カトリーヌ教会。
教会本体とは離れて造られた鐘楼。
船大工さんによって建てられた木造の教会は見応えがありましたbell

D421180907OSAIMG_20180909_151739.jpg D421180907OSAIMG_20180909_152031.jpg
 

旧港はマリーナになっています。

D421180907OSAIMG_20180909_152957.jpg
 


長時間ドライブ後、ようやくモンサンミッシェルの修道院が見えてきました。
手前の牧草地には羊がたくさん草を食んでいますaries

D421180907OSAIMG_20180909_181324.jpg D421180907OSAIMG_20180910_182258.jpg

 


夕食:モンサンミッシェルでの滞在ホテル「メルキュールモンサンミッシェル」内のレストランにて。
★★★★

ムール貝は小ぶりですが、9月に入ってより美味しくなりましたnote
メインの白身魚のサフランライス

D421180907OSAIMG_20180909_191852.jpg D421180907OSAIMG_20180909_195524.jpg
 

ノルマンディー名物の林檎と乳製品の組み合わせは食べやすく好評でしたhappy01

D421180907OSAIMG_20180909_201653.jpg



 

【4日目】

朝食:滞在ホテルにてブッフェ。
★★★★

シンプルながらひと通り揃ってましたcafe

D421180907OSAIMG_20180910_062509.jpg D421180907OSAIMG_20180910_062514.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180910_062533.jpg

 


食後、モンサンミッシェル観光。
本日は新月の前のプチ大潮で岩山は孤立。潮が満ちて干潮になるのを待つ人たち。

D421180907OSAIMG_20180910_091224.jpg D421180907OSAIMG_20180910_092637.jpg

 

満潮の美しい修道院を眺めて、皆様大感激sign03
大階段を登ってようやく入口にたどり着きます。上のテラスから眺めるとちょうど修道院のシルエットが映っていましたhappy01

D421180907OSAIMG_20180910_094828.jpg
 

「ラ・メルヴィユ(驚異)」と呼ばれる回廊。

D421180907OSAIMG_20180910_100402.jpg D421180907OSAIMG_20180910_110239.jpg
 

城壁散策すると違った角度で修道院が楽しめます。
物凄い速さで潮が引いていくのがわかりますeye

D421180907OSAIMG_20180910_110629.jpg D421180907OSAIMG_20180910_110857.jpg
 

創業130年sign011888年にできた名物オムレツを提供するレストラン「LE RRE SALE」。
本日のランチは自由食でしたが、皆様ここでお召し上がりいただきました。

D421180907OSAIMG_20180910_113924.jpg
 


観光後、ロワール地方へbus
 

とてもロワール地方らしいシャトーホテル「モンバゾン」に宿泊。趣が違って大好評でしたsign03

D421180907OSAIMG_20180910_181033.jpg D421180907OSAIMG_20180910_181210.jpg

 

夕食:滞在ホテルのメインダイニングにて。
★★★★★

メインダイニングの会場と前菜の「フォアグラパプリカソースのラズベリー添え」ribbon
思ったよりクリーミーなフォアグラはパプリカソースとの相性もばっちりでしたscissors

D421180907OSAIMG_20180910_192717.jpg D421180907OSAIMG_20180910_200217.jpg
 

メインのチキングリルは、つけあわせの黒米と紅ショウガがお口直しで好評でした。
チャーミングな盛り付けがインスタ映えするマカロンのストロベリーシャーベット・ピスタチオクリーム添えslate

D421180907OSAIMG_20180910_203207.jpg D421180907OSAIMG_20180910_205858.jpg

 


【5日目】

朝食:滞在ホテルにてブッフェ。
甘いケーキが多く、昨夜とは異なるサロンでいただきましたcake
★★★★

D421180907OSAIMG_20180911_065934.jpg D421180907OSAIMG_20180911_065947.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180911_070059.jpg D421180907OSAIMG_20180911_070154.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180911_070202.jpg D421180907OSAIMG_20180911_070521.jpg
 


シュノンソー城は朝早く、まだ空いていました。城内のフォトギャラリー。

D421180907OSAIMG_20180911_094954.jpg D421180907OSAIMG_20180911_100317.jpg
 

ルイ14世のサロンとシェール川に美しく映るお城heart01
D421180907OSAIMG_20180911_102628.jpg D421180907OSAIMG_20180911_103644.jpg
 

庭園散策もおすすめですchick
D421180907OSAIMG_20180911_103756.jpg
 


ロワール城の中州からアンボワーズ城眺望。この地で亡くなり、来援没後500年のダヴィンチ像もあります。

D421180907OSAIMG_20180911_113525.jpg D421180907OSAIMG_20180911_113446.jpg
 


昼食:この地方に多い石灰岩層を利用した洞窟レストラン「LA CAVE AUX  FOUEES」にて。
★★★★
D421180907OSAIMG_20180911_115128.jpg 
 

焼きたてのフォカッチャにリエットとレタスを挟んでいただきますnoteフォカッチャが美味しく、おかわりする方続出。
D421180907OSAIMG_20180911_115833.jpg D421180907OSAIMG_20180911_115903.jpg
 

サーモン&温野菜は食べやすい味でしたが、フォカッチャでお腹いっぱいhappy02
フォカッチャ焼き職人のおじさんはなくなると次々と焼きたてのフォカッチャが補充されます...

D421180907OSAIMG_20180911_121923.jpg D421180907OSAIMG_20180911_122922.jpg
 

とても濃厚なキャラメルプディング~

D421180907OSAIMG_20180911_123644.jpg
 


食後、シャルトルへ。
バスを降りるとすぐにシャルトルの文字と大聖堂が私たちを迎えてくれましたheart04

D421180907OSAIMG_20180911_151633.jpg

 

シャルトル大聖堂の西側側面。大火があり、左側の塔が焼失したため作り直し、様式が異なっていますcat
青銅内床面にある巡礼の迷路。

D421180907OSAIMG_20180911_153239.jpg D421180907OSAIMG_20180911_154920.jpg
 

聖堂内の圧巻のステンドグラス。有名なシャルトルブルーで作られた聖母子のステンドグラス。

D421180907OSAIMG_20180911_155500.jpg D421180907OSAIMG_20180911_160729.jpg
 

聖母マリアのベールも展示されています。
大聖堂南側も見どころのひとつですcamera

D421180907OSAIMG_20180911_161803.jpg D421180907OSAIMG_20180911_162848.jpg


ホテル到着前に車窓からパリの見どころを一部ご案内。
セーヌ川とエッフェル塔、凱旋門capricornus

D421180907OSAIMG_20180911_183417.jpg D421180907OSAIMG_20180911_184555.jpg



 

【7日目】

朝食:滞在ホテル「マリオットリブゴーシュホテルアンドカンファレンスセンター」にて最後の朝食ビュッフェ。
★★★★

グループ専用のバンケットルームでいただきました。生野菜もあり、一通りそろっていますwink

D421180907OSAIMG_20180913_063104.jpg D421180907OSAIMG_20180913_063108.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180913_063112.jpg D421180907OSAIMG_20180913_063140.jpg
 

D421180907OSAIMG_20180913_063202.jpg

 

帰国の途へairplane

皆様、ご参加ありがとうございました。
印象派をはじめ、絵画に興味をお持ちのお客様はもちろん、
フランスが誇る人気スポットのロワールとモンサンミッシェルを組み込んだ当ツアーは好評でしたheart
またのご参加をお待ちしておりますhappy01

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。