ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関東発 2018年4月18日出発 往復ANAビジネスクラス利用 素敵なシャトーホテルに泊まる 美食とワインの香り アルザス・ブルゴーニュ8日間(コース番号D412)

2018年5月16日

春風の吹くフランスを旅してまいりましたcute

airplane往復ANAビジネスクラス利用 素敵なシャトーホテルに泊まるcrown
美食とワインの香り アルザス・ブルゴーニュ8日間

2018年4月18日出発分の旅ごはん&観光写真をご紹介いたしますhappy01

 

 

2日目

お泊りいただいたランスのヨーロピアンスタイルホテルですhotel 
19世紀のシャンパンメーカーのお宿だそうです。 快適でした!

D412_20180418TYO_2B1.jpg    D412_20180418TYO_2B2.jpg


D412_20180418TYO_2B3.jpg    D412_20180418TYO_2B4.jpg


D412_20180418TYO_2B5.jpg   D412_20180418TYO_2B6.jpg

 

 

2日目朝食 ランスのご宿泊ホテル

モネの世界のような雰囲気の店内
D412_20180418TYO_2B7.jpg   D412_20180418TYO_2B8.jpg


朝食はこのようにセットしてくださいますcafe
D412_20180418TYO_2B9.jpg


なんと!バターはエシレです!!!
D412_20180418TYO_2B10.jpg

 

 

美味しい朝食をいただいた後は、ランス市内観光へ出発bus

フジタ礼拝堂
D412_20180418TYO_2B11.jpg


シャンパンメーカー マム社訪問
D412_20180418TYO_2B12.jpg


お楽しみのテイスティング
D412_20180418TYO_2B13.jpg

 

 

2日目昼食 ランスの「LE BOULINGRIN」

地元の人で賑わっているレストランですrestaurant
D412_20180418TYO_2L1.jpg


キッシュロレーヌ
D412_20180418TYO_2L2.jpg
本場の味! チーズやハムの塩気で美味しさUPgood


タラのグリル・シャンパンソース&クリームリゾット
D412_20180418TYO_2L3.jpg
シャンパーニュ地方なだけに、シャンパンソースでshine


フォンダンチョコレート
D412_20180418TYO_2L4.jpg
フォークを入れると、チョコレートがとろ~りlovely

 

 

本日お泊りのホテルですhotel
D412_20180418TYO_2Y1.jpg


オブジェ
D412_20180418TYO_2Y2.jpg


エントランスホール
D412_20180418TYO_2Y3.jpg


アメニティー
D412_20180418TYO_2Y4.jpg

 

 

2日目夕食 ストラスブールのご宿泊ホテルレストラン

チーズとソーセージとポテトの前菜
D412_20180418TYO_2Y5.jpg



シュークルート
D412_20180418TYO_2Y6.jpg
ホテルらしく上品な盛り付けwink


クグロフ型ラムレーズンアイス ラズベリーソース
D412_20180418TYO_2Y7.jpg

 

 

 

3日目朝食 ストラスブールのご宿泊ホテルレストラン

上品でオシャレなセッティングheart02 贅沢な朝食ビュッフェでしたshine

D412_20180418TYO_3B1.jpg


ご当地名物クグロフ
D412_20180418TYO_3B2.jpg


テリーヌもありました! さすがですshine
D412_20180418TYO_3B3.jpg


なんと、クリスティーヌフェルベールのコンフィチュールもあり、びっくり!!
さすがに、こちらは販売ものでしたcoldsweats01
D412_20180418TYO_3B4.jpg


ほかにも種類盛り沢山でした!
D412_20180418TYO_3B5.jpg   D412_20180418TYO_3B7.jpg


D412_20180418TYO_3B8.jpg   D412_20180418TYO_3B9.jpg


D412_20180418TYO_3B6.jpg

 

 

午後のフリータイムには、カテドラルの上に登ってみてはsign02 片道約330段dash
D412_20180418TYO_3L1.jpg


プチトラム(下)やクルーズ(写真なし)に乗ることもできます。
D412_20180418TYO_3L2.jpg


全て徒歩圏内なので、ゆっくり安心してお楽しみいただけます。
D412_20180418TYO_3L3.jpg


シンボルマスコットのコウノトリ
D412_20180418TYO_3L4.jpg

 

 

4日目

ヨーロッパの美しい村30選に選ばれたリクヴィルへbus 途中の風景も素敵でした↓ 黄色は菜の花畑です。

D412_20180418TYO_4B1.jpg   D412_20180418TYO_4B2.jpg


かわいらしい村の様子
D412_20180418TYO_4B3.jpg    D412_20180418TYO_4B5.jpg


D412_20180418TYO_4B4.jpg   D412_20180418TYO_4B6.jpg


D412_20180418TYO_4B7.jpg   D412_20180418TYO_4B8.jpg

 

少し遠いですが、屋根の上にコウノトリ
D412_20180418TYO_4B9.jpg


お散歩中のわんこ
D412_20180418TYO_4B10.jpg


ワイナリーを見学して、試飲wine
D412_20180418TYO_4B11.jpg    D412_20180418TYO_4B12.jpg

 

 

4日目昼食 コルマールの「PFEEFEL」

続いて、コルマールにやってきました。 こちらも木骨組の家々が連なっていますhouse
D412_20180418TYO_4L1.jpg


レストラン外観
D412_20180418TYO_4L2.jpg


名物エスカルゴ
D412_20180418TYO_4L3.jpg
これを食べれば、おフランスな気分note


タルトフランベ
D412_20180418TYO_4L4.jpg
こちらも名物!アルザスの薄焼きピザ


アイスクリーム
D412_20180418TYO_4L5.jpg

 

 

今夜のお泊りは、シャトーホテルshine 昔の修道院長の館です。
D412_20180418TYO_4Y1.jpg


かわいらしいお部屋
D412_20180418TYO_4Y2.jpg


アメニティは、南仏のフラゴナール社
D412_20180418TYO_4Y3.jpg


バーbar
D412_20180418TYO_4Y4.jpg

 

 

4日目夕食 コート・ド・ニュイのご宿泊シャトーホテル

レストラン内装
D412_20180418TYO_4Y5.jpg


今夜のメニュー
D412_20180418TYO_4Y6.jpg   D412_20180418TYO_4Y7.jpg


ブルゴーニュワインと共にwine
D412_20180418TYO_4Y8.jpg    D412_20180418TYO_4Y9.jpg


サーモンの前菜
D412_20180418TYO_4Y10.jpg


ビーフの赤ワイン煮
D412_20180418TYO_4Y11.jpg
ビーフがやわらかでコクがありました! ソースはパスタに絡めてdelicious


洋梨の赤ワイン煮
D412_20180418TYO_4Y12.jpg
赤ワインの香る洋梨コンポートwine

 

 

5日目朝食 コート・ド・ニュイのご宿泊シャトーホテル

こじんまりとしていて、優しい朝食ですheart01

D412_20180418TYO_5B1.jpg    D412_20180418TYO_5B2.jpg


D412_20180418TYO_5B3.jpg   D412_20180418TYO_5B4.jpg


D412_20180418TYO_5B5.jpg   D412_20180418TYO_5B7.jpg


D412_20180418TYO_5B8.jpg   D412_20180418TYO_5B9.jpg


D412_20180418TYO_5B10.jpg     D412_20180418TYO_5B6.jpg

 

 

ロマネコンティの畑ですsign03 当然まだ枝のみですが、小さな葉が育っていました。
D412_20180418TYO_5B11.jpg   D412_20180418TYO_5B12.jpg
楽しみですね~wine 飲めませんが・・・coldsweats01


お楽しみのブルゴーニュワインテイスティングwine この4種を試しましたscissors
D412_20180418TYO_5B14.jpg   D412_20180418TYO_5B15.jpg


クロドヴジョ グランクリュの畑と利き酒騎士団の館
D412_20180418TYO_5B16.jpg


グランクリュ標識
D412_20180418TYO_5B17.jpg

 

 

5日目昼食 ボーヌの「Le BON ACCUEIL」

ボーヌの丘の上にあるレストランにてrestaurant
D412_20180418TYO_5L1.jpg


野菜スープ
D412_20180418TYO_5L4.jpg
とろとろで、素材を感じました~


ローストチキン マスタードソース
D412_20180418TYO_5L5.jpg
皮パリパリで美味good


フライドポテト
D412_20180418TYO_5L6.jpg


アップルタルト
D412_20180418TYO_5L7.jpg
生地が薄くてあっさりとしていましたapple


走り屋の人々のパーティーが開催されていましたcar
D412_20180418TYO_5L2.jpg   D412_20180418TYO_5L3.jpg


お花がのびのび育っていましたcute
D412_20180418TYO_5L8.jpg


ボーヌの街でdog
D412_20180418TYO_5L9.jpg


1443年創設の旧病院
D412_20180418TYO_5L10.jpg    D412_20180418TYO_5L12.jpg


D412_20180418TYO_5L11.jpg

 

 

 5日目夕食 リヨンの「LE NORD」

美食の街リヨンでは、ポールボキューズがプロデュースする人気のブラッスリーにて、
シェフのおすすめ料理をお召し上がりいただきましたrestaurant
D412_20180418TYO_5Y1.jpg


テーブルナプキンにも誇りが感じられますshine
D412_20180418TYO_5Y2.jpg


リヨン名物
D412_20180418TYO_5Y3.jpg


サーモンソテー
D412_20180418TYO_5Y4.jpg


チョコレートケーキ
D412_20180418TYO_5Y5.jpg

お客様より、どれも美味しかった!とのお声をいただきましたhappy02

 

 

6日目朝食 リヨンのご宿泊ホテル

朝食は8階のレストランにてcafe 美しい眺めにうっとりしながら、美味しくいただきましたrestaurant

D412_20180418TYO_6B1.jpg   D412_20180418TYO_6B2.jpg


D412_20180418TYO_6B3.jpg   D412_20180418TYO_6B4.jpg


D412_20180418TYO_6B5.jpg


リヨンコーナー(?)
D412_20180418TYO_6B6.jpg

 

外はマロニエのお花が満開でしたcute
D412_20180418TYO_6B7.jpg


サンテグジュペリと星の王子様像
D412_20180418TYO_6B8.jpg


ローマ劇場
D412_20180418TYO_6B9.jpg


バジリカ外観(左)、内部は美しいモザイク装飾(右)
D412_20180418TYO_6B10.jpg   D412_20180418TYO_6B11.jpg


街のクレープ屋さん
D412_20180418TYO_6B12.jpg


トラブールと呼ばれる抜け道
D412_20180418TYO_6B13.jpg    D412_20180418TYO_6B14.jpg


入り口
D412_20180418TYO_6B15.jpg

 

 

 7日目

シャルルドゴール空港でみつけましたwine 
D412_20180418TYO_6B16.jpg
€32400(約440万円)のロマネコンティsign03

 

 

シャンパーニュ~アルザス~ブルゴーニュと、ワインを味わうかのように旅するコースwine
このコースにご参加いただいたら、フランスワインを語れるようになりますよwink
もちろん、ワインに合うお食事にもこだわっておりますrestaurant
美しく長閑な村々がお気に入りになる方も多いですwink
ぜひともフレンドツアーで、訪れてみてくださいませsign01

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。