ツアーお食事だより ヨーロッパ もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2017年5月23日出発 D450 エールフランス航空往復直行便利用 夢見る印象派8日間

2017年6月16日

フレンドツアー 関西発 

2017年5月23日出発 

D450 エールフランス航空往復直行便利用 夢見る印象派8日間

で実際にお召し上がりいただいたお食事と一部観光内容をご紹介いたします。

お食事は星の数で評価させていただきます。満点は星5つ★★★★★となります。

 

1日目

関西空港から直行便12時間でパリに到着です。



2日目

朝食のレストランに行ったらカップがこんなに大きいです!フランスでは硬くなったフランスパンをコーヒーに浸して食べる習慣があるそうでカップが大きくなっていますcheeky

D450_170523_OSA_2017052413100000.jpg

 

塩入バターと塩なしバターがあります。

D450_170523_OSA_2017052413110000.jpg

 

ワッフルは自分で焼きます、ゆで卵も自分で茹でますよ。

D450_170523_OSA_2017052413120000.jpg D450_170523_OSA_2017052413130000.jpg
 

 

昼食はジヴェルニーのモネ、セザンヌ、ルノワールも通っていたレストラン’Baudy'。

D450_170523_OSA_2017052419140000.jpg

 

前菜はホワイトアスパラが入ったサラダ、メインはホロホロ鳥のグリルと温野菜

D450_170523_OSA_2017052419160000.jpg D450_170523_OSA_2017052419500000.jpg

 

デザートはリンゴのタルト、北フランスはリンゴが名産なんですapple

D450_170523_OSA_2017052419580000.jpg

昼食はホロホロ鳥が意外に食べやすく☆☆☆☆にします。



 

モネが晩年住んでいたジヴェルニーの睡蓮のお庭、ちょうど睡蓮も見ごろでした。

D450_170523_OSA_2017052420530000.jpg D450_170523_OSA_2017052420580000.jpg

 

D450_170523_OSA_2017052420590000.jpg

 

モネの家の中も撮れました、日本の浮世絵もあります。

D450_170523_OSA_2017052421090000.jpg D450_170523_OSA_2017052421090001.jpg

 

 

 

夕食トローヴィルのご宿泊ホテルで
アボガドのシュリンプカクテルからスタート

D450_170523_OSA_2017052504070000.jpg

 

メインはシーバスという魚とポテト

D450_170523_OSA_2017052504130000.jpg

 

デザートはスフレのフワフワケーキでしたが写真を撮るのを忘れてしまいました、すいませんweep

星は☆☆☆です。



 

3日目

 

朝食はバッフェ、オレンジジュース手作りが人気でしたhappy01フランス菓子のマドレーヌも朝から出ています。

D450_170523_OSA_2017052514140000.jpg D450_170523_OSA_2017052514140001.jpg

 

フランスは酪農王国なのでチーズは美味flair

D450_170523_OSA_2017052514150000.jpg

 

朝一番に印象派の画家さんが題材に選んだ街・オンフルールへ。

D450_170523_OSA_2017052516560000.jpg

 

続いてオンフルールからバスで40分ぐらいでル・アーヴル。

ここは印象派という名がついたモネの作品’印象 日の出’の舞台です。

D450_170523_OSA_2017052517570000.jpg

 

昼食はルーアンのレストランで
クラフティというリンゴの入ったスフレ

D450_170523_OSA_2017052520420000.jpg

 

 

メインはホワイトソースのかかったポークとポテト

D450_170523_OSA_2017052521030000.jpg

 

 

デザートはクレープ

D450_170523_OSA_2017052521270000.jpg

星は☆☆☆です。

 

夕食は自由食でしたのでご希望のお客様とホテルから歩いてジャンヌ・ダルクの教会近くのレストランで食べました。

 

 

4日目

 

朝食はシンプルな朝食、クロワッサンはやはりおいしいです。

D450_170523_OSA_2017052613260000.jpg D450_170523_OSA_2017052613260001.jpg

 

 

ルーアンからシャトウの印象派島と呼ばれる島へ行きました。
ここはレストラン・フルネーズがありルノワールが「舟遊びの昼食」を描いたところです。

憧れていた絵画の舞台にやっと来れて感激ですnote

D450_170523_OSA_2017052618280000.jpg D450_170523_OSA_2017052618520000.jpg

 

「シャトウの舟遊び」もこちらが舞台です。

D450_170523_OSA_2017052618520001.jpg

作品が飾られているのでわかりやすいflair

 

レストラン・フルネーズでの昼食はロケットサラダとタルト、ヤギのチーズ添え、この前菜は絶品でしたhappy02

 

D450_170523_OSA_2017052618570000.jpg

 

メインは仔牛肉と温野菜、こちらも柔らかくて食べやすい。

D450_170523_OSA_2017052619060000.jpg

 

デザートはティラミス(これ本当にティラミス味でした)でこちらもとってもおいしいデザートでした。

D450_170523_OSA_2017052619370000.jpg D450_170523_OSA_2017052620010000.jpg

本日の昼食は☆☆☆☆☆です!

 

 

午前中はルノワールの世界で午後はゴッホの世界へ。

 

オーヴェル・シュルー・オワーズというゴッホ終焉の土地です。

ここはゴッホが住んでいたラヴー亭という宿屋

D450_170523_OSA_2017052621320000.jpg

 

ゴッホの描いた市役所

D450_170523_OSA_2017052621330000.jpg

 


麦畑、オーヴェルの教会などゴッホが住んでいた頃と同じなんです。

D450_170523_OSA_2017052622090000.jpg D450_170523_OSA_2017052622150000.jpg

 

 

夕食はパリのレストランにて
茄子のチーズ・トマトバジル焼き

 

D450_170523_OSA_2017052701230000.jpg

 

カジキマグロのグリルとポテト

D450_170523_OSA_2017052701430000.jpg

 

 

洋ナシとアイスクリーム

D450_170523_OSA_2017052702110000.jpg

レストランも良く☆☆☆☆です。

 

5日目

 

昨晩からモンマルトルのホテルにて3連泊です。

朝食はバッフェスタイルでこちらもまたまた塩入バターと塩なしバター
D450_170523_OSA_2017052714320000.jpg

 

チーズの種類もたくさんあります。

D450_170523_OSA_2017052714320001.jpg

 

フランスパン、ブリオッシュ・・・・・フランスらしいパンが登場。

D450_170523_OSA_2017052714330000.jpg D450_170523_OSA_2017052714330001.jpg

 

5日目、6日目は昼食と夕食がフリー食なので今日は皆様でオルセー美術館内のレストランで頂きました。

 

オルセー美術館はフラッシュなしなら撮影できましたcamera

D450_170523_OSA_2017052718000000.jpg D450_170523_OSA_2017052718000001.jpg

 

上から見るとわかりますが、元は駅だったんですよ。
右側はエトルタの崖の作品。2日目に訪れた場所なので皆様感激でしたね。

D450_170523_OSA_2017052718020000.jpg D450_170523_OSA_2017052718060000.jpg

 

午後はマルモッタン美術館に行きましたが撮影できませんでした。

 

夕食はご希望の方とそば粉のクレープを食べに行きましたよ、好評wink

D450_170523_OSA_2017052801470000.jpg

 

6日目

皆様で地下鉄に乗ってオランジュリー美術館へ行きました、こちらもフラッシュなしなら撮影できました。

モネの睡蓮の連作で圧巻でした!

 

D450_170523_OSA_2017052817160000.jpg D450_170523_OSA_2017052817170000.jpg

 

 

 

ルノワールの素敵な作品がこんなにたくさんありました。

D450_170523_OSA_2017052817480000.jpg D450_170523_OSA_2017052817490000.jpg

 

D450_170523_OSA_2017052817560000.jpg D450_170523_OSA_2017052817570000.jpg

 

 

昼食はご希望の方とルーヴル美術館へ移動してフードコートで頂き、ミュージアムパスがあるのでその後ルーヴル美術館へ行かれたりされました。

 

夕食はホテルのレストランをご案内しましたよ。

 

 

7日目~8日目

 

エールフランス直行便で帰国しました。

 

ツアータイトル通り印象派を満喫する旅行で毎日、今日はどの作品の景色?

パリでは印象派の作品がどんどん観れて充実した毎日でした。

印象派の絵画はとても穏やかな気持ちになれ、また画家の人生にも触れて感動的ですよ。

北フランスののどかな景色もまたきれい、パリの都会も楽しめます。

 

少し内容が違いますが今後はD421・麗しのフランス印象派の美しき村を訪ねて8日間’がございます。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。