ツアーお食事だより アジア もっと旅行を安心に、楽しく。

旅行の楽しみの一つ、食事。それがどんなものかわからないと、不安なもの。
阪急交通社ではツアーでの食事の様子を添乗員自ら、ブログでお届けします。

フレンドツアー 関西発 2017年3月11日出発 J100 エア・インディア利用 美しき曼荼羅インド8日間

2017年4月20日

2017年3月11日発


J100 エア・インディア利用 美しき曼荼羅インド8日間

実際にお召し上がりいただいたお食事をご紹介しますので、次回の旅の参考にしていただければと思いますhappy01

お食事の評価もしています(満点で星5つ★★★★★)ので、お楽しみに。

 

1日目 

エアーインディアで、香港経由、デリーへ。

2日目

(朝食 PICADILLY /アメリカン・バッフェ)

朝食後、デリー観光。


フマユーン廟
J100_170311_OSA_2017031211000000.jpg J100_170311_OSA_2017031211160000.jpg

参考enlightened今回のツアーは、ベナレス空港の工事の影響で、フライトが変更になり、2~4日目の行程はかなりイレギュラーです。

本日、デリーでたっぷり時間がありましたので、フマユーン廟を追加の観光としてご案内しました。

ムガール帝国最初のイスラム建築。タージマハールのモデルとなった言われています。




 

(昼食 デリー WAVES)

タンドリーチキンとポテトのフライ
J100_170311_OSA_2017031213000000.jpg


マサラ4種:野菜、ホウレンソウ、チキン、マメ

だいたい5人盛りで、お好きなものをめいめい皿に取り分けていただきます。ご飯やナン(うすいパン)とともに。J100_170311_OSA_2017031213050000.jpg

食事評価 ★★★★



参考enlightenedインドのお食事は、基本マサラ(=カレー)がメインです。ヒンドゥー教の方が多いので、ビーフは基本食べません。イスラム教の方もいるので、ポークもなしです。野菜、チーズ、マメ、肉としてはチキンが使われることが多いです。




(夕食 デリーの空港内 VAANGO)
J100_170311_OSA_2017031217580000.jpg

 

南インド名物、ドーサ(米粉で作ったパリパリの薄焼きクレープに、ポテトサラダが包んであります)。J100_170311_OSA_2017031217480000.jpg

食事評価 ★★★★ ファーストフード的ですが、味はグー。

夕食後、デリーからベナレスへ by  飛行機






3日目 


本日は早起きをして、ガンジス川の沐浴を見に。

船着き場までの道では、早くからチャイ屋さんが開いてます。
J100_170311_OSA_2017031305530000.jpg
 

これは、クリというチャイ専用の、土で作った素焼きの器。一回使ったら、使い捨てで、土に戻ります。J100_170311_OSA_2017031305530001.jpg
 

ダメーシュワメード・ガードより、ガンジス川クルーズ 約1時間ship
J100_170311_OSA_2017031305550000.jpg J100_170311_OSA_2017031306030001.jpg
 

J100_170311_OSA_2017031306050000.jpg J100_170311_OSA_2017031306150000.jpg
 

J100_170311_OSA_2017031306160000.jpg

朝日が大変きれいに見えましたhappy01shine

 

クルーズの後、バーラトマーター寺院へ。

J100_170311_OSA_2017031307170000.jpg J100_170311_OSA_2017031307170001.jpg
参考enlightened寺院に入る際、靴を脱ぎます。多少靴下が汚れますので、上に重ねる靴下をお持ちになるとよいでしょう。



ホテルに戻って、
(朝食 HINDUSTINホテル/バイキング)


真ん中は、インドの蒸しパン、イドリ。朝からマサラがありますが、
ソーセージやパンといった普通のもの?もあります。
J100_170311_OSA_2017031307450000.jpg

食事評価 ★★★ 




本日は、イレギュラーで、ベナレス~デリーのフライトが遅くなったため、
体力を残しておいていただくため、ガンジス川観光→朝食後は、午前中ホテルでゆっくりしていただきました。




(昼食 ホテルにて/バイキング)

J100_170311_OSA_2017031312250000.jpg J100_170311_OSA_2017031312430000.jpg

食事評価 ★★★



午後、サルナート観光。お釈迦様が最初に説法を行ったと言われているダメーク・ストゥーパなど。



(夕食 ベナレス 空港内レストラン ZESTO/バイキング)

J100_170311_OSA_2017031318510000.jpg J100_170311_OSA_2017031319010000.jpg
 

J100_170311_OSA_2017031319160000.jpg

食事評価 ★★★

バイキングが多いのは、土地柄仕方ないですね。。種類は少ないですが、お味はどれも食べやすかったです。


 

4日目  

本日は、フライトの変更を受け、イレギュラーで、デリーを起点に、日帰りタージマハール観光することに。

出発が早いので、朝食はお弁当。
J100_170311_OSA_2017031406100000.jpg



片道は、インドの急行列車ガディマン・エクスプレス利用。
J100_170311_OSA_2017031407480000.jpg



中はこんな感じです。
J100_170311_OSA_2017031407540001.jpg



列車内、軽食が出ます。
J100_170311_OSA_2017031408200000.jpg



 

タージマハール

順番に、修復工事が進められてますが、そんなに気にならないですね。

白い大理石で造られた、優美なイスラム建築です。

J100_170311_OSA_2017031411060000.jpg J100_170311_OSA_2017031411260000.jpg
 

J100_170311_OSA_2017031411300002.jpg


 

(昼食 タージマハールのある街、アグラにて、中華料理 GOLDEN CHINA)


卵スープ
J100_170311_OSA_2017031412520000.jpg


春巻きとポテト
J100_170311_OSA_2017031412540000.jpg
 

チャーハン、野菜炒め、鶏肉の酢豚風。
J100_170311_OSA_2017031413000000.jpg

 

焼きそば
J100_170311_OSA_2017031413110000.jpg

 

アイスクリーム
J100_170311_OSA_2017031413250000.jpg

食事評価 ★★★★

 

昼食後、アグラ城観光。

帰りは、デリーへハイウェイを使って引き返します。ハイウェイといっても、道はかなりデコボコ。

 

(夕食 デリーにて、日本食 TAMURA)

冷奴
J100_170311_OSA_2017031419060000.jpg


ホウレンソウのおひたし
J100_170311_OSA_2017031419080000.jpg
 

天婦羅うどん、ミニちらし、焼き鳥。・・・少しブレてますね、すみませんsweat01
J100_170311_OSA_2017031419330000.jpg

食事評価 ★★★★

 


5日目

(朝食 デリー PICADILLY)

アメリカン・バッフェ

J100_170311_OSA_2017031509000000.jpg J100_170311_OSA_2017031509000001.jpg

 

昼食は、機内食対応ですが、量が少ないと思われたので(小さなサンドウィッチ)、
空港内のフードコートで、ビーフやポークを使わないマクドナルドやピザハットを試されてた方もありました。J100_170311_OSA_2017031511440000.jpg J100_170311_OSA_2017031511470002.jpg



こちらは、COSTA。やっぱり、カレーパンがありました(真ん中)。
J100_170311_OSA_2017031511470000.jpg

 

デリー~ウダイプール By, 飛行機airplane

 

お楽しみ、LAKE PALACEへ。

ホテルへは、ボートで渡ります。
J100_170311_OSA_2017031613560001.jpg



水上に浮かぶ、夢のようなパレスホテル。マハラジャの夏の離宮を改装したものです。
J100_170311_OSA_2017031617220000.jpg

 

(夕食は、ホテル内レストラン NEEL KAMAL)にて

J100_170311_OSA_2017031519190000.jpg



スープ
J100_170311_OSA_2017031520070000.jpg



タリー(定食)・・・いろいろなマサラがのっています。一つ一つがとてもおいしいです。
J100_170311_OSA_2017031520180000.jpg

 

カッテージチーズのお菓子。
J100_170311_OSA_2017031520530000.jpg

食事評価 ★★★★★ 満点



 

~レイクパレスの館内はこんな感じです~

ロビー
J100_170311_OSA_2017031607260001.jpg



エントランス近くのオープンエアーラウンジ
J100_170311_OSA_2017031607270000.jpg



屋内ラウンジ
J100_170311_OSA_2017031707360000.jpg



お庭

J100_170311_OSA_2017031607580000.jpg J100_170311_OSA_2017031607320000.jpg



 

6日目 

(朝食 LAKE PALACE)

バッフェ+オムレツやパンケーキなど、オーダーできます。

J100_170311_OSA_2017031607370000.jpg J100_170311_OSA_2017031607370001.jpg
 

J100_170311_OSA_2017031607370002.jpg

 

パンケーキ
J100_170311_OSA_2017031607500000.jpg

食事評価 ★★★★★ 満点 なんでもきれいでおいしいですshine



 

(昼食 ウダイプール RAAJ BAGH)

バイキング
J100_170311_OSA_2017031612220000.jpg J100_170311_OSA_2017031612220001.jpg


J100_170311_OSA_2017031612280000.jpg J100_170311_OSA_2017031612280001.jpg

 

ご宿泊ホテル、レイクパレスでは、夕方ショーをご覧いただけます。
一泊目は民族舞踊で、二泊目は曲芸?でした。
J100_170311_OSA_2017031619350001.jpg



 

(夕食 ホテル内レストランにて)

シーザーサラダ(写真、忘れました。すみません。)

サーモン
J100_170311_OSA_2017031620220000.jpg

デザートは、ブラウニー

食事評価 ★★★★★ 満点

どれもおいしかったです。いわゆる洋食で、インド料理と違い、気分転換にもなりました。



 

7日目  


朝食 昨日と同じ。

(昼食 1559AD) 

J100_170311_OSA_2017031712560000.jpg

 

スープ
J100_170311_OSA_2017031712140000.jpg


チーズマサラ、ポテト、ライス
J100_170311_OSA_2017031712180000.jpg


白身魚のマサラ
J100_170311_OSA_2017031712180001.jpg


デザートは、ミニパスタの入ったプリン
J100_170311_OSA_2017031712400000.jpg

食事評価 ★★★★

 

ウダイプール~デリー by 飛行機airplane

 

(夕食 デリー MOTI MAHAL)

名物、タンドリーチキン。他、マサラ、チャーハンなど。

J100_170311_OSA_2017031718240000.jpg

食事評価 ★★★★★ 満点

 

インドは、民族、宗教が混在する、歴史的な遺産に恵まれた、とても面白い国です。
水や衛生状態がちょっと・・というイメージで、ご参加を躊躇されることもありますが、ツアーではレストランやホテルをよく選んでいますので、さほどの心配はいらないでしょうhappy01
生水を飲まない、スパイスが利いた料理が多いので、食べる量を調整するなど気をつけるとよいですwink

ガンジス川の沐浴&朝日やタージマハール、ウダイプールの水上ホテル、レイクパレス連泊は、
沢山海外旅行をされた方でも、きっと忘れない経験になるでしょう!!

トラピックス

フレンドツアー

クリスタル

エリア・国から探す

ヨーロッパ

アジア

アフリカ

中近東

北米

中南米

オセアニア

南太平洋

ミクロネシア

ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。